Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

北九州ツーリング 1日目 

 

今日からGWの北九州ツーリングを書いていこうかと思います。
もう行ってから1ヶ月…時間が経つのは早いですね…(^^;






・4月25日(土) (神奈川~大阪南港)

今年も去年と同じく前倒しで有給を取得したのですが、その日まで仕事が立て込んでいた為に有給を丸1日使って準備に当てました…(^^;
それまでの疲れも貯まっていたらしく、無理に出発していたら体調を崩しそうな感じもしたので。。


金曜日に一度実家に戻り、出発前の軽整備を終わらせ朝9:00過ぎに出発!
前週に大きな整備(修理?)は終わっているので、軽整備のみ。あとはチェーンに注油。これでOKのはず。


この日の予定は、東名高速に乗りひたすら西へ走り、ゴールの九州への玄関口である大阪南港フェリーターミナルを目指します。
大阪からフェリーを使い、朝起きたら九州に着岸するという体力温存プランです。
…ということで、この日はほぼ1日を高速道路で過ごすことになります。


‐東名高速道路‐

出発して東名高速へ。
土曜だったのである程度混雑しているのかな~と思っていましたが、それほどでもなく。交通量はそれなりにありますが、滞ることもなく進んでいきます。



東名高速で一番標高のある足柄付近では4月下旬と言えど、少々肌寒い…。
そして何やらちょっとした頭痛もするぞ…、何だか寒気もしてきた…(-_-;)

スタートして間もないのですが、調子がイマイチだったので足柄SAで休憩することに。天気は良く、SRXも調子が良いのですが、肝心の人間の調子がイマイチ…。ここで貯まっていた疲れが出てしまったようです。。
前日の丸1日もゆっくりすることなく、色々と動きっぱなしでしたしね…



・足柄SA

とりあえず休憩。今回の旅の装備はサイドバッグにシートバック、そしてタンクバックのフル装備です。フル装備ですが、キャンプはしません。
かなり荷物満載に見えますが、中は結構空いています。そしてこの空きが、後々活躍することになります…!

1


肌寒かったのでレインコートをジャケットの下に、ズボンの上にパンツを着込んで防寒装備をして再び出発します。
もし体調がイマイチだったら引き返そう、別に一人だし…と思いつつ新東名に乗って西へ。


・新静岡SA

段々と気温も上がってきて、走りやすくなってきました。そして私の体調も徐々に治ってきました…(^^;)
少し早めですが、食べてもう少し元気になろう ってことで、新静岡SAで駿河湾名物のしらす丼を食べました。

2


食べたらまた少し体調が良くなったような?
きっと仕事の頑張り過ぎなんだろう…と良い方向に解釈して、まだまだ続く東名を西へ。


浜松を過ぎて東名に合流する際に4台のツーリング集団がいたので、後ろについて引っ張ってもらいました。
結構良いペースで引っ張ってもらっていたのですが、回していたのでみるみるガソリンが減っていきます…(^^;





ボブブブ・・・

あ!…ついに吹け上がりが悪くなり、リザーブに!
しかも先のSAまでは何kmあるか分からない…、ここでガス欠になるわけには…汗


…と少しばかり飛ばしてしまったので、低燃費運転に切り替えて豊川ICで降りることに…(ノД`)・゜・。
降りてすぐにガソリンスタンドがあってよかった。。早めの給油って本当に大事ですね…(^_^;)笑

前回のツーリングでキャブレターが好調なのは確認済みですが、回すと燃費は極悪のようですな。。当たり前か。

この区間の燃費を計算したら、22.3km/ℓと替える前よりも極悪でした…。


‐新名神高速道路‐

序盤の遅れを取り戻すべく伊勢湾岸道路を一気に走り抜きました。
そして新名神に入ったところで、土山SAで一休み。


・土山SA

この時点で大体の到着時間も読めてきたので、少しばかり長めの休憩。
地元の人から、九州ツーリング羨ましいですわ~ってな感じに話しかけられたので、しばし談笑。もう一人隣にいた方も同じ時間のフェリーみたいです。

九州に転勤になるそうで、バイクを回送するために九州へ。
陸送するよりも自走した方が安いんだそうです。でっかいクルーザーだったので巡航はかなり楽そうでした。

3


地元の人から南港までは大体1時間半くらいですよ~と教えてもらい、再び出発。
夕方の大阪環状線の迷路を抜け、フェリー出港の2時間前に到着。今年は余裕だ!


・大阪南港フェリーターミナル

明日のスタートをスムーズにするためにガソリンスタンドで給油し、コンビニで朝ご飯を買いこみます。後は乗船まで待つのみ。


乗船の説明書きのポスターに描かれていたのは、良く見るとSRX600の初期型でした。
何だかちょっぴり嬉しい(^^♪

4


いよいよ明日は九州…、今年は直前まで本当にバタバタしていたのでプランは完全にノープランです…(;´∀`)
まぁ行けば何とかなるかな…。
ツーリングマップルを出すにはちと面倒だったのでボーっとしていたら、同じく九州へ行かれるライダーさんから話しかけれました。

滋賀出身のようで、フェリー泊で次の日走り、そしてまたフェリーで帰って来るという弾丸ツアーのようです。そういった気軽なツーリングができるなんて羨ましい…!
お互い写真を撮るのが趣味だったので、私の括り付けていた三脚のことで話しかけてくれたそうです。お互いに良い写真が撮れると良いですね~としばし談笑させて頂きました。

5


話ながらSRXを眺めていましたが、細い車体に大きな荷物を積むとバイクが隠れてしまいますな。

6



そして受付でもらった九州行の紙をミラーに通して出港準備は万端。段々と気分が上がってきます。
今年はカバンの上側にお風呂・お着替えセットを分けているので、車両甲板でもスムーズにしておきました。何回もフェリーに乗っていると自然とルーチンワークになってきますね(^^♪

7


フェリーのゲートが開き、いざ乗り込みます。



船内に付いてすぐにお風呂に入り、そして夕ご飯。
昨年と同様に、少し豪華にバイキングで大移動で疲れた身体にエネルギーを補給します。多分の旅の中で一番金額高いホテルでしょうしね…笑

8



そして午前中体調が悪かったと書きましたが、西に進むにつれて回復してきました。旅のワクワク感が体調を治してくれたんでしょうかね?


この日は甲板で星空を眺めようかと思っていましたが、お風呂入ってお腹もいっぱいで気が付けばうつらうつら。楽しみは明日にとっておいて、歯磨きして早々に就寝。
プランニングできる唯一の時間でしたが、ツーリングマップルもパラパラと眺めた程度…しかも長崎のページ。笑


前半の体調不良がありましたが、1日目は無事終わりました。

明日はいよいよ九州へ上陸し、大分から定番のやまなみハイウェイを経由して阿蘇を経由して、宮崎県は高千穂を目指します。



走行距離:532km
平均燃費:29.5km/ℓ


つづく


1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目/8日目

  
関連記事
スポンサーサイト

category: 九州・沖縄

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

バルブ交換と6,666km 

 

九州ネタを…と思ったのですが、ちょうどカブ号の走行距離がキリ番だったので…(^^;

DSC_8727.jpg


組み立てから約2年。
1年で約3,000km走っている感じですね。昔は大学までカブに乗っていたりして走行距離はグルグルと増えていったのですが、最近はもっぱら通勤と買い物、そしてちょいとした散歩に活躍しています。

単純に学生のときはお金が無くて、燃費の良いカブに助けられていた…というのもありますが(;´∀`)笑


割と近所を走っているだけですが、最近走行距離が伸びているので今年中に10,000kmに届くかな…?







せっかくなので一緒にこの前の出来事を。

仕事も終わり、帰るか~
ってときに駐輪場でカブのエンジンをかける。

…ん?ロービームが球切れ?
ハイビームで帰るか…


……ん?
ハイビームも切れてる…?



といったトラブルが。。
二つ同時に切れるってことは初めてだったので、まずは電装系を疑います。ただウインカーは着くし、ライトだけなので問題ないかな?って思っていたら、、


ヒューズは特に切れていませんでした。
よかった(^^;

1


予備のヒューズも備わっていますが、一安心。

2



じゃー何だろう?単純に球切れ?
分解して電圧を計ってみる。


…12Vをちゃんと示すので、しっかりと電気は流れているみたいです。
変な電装系のトラブルじゃなくて良かったです。。

後で気付きましたが、何気に我が家の乗り物が全部写っている写真でした。プジョーはボディのほんの一部が写っているのみですが…笑

3


あ、カブの右ウインカーもずっと補修したままのを使っています。そろそろ新しいやつに替えないと…(^^;



特に変なトラブルではないことが分かった時点で、GWに突入。笑

修理をする間もなく九州へ。
そしてバルブを抜いた状態で1週間ほど放置してしまいました…(^^;)


帰って来るなり、近くのホームセンターでバルブを購入していざ交換。


■RAYBRIG / スタンレー電気 二輪用ヘッドライトバルブR107

ハロゲンクラスの明るさ感と輝き とのこと。
明るさ感ってのがミソです。はたして…?

4


外したバルブです。真っ黒。

5


以前ヘッドライトソケットを交換した際に一緒に付いていたバルブです。一緒に付いていてラッキーと思っていましたが、寿命が近かったんですね。
揺らしてみるとローもハイもきれいに切れていたので、交換です。


こちらは新品。
今度はどのくらい持つかな?

6


ちゃちゃっと分解して交換します。ドライバー一本でできてしまうこのお手軽さ、さすがカブといったところですね^^

7


交換して取り付け。
無事にローとハイの切り替えを確認して、おしまい。

8


後日夜を走ってみましたが、気持ち明るくなったような気がします。これがパッケージに書かれていた明るさ感か!笑
純正では少しばかり心細かったのですが、今度は明るさも増したような気がします。これで夜遅くのカブ通勤も一安心(^^♪


電装系に関する変なトラブルでなくて一安心でした。。
しかしホームセンターに行けば大概の部品が揃うカブは本当に素晴らしいなってしみじみ。


ヘッドライトバルブ交換:6,492km


おわり

  
関連記事

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: バイクの修理・整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

春の道志みちツーリング 

 

これもGW前の話。
SRXのキャブレターをO/Hして、その調整の為に定番の道志みち→山中湖→箱根とテスト走行してきました。

時期はちょうど4月の真ん中で、標高の高い場所だったのでちょうど桜が満開でした。
今回の目的は、桜を見ること…よりも実は調整がメインだったりします。笑

何せこの2週間後には九州へのロングツーリングを控えていたので…(^^;


とりあえず集合して学生の時によく行っていた(通っていた?)ヤビツ峠こと県道70号線へ。


-県道70号線(秦野清川線)-

久々のヤビツ峠です。
この日は天気も良かったので、多くのライダーとチャリダーがいました。昔と比べてチャリダーの人口が急激に増えたように感じます。


そして何よりリアタイヤを交換してから山へは走りに行っていなかったので、少しテンション高め。
肝心のキャブレターは低速から高速まで特に詰まりもなく吹け上がり、以前の3WPキャブレターよりさらに力が増した感じです。

やっぱり初期型のエンジンには初期型のキャブレターが一番バランスが合っているのでしょう。
本当に調子よく、グイグイと登ってくれます。

単気筒らしく太いトルクでカーブの立ち上がりからしっかりと加速、そして軽い車体をスッと倒すとヒラリと倒れてくれる…
そうそう、この楽しさが単気筒だよなぁ と一人ニヤニヤしながら菜の花台まで。

一緒に走っていたZ250乗りの友達に峠で道を譲ると言っていたのに、あまりに調子が良いものだからそのまま来てしまいました…(^^;笑

1



菜の花台にて。
今日は大学の友達と2人で、峠巡りツーリングです。

2


ここから先頭を交代して、そのまま宮ヶ瀬湖を目指します。
ツーリングマップルには“首都圏には珍しい未改良の峠らしい峠”と書かれているヤビツ峠。道は快適とは言えませんが、適度なコーナーが続いて小柄なバイクだと楽しく走れる峠です。


そのまま程なくして宮ヶ瀬湖へ到着。


・鳥居原ふれあい館

いつもの休憩場所で一休み。
天気が良い日は多くのバイク、そしてクルマで賑わいます。

虹の大橋をバックに。
時期が一か月遅れですが、ちょうど春満開の時でした。

3


新緑に濃いピンクが映えますね^^
もうすぐ夏の到来を予感させる、そんな色です。

4



そしてその後は定番の国道413号線こと道志みちへ。


-国道413号線-

とりあえずここまで走り続けてきましたが、SRXの調子は特に変わることなく元気です。ここまで低速、中速、高速と色々と試しながら乗っていましたが、どこも特に不満なく元気に走ってくれます。

今までも普通に走ることに不満はなかったのですが、キャブレターO/H後は、これがSRXの本領発揮!といった感じです。
コーナーを走るだけで楽しいです(^^♪


・道の駅どうし

5


山中湖の手前である道の駅 どうしで一休み。


朝も早かったので、豚汁を食べて繋ぎます。確か200円で食べれるお手頃なつなぎ役として、毎回立ち寄った際には食べているような気がします。

6


食べた後は少し気になった場所があったので少し付き合ってもらいました。
せっかくなので、走るだけではなく桜も…ってことで道端に咲いていた桜と一緒に。

7


横浜の水はこの道志から来ているそうで、お互いに交流もあるそうです。以前プジョーで富士山へドライブした際に利用した温泉では、横浜市の人は割引してもらえました。

この清流のきれいさ、いつまでも残しておきたいですね(^^ゞ

8


桜も満開でした。
ちょうど今回はベストタイミングだったようです。

9

10


O/Hの甲斐あって調子がさらに良くなったSRX、どうやら九州ツーリングには間に合いました。
残るは…スプロケットですね。。多分まだ太平洋を横断中でしょう…笑

11


そのまま山中湖→富士山の絶景スポットである三国峠へ…。
と思ったのですが、ちょうど雲が出始めたのと寒さがあり1往復して撤退。笑

そのまま籠坂峠を越えて富士山の麓にある道の駅でお昼ご飯としました。


・道の駅 すばしり

道の駅にあるふじやま食堂で味噌カツを頂きました。やっぱりツーリングには味噌カツは外せませんね~。いつも伊勢湾岸道を走る時に利用する刈谷SAでも同じく味噌カツを食べています。

12


この道の駅からは富士山が一望できます。
ちょうど上半分がまだ雪化粧の4月の富士山。もうすぐ5合目までの道が開通されますが、しばらくするとマイカー規制が始まります。世界遺産に登録されてからその期間が長くなってしまいました…orz

13


環境を守るためなら仕方ないことかもしれませんね…。。


国道138号線を南下し、御殿場から長尾峠を経由して箱根へ。
この辺りは天気がイマイチだったので走って通過。

そして箱根新道から西湘BPに乗ってPAまでひとっ走り。
最後は端折り気味でしたが、これにてツーリングはおしまいです。


・西湘PA

九州ツーリングに備えて導入した時計もバッチリ活躍。道路にある温度表示と気温が一緒だとちょっとだけ嬉しいです。
ちょっとだけ道路標示よりは高く表示されているようですが、本体が黒色なので熱を吸収して温度が上がってしまうのでしょう。停車している状態で日光に当たっていると10℃くらい高く表示されますw

走り出せば元に戻りますが…(^^;笑

14


そして今回メインで試したかったキャブレターは完調の一言。
不満点は見当たりませんでした。始動がイマイチだった点については、パイロットスクリューを1/2回転戻して調整。現在は特に問題なくエンジンがかかります。


そしてもう一点大きな変化点と言えば、燃費です。

今までは24km/ℓ程度だった燃費が、今回はなんと33.3km/ℓにまで上がりました。かつて夢の40km/ℓ超えを記録した初期型キャブレター。よく回るし、良く走るし、さらに燃費も良いと来たら欠点が見当たらないです。

…しかし次に続かなかったYDISキャブレター…(;´∀`)
一応後期型の3WPまでは搭載されていたようですが…。

15


SRXは完調になり、本格的なツーリングシーズンにはどうやら間に合ったようです。
次回からはいよいよGWのロングツーリング編のスタートです。


走行距離:278km
平均燃費:33.3km/ℓ


おわり

  
関連記事

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top