Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

中国地方ツーリング 6日目 

 

ついに6日目。
本日と明日で中国地方の旅も終わりを迎えます。

この日は広島から岡山までを走ります。前日に広島市街を案内して頂いたきゅーりパクパクさんに、今度は瀬戸内海の島巡りを案内してもらいます^^

1日目 (神奈川~鳥取)
2日目 (鳥取~大山~玉造温泉~境港)
3日目 (堺港~出雲~石見銀山~萩)
4日目 (萩~角島~秋吉台~山口)
5日目 (山口~岩国~宮島~広島)




・5月3日(金) 広島~安芸灘とびしま海道~倉敷


朝6:00にホテル前で集合ということで、気合を入れて準備開始!
目を覚ますためにホテルの大浴場に入り、ちょうどジャストなタイミングで集合。

いや、正式には私が準備を始めるために降りたところにちょうどお会いした感じです。
すみません、お待たせしてしまって…^^;

今日はガイドをお願いします!と挨拶をし、まずは昨日行った原爆ドームへ。


・原爆ドーム

当たり前ですが、夜の静かな雰囲気とはまた違った平和記念公園。
周りにはランニングや体操、ゆっくりとした時間を過ごしていました。広島にある2つ目の世界遺産はこの“原爆ドーム”です。

今回の旅では“石見銀山”や“厳島神社”の2箇所に寄りましたが、これで3箇所目。最初の2つにはない第二次世界大戦の悲劇を伝える『負の遺産』です。

原爆ドーム 1


その周りはいつも通りの生活をする人々が朝の公園の風景となっていました。近くにいるだけで分かる、何とも言えない雰囲気。決して廃墟という言葉では片付けられない景色が広がっていました。

原爆ドーム 2


そんな想いを感じてから今日は始まります。1日に1日を大切にしないと!
って思います。

さて、出発して朝マックで今日のルート確認。とりあえず広島市街から呉市までてれりてれり走って島へ行こう!
ってことで出発。
実はカメラの充電がなくて結構焦っていたのですが、マックにはコンセントがテーブルに兼ね備えられていて助かった(・・;)笑
しっかり前日に充電しないと!
ですね。。


-国道2号線-

西日本の超主要道。始点は大阪からなり、福岡の北九州市まで通じる国道です。それを東に進路をとって今回の目的地である安芸灘とびしま街道を目指します。GWですが朝の国道2号線は交通量が少ないです。ただところどころ1車線区間があったりなんで混んだら抜けられなさそう…(・・;)


きゅーりさんもてれりてれり(たらりたらりの意味)行くからね~
なんて言っていたのですが…





て、てれりてれり…?!
なのか、これは?!

っていうペースで快調に呉市へ入ります。どうやら私の考えていた“てれり”とは一味違ったようで、初っ端から先制のジャブを食らったような感じです(゚∀゚ )汗
でもきゅーりさんの狙い通り、早朝の国道は渋滞もなくすんなりと進みます。信号でつっかえることもそれほどなくスムーズに進みます。


おかげで順調にあの5-56で有名な呉市へ。レストアする人やメンテナンスする人にはお馴染みのクレ5-56。私もこの旅では応急処置用で常に携帯しております。


そして見えてきた瀬戸内海の海。
今回島巡りを楽しむのは、安芸灘とびしま海道です。

瀬戸内海の島を回りたいという私の希望に合わせてきゅーりさんが設定してくれました。

7つの橋で繋がれている安芸灘とびしま海道。最後の島だけ愛媛県というのも面白い。時間があるならそのまま四国にフェリーで渡ってしまいたいです。

島にあまり馴染みがないので、前日からずっとワクワクでした。
さぁ通行料を払っていざ、島旅へ!


-安芸灘とびしま海道-

まずは安芸灘大橋を渡って最初の島である、下蒲刈島へ。さっそく見えた瀬戸内海に大興奮の私。どうも島というものに憧れているので(^^ゞ
ここに写っているのが安芸灘大橋。とびしま海道の入り口です。

安芸灘とびしま海道 1

料金は最初の橋だけ払います。後は無料になります。


・下蒲刈島

最初の島へ到着。本州をしばし離れてゆっくりと時間の流れる島へやってきましたよ(゚∀゚ )
大きな橋とバイク。先導して頂くきゅーりさんのバイクは、ホンダのVTR。白が全体をシャープに映します。
250の2台ツーリングです。コンパクトな車体…いや、SRXは過積載気味…^^;きゅーさんのボックスが使い勝手がよさそうで羨ましかった…。。

瀬戸内海は全体に穏やか…ってか波がほとんど無いような状態です。何だか本当に時間が経つのがゆっくりに感じてきます。モンキー乗りのおじさんにSRXを見て話しかけれました。

安芸灘とびしま海道 2


懐かしいな~なんて言って見ていました。そんなおじさんもXLRを所有しているそうで、シングルのダイレクト感と振動、維持費の安さがいいですよね~なんて話で盛り上がりました。


何だか初っ端から良いツーリングになりそうな予感(^^♪


・上蒲刈島

2つ目の島です。
ここでは島を一周ぐるっと回りました。最初は曇りだったんですが、段々と晴れてきた。朝はひんやりとしていましたが、もう暖かくなってきました。

これも私のおかげ…?


いや、おそらく晴れ男きゅーさんのおかげです。いやはや、ありがとうございます。本当に頭が上がりません^^;
山陰地方の朝とは大分違うのですね。


島を一周し、次の橋を渡ります。


・豊島

3つ目のでは小高い丘でちょろっと撮影を。
旅先で出会うバイクは比較的大型や自分より排気量が高いバイクが多かったので、250ccが並ぶとすっきりと収まります。ニーハンっていう響き、好きです。

安芸灘とびしま海道 3


若干遠くがモヤっている程度。視界良好、天気良好、晴れ男万歳( ´∀`)
このGWは雨に降られたのは2日目の夜だけ。後は4日目の秋吉台に行く手前で本当にちょろっとパラついた程度です。レインコートは防寒のため結構着用していますが、本来の役目としては1度しか使っていません。

でもまだまだレインコートを着ています。何だか脱ぐと寒そうだけど…という具合であーだこーだ考えていたら脱ぐタイミングを失いました笑
結局このツーリングでもほぼ着っぱなしだったような?

朝は結構冷えていたのですが、段々と気温も上がってきました。山陰地方の気温とは温度の上がり方も違うようです。


瀬戸内海といえば小さい島々。この風景を見に来たんです。
近くには小さな貨物船、通称“ポンポン船”も。いやー本当にまったりできます。

そうそう、きゅーりさんの話だとクルマを運ぶフェリー、普通乗り込み口が上に上がって落下を防止するものだと思うのですが、上がっていません。

波が穏やかな瀬戸内海だからこうやって上がらなくても問題ないとのことです。
実際教えてもらうまでは閉まるものだと知らなかったと言っていました。ますます好きになりそうです、瀬戸内海^^

安芸灘とびしま海道 4


はるか先に見えるのは愛媛県。四国も段々とその姿を現してきました。

安芸灘とびしま海道 5


・空海展望台

さてせっかくなので瀬戸内海の島々を一望しよう!ということで立ち寄った展望台。

…が、どうやらここしばらく誰も来ていないような荒れ具合w
林道チックな匂いぷんぷんな状態ですが、先に展望台があるのなら行くのがライダーの使命w
行くしかないでしょう~的なノリでいざ!

草もボーボーで木も生え放題なので視界は悪かったです。とりあえずあった鐘を突いて下りました。(・・;)
私の叩く雄姿はきゅーりさんのブログをご覧ください…笑

これが結構良い音で、小さい島全体に響き渡りそうな勢い。どんなときに鳴らすのだろう?

安芸灘とびしま海道 6



で、島を出る前の場所で小さな島々と写す。こーいった島巡りでは小さなバイクが取り回しが楽でいいですね。ちょろっと停まることも簡単ですしね。
もしかしたら原付こそこんな島巡りで機動性のよさを発揮するかもしれません。次の目標はしまなみ海道@原付ツーリングでしょうか、やるしかなさそうですねぇ。ゴクリ

安芸灘とびしま海道 7


下には漁村が広がっていました。ここに来る前に漁村を通ったのですが、おまわりさんとおじさんが楽しそうに喋っている様子が見れたり、本当に平和そのもの。
時間の概念が無くなりそうですね(´∀`*)
ゆっくり走る素晴らしさを実感しつつ、ドコドコドコ、ドドドドと二気筒と単気筒が通ります。

安芸灘とびしま海道 8


誰か盗撮する人が…!


じゃなくて、今回の旅先案内人のきゅーりさんです。私ときゅーりさんは写真の撮影スタイルが異なるのでこのような構図になりました。それについてはまた後ほど。

安芸灘とびしま海道 9


VTRはホイールがめちゃくちゃきれいでした。…あ、それよりも私のが汚すぎるだけですかorz
もうパーツクリーナーを吹こうがピカールで磨こうが落ちません。25年分の汚れですな。


・大崎下島

4つ目の島は大崎下島。この次はなんと愛媛県になります。
で、その島を結ぶ島が広島と愛媛の境になっています。もちろんそこで撮影を。

安芸灘とびしま海道 10


この橋、どこで広島と愛媛の県境が分かるのかと言うと…

安芸灘とびしま海道 11


そう、アスファルトに書いてあるのです。でかでかと“広島”と“愛媛”の文字が。これは分かりやすい。
SRXが広島で、VTRが愛媛。何とも面白い場所です^^
県境ってどうも看板だけのところが多いのですが、こういったユーモアな県境は惹かれますね!
この手書き感もまた味があります。

他にもチャリダーさんがいたりと、いわゆる人気撮影スポットのようです。少し順番待ちをして撮影。お互いに譲り合って気持ちよく撮影。


ポンポン船も通ったので写す。いい景色♪

安芸灘とびしま海道 12


ちょっと早めのお昼を食べるため、大崎下島の“御手洗地区”であなご飯を食べます。
昨日食べれなかった私のためにセッティングしてくれたようです。ありがたいですm(_)m

何から何まで抜かりないセッティングです、私も案内するとしたらこうやってできるのかな?
…いやできないでしょうw

安芸灘とびしま海道 13


ここであなご飯を食す。捕れたてとあって美味しい^^
ものの15分で胃袋に格納しましたw

安芸灘とびしま海道 14


感想?
もちろん…最高でした!瀬戸内海の海の幸、最高っす。

・御手洗町並み保存地区

さて、食後の運動…ってことで今度は自分の体で歩きます。バイクはしばらく休憩で、御手洗の町並み保存地区を歩きます。

江戸時代、風待ちや潮待ちの港町として栄えた御手洗は、平成6年重要伝統的建造物群保存地区として国から選定されたそうです。おそらくクルマ一台通れるか通れないかくらいの幅に多くの民家が立ち並んでいます。。

看板でさえ昭和の臭いを感じる。時計と眼鏡屋さんって何故一緒なんでしょうね?

安芸灘とびしま海道 15


ちなみに風待ち、潮待ちの港とは、船の航行に適した風、潮を待つことを意味しています。船が航海するために適した風や潮の流れが来るまで待機するための港です。その為、様々な文化を伝える重要な役割を瀬戸内海がしていました。
その街並として、この御手洗の保存地区があるのです。

安芸灘とびしま海道 16


どこか懐かしい。昔はこんな景色がたくさんあったんでしょうね。

安芸灘とびしま海道 17


食後のブラブラが終了した後は、大崎下島を一周します。
海沿いの道をてれりてれりなペースで進みます。朝のペースは一体?^^;笑

安芸灘とびしま海道 18


瀬戸内海をバックに収めます。徐々に天気が良くなって気付けば大快晴なり。いやー気持ちいいすなぁ。
もう絵に描いたようなツーリング日和。なごみます~

安芸灘とびしま海道 19


下側が錆びれたガードレールも絵になります。あのカーブミラーも良い感じ。

安芸灘とびしま海道 20


さっきの構図の話ですが、
今日の旅先案内人のきゅーりさんは主に近くでものを撮るタイプ。だから私が写真を撮るときにこーやって写真に入ります^^笑
どちらかと言えばバイクを小さくして背景を写すタイプの私なんでこんな構図になるのです。

安芸灘とびしま海道 21


でも撮影している人を撮るのは面白い!
これは帰宅時に掲載しましたが、結構お気に入りの一枚。

写真撮っている人を写したのってあまりない感じなので好きです。昔写生大会で絵を描いている人の絵を描いているのがあったとき、衝撃を受けましたから。笑


漁の最中かと思われる小型船が後ろに写っています。

安芸灘とびしま海道 22


先程まではぼやけてしか見えなかった四国もはっきりと見えます。目と鼻の先に見えます。

もうこれはしまなみ海道にカブで行けと。そういうことですか…。笑


こーやってみると本当にSRX250は小さいですね。同じくVTR250と比べてもより小さく見える。
何度か料金所で原付と間違われたことがありますが、納得しちゃいます笑。

安芸灘とびしま海道 23


少し先にはタンカーが。これからドッグに戻るのでしょうかね。
愛媛県にはかの有名な造船会社、今治造船があります。船の故郷。波が穏やかなので船を製造するにはもってこいの環境にありそうです。

なのでここでは造船所があちらこちらに見られます。
これですよ、この感じ。朝の連ドラの“てっぱん”で見ていた風景。ようやく生で見ることができました。

安芸灘とびしま海道 24


海沿いで瀬戸内海を堪能し、そろそろ島を出ます。
最後に豊浜大橋をバックに並べます。

トラスフレームの造形美ここにあり。形が整っていてきれいです。VTRもトラスフレームです。

安芸灘とびしま海道 25


渡ったときは景色に見とれてあっという間に感じていましたが、実は長さは543mもあって長い。でもそんなのは一瞬です。
ずっと見ていたくなるような絶景がここには広がっています。個人的には最初の安芸灘大橋も感動しましたが、この静かでポンポン船が何度も行き交うこの橋も大好きです。後ろに写っているのは、ポンポン船の発着場。これもたくさん見かけました。
ここでは船が島人の生活の一部です。

安芸灘とびしま海道 26


また来よう(^^♪

安芸灘とびしま海道 27

安芸灘とびしま海道 28



最後に上蒲刈島のであいの館で少し休憩。
ここいらで瀬戸内海ともお別れになります。もっといたいと思わせてくれますね、瀬戸内海って。

安芸灘とびしま海道 29


ちょこちょこ島が見えて本当に飽きません。
ちなみに私がここまで島にはまった理由は、やはり就職活動中の造船業について調べたからでしょうか。…いや、NHKの朝ドラ“てっぱん”の影響がかなり大きいですねw
主役が可愛すぎて…(´∀`*)。彼女はものすごく好みです。あ、どうでもいいっすよね汗


まぁ元々沖縄や島国が好きだったので自然とそーなったっていう感じです。今回この旅で島巡りをしたことによって、もっと好きになってしまいましたが(^^ゞ


-国道2号線-

本州に戻り、国道2号線に再び乗ります。

最後に牡蠣の養殖場を写す。
そーいえばこの旅では牡蠣を食べませんでした。サザエも食べたんだから食べればよかった。牡蠣って成長しすぎると引き上げるときに網が重みに耐え切れずに切れてしまうこともあるそうです。
それだけ美味しさと身が詰まっているってことなんですよね。

ま、一度に色々やってしまうと次回の楽しみがなくなってしまうので、少し残しておきます。
次回は牡蠣ツーリング(仮)@しまなみ海道
です。こうご期待…!

牡蠣養殖場


さて、そろそろ見納め。

ここから山陽自動車道に乗って本日の宿である岡山までワープします。何て言っても次の日である最終日は岡山~神奈川を走破しないと行けませんからね(゚∀゚ )
最後は鉄人レースなので、今日はゆっくりと体を休めます。


きゅーりさんに山陽道の小谷SAまで引っ張ってもらい、そこで解散。

小谷SA


この写真でも分かるかと思いますが、先程の快晴が嘘のように邪悪な雲が覆い始めました。。(・・;)


とりあえず走りながらきゅーりさんと次のICで解散した直後、まさかの本降り・゜・(ノД`)・゜・

嘘でしょ、さっきまでの晴れは一体…?ってくらいな大雨で緊急ピットイン。とりあえずレインコートに身をまとい出発。きゅーりさんと別れた途端に降ってきたので、こりゃー晴れ男がいなくなったからでしょう…orz

本降りになったときにはオチがうまくハマりすぎて思わず笑っていました笑
いや、これまたスケジュール通りなんですかね?笑

幸い雨もすぐ止んで問題なし…と思いきや今度は渋滞。
何だろう…?って思っているとどうやら軽自動車が潰れている。詳細は分かりませんが、大型のバスと衝突したみたいです。

2車線分を通行止めにし、まだ警察も救急車も到着していない様子。
とりあえず早く現状に復帰できるように破片を路肩に寄せるのを手伝い、現状復帰。けが人はいるものの大事にはいたっていないようでした。

改めて気を引き締めて岡山を目指します。



およそ1時間程度で岡山に到着。
宿は岡山市ではなく、倉敷。体を休めるついでにせっかくなので美観地区をブラブラします。宿からすぐ目の前が美観地区なので疲れることもなく、のんびりとできます。


-倉敷 美観地区-

2012年の10月にも来ましたが、いい場所です。歴史的な建物が情緒溢れています。

美観地区 1


美観地区の街を歩く。さすがにGWということだけあって人が多い。
さっきまでほとんど人がいなかったので余計に多く感じます。

美観地区 2


しあわせプリンを食べたところには日本一周中?らしきカブを発見。ボックス2段積みでも絵になるなんて素敵ですね。

美観地区 3


その町の雰囲気を表す、路地裏。必ず撮ってしまいます。
どちらかというと御手洗地区のが好きかな?

美観地区 4


この日はイベントもあったようです。かなり美人な方が船に揺らていました( ´∀`)
やっぱり可愛いは正義だと確信。

美観地区 5


そして旅の締めにお疲れの意味を込めてビール一杯、プハーと飲み干し寝ました。なぜか知りませんが夜は宮崎の地鶏を食べましたがw


ということで瀬戸内海の島を満喫した1日でした。
今回のツーリングはきゅーりさんのブログでも書いています。それぞれ違った目線で書かれているので面白いです(´∀`*)




今回はとても濃い素晴らしいツーリングをありがとうございました。私にとって、一生の想い出になりました^^
天候にも恵まれ、美味しい海鮮に瀬戸内海の景色、中国地方ツーリング最終日の締めくくりには最高過ぎる1日でした。

この場を借りてお礼申し上げますm(_)m
次回もまた写真部横浜代表としてお会いできたら…と思います(´∀`*)


瀬戸内海を満喫し、念願だった島巡りもできた充実したツーリングでした。


最終日はいよいよ岡山~神奈川の鉄人レースの始まりですよw


走行距離:297km
平均燃費:30.9km/ℓ


つづく


1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目

関連記事
スポンサーサイト

  

category: 中国・四国

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

おつかれさまぁ~(^v^)。
中国地方を楽しんでもらえてうれしかったよぉ~。

あっ、ほんとにてれりてれり走っていたよぉ。
だって、歩道を歩いている娘や車を運転している娘さんをちゃんとチェックできてたもん。←嘘です。

当日は、ほんと晴れてて気持ち良かったよね。
島巡りにはベストな天気だったんじゃないかな♪。

ちょっと迷って、農道?を走ったけどSRXなら大丈夫だったよね。
あの道をGPZで走ったらと思うと(;一_一)。

それにしても、写真に写っているオレ・・・。結構デカいな。ププッ ( ̄m ̄*)
あなご飯屋の軒先に頭ぶつけそうじゃんっ!?。

おうっ!、そうだ。
国道2号線なんだけど、朝マックを食べたところから少しの区間だけだよ。
あの日のほとんどは国道31号線と国道185号線っすわぁ。←2号線は山の中を走って行くんだぁ。

また、中国地方においでよ。
広島以外でも駆けつけるからさぁ♪。あっ、四国でも駆けつけるよぉ~。
ほんと、たのしいマスツーをありがとう\(^o^)/。

きゅーりパクパク #- | URL | 2013/06/13 01:49 | edit

おぉ、これはw
凄く懐かしいw
私が海上自衛隊時代に潜水艦教育訓練隊に所属していた時に自転車で呉からぐるーっとまわりました。
写真の景色を見て当時の頃を思い出しました。
懐かしいもう何年も前です・・・。
倉敷も最近何度となく訪れてます。
なんだか凄く身近に感じました!

ユキムラナガレ #- | URL | 2013/06/13 20:47 | edit

Re: タイトルなし

きゅーりパクパクさん

お疲れ様でした(´∀`*)
中国地方、本当に楽しい想い出ばかりです。このGWをツーリング先に選んで本当によかったです^^

さすが師匠。目の付け所が…(=_=)笑
でも早朝走るのはいつやっても気持ちいいですね。瀬戸内海と並走しているときはすごいテンションが上がっていました。さすが師匠。

島巡りのために晴れてくれたような天気でしたね。農道は正直焦りました…笑。
雰囲気も林道チックになっていたので軽いSRXでちょうどよかったと思います。島巡りはやっぱり小排気量に限りますね!

がっちりしたシルエット+革ジャケットでより一層逞しく強く見えます^^
逞しい?あ、お体ですよ、もちろん…(^^ゞ

国道2号線…あ、そうですね(^^;)
地図を見ていたら気付きました。本当に一瞬だったんですね。

またぜひとも行きます(´∀`*)
お次も島?それとも山でしょうか?
次回も楽しみにしております。何より、今回は私のために楽しいツーリングを企画して頂き、誠にありがとうございました(^^♪
次こそはあの不発に終わったあのポーズで…!笑

SomeDay #- | URL | 2013/06/15 10:39 | edit

Re: タイトルなし

ユキムラナガレさん

自転車で回る島旅もとても気持ちよさそうですね^^
停まりたいときに停まれる気軽さは自転車ならではですね。バイクよりも手軽に停まれますしね。

本当に時の流れがゆっくりでした。島って独特の雰囲気があって好きです。
やっぱり何と言うか、その島ならでは空気を感じられる点が大好きです。倉敷や歴史的な街が続く中国地方、また訪れたいです。

その際はぜひ…!

SomeDay #- | URL | 2013/06/15 10:46 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://swatch37.blog69.fc2.com/tb.php/308-b8818e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top