Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

九州へ 

 

またまた突然ですが、今年のGWは…九州に旅立ちます。


熊本地震から早いもので1年が経ちました。
昨年はGW直前に地震が発生したこともあり、例年から日程をずらして7月に訪問しました。被災地でのボランティア活動も初めてやり、色々な経験となりました。



そんな今年は、熊本を中心に5日間くらい九州を旅します。


久々に入念な準備(というよりも、こんなに準備をちゃんとしたのは初めてかも…笑)をしたせいで、出発前夜というのに余裕があります。この余裕がかえって怖かったり。。

今年はバイクではなくクルマというのもあるでしょうかね。荷物をバンバンぶちこめば出発できますし。笑


肝心な天気ですが、どうやら晴れみたいなので一安心です。
昨年は結婚式だったりでバタバタしていたので、久々の旅にワクワクしちゃってます。



まとめとして、最後に九州でやりたいことベスト3の発表です。


3位 くまモンに会う

3



2位 トウモロコシを食べる

2




1位 阿蘇の雄大な景色を満喫する

1



意外に3位が一番難しいかも。その他は1日で達成できそう…(^^;)




そんなこんなで、納車間もない新相棒のFIAT500C、いきなりのロングツーリングです。
多分何も問題ないかと思いますが、万全を期してプジョー205の形見の工具を乗せて走ります。


次回の更新は無事に帰ってきてからとなりそうです。
それではこの辺で…!


おわり

  
関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

thread: つぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

△top

春の京都旅行記 2日目 

 

1日目の続きです。
この日は朝から晴天で、花粉もかなり飛びそうな予感。その中でも特に花粉が多そうな嵐山エリアに行きます。果たして…(^^;


・4月16日(日) 嵐山~三十三間堂~東寺

ホテルの近くからすぐの地下鉄に乗り込み、阪急線に乗り替えます。嵐山に行く方法はいくつかありますが、ちょうどタイミング良く急行が来てくれたので、阪急線を使って嵐山を目指します。

途中踏切でクルマが立往生するトラブルがありましたが、少し遅れて到着。
桂駅で嵐山方面に乗り替えるのですが、ここでものすごい数の観光客が。外人も含めて、全員嵐山方面に行くみたいです。休日なのに平日の通勤電車みたいな状態で嵐山を目指します。

幸い席に座れたので良かったです。


・嵐山駅(阪急)

おしゃれな外観の阪急線に別れを告げ、嵐山へ。

1


・法輪寺

いきなり嵐山を目指すのではなく、まずはその手前にある法輪寺へ。
ここは十三参りで有名なお寺さんで、この日も多くの十三参りの方がいました。

5


長い階段を登って頂上を目指します。

2


登り切った先には嵐山を一望できます。葉桜かなーと思っていましたが、市街地よりも桜が見頃でした。ここから眺めた渡月橋の人の多さにも驚きましたが(^^;

3


旅の安全を祈願し、渡月橋を渡っていきます。

4


・嵐山

嵐山を訪れたのはいずれも冬の時期でした。なので暖かくなってから訪れるのは初めてかもしれません。
この日は気温も高くなってきて、観光日和。あっちゃこっちゃから飛び交う言語で、自分が日本にいるのか分からなくなってきます。笑

6


渡月橋を渡る人の数もかなり多め。

7

8


さて、いよいよ渡っていきます。

9


渡月橋から眺める景色にはところどころ桜と新緑の色が混じっていて、これから夏になるぞー
っていう感じでした。新緑の時期も訪れてみたいです。

10


渡り切ってさらに先を目指します。目的地はその先にある竹林の道です。

11


・竹林の道

竹林の道に到着。ここもものすごい人の数でしたが、竹に覆われているせいか涼しい。そして花粉もちょっとだけ遮られたように感じます。

12


一面緑です。涼しい(^^)

13


人が大勢いた野々宮神社をスルーして、さらに進んでいきます。

14

15

16


一時期話題になった、JR山陰線の踏切。1ヶ月前はこの電車に乗って城崎温泉を目指しました。

17


竹林の道を堪能したところで戻ります。
時間帯的にはちょうどお昼時にでしたが、どこも混雑していたので一旦嵐山を離れることにしました。

行きと違って、今度は京都市内を走る路面電車“嵐電”に乗って戻ります。

18


レトロな車両に揺られながら、街の中をくぐるように抜けて終点の四条大宮駅まで。
そこから阪急線に再び乗り替え、終点の河原町へ。先斗町(ぽんとちょう)でお昼を食べることにしました。


・先斗町

京都らしい風情が残る先斗町に到着。どこも美味しそうなお店が並んで、逆に迷ってしまいます(^^;

20


・らんまん

先斗町のあったお茶屋さんの風情を残した和モダンな空間の肉バル とのことで、外にあったメニュー表のステーキ重に惹かれて店内へ。

もちろんステーキ重を注文。
お店の雰囲気からも分かる通り、美味しい^^
ポテトの味付けとしてわさびがあったり、京都の味を混ぜてきて美味しかったです。

19


食後は鴨川を眺めつつ、次の目的地へ。天気も良かったので、多くの人が河原でのんびりと時間を過ごしていました。

21



・三十三間堂

本日2つめの訪問場所は、三十三間堂。
あの仏像さんがたくさんあるところで有名ですよね。1,000体あるので、その中には自分とそっくりの仏像があると言われています。見つけてみたい。。

26


境内は撮影禁止なので、庭先の風景を。
こちらもちょうど満開の桜がありました。

22

23


中学三年生のときの修学旅行で訪れたのも、この三十三間堂でした。当時は中の仏像にただただ驚いていたのですが、外はあまり見ていなかったかな。

24

25


・東寺

いよいよ京都を出発する時間も近付いてきました。
ただ、今から駅を目指してしまうと時間が余るので、最後に近場でもう一つ行ってみました。
三十三間堂からタクシーで目指しましたが、時刻も夕時だったので段々と渋滞が激しくなってきました。運転手さん曰く、ひどいとロータリーから出るのに20分かかることもあるそうです。


そんな話を聞きながら、新幹線の車窓から見えることで有名な東寺に到着。自分はニンジャで一昨年訪れた場所です。

27


こちらも桜が満開な場所がありました。五重塔がきれいです^^

28

29


東寺金堂

31


平安京から残る遺構だそうで、創建からなんと1,200年!
数々の火災に見舞われましたが、今もこうやって実在しています。

30


時間もちょうど良くなり、東寺からは歩いて京都駅を目指しました。大体10分程度なので、散歩がてらちょうど良い距離です。
最後はお茶をしながら時間を潰そう…と思ったのですが、皆さん考えることは同じなのでどこも混んでました(^^;

ちょうど運よくお茶屋さんとご飯処が一緒になった飲食店が空いていたので、時間までゆっくりすることができました。京都駅に来たら今度は気を付けよう。。



2日目は終日天気が良く、久々の嵐山を満喫することができました。
心残りなのは関西の花粉に大分苦しめられたことでしょうか(;´Д`)笑


春の京都ということで、桜が見頃で観光客が普段よりかなり多めでしたが、やはり何度来ても京都はいいなぁと実感しました。
次に訪れる機会があるのなら、上の方(上賀茂神社とか)に行ってみたいです。



おわり


1日目/2日目

  
関連記事

category: 関西

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

春の京都旅行記 1日目 

 

突然ですが、京都へ1泊2日で行ってきました。
というのも、親父が昨年還暦を迎え、定年退職をしたので…そのお祝いと言うことで京都旅行が企画されました。お仕事お疲れさんってことなんですが、まだまだ働くとのことで、しばしの休暇を兼ねて行ってきました。

京都市内を回るのは久々で、しかもちょうど先週だったので桜が見頃でした。
初日は新幹線で一気に京都へ、そこからJR奈良線を使って平等院鳳凰堂へ向かいました。


・4月15日(土) 京都~平等院鳳凰堂~伏見稲荷大社

JR奈良線に乗って京都市内から南下していきます。
電車に揺られること約20分、宇治駅に到着。この頃は小雨がパラついていました。

駅を降りて正面には銭湯が。
京都って銭湯が多いことでも有名。私も昔東本願寺の近くにある銭湯(白山湯 六条店)にお世話になったことがあります。夜行バスで移動してきた朝に入ると凝り固まった身体がほぐれるのですごい助かりました。

銭湯って最近ほとんど見かけなくなってしまったので、近くにあるとうらやましいです。

1


到着した時間は11時半くらいだったのでそのまま飯処へ。


・中村藤吉 平等院店

宇治と言えばお茶。
そんなお茶の産地である宇治らしいきつね抹茶そばをいただきました。あっさりしていておいしい。

…しかしあまり抹茶は感じなかったような…?笑

2


シメのデザートも抹茶。あんみつを掛けて美味しくいただきました^^

3


早めのお昼を食べていた時に雨雲が通り過ぎたらしく、駅を降りた時よりは大分小雨になっていました。
傘を差すのが少々面倒ですが、目的地である平等院鳳凰堂へ。


・平等院鳳凰堂

4


10円玉で有名な平等院。リフレッシュが終わって、朱色がはっきり、左右平等な形を引き立たせます。後は天気がもうちょっと良ければ良かったんですが。。

5


と、思っていたらあれよあれよと雨雲が過ぎ去ってご覧の通りの晴天になりました。本当にあっという間の出来事でした。笑

6


所々葉桜もありましたが、まだまだ園内には桜が咲いていました。塗り直された鳳凰も眩しい。

7


8


桜に見とれていたのもつかの間。
この時期の雨上がりと言えば…そう、花粉。私はちょっとした花粉症ですが、どうやら関西の花粉とはものすごく相性が悪いようで…。
この辺りから鼻水が出始めてくるというアクシデント。うぅ。

9


鼻に直接するスプレーで一時しのぎをしつつ、平等院を周りました。
最近はすごく外国人観光客が多いとのことでしたが、本当にその通りでした。周りの言語は日本語より外国語が多かったんじゃないかっていうくらいです。

10


最後に晴れたのでもう一度正面へ。
お決まりの10円玉と。

11


やっぱり晴れているとよりきれいに映りますね^^

12


見終わったところで参道をプラプラ歩きながら再び宇治駅へ。この参道では至る所で抹茶の良いにおいがしています。お昼ご飯のときにデザートを頼んでいなかったら、抹茶アイスでも食べたいところです。

13


宇治川も直前まで雨が降っていたせいか、少々流れが激しかったです。

14


宇治駅のロータリーでつぼ型のポストを横目に、今度は北上して伏見稲荷大社を目指します。
これ、初めてみると駅前にあるあの有害雑誌を入れるポストに見えないこともないような…笑

15


再び奈良線の乗り込み、揺られること15分程。稲荷駅に到着。
駅は川と並走していて、そこからも桜を楽しむことができました。流水の桜とな。

16


・伏見稲荷大社

外国人観光客が訪れてみたいランキングで1位になっている伏見稲荷大社。その鳥居の多さに多くの人が魅了されているようです。ここは卒業旅行以来なので、約5年振り。

17


たくさんの見どころがありますが、その中でも面白いのが様々な狛犬。本当に色々な種類がいて、中には犬じゃないのも混じってます。

19

20

21


実は全国にある、おもかる石。
自分が予想よりも軽ければ願い事が叶う、重ければ叶わないといわれている。私の想像では…ちょうど良かった感じ。果たしてこの場合はどうなるんだろう(^^;笑

22


さらに奥へ進みます。それでも続く鳥居。実は伏見稲荷大社は山になっていて、この後ひたすら登っていきます。

23


かなり登ってきました。暑い…。
神奈川は少しひんやりしていたので、ヒートテックを着てきたのが失敗か…。めちゃくちゃ暑かった(^^;

24


まだまだ続きます。

25


しかしこんな山奥にまで大量の鳥居。一体ここにはいくつの鳥居が存在しているんだろう。

26


7分目を登り切ったところで引き返すことにしました。どうやらここから後30分で山頂らしいですが、まぁ結構満足したので。笑
霞んでいましたが、ここからの景色は京都を一望できます。

27


下り道。林道みたいなところがちょいちょいあるんですが、実はこの道お土産屋さんが荷物を搬入するのに使っているようです。
でも道幅的には軽トラでもギリギリ…?

じゃー何が通る?とお店を見ると、

28




なるほど、原付か。さらに上ではカブも見かけました。さすがカブ(違うか)。

29


小一時間程の山登りをしたところで、本日の宿へ。
再び奈良線に乗り込んで2駅、京都駅へ。

30


午前中の天気はどこへやら。京都タワーもくっきり見えます。
…晴天と引き換えに花粉が飛び交っているんですけどね。まぁ全て都合良くいくのは贅沢な話ですね(^^;)

31


ホテルにチェックインしてしばらく休んでから、近くのおばんざい屋さんへ。


・京家 きよみず

以前二人で行ったことがあるお店です。京都のおばんざい屋さんで、どれもおいしかったです^^

32


【京家 きよみず】


ほろ酔い気分でホテルに戻る途中、どこかのお寺さんで夜桜がライトアップされていました。
今年は週末が雨続きで中々お花見に行けてませんでしたが、今日1日でかなりの数の桜を満喫することができました。ライトアップされてきれいです。

33


花粉に悩まされながら何とか1日目が終了。
2日目は晴天ということで、もっと花粉がひどそうな嵐山へ向かいます。



つづく

1日目/2日目

  
関連記事

category: 関西

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top