Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

正解だらけのクルマ探し その2 

 

前回はずらっと見てきたクルマを並べてました。
管理人にしては随分新しめの車両が多いのでは?と疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか…(^^;

バイクは旧くて止まっても笑って過ごせます(実際は大汗でめっちゃパニックです)が、クルマでは少しでも快適が良いのでは?とかいう保守的な考えが若干先行したこともあり、割と新しめのクルマが並んだということです。一番古くても2006年式ですから、自分の所有する車両では一番新しくなりそうです。

そんな考えに加え、それぞれのメリット・デメリットを比較しつつ、自分がどのクルマに乗りたいか自問自答する日々を過ごしていいます。…こうやって書くと苦悩しているように受け取られるかもしれませんが、毎日好きなクルマをあれやこれやと見れる…これほど楽しい悩みはないかもしれません。笑

クルマは探しているときが一番楽しいって言いますし、まさにその通りだと改めて実感。
一番初めに購入した時も、確かこんな感じでした。手始めに本屋さんで雑誌を買って、毎日寝る前に読んでたなぁ。


そんな205の後継車探しの旅もその2となりました。今回は、前回の候補車の中からさらに絞っていきました。





前回見た9台のうち、最終ラウンドに残ったのは4台。
素人なりに、細かく分析してみました。


■FIAT NEW PANDA ALESSI

前回レッサーパンダと称していましたが、こんなオシャレなクルマって他には存在しないと思います。色、ライン…どれをとってもバランスのとれたALESSIパンダ。
中身はと言うと、今の時代のクルマに比べたらサイズもエンジンスペックも突き出たところはないですが、クルマってスペックだけが全てじゃないよと教えてくれそうな1台。初代の心意気をしっかり受け継いでいる2代目パンダ。

1


専用のホイールキャップにはALESSIのキャラクター。バルブを隠すキャップにも粋な演出がされています。こういった遊び心あふれる演出は、さすがイタリアと言ったところでしょうか。

2


内装は至ってシンプル。でもパンダの良いところってシンプルを極めたところだと思います。必要なものがあって、操作もしやすそうな印象。シンプルなグレー一色の中に、オレンジのシートとドアが差し色となっています。

3


初代程ではなくても、直線的なデザインのおかげで移住空間も思ったよりも広かったです。それでもサイズは軽自動車よりちょっと大きいだけなんですけどね。
車内が明るく感じるのは、ダブルサンルーフの効果が大きいのかもしれません。前回で走ればさらに気持ちよさそう。

4


オレンジ縁取られたフロアマットにもALESSIのロゴ。

5


目立ち度No.1のデザインと、どこへも気軽に行けそうなNEW PANDA。候補の1台です。
これが愛車になったら、毎年5月に開催されているパンダリーノへ参加は間違いないでしょう…!笑


■Peugeot 307cc

候補車2番目は、NEW PANDAと比べたら全く方向性が異なるクーペです。
一度は屋根が開くクルマに…という憧れを叶えてくれるオープンカー、Peugeot307cc。流れるような美しいフォルムがとてもきれいで、そのデザインは本当に美しいの一言です。

個人的にはメタルトップを兼ね備えている点に加え、気分に応じてオープンになる点。さらに荷室がそんなに犠牲にならない点も候補に残った大きな理由です。

6


残念ながらオープン時の写真はないのですが、このクルマは屋根を開けたときのスタイルが一番整っている気がします。ちなみにこの状態で荷室はかなりの容量があり、屋根を開けてもそれなりの容量を確保できます(イメージ的に荷室の半分がメタルトップで埋まる感じ。それでも2人分の旅行は余裕でこなせそう)。

旅先こそ屋根を開けて走りたいので、荷室容量はかなり大事なんです。

7


後ろ姿。車格としては候補に残った4台の中で一番幅があります。
メタルトップが収納されるトランクはシンプルにまとめられています。ちなみに、トランクオープンが307の“0”の部分を押すというオシャレなスイッチでした。
だから外にスイッチが分からない、さり気なさが良い!笑

8


続いて内装。NEW PANDAのようなポップとは真逆の黒色のレザー一色。シンプル1色でまとめ上げられた中でも上品に仕上げられていて、ダッシュボードには表皮が巻かれ、ドア内張りにも革を採用しています。

9


試乗させてもらいましたが、シートには適度なホールド感もあり、自然な運転ポジションを確保できました。本革のシートって滑る?冷たい?そんな印象を持っていましたが、実際座ってみるとそうでもなかったです。

今回この車両は試乗することができたので、途中までオープンで走らせてもらいました。オープンにして走った時の開放感はやっぱり屋根が開くクルマって良いなって改めて思わせてくれました。
巻き込み風も、寝ているAピラーのおかげで少ない点も○。

10


屋根が開いて、かつ実用的な307ccも候補の1台です。


■Citroën C3

ゼニスフロントウインドウが開放的なCitroën C3も候補の1台です。
今回見た中では一番実用性が高い1台と感じました。ちなみにこの1台は120台の限定仕様車の“パールホワイト・エディション”です。

11


USB対応の8スピーカーオーディオシステムとオートエアコンも装備する限定仕様車で、8方向から聴こえる音はかなりなものです。
車両サイズも全長4,000mmに収まっているので、日本の狭い道にも苦戦し無さそうです。

12


荷室容量も十分。一つ言うとすれば、手前が高くなっていること。手前が高くなっている分、重い荷物を入れる時は持ち上げないといけない点でしょうか。そう考えると205の高さはちょうど良かったかも。笑
トランクドアも結構上まで開閉するので、下ろす時はちょっと背伸びが必要になることがあるかもしれません。そこは欧州の仕様だから仕方ないのかもしれませんが…。

丸っこいデザインですが、荷室はしっかりと四隅を確保しているので、普段使いで特に困ることはなさそう。
ちなみにこのC3、国内販売の35%を占めている稼ぎ頭。候補の中では一番かゆい所に手が届くクルマかもしれません。

13


内装は外装色に合わせた白色がダッシュボードに備わります。黒色の内装で、白色が差し色となって全体が引き締まります。プラスチックの内装も安っぽく見えませんでした。

14


205に取り付けていたシトロエンBXのシートはまるでソファのようでしたが、流石に最新式はそうとはいかず(^^ゞ
ただ座り心地はバツグンで、長距離で熱がこもらないようにメッシュ生地を採用しているも見逃せないポイントでした。後々調べてみると、この限定仕様だけで採用しているシートのようです。

15


高い実用性と開放感あるゼニスフロントウインドウ。他のクルマにはない魅力を兼ね備えたC3。自分の中では番狂わせの1台でした。


■FIAT 500C

そして最後の候補車は…キャンバストップ仕様の500C。
実は205を購入する際に、一度ディーラーに足を運んで見に行った事もあります。もちろん当初は中古でも手が出なかったですが(^^;
普通のクルマより楽しい要素として、キャンバストップを兼ね備えている点です。205の影響のせいか、それともバイク乗りのせいか…屋根が開くクルマに強く憧れています。今回の4車種はいずれも“開放感”と言うのがキーワードとなっていたのかもしれません。

16


キャンバストップの幌は黒色。500Cの良いところはキャンバストップを全開にしたとしても、ルーフレールが残ってくれるおかげでオープンにしていることが分かりにくい点だったり。
もちろん本家であるオープンカーの307CCと比較すれば、解放感こそ劣りますが。さり気なくオープンを楽しみたいなら500Cが良いかもしれません。

17


トランクの荷室容量はハードトップである500と同じです。ただしキャンバストップを収納する関係上、トランクの入り口が狭くなっています。トランクドアがガバっと開いてくれないので、ここは開放感がありません(苦笑)
実用性はオープン時の307CCと同じくらいっていうイメージ。

18


イタリア車らしく、遊び心を1番感じれたのはフィアット500Cでした。白色で統一された内装に、赤いシート。ポップな組み合わせです。
気になる点と言えば…白いハンドル。おそらく汚れが目立ちそうです。。特に整備後に握ったら一瞬で黒ハンドルになる恐れが…(^^;)

19


先ほど書いた通り、シートは赤色にヘッドレスト部分が白い合皮仕様。NEW PANDAのオレンジしかり、遊んでます。

20


さり気ないオープンと遊び心がたくさん詰まった500C。居住空間は…文句なく4台中最下位ですが、まぁそれを言うならもっと大きいクルマを買えばいい話なのであまり気にしない方向で…笑



以上が最終候補として残った4台です。
色々と悩みましたが、最終的にはこの中から決定しようと思います。

クルマを選ぶ要素って色々ありますが、一番ビビッときたフィーリングを大切に決めます。正直この4台ならどれでも文句ないですしね。むしろ4台欲しいくらいですから。笑



気になる発表は、納車直前になるかも…?




つづく

  
関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

thread: 中古車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

正解だらけのクルマ探し その1 

 

クルマ関係の有名な本の中に、“間違いだらけのクルマ探し”というのがあります。色々と最新のクルマについて意見が書かれているそうです(私はちょろっとしか読んだことないのですが…)。

確かにこれだけ自動車メーカーがあれば、間違いもあるかもしれません。何をもって間違いかは人それぞれですけどね。
比較する部分は人によって全部異なるので一概には言えませんが、自分にとってはクルマ選びは全て正解なんじゃ?…という謎の発想から、私の正解だらけのクルマ探しが幕を開けました。笑

やっぱりクルマは楽しいものだし、本当全部正解に見えてしまいます(^^;)
205の後継機探しの旅、始まります…!





■FIAT NEW PANDA ALESSI

まずはFIAT NEW PANDAから。
キッチンウェアやテーブルウェアで有名なALESSI(アレッシィ)とコラボしたモデルです。オレンジに白色ラインがオシャレな1台。誰かと同じになる可能性がかなり低い1台でしょう。笑
パッと見レッサーパンダに見えなくもないような…(^^;)

1


■VolksWargen POLO

VolksWargenの誇る一般大衆車、POLO。
走りが堅実なことに加えて、広い居住空間に荷室。シートもしっかりと包み込んでくれる感じで、長距離移動は疲れ無さそう。

そして何より、同クラスの国産車と比べると内装の質が一段上に感じます。車格もちょうど良いサイズで、取り回しはGOLFより良さそうな印象。

2


■VolksWargen GOLF

同じくVWのGOLF。少々前のモデルです。
POLOと比べると全体的な作りの古さを感じることはありますが、実用レベルで見ればとても完成度が高く日本車のように安心して乗れる1台。
内装も黒で統一され、ダッシュボードは合皮で巻かれていました。

3


■Peugeot 307cc

続いてフランス車、Peugeot307cc。
一度は屋根が開くクルマに…という憧れから車格、4人乗れる…もろもろの諸条件を叶えてくれそうな1台が307ccでした。
色も好きな赤色。2シリーズに乗っていた自分からしたら大きく感じるかな?と思いましたが、案外そうでもなかったです。デザインも好きな1台。

4


■Citroën C3

続いてはCitroën C3。これは別の意味で開放感があるということだったので見てみました。写真は撮り忘れてしまったのですが、天井まで続くゼニスフロントウインドウが運転席に座っているときにすごい開放感があります(詳しくはC3 ゼニスウインドウで…笑)。

普通のクルマはフロントガラスは天井で終わりますが、これはそれがさらに延長されています。自分の頭の位置までガラスがあり、それがもたらす解放感は素晴らしい!の一言。

サンルーフも開放感があるのですが、実際運転していると運転者はそこまで解放感を感じないものですが、これは違いました。

5


■Alfa Romeo 147

キビキビ走れる楽しいコンパクトカー…と言うことで、アルファロメオの147。今じゃ中古価格も落ちていて、それなりに数も出回っています。
独特なフロントフェイスに、伝統のツインスパークのエンジン。官能的であると称されるエンジン音も聴かせてもらいましたが、多くの人を魅了する理由が少しだけですが分かりました。これ乗ったら思わずいつもより多くアクセルを踏んでしまいそうだ。
フワッとタコメーターも気持ち良く上昇し、それに合わせて合わせて軽やかに回るエンジン音がそう思わせるんでしょうね。このクルマの代名詞とも言われる“セレスピード”も面白そうです。

ただしセレスピードの故障について心配も。。まぁ205に乗っていた自分としてはあまり不安に感じていないかも…?(^^;)

6


■FIAT NEW PANDA ALESSI

再びNEW PANDA。こちらはALESSIの色違い仕様で黒色と白色です。
内装も外装に合わせるのかと思い気や…何とグリーン!芝生みたいな蛍光グリーン。でも目がチカチカするわけじゃないです。
冒頭に出てきたオレンジパンダがレッサーパンダなら、こちらは正真正銘のパンダと言ったところでしょうかね。

7


■FIAT 500C

生まれ変わったチンクエチェントこと、フィアット500。今回見たのはその中でもキャンバストップ仕様の500C。
4車種の中で一番コンパクトですが、キャンバストップが開くので開放感で言えばおそらくトップでしょう。内装がポップで、NEW PANDAにもあった遊び心がさらに盛り込まれていました。

さり気なくオープンになる点も気に入った点の一つです。

8


■Peugeot 205CTI

たまたま覗いたお店のメイン展示場に、懐かしい205の姿がありました。今ではかなり希少なCTI、カブリオレ。ちなみに今回見学した中で一番高かった。笑
しかし改めて見ても惚れ惚れするデザイン。この205は大切に乗られてきたらしく、シート・内装・外装どれも状態が良かったです。

ツインスパークエンジンに負けない、図太いエンジン音…もう一度聞きたいなぁ。

9



ドイツ、イタリア、フランス…ざっと気になる車両を色々と見させていただきました。
会社のお昼休み、家に帰ってから…と四六時中クルマのサイトを眺めていた中で、気になったクルマをピックアップしていった結果です。
サイトを一度見だすと、あれもこれも…と止まらないんですよね。改めてクルマ選びは楽しいなって再認識しました。


見れば見るほど、どれも良く思てしまう。。これじゃ中々決まらない…(^^;


様々な諸条件を元に、最初に感じたフィーリングなどを踏まえ決めていきます。
これからずっと乗り続けていく相棒は、果たしてどれに…?



つづく

  

category: クルマ

thread: 中古車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 3

△top

ミニ四レーサー再び 

 

モノを作ることが好きな自分にとって、原点となったものと言えば…そう、小学生の頃にハマったミニ四駆。

小学館が発行する月刊コロコロコミックの発売を心待ちにしていた小学生の自分にとって、ゲームももちろんそうですがそれ以上に熱中したもの…それがミニ四駆でした。

そもそもクルマや動くものが大好きという性格というのもありますが、自分で組み立て、走らせ、そしてコースで競わせる。自分の中でやりたいことが一気に叶ってしまう、夢のようなオモチャでした。


1989年頃のブーム真っ只中に熱中し、時は流れ徐々にミニ四駆からは離れていきました。



存在すらも忘れそうになっていたのですが…最近は第三次ミニ四駆ブームとなっているようで、各地のおもちゃ屋さんではコースが設置されていたり、レースも盛んに行われているそうです。

大学の後輩もハマっていると聞き、以前から気になっていたところに面白いミニ四駆を発見。


1台買っても1,000円に届かないお財布に優しいところは、今も変わらず。せっかくだから童心に戻ってまた1から組み立ててみようかな…と思ったのが始まりでした。


最近は色々なマシンがラインナップされていて、目移りしちゃいますが、買うのはコレと決めていたので、おもちゃ屋さんをいくつかハシゴしましたが見当たらず…。


本当はお店でパーツとか見ながら吟味したかったのですが、無かったのでポチッと注文しました。



後日、丁寧に梱包されて到着。

1


愛媛県からやってきたようです。遠路はるばる来てくれました。

2


早速開封。15年以上振りに購入したのはこのマシン。

3




中身はもちろんミニ四駆ですが、これはくまモンとコラボした企画マシン。
昨年4/16に発生した地震に対して、タミヤ社がミニ四駆で復興を手助けしようと企画したものです。

作って、遊んで、自分が好きなことが少しでも復興の手助けになるのであれば…と思い購入しました。


このミニ四駆の購入金額の一部が、熊本地震の義援金として贈られるそうです。
タミヤ社らしい支援の仕方ですね。


箱を開けて中身を見るなり、かつて熱中していたミニ四レーサーの心に再び火が灯ってきます。
ランナーに繋がっている部品、懐かしい…!いかにバリをきれいに取るかって頭を悩ませたものです。

4


くまモンミニ四駆とだけあって、そのくまモンがレーサーとしてミニ四駆に乗車するように演出されています。
ミニ四駆のフロントガラス部分から見えるレーサーくまモン。この顔がまた可愛い。

5


部品を眺めてから作業に取りかかります。

まずはボディ。特性のクリアボディ(通常版は黒単色)にステッカーを貼っていきます。小学生の頃は、このステッカー貼りに大分苦戦しました。当時よりは少し暗い腕が上がっていると思いつつも、苦戦しそうな予感。

6


別体となっているフロントライトに先にステッカーを貼り付け、ボディにはめ込みます。

7


その後はカッターとピンセットを駆使してステッカーを貼り付けていきます。結構細かい箇所が多く、案の上苦戦しました。

8


リアには“がんばれ熊本”の文字が。東日本大震災の発生日からもうすぐ6年ですし、熊本地震が発生してから1年が経ちます。
熊本へはミニ四駆、東北へは…今年は旅してお金を落とす予定です。目指ます、最東端…!

9


ステッカー貼り付けが終わったので、続いてはシャーシ作製へ。黒いABSのシャーシはMAシャーシと言い、一番バランスが取れた初心者にもおすすめなシャーシだそうです。

10


当時はあまりグリスの意味を深く理解していなかったですが、今ではその意味がちゃんと分かるようになりました。成長したなぁ、自分。笑

11


グリスを塗りたくったネジでローラーを締め付けます。当時はベアリングローラーを装着したりしました。

12


続いてタイヤ。ゴムのノーマルタイヤです。定番と言ったらスポンジタイヤに交換してグリップ力を上げる…でしょうかね。
タイヤを交換しただけでループを攻略できたときの驚きは今でも忘れられません。

13


タイヤにはバリが残るので、カッターできれいに切り取りました。バリを取るのにはツメ切りもおススメです。

14


レースの世界にはこういったバリが命取りになるので、しっかりと処理。1秒を争う世界では大切。

15


ホイールにはめて完成。黄色が映えます。

16


シャフトを介して、シャーシにタイヤを組み付けます。

17


電池用の金具を設置。もちろんちゃんと精密手袋を着けて取り付けました。指紋は抵抗になりますからね(^^;

当時コロコロコミックで得たミニ四駆の知識を頭から引っ張り出して組立てていきます。組み立ててるうちに段々と思い出してきました。

18


ミニ四駆のエンジン、モーター。今では2軸が出ているタイプもあって、自分のは2軸モーターでした。

19


モーターにギアをはめ込み、ボックスに取り付けます。

20


モーターはシャーシの中央に装着されます。小学生の頃自分が所有していたのは後ろに装着するタイプと前に設置するタイプでした。なので、真ん中は新鮮です。

21


間にギアを入れて繋ぎます。今じゃギア比も計算できるようになったと思うと、成長を感じます。当時こそ“?”って感じでしたからね(^^;)

22


大体組み上がったところでくまモンレーサー投入です。かなりきれいに塗装されています。しかもちゃんとハンドルも握っています。

23


シャーシ中央、モーターボックスの上に着席。ちなみに両面テープによる固定です。走らせたら振動で落ちてしまいそうな気がするので、そのうちビス固定にしようかな?

24


ボディをかぶせて…完成!

25


スケルトンボディだからくまモンが運転しているところがよく分かります。赤と黒のラインがカッコよくデザインされていて、くまモンの可愛いだけでは終わらないのが良いです。



単3電池で稼働するのですが、手元になかったので…テレビのリモコンから拝借(・・;)笑

焦る気持ちを押さえつつ、電池を入れてスイッチを入れると…


キュゥィィィーーーーンと元気よくタイヤが回り始めました。

グリスが摩擦で溶ける匂い、懐かしい。


本当はコースを走らせたところですが、手元に無いのでここで一旦おしまいです(たしか実家の物置にまだあったような?)。


くまモンミニ四駆…タミヤさんも粋なことをしてくれます。

時間を忘れて夢中になって組立てていました。これが少しでも援助になるのであれば、自分にとっては嬉しい限り。


まだまだ復興には遠い道のりが続いています。でも、こうやって少しでも手助けになれれば…と。


しかし15年振りくらいにミニ四駆を組み立てていたら思いのほか面白かったです。次回はサーキットデビューもしてみたいですね。やりだすと止まらなくなりそうです(^^;)
このミニ四駆シリーズ、もしかしたら続くかも…?


おわり

  
関連記事

category: 日記

tb: 0   cm: 0

△top