Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

奈良・香川・熊本ツーリング その6 

 

こんばんわ。

いよいよツーリングも後半戦です。
この日は、
熊本から大分へ移動し、そこからフェリーに乗って大阪を目指します。


つまり、この旅の最終日はフェリーで夜を過ごします。

初日 8/17
奈良・香川・熊本ツーリング その1

2日目 8/18
奈良・香川・熊本ツーリング その2

3日目 8/19
奈良・香川・熊本ツーリング その3

4日目 8/20
奈良・香川・熊本ツーリング その4

5日目 8/21
奈良・香川・熊本ツーリング その5




この日は起床は早めです。
何故ならば、実家と泊めてくれた友達の分のお土産を買うためです。

毎度おなじみのゆめタウンへ行き、熊本の名産品を買います。

購入したのは、

・熊本ラーメン
・お菓子の詰め合わせ

です。

これらを購入し、最後に早めの昼食をとりました。


お店の名前を思い出そうとしましたが、ちょうど隠れて分かりません…。
場所は分かるので、次回こそはしっかり覚えておかなければw

ちゃんぽん


熊本最後の昼食は、ちゃんぽんです。
麺ものがこのツーリングの大半を占めておりますw


阿蘇を超えて大分県を目指すため、万全の態勢で出発準備をします。


サイドバッグにはレインコート。
お土産には2重、3重のビニール袋によるガード。

出発準備


伯母の家を後にします。


まもなくメーターも2万kmを刻もうとしています。

メーター


-県道138号線-

この日は朝から曇りがちでしたが、雨は降っていませんでした。

県道138号線


今日はこれから阿蘇を越えます。
天気よ、持ってくれ!

そんな気持ちでSRXを走らせます。


-県道339号線(ミルクロード)-

ようやくツーリングらしくなってきましたw

まずは九州ツーリングでも定番のミルクロードを登ります。
ここから山の頂上付近を走ることになります。
ミルクロード 1


草原のように広がっているのですが、天気はイマイチ。
雨に降られていないだけマシでしょうけども…


ミルクロードは、このようにきれいな道が続いていました。
また、平日でこんな天気ということもあり、クルマの通りは少なめでした。

ミルクロード 2


山…ですね。
ジオラマみたいな作りですよねw

ミルクロード 3



一本はずれて、農道へ。
雲の隙間からは青空が覗いています。

ミルクロード 4


奥に広がるは、牧場です。
牛さんとかたくさんいそうでした。

天気が良かったら、ヘボピーな自分でも少しだけ良い写真が撮れたと思うんですけどねw


大分に進むに連れて、徐々に黒雲がでかくなってきます。

ミルクロード 5


道のすぐ横には、牛さんw

ミルクロード 6


-かぶと岩展望所-

ここまではツーリング気分をかなり満喫しています。
定番の展望所で一休み。

おそらく阿蘇の町並みらしきものが一望できます。

ミルクロード 8


ここで、いつも使っていたキーホルダーを無くしてしまったことに気付きましたorz
購入したときから付いていたキーホルダーです。

ホンダクリオのやつですw

気に入っていただけに、ちょっと残念でした。


-県道12号線(菊池阿蘇スカイライン)-

ここから大観峰を目指して走ります。
実に充実したツーリングですw

見えているのは、県道12号線です。

ミルクロード 7


写真はありませんが、ここで和歌山⇒徳島フェリーで記念写真を撮った
北海道出身のカブ乗りさんらしき人とすれ違いました!

左手でピースサインを交わしましたが、おそらくあのカブはそうだと思います。


世界は狭いですね^^



-県道45号線(ミルクロード)-

大観峰入り口から入って、展望台へ。

Lead110乗りのおじさんとしばし会話をしました。
地元なのですが、やはり地元だとあまり来ないそうです。

自分も地元の人だったら来ないんでしょうかね?

やはり天気がイチイチです。

ミルクロード 9


そして、大観峰からの眺めです。
ブワーって感じです。

ここでポツリポツリと雨が軽く降り始めてしまいました。
おじさんは、すぐ止むよ

と言っていましたが、この後本降りになりますw


-県道11号線(やまなみハイウェイ)-

雨宿りをして、何とか雨をやりすごしました。
そして、ついにやまなみハイウェイへ。

ここで、大分県との県境に差し掛かります。

やまなみハイウェイ 1


九州で一番有名と言っても過言じゃない、ツーリングルート。

いよいよ大分県も目の前になり、
あとはやまなみハイウェイを通り、別府港を目指します。


…で、ここから容赦ないどしゃ降りw


途中出会ったライダーさん情報では、この先ねずみ捕りをやっているとのことでしたが…

まぁあのどしゃ振りじゃ法廷速度すら出せませんけどねw


写真を撮る余裕すらもちろんありません。
眺めの良い展望台らしきところも視界は50mでしょうかね。

やまなみハイウェイ 6


おそらく大分に入ってすぐが一番ひどかったです。
別府に近付くにつれて、徐々におさまってきました。

やまなみハイウェイ 7


山の中をウネウネ走って、楽しいと思うんですけどね。
この天気ですとサバイバルです。

そんな中、ふと撮った一枚。
雲の中には天空の城、ラピュタがありそうな雰囲気な雲ですw

やまなみハイウェイ 8


雨が一時的に止んだところで写真を撮ってみましたが、ダメですね…orz

やまなみハイウェイ 9


とりあえず雨が止んだうちに進めるだけ進んでおきます。
道自体は走りやすです。

やまなみハイウェイ 10


そして、やまなみハイウェイもクライマックス。
ここから別府まで一気に駆け上がります。


一面に広がる山々なんですけど、イマイチうまく撮影できませんね…orz

やまなみハイウェイ 2


山の中をかき分けて作った道。
こんな感じにひたすら登っていきます。

やまなみハイウェイ 3


見えるは、大分の町並み。
由布院でしょうかね?

やまなみハイウェイ 4


ここまで来ると、天気が回復して来ました^^

やまなみハイウェイ 5


-別府港-

いよいよ港まで目の前です。
写真は温泉街を表す看板です。

奥に湯煙が上がっているのが見えるでしょうか?

別府温泉


雨によって痛んだ身体を温泉で癒したいものですが…
フェリーが待っているので、これまた次回に持越しです。


さて、今回乗車するフェリーは今までの中で一番大きいです。
もちろん移動距離も長いですしね。

初のフェリー宿泊です。


どのくらいフェリーが大きいかと言うと、このくらい。

フェリー さんふらわあ


分かりにくいと思うので、SRXとの比較です。

フェリー さんふらわあ 2


でかいってことが分かりますかね?w

今回のフェリーは、事前に予約をしていました。
予約をしていたので2割引でチケットを購入できました^^

そして、平日にも関わらず結構な利用客で賑わっていました。
まぁ雨が降ろうが夏休みは夏休みですからねw

待合所


搭乗する前に、ガソリンを満タンにしておきます。
明日の朝っぱらから入れるのは嫌なのでw


ここではV-MAX乗りと談話。
お互い雨にやられたそうです。

ルートもほぼ自分と同じだそうです…


三重県なので、大阪からはすぐですね。
自分は横浜なので…おそらく7時間くらいでしょうかねw


部屋は、枕と布団だけあるツーリストという部屋。
一番階級は下です。

布団と枕だけあれば自分的には十分ですw


それで、まったりしていたところに一つ空けにおじさんが来ました。
息子の水泳の全国大会の応援に行くそうです。

話しているうちに、フェリーの中で飲もうとしていたお酒を分けてもらいました。
自分ひとりでは飲みきれないとのことです^^


自分は、出発前に伯母に熊本のおつまみをもらっていたのでそれを提供し、飲み会スタートw

飲み会


3本もごちそうになり、おじさんとの話も盛り上がり、
さらにまた買ってきてました!


そして、何と夜ご飯までもごちそうになってしましました。


本当にありがとうございます。
そして、ごちそう様でした!



その後はフェリー内の温泉に入り、そして気持ちよくなって就寝^^

フェリー さんふらわあ


過酷な山越えでしたが、最後のフェリーでかなり楽しい時間を過ごせることができました。
旅ってのは、本当に何が起こるか分かりませんねw


さて、いよいよ明日は神奈川まで帰ります。

最後に奈良の友達に会い、お土産を渡します。

ルートは、
大阪⇒奈良⇒三重⇒愛知⇒静岡⇒神奈川

となります。


走行距離:136km
平均燃費:26.9km/ℓ


つづく

1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目
関連記事
スポンサーサイト

  

category: 九州・沖縄

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://swatch37.blog69.fc2.com/tb.php/118-87bc3422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top