Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

三重・京都ツーリング 1日目 

 


御嶽山噴火による多くの犠牲者の方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。
実は私もその当時近くにいました。そんなすごいことになっていたとは全く知りませんでした。1日も早く行方不明者が見つかることを祈っています。



8月の終わり、土日を利用して近畿地方へツーリングへ行ってきました。
京都に住む友達が免許を取ったとの知らせを受け、これは走るしかないと西を目指しました。

何だかんだで京都に行くのは、大学の卒業ツーリング卒業旅行以来なので…3年振りです。天橋立は行っていたのですが、市街は久々。
当時はバイクで行った後に、また電車でまた京都に行くという…1ヶ月の短いペースに2回行っていたので、道もそれなりに覚えました。

今思えばすごいことしてたな…笑






・8月31日(土) (神奈川~新静岡~鈴鹿~青山高原~京都)

出発は5時。
前の日に仕事が長引いてしまい、夜寝たのは結局12時。まぁ4時間寝れば何とかなるだろうと、まだ夜明け前でさらに雨の降る中出発。

向こうは晴れるのかなぁ。。
いきなりの本降りで心が折れそうになりますが、そこは根性で走ります。足柄を過ぎるまでは容赦ない大雨…。静岡に入って、最初の休憩場所である新静岡SAまではレインコートを脱げませんでした。

・新静岡SA

高速に乗って最初の休憩。足柄を超えてからのテンションはもうランナーズハイならぬ、ライダーズハイ状態w
一気に静岡までやってきました。

新静岡SA


ここで朝ご飯。前もって買ったメロンパンと、SAのあったかいお茶。雨で冷えた体を温めます。
天気を見ても、もうこれから先は雨は降らないようです。レインコートをしまって走れそう^^


出発際にやってきたNSR乗りの方としばし談笑。
お互い一昔前のバイクに乗っているのですぐに話に花が咲きました。同じく西を目指しているらしく、ようやくの休みを取ってのロングツーリングだそうです。

出発してからそのあと追い抜かれましたが、抜き際に挨拶もしてくれたのが印象的でした^^
2ストとはペースも違うので、私は私のペースで西を目指します。


浜松の辺りから先ほどまでの曇り空が晴れ、まさにツーリング日和な天気に。
そこから刈谷SAで休憩し、そのまま集合場所まで。

集合前に温泉に入っておきたいというプランがあったのですが、それも厳しい…いやでもちょっと体をきれいにしてから…
という思いに負けて鈴鹿さつき温泉で一休み。

烏の行水の勢いで入り、集合場所の道の駅 関宿へ。


・道の駅 関宿

道の駅に到着もすでに向こうは到着していました。時間通りに来ていたわけでもなく、向こうも遅れていたのでよかったです(-_-;)笑


少しの緊張を交えつつ、お互いにお腹も減っていたのでまずはお昼を。
B級グルメ的な焼うどんを食べました。コシがあるうどんによくあって、食べ応えがありました。

道の駅 関宿


早朝にメロンパンを食べただけなので、バクバクと胃に収納。

休憩し、ようやく近畿ツーリングがスタートです。
気持ち的にはかなり距離を走っていますが、温泉でリセットしたので疲れもそこまでありません。天気がいいのも影響あるでしょう^^


道の駅を出発し、まずは青山高原まで向かいます。



・青山高原

風車のスポットとして有名な青山高原へ。
高度を上げていくと…

青山高原 1


おそらく三重を一望。
関東で降っていた雨が嘘のような真夏の晴れ。まぁ500㎞も離れてたらそうなりますよね!
風車が点在しています。北海道の風車が懐かしいです(^^♪

青山高原 2


ここの風車は結構近づくことができます。
ヒュインヒュイン…とUFOの飛行音が周りに響き渡っています。あ、UFOの音がどんなものかは聞いたことないので完全に妄想なんですけどね(^^;

青山高原 3


しかし高地なだけあって涼しくて快適です。
ちなみに別名は”関西の軽井沢”だそうです。ほうほう。

青山高原 4


風車は全部で30機程あるそうで、これは国内最大級にあたります。

青山高原 5


今回はエストレアと一緒に走ります。クラシカルなスタイルが好きです。
単気筒2台でのツーリング。

青山高原 6


そのあとは国道165号線を走り、県道80→県道4号線を経由して月ヶ瀬までやってきました。
今回はそのあたりでの写真はありません。
途中で雨が少しだけぱらつきましたが、特に問題なかったです。今日はかなりの距離を走っているはずなのですが、温泉に入ったため疲労がありません。

ロングで走る時の温泉は偉大です。

国道163号


‐国道24号線‐

京都市街を繋ぐ国道24号線へ。
ちょうど夕時ということで渋滞が少し起き始めていました。夕日も見えていたのでここで一休み。

国道24号線 1


雲の合間から見える夕日がまた良いコントラストに。

国道24号線 2


出発するときの大雨でどうなることかと思いましたが、こちらに来てしまえば絶好のツーリング日和でした。
関東と関西でこんなにも天気が違うのかを実感した1日でした。

国道24号線 3


ただ雨に降られたせいでチェーンがカラカラに。。
明日出発前に油をさしてあげないと…。


大学の卒業旅行以来の京都です。街中が碁盤目状になっている中、何回も走ったのが懐かしい!
当時の記憶が少しだけよみがえってきました。

京都



そのあとは京都の友達宅で泊まらせてもらいました。
おそらく3分程で夢の中だったのを覚えていますw

書いた内容としては写真が少ないので薄っぺらいですが、1日目は無事に終わりました。
2日目は世界遺産である平等院鳳凰堂へ行ったことを書きます。


走行距離:596km
平均燃費:28.6km/ℓ

つづく


1日目/2日目

  
関連記事
スポンサーサイト

category: 関西

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

ぷらっと気軽に 

 

自分で書くのもあれですが、過ぎた22日無事に誕生日を迎えました(´∀`*)
これでまた大人の階段を一段登りました。

いやはや、まだ中身が伴っていないのに大丈夫なのか心配になってしまいますが…(^^;


とりあえず楽しい1年を過ごせるようにしていければなと!






ツーリングする上で大切なライディングジャケット。タイトルにも書いたぷらっと気軽に乗りたいときに羽織れるようなジャケットを兼ねてから探していました。

まずはいつものジャケット。
RSタイチで、学生時代にバイト代を貯めて買ったお気に入りの1枚です。

かなり使い込んでいるため、色褪せや汚れも落ちにくくなってしまっていますが、またまだ現役です。
学生の少ないお金で、初の一人旅に向けて購入したこのジャケット。色々な思い出が詰まっています。猛暑日の千葉でデビューさせましたが、あまりの暑さに買って後悔したのを覚えていますw

RSタイチ


思い出いっぱいのジャケットですが、ちょろっと走りたいときや、バイクを降りている時間が割と長めのときは普段着みたいな感覚のジャケットがあればと思っていました。

今はいかにも“ライダー”といったジャケットではなく、いわゆる街乗り仕様といったカジュアルなデザインのジャケットも多く出回っています。
そんな種類の中、デザイン的に気に入ったラフ&ロードさんのジャケットを購入しました。

マウンテンパーカー風の一枚。
ぱっと見はライダースジャケットとは分かりませんが、それがいい感じ。

ラフ&ロード


RSタイチのジャケットよりは生地が薄めに作られているので、真夏は今より快適になりそうです。
今後はこの2枚を使い分けで乗っていこうかと思っています。

購入したのが8月終わり、京都へツーリングに行った時にこれをデビューさせました。インプレはまた次回に。
1泊2日の弾丸ツーリングでの様子と合わせてお伝えしますw


今年も気付けばもう9月後半。
あっという間今年も終わってしまいそうなので、夏のロングツーリングに行けなかった分どこかに行きたいと思います。

実は今月頑張ったので月末にお休みを頂きました。2泊3日でどこかへいく予定です。
行き先はまだ不明。告知せずに出るかもしれません(^^ゞ笑

赤いSRXにラフ&ロードのジャケットを着ていたら間違いなく私です。暖かく見守って下さい(^^;


それでは。


おわり

  
関連記事

category: バイク道具・用品

thread: バイク用品 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

中津川林道ツーリング 

 

お盆のラストツーリングは、高校の友達と林道へ行きました。
今年の夏は台風の影響で出鼻をくじかれてしまいましたが、ちょくちょくと色々なところに出掛けることができました。


その締め括りは関東のロングダートとして有名な中津川林道へ。
前日に電話があり、ルートを確認して備えました。
集合は5:00。
珍しく遅刻せずに到着し、圏央道から中央道に乗り換えて山梨県へ。

朝日が出てきて、今日も暑くなりそうな予感(・・;)笑

圏央道


久々に出動のDTも問題なくキック1発始動で、問題なく走り出します。
談合坂SAで、一休み。

中央道


青空がくっきり!
良い天気になりそうな1日です。それと林道走るので汗もガッツリかきそうです(・・;)笑


中央道を勝沼ICで降り、ガソリン、コンビニで昼食を入手して国道140号線へ。


-国道140号線-

雁坂トンネルを経由して埼玉県へ。
自動二輪540円という破格…。まぁトンネル費用に莫大な資金がかかっているので仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。

雁坂トンネルを抜けて中津川林道の入り口に向かって山の中へ。
いよいよ始まる約18㎞の林道に備えます。

国道140号線 1


今日はいつもの林道メンバー、CRF250乗りと一緒です。

国道140号線 2


中津川林道

いよいよスタート。
まずは敷き詰められた砂利道を走ってウォームアップ。おそらくキャンプ場に行く車で通りが多いのでしょう。
少し進んで、川があったので一休み。

自然の中をガッツリ走るので気持ち良い( ´∀`)

中津川林道 1


同じく林道ツーリングを楽しんでいるライダーもチラホラと。
ジムニーもチラホラ。

今日の目的は中津川林道走破とそのあとの大弛峠を走破することです。

中津川林道 2


と言っても飛ばすわけでもなく、ゆっくりと走っていきます。
休憩した先にいたトンボ。
山の中は少しずつ秋の色に染まりつつあるようです。

中津川林道 3


走りやすい敷き詰め垂れた砂利道なので前半はまだ余裕があります。

中津川林道 4


ただ後半になってくると道もガレたりで難易度が上がってきます。
それでも交通量があるためか走りやすいです。

そして到着。
向こう側は長野県です。

中津川林道 5


最高地点、そして三国峠を走破!
ここで一休みです。

中津川林道 6


休憩してお昼ご飯にしようと思いましたが、丁度良い場所がなくそのまま下ってしまいました。
もう長野県に入っているので高原道路が広がっています。

-県道68号線(梓山海ノ口線)-

一面キャベツ畑!

県道68号線


天気も良いのでツーリング日和です。ただ林道で汗かくので暑い暑い(・・;)笑

川上牧丘林道 1


キャベツ畑。
白いビニールが雪に覆われているように見えます。

川上牧丘林道 2


収穫後なんですかね?

川上牧丘林道 3


高原の道を少し堪能して、本日の2本目の林道である川上牧丘林道へ。

川上牧丘林道 4


-川上牧丘林道-

この林道は、自動車で登れる峠としては最高地点になる大弛峠に繋がっています。

山登りをする前にお昼を挟みます。
持参してした食事キットを使って早速ご飯です(^^)

ちょうど良い場所を発見。川で涼みつつ、朝買ったカップヌードルの準備です。

川上牧丘林道 5


ペットボトルは荷台にくくりつけていたので、ベコベコw
まぁ漏れてないのでそのまま投入して、沸かせて完成。

うまそうに仕上がりました゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚

川上牧丘林道 6


コーヒーも相方が準備してくれていたので、今回はかなり充実したお昼です。
カップヌードルを青空と大自然のなかで食べると美味しさ倍増(*^^*)

川もきれいでゆっくりできました。

川上牧丘林道 7


その後は大弛峠までガレた林道を登っていきます。
ここから約8㎞、必死に上ったため写真はありませんw

やっとのことで上った先の景色がこれです。

大弛峠 1


真っ白…笑
下界は晴天でも標高が2,000mを超えれば天気も変動してきますよね(^^;
そして真夏というのに寒い…。

でも日本最高所の車峠道へ到達できました。
あまり実感はないですが、とりあえず乗り物で来れる最高地点は走破です。

ものすごく展望が開けてはいませんでした。とりあえず一休み。

大弛峠 2


土砂崩れの後も。
大雨の後はよく通行止めになるそうです。

大弛峠 3


登ってきた道はこんな感じです。結構きついゴツゴツした大きめの石がゴロゴロして安定しにくい道でした。
まだ登り道だったのでよかったのですが、これ下りだったら怖いなぁ。。。
ただゆっくりと登ってこれたので、今回は無転倒にてクリア。
それが何より(^^;

大弛峠 4


高所なので白樺もたくさん生えていました。
そうそう、ここは何気に長野県と山梨県の県境でした。さっきまでは埼玉県にいたので、何だか変な感じです。

意外にそう思うと長野県も近いです。

大弛峠 5


その後はガス欠気味だったのですが、下りだったので問題なく下山。

帰りの中央道の小仏トンネル付近の渋滞は相変わらずでした(・・;)
ドロドロになったので、バイクも洗車。その日の汚れはその日のうちに落として帰宅。

洗車


日帰りでのロングダートツーリングでしたが、意外にもそんなに疲れはありませんでした。
おそらく圏央道の開通が大きいのかなと。

南関東のロングダートも無事走破できたので、次は…四国の剣山スーパー林道を走破してみたいです(^^ゞ

時間があればですが…笑


走行距離:372km
平均燃費:20.1km/ℓ


おわり

  
関連記事

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top