Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

初めての… 

 

今年の夏のお話はまだ続きます(^^;)

気分転換で箱根へちょろっとひとっ走りしてきたお話。久々に205に火を入れて、涼みに行こう!ってことで西湘BPを流して箱根新道、そして箱根神社へ。


天気も良い日で、走っていて気持ちいい(^^♪
定番の箱根神社の鳥居へ。

1


この日は大観山からの富士山もバッチリ。
芦ノ湖もよく見えました^^

2



本題はここから。

そろそろ帰るか…とクルマに戻ってエンジンをかけようとする。
バタン、ドス(シートに腰をかける音)

カチャ…


キュルルルルル…


キュルルル…


ルルル…




シーン…


エンジンがかからない(^^;

もしかしたら機嫌が悪いかも…と思い、しばらく休んでからキーをひねる。



シーン…


いやはや、もはやセルすら回らない状況です(^^;
とりあえず見れる範囲で確認をと、大観山のパーキングでボンネットを開けていきます。。

3


やっぱりバッテリーが怪しい…?
でも今は電圧を測ることはできないので、そのまま。ちなみにバッテリーのランプはまだ青色のまま。つまり交換時期ではないということです。

4


次に疑うべきはヒューズ関係。
確認できる範囲を確認していきます。室内のヒューズを一通り確認し、問題なし。


続いてボンネットの中へ。ここはOK。

5


こっちもOK。

6


色々と自分なりに探ってみましたが、原因は分かりませんでした/(^o^)\
おそらくバッテリー上がりが一番怪しいです。

それに加えて、エンジンルームからは硫黄臭もしてきて…何かが焼けた?ような匂いもしていました…。バッテリーが上がってしまったのであれば、完全にお手上げです。

7


最終手段として、保険会社さんに電話して救助を待つことにします。。

箱根の大観山だから時間がかかるかなーと思いきや、20分程で到着してくれました。
最初に電圧を計ってもらうと…11Vとなっていました。つまりバッテリー上がりということでしたorz

それまで快調だったんですが、急に上がってしまいました。エアコンも使わず、特にバッテリーを酷使する使い方はしていなかったのですが…。


手始めにジャンプしてもらったところ、すぐにエンジンはかかりました。
吹け上がりも問題なく、無事に復活を遂げました。しかしエンジンはかかったものの、信号で停まった際にストールしてしまったらもう一度セルを回すことは困難…。

箱根に近いとはいえ、途中停まってしまったら危険です。


…結果、人生初のレッカーデビューとなりました(;´∀`)

8


普通ワイヤーで引かれて乗せられるのですが、エンジンはかかってしまえば普通に走ることができので、自力でレッカー車に乗りました(;´∀`)笑
多分傍から見たら不思議な光景だったんだろうなぁ。

9


帰りはレッカー車に乗った205で下山。ややこしい…(^^;)
かなり揺れましたが、なかなか面白かったです。笑

10


ちなみにエンジンはジャンプしてかかるのですが、謎の硫黄臭もしていたのでかけませんでした。
大観山では涼しかったのですが、下山してからは暑かったです(´Д` )

11



そして小田原駅で降ろしてもらい、いつもの主治医の工場へ運ばれていきました。
帰り際に見た虹が何だか切なかったです( ノД`)笑

12



突如バッテリー上がりでレッカーデビューした205でした。

しかし、実は単なるバッテリー上がりではなかったのです。その続きはまた次回…。。



つづく
関連記事
スポンサーサイト

  

category: Peugeot 205GTI

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

大変なメにあいましたなあ
硫黄臭と言うことは配線のどこかが焼けたかな?
まずは次回の記事を待ちましょう

キャリアの荷台で移動とはねえ
キャリアでクルマをピックアップしてきたことはあるんですが、荷台には乗ったことがないですな
1回くらいは乗ってみたいカモ・・・

ponkotu40 #SFo5/nok | URL | 2016/11/24 00:07 | edit

Re: タイトルなし

ponkotu40さん

ひと夏の忘れられない思い出となりました(^^;)
配線のどこかが焼けたか…私もそう思っていましたが、実はもっと違うところが死んじゃってましたorz

トラックの荷台では振動をもろに拾ってすごい揺れ具合でした(^^;
気分はドラマの撮影みたいなんで…意外とおすすめかもしれません( ̄▽ ̄)笑

SomeDay #- | URL | 2016/11/24 21:14 | edit

ファミリア時代、オルタネータが逝ってしまい、バッテリー上がり状態になったことがありますが、硫黄のにおいはどうだっただろう??

レッカーデビュー(っても1回だけ)は、首都高で、DTでした。(苦笑)
長年JAFに入っていたのに、当時は二輪車対象外で、諭吉を何枚か払いました。
もちろん、その後、速攻でJAFは、退会しちゃいましたが。。。

とらとら #- | URL | 2016/11/24 21:33 | edit

Re: タイトルなし

とらとらさん

オルタネータが逝く…実は私の205も同じ症状でした(^^;
硫黄の匂いについては焼き付いてしまった?オルタネータからと思われます。箱根にいたもんなんで、ちょこっと温泉の匂いかと錯覚するほどに…(;´∀`)笑

首都高の交通量の中でのレッカーは怖いですね…。しかも二輪車適用外だったんですね…(^^;
私も東北道を走行中にアクセルワイヤーが切れて一度お世話になりかけたことがありますが、たまたま出口が目の前だったので助かりました…。
一度味わえば、もう2回目は勘弁したいところです…( ノД`)笑

SomeDay #- | URL | 2016/11/25 20:35 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://swatch37.blog69.fc2.com/tb.php/609-436d475c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top