Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

秋の箱根へ 

 

新聞やニュースで各地の紅葉予測がちらほらと目に入ってくるこの頃。日光では昨年より一週間早い紅葉だそうです。

そんなニュースが飛び交い初めたので、そろそろどこの紅葉へ行こうか検討中。去年は下栗の里へ一足早い紅葉を見に行きました。
今年は…北かな?
早く決めないと紅葉も終わってしまうので、気を付けないと。

とりあえずまずは近場の箱根の様子を…ということで、朝練と称したプチツーリングがてら箱根へ。行ったのは9月の始めなんですけどね。笑

西湘PAで会社の同期と6:00に待ち合わせ。私のが待ち合わせ場所に近いのに遅れるという失態(;´Д⊂)笑
毎回申し訳ないです…。。

この日は朝から快晴で、9月に入ったばかりだというのにもうすっかり秋の漂い。空が遠く感じる中、いつも通り西湘BP→箱根新道と走り、定番の大観山にて一休み。


-県道75号線(湯河原箱根仙石原線)-

まだまだ残暑が厳しくてもおかしくない9月上旬でしたが、すっかり過ごしやすい気候に様変わり。残暑はどこへやら。

夏の入道雲は9月に入った途端に早々に引き返し、秋の空に変わってしまった様子です。


・大観山

定番の大観山から芦ノ湖を眺めます。早朝ですがいつも通り賑わっていました。これだけ青空が広がっていればみんな考えることは同じなんでしょう。

1


この日は会社の同期と2人で走りにいきました。同じヤマハのTZRと。
ちゃんと洗車していたので、陽が当たるとテカる。

2


少しひんやりする空気のせいか、芦ノ湖までくっきり見えました。そよそよと吹く風が気持ち良く過ごしやすい。

噴火のニュースで観光客が減ってしまった箱根ですが、最近徐々にお客さんが戻ってきたようです。早く大涌谷まで行けるようになってほしいです。

3


軽く流す感じに考えていたので、そのまま大観山を下って芦ノ湖沿いに走ります。早朝だとクルマの通りも少なくて快適(^^♪


・仙石原

ススキの名所である仙石原では、一面が黄色に。まだ9月上旬だったので、もう少しするとさらに黄色みが増してきます。多分今頃が見頃かも。

早朝だったのでゆっくりとススキを堪能。

9


空も青いし、絶好のツーリング日和。この季節はあっという間に過ぎてしまうので、今年もいっぱい走らないと。。

5


ここのところ箱根の仙石原はスルーしてしまうことが多かったので、今回は立ち止まってみました。今度は仙石原の中を通る遊歩道も歩いてみたいです。

6


7


御殿場方面の山々。まだ緑色がくっきりとしていますが、今はもう黄色くなってきたんでしょうか?

8


仙石原を抜けた後は、そのまま御殿場を目指します。
新道である乙女峠ではなく、その横に残る旧道 長尾峠を走っていきます。


・長尾峠

適度なカーブを流しつつ、県境までひとっ走り。ただこの辺に来ると先ほどの快晴な青空とは一転、少々曇り空が出てきていました。分厚い雲が太陽を隠す。。

10


県境であるトンネル。この先は静岡県です。
学生の時に立ち寄っていたお茶屋さんはいつの間にか潰れていました。今はガードレールが敷かれ、駐停車できないようになっています。いつ潰れたんだろう。

11


天気も悪くなってきたので、静岡側に抜けて国道246号線へ。

12


国道246号線でコンビニに立ち寄り、少しお腹を満たしてそのまま流れ解散。
そして帰宅する途中、SRXがついに60,000kmを突破(^^♪

13


気付いた頃には1km過ぎてしまいましたが、無事に60,000km達成です。買ってから約50,000km?エンジン乗せ換えをしているからもっと?

今度家のメンテナンスノートを確認してみよう。とりあえず1年に8,000kmくらいのペースで走っているのですが、細かいトラブルや故障を除けば今のところ好調。心臓部であるエンジンからは特に異音もせず、元気ですしね^^

部品はどんどん廃番になっていくばかりですが、何とか頑張って維持していこう。
冷え込みが厳しくなる前に、もう一度箱根に行きたいところです。


走行距離:165km
平均燃費:-


おわり
関連記事
スポンサーサイト

  

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://swatch37.blog69.fc2.com/tb.php/527-b58f2fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top