Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

秋の京都ツーリング 1日目 

 

過ぎた10月下旬、西に住んでいる友だちに会うために高速をひとっ走りして京都まで行ってきました。
今回は親父のニンジャを借りての参戦です。

相棒のSRXは、スピードメーターの針があっちこっちに行って要メンテ状態になってしまったのというのと、
大型でバキューンと高速を走りたいっていう衝動に駆られたってのも一つの理由なんですけどね(^^ゞ






・10月24日(土) (神奈川~信楽~天ケ瀬~伏見)

前日に実家に戻り、ニンジャに乗り替えてアパートへ。
こういう日に限って急遽出張が入り、睡眠時間は4時間に…。ついてないなぁ(^^;


まだ暗い中、大きな通りでエンジンをかける。ゴロゴロと荒々しい音を立てつつ一発でお目ざめ。東名高速に入りひたすら西へ。
ニンジャでは初の西地方への遠征かも。


-新東名高速道路-

10月下旬なので、足柄付近では結構寒い…。
寒さ対策で結構厚着していきましたが、ニンジャのエンジンが発する熱で思ったより寒くない。これは思わぬ誤算。

当たり前ですが、SRXだと登り坂になると少々苦労する場面も、ひょいと風を切り裂くように軽々とクリア。街中じゃファンが回りっぱなしでオーバーヒート寸前のエンジンも、高速だと水を得た魚のような走りっぷり。

これぞニンジャの真骨頂~♪
と謎の鼻歌まじりに走り、順調に新東名へ。

新静岡SAで朝ご飯と一休みを兼ねて休憩です。


・新静岡SA

土曜日の早朝なので、同じく西を目指すライダーで駐輪場は賑わっていました。
停まると防寒で着てきたフリースが暑い。

1


休憩所のテレビで近畿地方の天気予報を見ようにも、まだ静岡なので予報図が東海方面のみ。
もう少し進まないとダメか とお茶を飲み干して出発。


-伊勢湾岸自動車道-

日が大分昇ってきたところで伊勢湾岸線に入ります。
ここは横浜の湾岸線と似たような、港を眺めながら走れるのでお気に入りの区間でもあります。ここまで来ると気分は九州へ行くときのテンションにもなります。


この日はほぼ無風だったので良かったですが、風が強い時は通りたくない道の一つでもありますが…(;´∀`)笑


・刈谷SA

ハイウェイオアシス 刈谷SAで一休み。
観覧車を眺めつつ、友だちとの合流地点を探しつつ地図を眺める。

2


やってきた時からMRAのレーシングスクリーンが着いていた我が家のニンジャ。ツーリングとなるともう少し大きなスクリーンがあるともっと楽になりそう。
と眺めつつ、大体の集合場所の目安を決めたところで出発。

3


…が、その直後に友だちより寝坊連絡が届く。(;´Д`)笑
待ち合わせは滋賀県 信楽(しがらき)だったので、どっかで適当に温泉にでも入って時間を潰すことにしますかね。


・御在所SA

伊勢湾岸道路の終わりからは断続的な渋滞があり、ペースが落ちる。ちょっと抜けたりして疲れたので刈谷を出てすぐの御在所SAで休憩。
友だちも完全に起きたようなので、待ち合わせ場所を連絡して再度出発。こっちは温泉があるのでそうゆっくりもしていられなさそう。

時間は10時過ぎ。早朝対策の厚着もこの時点ではいらない位に気温が上がっていました。

4


-国道307号線-

信楽ICで降りて、すぐの信楽高原鉄道の線路が見えたものでふと立ち止まる。列車は来なかったのですが、ちょっとした紅葉が。

5


一つだけ真っ赤になった木と踏切。今年はいつもより暖かい気がしますが、着々と紅葉は進んでいるようです。

6


さて、待つ間の時間は有効に…ってことで早速温泉へ。

この辺りはニンジャの里としても有名です。偶然にも私が今乗っているのもニンジャ。里帰りですかね(^^ゞ


・甲賀忍びの宿 宮乃温泉

一番近い温泉は2つあったのですが、事前に確認したらそこは貸切だそうで。もう一つの温泉に行くことにしました。
静かな田園地帯にある、小さな宿の中にある温泉です。

入る前から分かる、その雰囲気の良さです(^^)

7


お客さんもいなかったので、私一人で貸切でした。信楽と言えば、タヌキ。と言うことで、タヌキの置物を眺めながら高速で走りっぱなしの身体を癒す。ふぅ(^^)

こじんまりとした空間がさらに疲れを癒してくれました。外にはこれまた小さなツボのような露天風呂もあり、とても良い温泉でした(^^ゞ
また来よう!

DSC_9053.jpg


忍びの宿は静かな田園地帯にあるので、BGMは大自然の音がメイン。忍びの名にふさわしい…。夜はもっと静かになるんだろうなぁ。今度は宿にも泊まってみたいです。

8


甲賀忍びの宿 宮乃温泉


少々長湯してしまったので、少し遅れて友だちと合流(^^;
こっちのが待つかと思い気や、待たせてしまうという始末…。やってしまった(^^;

合流してから気付いたのですが、この集合場所に選んだセブンイレブン…周りの道…何だか見覚えがあることに気が付く。何だっけなぁ…

9


看板を見てハッと。さらに地図を見てみると、なんと3年前に卒業ツーリングで休憩したセブンイレブンだったことが判明。

春先である3月と言えど、この辺りは極寒でした。あまりに寒い中走っていたので、末端が冷えて冷えて…たまらずコンビニで暖を取った場所でもあります。そして当時は貧乏ツーリングだったこともあり、カイロをグリップに巻き付けてグリップヒーターとかやっていたなぁ。。

確か1個30円くらいの使い捨てカイロを買って、ビニールテープで貼り付けただけの付け焼刃。でもそれが結構暖かくて重宝したんだよなぁ。懐かしい。


当時のコンビニがまだあってちょっと嬉しくなったところで、まずはお昼ご飯。朝早く出て来た私と、寝坊で朝ご飯を食べずに出て来た二人が揃えばまずはお腹が減ったということになります(^^ゞ

とりあえず何かお腹に入れようってことで、近くにいくつかあった食事処に行くことに。


この辺で有名なものでも…ということで、近江牛をチョイス。


・高原カフェ&レストラン ラ ピミエンタ

おしゃれな西洋風な建物に入り、近江牛ハンバーグを頂きました(^^)
シチューもあったり、この辺りの特産品をふんだんに使ったランチです。近江牛、うまい!

10


家族経営されているお店のようで、おじさんとおばさんの笑顔が素敵なお店でした。ちょうど入った時はお客さんは1組しかいなかったのですが、その後続々と入ってきました。
うん、きっとこれは客寄せパンダである私達のおかげかな( ̄▽ ̄)笑


というのは冗談で、人気があるお店なので、時刻は14時過ぎだというのに次から次へとお客さんがやってきていました。

高原カフェ&レストラン ラ ピミエンタ


信楽と言えば、タヌキ。
このお店にも可愛いタヌキが一匹やってきていました。

11


集合場所で合流できたのは良いですが、その後は完全にノープラン。なので適当にこの辺りを流していきます。南下して県道5号→国道163号線へ。


-国道163号線-

地図を見ていて気になった場所があったので、そこに付き合ってもらうことにしました。
その場所は…


・大河原沈下橋

大河原駅の近くにある沈下橋です。

13


四国以外でも沈下橋を見れるとなれば、これは行かない手はないでしょう。
さらに関西本線の鉄橋も見える。これは橋好きにはたまらない場所ですね。

14


ここにいる間に一台クルマが通過した程度で、交通量はあまり多くないようでした。沈下橋のこの雰囲気は何度訪れても好きだなぁ(^^ゞ
しばらくのんびりと木津川のゆっくりした流れを眺めていました。

15


その後は県道82号を走り、関西を代表する梅の名所 月ケ瀬を周りました。スタートも大分遅くなったので、少々日没しかけてきたところでコンビニへ。

今日は同じカワサキのエストレアと。
シンプルなデザインと車体、そしてクラシックテイストなカワサキの持つもう一つの単車の顔です。

16


もし次にバイクを乗り替えることがあるなら、こういったクラシックバイクが良いなぁと思っています。エストレアやルネッサとか、その辺りですかね。
きっと私のことだから、買うとしたらマイナーなヤツでしょうな。。(^^ゞ

17


その後は木津川の市街へ出て、伏見に住む友だちの家へ。
夜ご飯は京都の焼き鳥屋さん、鳥せいさんへ。


・鳥せい 本店

酒造メーカーの古い酒蔵が建ち並ぶ伏見にある焼鳥屋さんです。
辺りは古い町並みが並び、日中にゆっくりと歩いてみたい場所でした。

その鳥せいさんは、酒造の一部を改装して建てられたお店でした。中に入ってもその雰囲気は良く、この日も多くのお客さんで賑わっていました。
中でも極上だったのは、鴨ロース。うすーく切られたロースの中に美味しさがぎゅっと凝縮されていました(^^♪

DSC_9055.jpg


鳥せい

その他色々京都の特産品を頂き、お腹いっぱいになったところで帰宅。
ここも人気店なのですが、少し待っただけですぐに入れました。この日は人気店に恵まれていたのかも…。


ツーリングというよりは、京都の友だちを訪ねるいった感じの1日目が無事に終了。
2日目のちょっとだけした京都観光に続きます。


走行距離:561km
平均燃費:17.3km/ℓ


1日目/2日目/3日目
関連記事
スポンサーサイト

  

category: 関西

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

おおー
よくいきますw「木津川橋梁」関西本線。
19世紀の橋なんですよ 浮かれますね
そして沈下橋の名前は「恋路橋」。
対岸にいいひとはいませんでしたか^^

小々次郎 #- | URL | 2015/11/17 09:39 | edit

大型だと楽でいいでしょうね~高速。
でも、関西方面に行く時の鈴鹿、四日市、亀山あたりの渋滞はほんとうんざりしますね~。バイクはみんな側道や走っている車の間をすり抜けて走って行くし、たまにおっかない事故もあるんで気をつけてくださいね。
私、今は愛知住みですが、生まれが大阪なのでよく使うんですよ木津川沿いの道、10年くらい前まではワインディングがいっぱいあって、帰省の際には子供たちが車酔いしてましたね。
刈谷のハイウェイオアシス、近所です(笑)。
日本のリゾート施設の来客がUSJの次に多いそうですが、地元の私にはえびせんをタダで試食できて、温泉に浸かってゆっくりする場所だという認識です。小さなお子さんが居ると楽しいかもしれませんね。地元の人はスーパーマーケット感覚です(笑)
これからもお気をつけて、ゆっくりと良い旅を。

エンドー #JalddpaA | URL | 2015/11/17 23:18 | edit

こんばんは!

伊勢湾岸道はホント、風の強い日は怖いですよね。
関西方面へ行く際は良く使いますが、路肩の吹き流しの角度に
一喜一憂しています。

ちなみにあの辺りでは夜の長島温泉が綺麗です。
運転しながらではじっくり眺められないのが残念ですけど。。。



壱翁 #- | URL | 2015/11/20 00:56 | edit

Re: タイトルなし

小々次郎さん

こんにちは^^
橋梁が木津川に反射されていた姿がとても印象的でした。交通量が多い国道から一本入れば、静かな空間が広がるこの場所はまた訪れたいなと思わせてくれます。
次回は沈下橋の真ん中で足を投げ出して、ゆらゆらと流れる木津川を眺められたらなぁ、なんて。。

恋路橋、対岸にいい方は……いませんでした(^^ゞ
もしかしたら既に渡ってしまったのかもしれません…。笑

SomeDay #- | URL | 2015/11/21 12:23 | edit

Re: タイトルなし

エンドーさん

こんにちは^^
いつもは苦戦するような場所も、流石のパワーでグングン走れてしまいます。ただし、速度やら別の意味で気を遣っています。笑

関西方面に向かう途中、挙げられた箇所で大体渋滞に捕まります。
しびれを切らしたライダーの方は結構な速度で走っていたので、気を付けたいところです…(;´∀`)

木津川沿いの道では時折見せてくれる木津川の景色がとてもきれいでした。もう少し遅ければ紅葉がきれいだったような気がします。
加えて適度なワインディングもあるのですれ違うライダーも結構多めでした。

西を目指す際に必ずと言っていい程利用する刈谷SA。ここまで来ればあと少し!といった旅の始まり感を一人で勝手に味わっています。笑
USJの次に多いということですが、次から次へと入ってくる様子を見るとその理由にも納得です(^^)
温泉もあるのは知らず、早朝発の際に利用出来るのであれば検討したいです。


ありがとうございます。
大型のパワーは私では到底扱いきれず、力を引き出せていない感がありますが…ゆっくりと景色を楽しむ旅をこれからもしていけたらと思っています。

SomeDay #- | URL | 2015/11/21 12:38 | edit

Re: タイトルなし

壱翁さん

こんにちは^^

伊勢湾岸の風の強い日…本当に車体がフワッと飛ばされてしまう感覚が怖いです。。
風に一喜一憂する道ですが、そこから眺める名古屋港の景色が大のお気に入りでもあります(^^♪

情報ありがとうございます!
夜の長島温泉…いつも通過するときは日中なので夜景のことは頭になかったです。次回クルマで通る機会があれば、チェックしておきます(^^♪

SomeDay #- | URL | 2015/11/21 12:46 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://swatch37.blog69.fc2.com/tb.php/535-02713909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top