Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

タイヤががが 

 

九州・四国への一大イベントを終えて一息、暑い中外に用事があって駐車場へ行ったときの出来事。
FIAT500のフロントタイヤが…


タイヤが…





1


パンクしてました。。( ノД`)チーン
べしゃっと潰れちゃってます…ぺったんこです。

2


とりあえず人力で空気を入れて様子を見てみます。もしかしたらただ空気が抜けただけなのかも…と期待を込めて。

3


直後は問題無し。ただ、時間が経てば元通りぺしゃんこに。こりゃ完全にパンクです。
一体どこに何が刺さったのか…。空気を再び入れてタイヤを見回してみると…


あった。

4


拡大すると…
ビスがバッチリ刺さってます。お見事な刺さり具合。

5


刺さってしまったものは仕方ないので、大人しく修理します。それまではスペアタイヤに活躍してもらいましょう。
トランクカーペットの下に収納されているスペアタイヤが緊急登板です。

6


工具とスペアタイヤを取り出して作業開始。

7


ホイールの中心にあるキャップをマイナスドライバーでこじって開けて、ボルトを緩めます。ディスクブレーキなので、ホイールにブレーキダストが大量に付着してます。

8


外して交換。

9


アルミホイールと違って鉄チンホイールは装着が楽チンです。すんなり終了。

10




11



…あ(;´Д`)

前輪駆動車でスペアタイヤは後輪に着けるんだった…。
付け直しました。最初に気付いていればよかったと交換しても遅い…。汗だくになりながら作業終了。

12


オレンジの速度表示のステッカーが差し色でオシャレでしょ?

13


とりあえず暫定処理でした。
パンクしたタイヤは穴を埋めますが、今回はこれで終了。その作業はまた後日。


手前に写っているのは、プジョー205に積載していたパンタジャッキです。回転させるレバーが一体になっていて結構使いやすいです。あまりお世話になりたくはないですが、プジョー205の形見としてこれからも大切に使っていこうと思います。

14


次回はパンクしたタイヤを直します。



つづく

  
関連記事

category: FIAT 500C

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

キーカバー修理 

 

FIAT500号には最初からこんなオシャレなキーカバーが装着されています。
購入した時からなので、前オーナーが購入した時に決めたデザインです。着せ替え用のカバーもあったりで、気軽に替えることができるようです。

1


FIATのエンブレムの部分を押すと、ピュッとキーが飛び出てきます。バタフライナイフみたいです。

2


リモコンキーで集中ドアロックが解除できるんですが、このカバーが最近ポロポロ取れてくる。。
車内ならまだしも、外にいる時に落ちちゃうと無くしてしまうので、この際修理してみることに。…といってもカバー取って両面テープを貼るくらいなので、修理というレベルではないです(^^;

まずはカバーと本体を外す。ツメが折れてしまっているので、簡単に取れます。

3


取り外して掃除します。
カバーはやっぱり思った通りツメが折れているようです。これでは本体を掴むことができず、簡単に外れてしまいます。

4


この部分。

5


ツメは補修できないので、カバーと本体を両面テープで固定します。まずは、本体に両面テープを貼りまくる。

6


そしてカバーをくっつける。以上。適当に見えますが、ちゃんとくっついてます。笑

7


振ったりしても取れなそうなんで、問題なさそうです。多分リモコンのバッテリーを交換するときにちょっと大変になるかもしれませんが、外れて無くすよりはマシでしょう。

イタリア車ってこういうツメの設計が弱かったりすることが多いような。。
まぁその辺も踏まえて楽しんでいきたいと思います。笑


おわり

  
関連記事

category: FIAT 500C

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top