Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

Nostalgic 2days 

 

いよいよ3月も終わり、もう4月になります。
開花宣言のされた神奈川では、チラホラと桜を見かけるようになってきました。多分週末が見頃かと思ったのですが、どうやら雨模様…(ノД`)・゜・。

平日も今日を境に下り坂になるそうで…。
うーん、どこかまだ開花されていない場所を探さなきゃなぁと。




少し前のお話ですが、パシフィコ横浜で開催されたNostalgic 2daysに行ってきました。

Nostalgic 2daysとは、旧車専門誌「Nostalgic Hero」、「ハチマルヒーロー」、「Nostalgic SPEED」の3誌がプロデュースする旧車・絶版車ファンのためのイベントのことです。タイトル名から分かるように、80年代やその前のクルマがメインです。


普段から古いものが好きな私にとってはとても興味がそそられるイベントです。ちょうど実家で親がチケットを当ててくれたので、旧車好きな友達を誘って行ってきました。

…これがこの友達に大きな影響?を与えるのですが、それについては後ほど。。






今回はバイク…ではなく、プジョーで出撃。レストアの甲斐あって好調です。

ちょっと今回の旧車という部類と少し違いますが、これだって立派な旧車。会場に向かう途中、いかにも!といった年式のブルーバードの後を走りつつ、開園ちょうどくらいに到着しました。


会場内にはワクワクするような旧車がズラリ。まずはケンメリの登場!
日産の誇る名車、ケンメリ。年数を感じさせないレストア具合でした。

Nostalgic 2days 1


フェアレディZのフルチューン車両も。しかし今見ても決して古さを感じさせないこのデザイン、まさに名車。

Nostalgic 2days 2


各ショップ自慢の旧車、パーツ、グッズ、ミニカー等が大量に並ぶこの2日間、もちろんエンジンも見れます。きれいにレストアされたエンジン。エンジンヘッドのNISSANの文字が映えますね。

Nostalgic 2days 3


レストアされた車両も魅力的なんですけど、こうやって当時のままってのも惹かれますね~。私はどちらかと言うとこっち派だったり。
整備が簡単そうな構造です。これから先、電子化が進むと本当にブラックボックス化してしまうのでは…と思います(^^;

Nostalgic 2days 4


当時物、高速有鉛ステッカー。雑誌ももちろん好きです。

Nostalgic 2days 5


逆にほとんど見かけないシルビアを発見。

Nostalgic 2days 6


定番のハコスカはフルチューン仕様でした。カッコいい!

Nostalgic 2days 7


日産 MID-4もありました。

Nostalgic 2days 10


パイクカーで有名なBe-1。
これ、たしかものすごく走行距離が短い上物でした。こんな遊び心溢れるクルマをまた作って欲しいですね^^

Nostalgic 2days 11


テントウムシの愛称でお馴染みのスバル360。ちょっとレーシーなヤングSSでした。

Nostalgic 2days 14


スバル繋がりでレオーネクーペRX・II。
初めて見た…!アルシオーネが好きな私にとってはたまらない1台!

Nostalgic 2days 15


西武警察仕様、117クーペ。ちゃんと銃が車内に置いてあるのが細かいです。プロのカメラマンにクルマと一緒に撮ってもらえます。

Nostalgic 2days 16


初代ELF。
去年のGWに現役で動いていたELFを熊本で見たような。ナンバーも5ナンバーでした。やっぱり働くクルマは強い…!

Nostalgic 2days 17


しかし今回はハコスカがめちゃくちゃ多かったです。どのお店のブースに1台は必ず置いてあるような感じでした。

Nostalgic 2days 18

Nostalgic 2days 19

Nostalgic 2days 20


ボンネットの開け方がまた渋い。整備はしにくそうですが…(^^;

Nostalgic 2days 21



クルマに紛れてCB750。クルマに負けじとその渋さを見せていました。空冷4発のフィンが何とも言えない美しさでした。

Nostalgic 2days 22


ケンメリもハコスカもZもどれもカッコいいのですが、ちょっと変わっている私にこっちのがグッときたりします。どうでしょう、この昭和の匂いがたまらないシルエット。

Nostalgic 2days 24


角ばっているだけじゃない、その素晴らしさ。きっとプジョーを買ってなかったら買っていたかも…なんて(;´∀`)笑

Nostalgic 2days 25


117クーペ。貴重な初期生産ラインのものらしいです。

Nostalgic 2days 26


トヨタカローラワゴン。北米仕様の熱いヤツ。
カルフォルニアで走っていたらきっと絵になるだろうなぁ。ボンネットのカタカナで“トヨタ”と記されているのがまた良し。

Nostalgic 2days 27


最後にブルーバード。
今日の行きに目の前を走っていました。今見ると軽自動車並みのサイズなんですが、大人4人がしっかりと乗れるスペースを確保している、実用車。実際中に男3人で乗っていました。

Nostalgic 2days 28



ってな具合で楽しんだ1日でした。
専門?はどちらかと言うと欧州の旧車なのでそこまで踏み入ったことは書けませんが、言えることはどのクルマもカッコいい!ということですね。


そしてその帰り道、一緒だった友達は昔からハコスカを所有することを夢見ていたのですが、このNostalgic 2daysにより購入意欲をさらに加速させたようです。
今は市場で新車よりも高い値段でやりとりされているハコスカですが、生活を切り詰めれば購入できる…と計算していました。

実際見せてもらいましたが、かなりきつそうでしたが…(;´∀`)笑




感想。
…やっぱりクルマって面白い!

当時競り合うようにして開発された数々の名車達。今ではすっかり見ることがなくなってしまいましたが、いつ見ても色褪せないそのデザインには心惹かれます。

最近はバイク業界は250ccクラスが盛り上がりを見せ、クルマ業界ではホンダのS660の発売、スズキ アルトのスポーツモデル発売と賑わってきたように思います。日曜に東京モーターサイクルショーでもヤマハのYZF R25は大人気でしたしね(^^ゞ


昨日ホンダのS660の開発責任者が言っていた“クルマってこんなに面白いんだぜ!”ってのを改めて感じたNostalgic 2daysでした。



おわり

  
関連記事
スポンサーサイト

category: モーターショー

thread: 旧車 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

ハンドル交換 

 

プジョー205GTIにはレーシーなハンドルが純正で装着されています。
私のプジョーも同じく真ん中にGTIと刻まれたハンドルが着いています。…ですが、どうも痛みが激しく合皮の部分が劣化でボロボロと剥がれてくる…(ノД`)・゜・。


そんな中ハンドルカバーを付けて応急処置をしていたのですが、部品取りプジョー205に装着されていたハンドルと交換しました。


まずは交換前。全くの純正。

純正ハンドル 1


パッと見る分には平気そう。…ですが。。


よーく見れば経年劣化の跡が。日焼けして合皮はボロボロ。これ、運転していると手にボロボロとくっついてきてしまいます。さらにステッチ部分もほつれてしまっています。

純正ハンドル 2


何でこーなったのかは分かりませんが、これでは流石に修復不可能…orz


そこでシリコン素材使用のハンドルカバーを装着。黒色でそんなに主張しない、そんでもって低コストなやつを選択。

■ボンフォーム ファンクションリング フリー

純正ハンドル 3


見た目に変化も無く、さらにグリップ感も向上しました。シボが入っているので、見た目も本当に変わりませんでした。

純正ハンドル 4


ボンフォーム ファンクションリング フリー


この状態でおよそ1年弱乗っていました。
ハンドルはいつの日か交換はしたいな~程度に思っていたのですが、そんなときに部品取りプジョーがやってきて交換という運びに。

プジョー205GTIという文字が無くなってしまうのでちょっと…という気もしましたが、やはりボロボロよりは良いでしょう笑
しかも付いていたハンドルはMOMOでした。


早速ハンドルを取り外す。
奥まで突っ込んでボルトを緩めます。


一度交換した時は方向指示器が曲がった後にキャンセルしてくれず、再作業となっています。原因は方向指示器を戻すための棒が短い?届いていない?といったところ。
しばらくは自分で方向指示器を戻すといった、バイクスタイルでしたw

ハンドル交換 1


なので接着剤+ガムテープのガチガチな補強で棒を再びくっつけます。
このハンドル、以前にもそうした跡が残っていたので、おそらく前のオーナーも同じようなことをしていたのでしょう。プジョー205では届いていたのか、205GTIでは若干届かなかったです。

ハンドル交換 2


補強が終えて、残るは組み付け。さらに針金を使って締め付けてこれでもかと補強。この棒でキャンセルをするので、運転している限りは力がかかるので。

壊れてしまったら、また考えよう。。

ハンドル交換 3


ハンドル交換 4


MOMOにはホーン用の配線がありましたが、このクルマのホーンは左側のウインカーの先っちょにあるので使用しません。最初はこのホーンが使いにくかったのですが、慣れてくると意外にも使いやすくなってきました。
今の欧州車のホーンもここに付いているんですかね?

ハンドル交換 5


戻しておしまい。

ハンドル交換 6



ハンドルが主張してしまうかな~と思っていましたが、全体的に良い感じに収まってくれました。ハンドルがまともになってしまうと、メーターパネルの割れが目立ってきてしまいます…(;´∀`)

ハンドル交換 7


純正と比較すると、比べて少しだけ小ぶりに。
ハンドルの状態は良いので、これだけで大分しっかりしているように見えてきますね。

そしてハンドル中央部にはMOMOの文字が!
ハンドル交換の醍醐味はここか…!…カッコいい!

ハンドル交換 8


今は不具合なく、しっかりと方向指示器も戻してくれています。思わぬ形で手に入れたハンドルですが、かなり気に入っています(^^♪

先ほども書いたメーターパネルの割れが目立ってしまったので、そこを直したいのですが…
きっと取り外すともっとバキバキになってしまうので手を出せません(ノД`)・゜・。笑



おわり

  
関連記事

category: Peugeot 205GTI

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

激安バッテリーに挑戦 -SRX編- 

 


先週エンジンをかけようと思ったらセルが

ギュルン…ギュ…ルン……ギュ…ルル……ヴヴヴ…  …   … ヴー……


!(;゚Д゚)


ありゃ、セルモーターが死んだ…?


当初着けていた前期型のセルモーターは中身が死んでしまい、対策品である強力な後期型のセルモーターを装着しました。
…が、対策品もどっかのネットに書いてありましたが死んでしまうらしく…。家に初期型のセルモーターがあるけど、、、もう後期型はオークションでも出ないだろうなーなんて思いつつ、他の原因を探る。


ライト、ウインカー、ホーンは異常無し。セルだけ回らないみたいです。しかもセルをちょっと回していたら焦げ臭いっす(゚Д゚;)
もしやまたあのセルモーターが死んだときと同じか…(;゚Д゚)ガクブル



暗いし、原因を突き止めるのも大変そうだなぁ。とりあえず主治医である親父に電話、もしかしたらバッテリーが弱っているだけで、押し掛けでかかるかも。

と聞き、久々に押し掛け。

単気筒はエンジンブレーキが強力なのでなかなか大変なんですよね…。。かつて押し掛けでツーリングをしたことがありますが、ありゃーかなり辛かったです。笑
後半は流石に疲れて友達に押してもらっていました。そんな時に限って最後に雨が降ったり、雪が降ったり…過酷な1日でした(;´∀`)

今でもよくあの状態でツーリングしたなぁとしみじみ。。


…と言うことで、ギアを2速に入れていざ。


ダダダッ(走る音)


ダダダダダッ



バ…ババ…バババ……!


いつも単気筒の図太い音がして、無事にかかりました(;´∀`)
どうやら単純なバッテリー切れだったようです。一度エンジンを切るともうかかりませんでした。

購入してから4年以上使ったバッテリー、メンテナンスの度に水を補充したり気を配っていたのですが、流石に寿命だったようです。家に戻り早速注文。


久々のSRXネタはバッテリーの交換になりました。
ついこの前、カブに激安バッテリーを投入したのですが…今度はSRXですか。。



そんなこんなで商品が到着。

バッテリー交換 1


前回のカブの成功?から激安バッテリーに挑戦しました。笑
送料が無料で、さらに保証も1年も付いてきて申し分なし。多分1年間無事に走れれば元が取れるだろうという計算。

バッテリー交換 2


希硫酸を自分で入れるタイプです。その後の初期充電は不要とのこと。

バッテリー交換 3


希硫酸ボトルの先をハサミで切り、チューブを繋いでバッテリーに入れておしまい。UPRとLWRを見極めつつ、慎重に入れます。
その後は40分程放置。


交換前に新旧で比較。大きさの差異はありませんでした。
左が今まで使用していた台湾GSユアサ。初めてSRXを買いに行ったときにバッテリーが死んでいて、バイク屋さんに預けたついでに購入したものです。

このバッテリーで北は北海道、南は鹿児島まで特に不具合なく、走り切ってくれました。そう思うとかなりタフなバッテリーでした。今までありがとう~!

そして右側の新しいバッテリー。果たしてどのくらい走れるのだろうか。。

バッテリー交換 4


電圧を計ってみたらしっかりと12V以上あったのを確認。接続部にワセリンを塗り腐食防止をして、ボルトで締めておしまい。

バッテリー交換 5


交換後は元気よくセルも回り、見事に復活しました。
ついに中型バイクまで激安バッテリーに手を出してしまった…(^^;笑

長旅のときに死ななければいいのですが、まぁ死んだらそのときですよねー…多分(;゚Д゚)


バッテリー交換走行距離:52,850km


おわり

  
関連記事

category: YAMAHA SRX250

thread: バイクの修理・整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

△top