Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

カーオーディオを新調する その3 

 

その2の続きです。
交換部品が全て揃ったところで早速交換です。まずは取り外した状態から。要はここのオーディオを入れ替えるだけです。特に問題が無ければいいのですが…(^^;

1


配線類のチェック。特に断線したりは無さそうですが、何だかかなりぐちゃぐちゃしているような。。この際だから後で整理しちゃいます。

2


ココにスポッと入れる訳じゃないので、まずはオーディオ本体に取り付けるブラケットを抜き取ります。ですが、このブラケット…何だか酸化してる…?(;´Д`)
乾電池を放置してたら液漏れするような感じの塊が付着していました。汗

前のオーナーがこぼしたのか…?(;´Д`)

3


そしてブラケットとオーディオを固定する表止めのブラケットも一緒に取り外しました。写真じゃ見にくいですが、結構錆びていたのでこちらは一度塗装することにします。

4


先ほどのブラケットも全て分解します。やすりで落としてきれいにするためです。

5


続いて配線整理です。
カーペットを剥がして配線をきれいにしていきます。剥がせば何だか訳の分からない配線がたくさん…。

6


助手席側のカーペットを剥がしてみると…

7



ぺリぺリ…

8


何とまぁ大量の配線が発掘されました(;´Д`)笑
しかも全て使われていない配線という…。おそらくリアにスピーカーに繋がる配線だったんじゃないかなと。売りに出す時にスピーカーだけ取り外したんでしょう。
途中で切られた跡も見つかりました。

9


発掘された配線。
これでスッキリ。笑

10


配線をきれいにしたところで、続いてはブラケットの補修に移ります。
まずはオーディオを固定するための表止めブラケット。こちらもブラケットと同様の酸化?の被害を受けていたので、やすりできれいに落としました。

11


家にあったラッカースプレーでプシューっと塗装。錆止めだけなんで、簡易的な塗装で。

12


続いてブラケット。同じくやすりで落としました。先程とは見違える仕上がりになりました。

13


中もきれいに。
ちなみに、真ん中に丸い形状の出っ張りがあります。試しに組み立てた状態でオーディオを入れたみたのですが、この出っ張りが当たって奥まで入らない…(^^;

14


前の純正用のブラケットなんで、きっと専用品なんでしょう。邪魔だったのでホールソーを使って穴を開けちゃいました。

15


表止めブラケットの塗装も乾いたので、組み付けて完成。
前側はブラケット、後ろ側はネジ固定です。ココにオーディオを入れて、配線を繋げれば完成となります。

16


最後にオーディオを入れて確認を…。


あれ…?(^^;
奥まで入りきらない(^^;

17


どうやら後ろ側の配線コネクタが干渉しちゃっているようです。これも専用品だからか…。
ぶった切る訳にもいかないので、何らかの対策を考えないと。

ということで、またもや次回に続きます。果たしてオーディオが無事に取り付けられるのか(^^;


つづく

その1/その2/その3/その4/その5/その6
関連記事
スポンサーサイト

  

category: Peugeot 205GTI

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://swatch37.blog69.fc2.com/tb.php/604-d2cc421e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top