Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

東北に向けて… その2 

 

東北ツーリングに向けての諸整備…その2です。
車体のメンテナンスに加えて、長距離走行を少しでも快適にするための改良を加えてみました。


・オイル交換

定番のオイル交換をしました。
フィルターを取り外して、洗って再利用です。次回はフィルターごと交換です。

18


SRXのエンジンは、走行距離は50,000kmを越えていますが、特に不具合もなく好調です。吹け上がりも良く、異音も特にせず。20年間以上眠っていたのに、いきなり叩き起こされてこんなに走ることになるとは思ってもいなかっただろうなぁ。。

19


前のオイルを掃除して、フィルターの鉄くずを取り除いて戻します。

20


・シガーソケット補強

スマートフォンでナビを起動するときに、電源を引っ張るためのシガーソケット。
このシガーソケットのフタは外れやすい。なので、フタと本体をタイラップで一緒に固定しました。

これで紛失の心配なし!無くしちゃうと雨の時に乗れなくなってしまうので…(^^;

1


シガーソケットの本体がカウルに少しだけ干渉するので、一緒に滑り止めシートを貼り付けました。これで対策済み。


・レインコートステー取付け

意外とかさばるレインコートを専用に収納するステーを作製。購入したのは、このステー。

3


このステーをフロントフェンダーと一緒に固定します。

4


厚みは2.0mm程。
純正のボルトをそのまま使用できそうです。

5


すでにM6の穴は開けられているので、もう一つフェンダーを固定している位置に合わせて穴を開けました。結構位置が間違えていたので、やすりで結構修正…(-_-;)


で、装着。
ここにレインコートを括り付けます。まだ括り付けていないのですが、厚みも割とあるステーなので折れることはないでしょう。

6


固定はまだしていないので、実際に固定してみてイマイチだったら取り外します。

7


・風防作製

長い距離を走ると連続で当たり続ける風が疲労を蓄積させます。それを少しでも軽減させるために、今あるスクリーンの上から大きい風防を作製してみることに。
こちらが現状。こーみるとステッカーが増えたなぁ。

8


先ほどのステーと一緒に購入したプラ板。色は今のスクリーンと一緒でスモークです。

15


ベースとなるステーは最初から加工済みのものを購入。

9


今のスクリーンになるべく傷が入らないようにしたいので、まずはベースとなるステーのスクリーン側にゴムを挟みこみます。本来は円形だったものに、真ん中にポンチで穴を開け、そして外形をステーに合わせてカットしました。

10


そして共締め。
この先端にプラ板を取り付けます。

14


プラ板の厚みは2.0mm。割と剛性があり、なかなか形が付かないのでヒーターガンで熱しながら形状を作っていきました。一人が形を整えて、もう一人がヒーターガンを当てる…といった具合です。夕方じゃないと熱中症になってしまいそうな作業…笑

そして位置を微調整して、完成!

11


前から見るとかなりスクリーンが大きくなったことが分かります。これなら風防効果も期待できる…?

12


ステーとプラ板はボルトで固定しています。まだ仮なので、今後変更がされるかもしれません。

13


プラ板の上端部はカッターでカット。これも荒いですが、とりあえず…なのでこのまま。
本当はきれいに整えたいのですが…それはまだ先かな(^^;

16


実際に跨るとこんな感じに。
スクリーンが大きくなりましたが、意外と邪魔になりませんでした。ハンドルを切っても干渉しない。

17



その後走行試験をしてみました。

結果、



イマイチでした…笑


と言うのも、プラ板が走行風で押しつぶされてしまい、ちょっと頼りない感じに…(^^;
外れるといった問題はないのですが、プラ板があまり風防効果を担っていない感じです。もちろん効果はあるのですが、望んでいたよりは少ない感じですかね…。

それからステーと今のスクリーンの間隔が空いているので、割とそこから風が入ってくるという…(^^;笑
東北ツーリングまで目前なので、今回はとりあえず取り外した状態で走ることにします。トラブルは無さそうですが、完全に完成してからにしよう。


車体に関しては以上。
この状態で出発します。後は人間の準備と荷造りが終われば出発です。


オイル交換走行距離:57,369km


おわり
関連記事
スポンサーサイト

  

category: YAMAHA SRX250

thread: バイクの修理・整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

後付けのプラ板、アクリルでやったことありますが、風防効果を持たせるに一番手っ取り早いのは上端から20mmほど距離を取って反りをつけることです。
大手のメーカーが角度調整スポイラーみたいなものをつけてますが、アレです。

元のスクリーンから20mmほど隙間を空け(あまり隙間を詰めてしまうと今度は風切り音が出ます最低10mm以上は隙間を空けましょう)、
あと、たわんで変形してしまうほどの大きさは要りませんよ~。
高さを今のスクリーンから高さ50mm強大きくするくらいが妥当かと思います。
いろいろ試してください~^^

エンドー #JalddpaA | URL | 2015/08/11 04:19 | edit

Re: タイトルなし

エンドーさん

こんばんわ^^
アドバイスありがとうございます!
やはり反りは大事ですよね…今回は何もなしでただ単に壁を作っただけでしたので、見事に反り返ってしまいました…笑

ただ中々反りを付けるのが難しいようなので、対策を考えている最中です。
今のスクリーンになるべく穴等を開けずにうまくできたら…と考えていたのですが、やはり最小限の穴は必要になってきそうです。

あと少し…スクリーンが大きくなれば走行風も軽減して疲労が減ると考えているのですが…難しいものです。

ツーリングから無事に帰って来れたので、今度はスクリーン作製に全力を注ぐことになりそうです(^^ゞ

SomeDay #- | URL | 2015/08/17 23:04 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://swatch37.blog69.fc2.com/tb.php/510-65b4f4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top