Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

富士山ドライブ 

 

GWのロングツーリングも無事に終わり、天気予報はまたもや晴れ。
これはどこかに出かけるしかない!

バイクはガッツリ乗ったので、じゃーたまにはクルマでも…とPeugeot205の登場。出発前日にちゃちゃっと洗車。
砂利の駐車場なので泥はね汚れがすごい…。しかもただでさえ汚れの目立つ黒色なので洗車が大変でした。
ワックスがけはせずにシャンプーでシャシャっと洗って準備万端。

ガソリンも満タンにして就寝。


早朝の4:00に出発。
バイクと違って軽装でいいんだと改めて実感。

朝の国道246号線を抜けて、まずはあまり制覇していない神奈川県北部の駅舎でも。


・山北駅

かつては山越えの拠点駅としても活躍していた山北駅。鉄道が開通するまで何もなかったこの場所にできた山北駅は、箱根越えの拠点街としても栄えていたそうです。

駅舎は木造のいい雰囲気の駅です。

山北駅 1


ちょうどよく列車も登場。
ただホームには入らず高架線から。

山北駅 2


結構利用者も多い駅のようです。学生さんが大勢降りてきました。練習試合とかの遠征でしょうかね?


さて、ちょっと追い求めていた駅舎とは違ったので次の駅に行きましょう。


・谷峨(やが)駅

こちらは山間にあるひっそりとした無人駅。
そうそう、追い求めているのはこんな感じです。笑

何だか小学生の団体さんがわいわいと列車を待っていたので離れた場所で列車が来るのを待っていました。
記念写真撮ったりと、私がいたら完全に邪魔そうな雰囲気だったのでw


そして去ったあとに一人上陸。
三角屋根の可愛い駅舎。

谷峨駅 1


国道246号線と併走しているこの駅ですが、駅舎は静かです。山間にある普通の駅舎って感じです。

谷峨駅 2


駅構内を横断して向かい側のホームに行きます。

谷峨駅 3


さて、出発します。
やっぱり天気が良いのでバイクの姿が多いです。あれ、バイクに乗ればよかったかな?(^^;


国道246号線→三国峠といつものお気に入りの道を走ります。
訪れるのは昨年の6月以来です。当時はSRX250の2台というかなり希少なツーリングでしたw
今年もやりたいなぁ…^^


-県道147号線(山中湖小山線)-

山梨県、静岡県、神奈川県(ちょびっと)の3県に跨る三国峠。日本全国、この名前は多いです。
ちなみに知っている中で一番多い数字を使っている峠は箱根の"十国峠”でしょうかね?

神奈川側だとかなりの急勾配です。それを登って山中湖側に行くと…


富士山!

県道147号線 1


今日は天気も良いので眺めも最高です。
久々にこんなにくっきりした富士山を眺めたかもしれません。そしてお気に入りの場所は誰もいなかったのでゆっくりと富士山を眺めました。

ズームでも…と思ったのですが、やっぱりプラスチック部分は経年劣化が目立ちます…。
白くモヤモヤとしたのが…・゜・(ノД`)・゜・

県道147号線 2


まぁ近くで見なきゃかっこいいからいーやとw
しかし富士山きれいですな~世界遺産の名に恥じない堂々としたシルエット。

県道147号線 4


春先の雪冠が半分位かぶっている時期が一番好きかもしれません。
最近富士山五合目まで行っていないなぁ…
久々に行こうかな?^^

県道147号線 5


Peugeotも洗車したのできれいになりました。
レストアもそれなりにしてきたので普段乗りには全く不自由しません。クルマなんですけど、どこかバイクのようなダイレクト感が運転していて楽しい!

県道147号線 6


ツーリングマップルを眺めて次の目的地へ。
場所は二十曲峠。

途中眺めがいい場所に出会ってしまったのでしばし休憩。今日はどこから見ても富士山がきれい!

二十曲峠 1


手動サンルーフ全開で走ります。ちなみにエアコンは壊れていますw

二十曲峠 2


・二十曲峠

南アルプスも一望できるとのことで、ちょっと登ってみました。
隠れた名所…というわけでもないのでそれなりに山頂にはいました。

二十曲峠 3


南アルプスもそろそろ春ですし、今年も信州に行きたいですな(^^♪


山の神の神社もありました。

二十曲峠 4


下る途中にいい感じのスポットがあったのですが、電線に邪魔をされる…。
うーん、残念。どうやらこの場所はジムニーのような四駆の撮影スポットのようで、先客がいましたw
完全に場違いだったようです。

二十曲峠 5


-国道139号線-

国道139号線に合流し、ちょいと休憩がてらに駅舎へ。


・三つ峠駅

富士急行の駅舎です。
有人駅だったのでこれでおしまい。やっぱり国道沿いにあるので利用客も多めのようです。

三つ峠駅


-県道24号線(都留道志線)-

道志みちへ通じる普通の県道です。
そのまま道志みちへ抜ける予定が…気付けばこんな場所へ。


-林道 栩苗代線-

林道栩苗代線 1


以前は通行止めだったので、今はどうなのかな~と思ったのでちょっと寄ってみました。
そしたら通れるものだからついつい…(^^;

整備された林道なのでPeugeotの車高でも全く問題なさそうです。
やばい、楽しいw

林道栩苗代線 2


特に下側をするわけでもなく、普通に楽しめます。窓全開・サンルーフ全開でマイナスイオンをたっぷり吸い込みつつ走ります。

緑も色濃くなってきていい感じ。これは林道ツーリング行くしかないな(^^;

林道栩苗代線 3


割とアップダウンもあるこの道ですが、轍もなかったのでよかったです。
切り返しとなると大変そうなので…(;´∀`)

林道栩苗代線 4


まぁ砂利道なので重ステでも軽くなるからいいのですが。。

まもなくゴールですが、最後に沢渡がまっているようですね~、ちょっと下調べを。

林道栩苗代線 5


きれいな緑と川が広がっていました。
気持ちいい^^

林道栩苗代線 6


深さも5cm程なので問題ないでしょう!ってことで



林道栩苗代線 7


進みました。
こんな使われ方するとは思ってなかったよね、ごめんよPeugeot。いや、欧州で鍛え上げられた石畳に対応するため足回りは強化されているようなので、問題ないか!

と変に納得して林道探索終了。


-林道 菅野盛里線-

いつも通りここは通行止め。どうやら平成27年に通行できるようになるようですが、果たして?
繋がるとかなりのロング林道になりそうです。ただ工事のために通行止めってことは、舗装化されちゃんでしょうかね?(^^;

林道菅野盛里線


道の駅 どうしで休憩。


-国道413号線-

やっぱりライダーがかなり多いです。もしかしたらファミリーカーよりも多いんじゃないかってくらいの量です。


・道の駅 どうし

小腹が減ったので少しのぞきました。

道の駅 どうし


豚串を食べました。
うまし!


ガッツリ食べてもよかったんですが、今日の目的は温泉に入って疲れをとることだったので、ちょっと小腹に入れたところで温泉へ。

・道志の湯

道志みちから少し入った場所にあります。
こじんまりとした小さな温泉です。林道越路線が奥に続いていますが、さすがにもういいかなって。これがジムニーとかだったら間違いなく行っていたでしょうが、確かここは割とハードだったような気が。

かつてSRXで突撃するという愚行をしたので、反省していますw

さっそく温泉へ。

道志の湯 1


タオルを持ってきていたので、ちょっとゆっくりと日頃の疲れをとります。
露天風呂もあって、自然を満喫しつつ楽しめます。至福のひとときってやつですね。

近くには道志の川が流れています。癒される。

道志の湯 2


そのまま道志みちを流して神奈川県へ。


・宮ケ瀬湖

宮ケ瀬湖に到着して一休み。やっぱり今日はどこに行ってもバイクが多いようです。
大学の時はよく来ていましたが、あまり来なくなってしまいました。むしろ神奈川を出て走ることが多くなったような気がします。

宮ケ瀬湖


-県道70号線(秦野清川線)-

久々にヤビツ峠経由で帰ります。ここも大学のときによく行きました。
相変わらずの浮き砂利だったりと林道チックな峠を満喫して、展望台へ。
秦野市街を一望。懐かしい!

県道70号線 1


神奈川も自然がたくさん残っていますね^^

県道70号線 2

そして帰宅。

特に渋滞も巻き込まれずゆっくりと楽しめた1日でした。道志方面の林道も復活してきているようなので、そろそろ実家のDTで林道探索を開始しようかと思いました。


Peugeotも特にトラブル無しでした。
1.9ℓエンジンはどこから踏んでも元気があって、特にドライブでは面白いです。ちょっとしたワインディングだとその性能を発揮するようなクルマです。
サンルーフってのが個人的にお気に入りでいつも日差しを浴びられて最高です。

ただエアコンが全く効かないのにはちょっと困りましたが…(^^;
これは入院かなぁ。。


走行距離:220km
平均燃費:-km/ℓ


おわり

  
関連記事
スポンサーサイト

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top

南九州ツーリング 8日目 

 

2014年、GWロングツーリングもいよいよ最終回になりました。船の中で一晩過ごすので、目が覚めたときには本州になります。
この日は大阪南港から神奈川に向かって走る日です。

1日目 (神奈川~大阪南港)
2日目 (別府~阿蘇~熊本)
3日目 (熊本~えびの高原~鹿児島~指宿温泉)
4日目 (指宿温泉~佐田岬~桜島~宮崎)
5日目 (宮崎~青島~椎葉~高千穂)
6日目 (高千穂~阿蘇~熊本)
7日目 (熊本~阿蘇~別府港)




・5月3日(土) (大阪南港~神奈川)

昨日の山越えで疲れた身体はひと晩寝たら完全回復^^
だるさもとれてしっかりと休めました。お風呂入ってすぐ寝た効果があったようです。
とりあえず日の出のアナウンスがあったのでフラフラ~っと甲板へ。瀬戸内海で迎えるロングツーリング最終日の朝。風が気持いい!

ふぇりーさんふらわあ 1


うっすらと青色と橙色が混ざる中、ついにお目見え。
まぶしい(´∀`*)

ふぇりーさんふらわあ 2


日が出てまた一段と暖かさがましてきました。
今日も1日いい天気になるそうで、最後を締めくくるにはちょうどいい(^^♪

ゴーっと大きなディーゼルエンジンの音も心地よいです。

ふぇりーさんふらわあ 3


まずはコンビニで調達した朝ごはんを食し、朝風呂へ。船の上から眺めながらなので気持いいです。

ちなみに自分は一番最後のお風呂でした(^^;

さっぱりしたところで下船準備。
ここで昨日やまなみハイウェイでお話した豊橋のハーレー乗りの方とお会いしました。どうやらまだ走り足りないようなので、紀伊半島を一周して帰るそうです。

またどこかで!
と別れを告げていざ出発。7日振りの本州です。


・大阪南港

とりあえずまずはフェリーから脱出。降りて、一度荷物整理をします。
お土産OK、くまモンOK、パッキングOK、タオルをネットで乾かす準備OK、カメラOK
昨日は特に携帯もカメラも充電しませんでしたが、特に問題なさそう。
帰りはSAやPAに寄るだけなので、そんなに心配ありませんしね^^

行きと帰りの2日間お世話になったふぇりーさんふらわあに別れを告げます。

大阪南港


初めて大きなフェリーに乗って、撮った写真。
あの時の思い出が蘇ってきます。

SRX250


今思えばキャブレターが不調にも関わらず、初めての一人旅を支えてくれました。旅の最中に一度だけキャブレターをいじっただけで、後は問題ありませんでした。

思い出に浸っていたら出発は結局最後に。笑
まぁ時間に追われることもないでしょうし、ゆっくりと帰ります。焦りは禁物ですしね^^


ちなみに昨日フェリー乗り場で一緒になったアメリカンのカップルおふたりは京都なので、すぐそばだそうです。
いやはや二人でバイク旅なんていいですなぁ(^^ゞ


颯爽と走り去っていきました。
私のタンデムシートには…そう、荷物がある。うん、仕方ない(;´∀`)

うん、それでいいんですよ、それでね…。


大阪環状線に乗って出発。

いきなり都会に戻されたのでクルマの量に少々驚きつつもゆったりと流れに身を任せて走ります。フェリーで見たことあるような大荷物のバイクを抜きつ抜かれつ、走っていきます。


・御在所SA

休憩を挟みつつゆっくり進みます。それにしても暑い。
昨日のやまなみハイウェイが寒かったから余計そう感じるのかもしれませんが、、

とりあえず少し小腹が減ったので、松坂牛まんをとカフェオレを補充。先はまだまだ長い。ゆっくりと行きましょう。

御在所SA


ここで竹瓦温泉で出会ったBMW乗りの方と偶然一緒に。名古屋にお住まいなのでゴールはもうすぐだそうです。
かつて横浜に住んでいたことがあるのですが、名古屋は環状線が発達していてツーリングするにも混雑せずに走れると言っていました。

いいですなぁ(^^;

でも、こちらももうすぐ圏央道が開通で快適になるはず…!

しばし談笑してお別れ。

しかしあんなに熟睡したのに眠い…
やっぱり単調な高速道路+旅の最終日、ということで眠気が…。

ゆっくりと休憩を挟みつつ東へ。


・浜名湖SA

でっかい芝生の休憩所が広がる浜名湖SAまでやってきました。この日は天気もよく、駐輪場には多くのバイクで賑わっていました。さすがにここまで来るとフェリーで見たバイクもいなくなっていました。おそらく見た中では自分が一番遠方でしたからね。

浜松SA 1


お昼に浜名湖SAに到着。
ここで昼食を食べます。浜名湖を見つつ食べる少しリッチ?なお食事タイム。眺めのいい場所で食べると普段の美味しさが1.2倍になります^^

浜松SA 2


頂いのは、かの宇都宮を破って首位に躍り出た“浜松餃子”。
あ、そーいえば春先に栃木に行った際に餃子を食べ忘れてた…orz
これじゃ比較はできないですね(^^ゞ

ま、美味しければいいのさってことで、1位を味わってみましょう…

浜松SA 3



ん、うまい!
パリパリの皮の中にジューシーな具がもりだくさん。

…とか書いてみましたが、多分他の餃子を食べてもそんなことしか書きそうにないので却下。笑
他にもっと詳しく書いている人がいるので、そちらを参照してください。


食後は浜名湖を一望できる芝生で一休み。ごろっと横になったら気がついたら15分程度お昼寝をしていようです。
ちょっとした木漏れ日だったので風も気温もちょうどよく寝ちゃったようです(^^ゞ

浜松SA 4


でもおかげで頭はスッキリ、眠気もスッキリ。木漏れ日が気持いい!
天気が良ければ九州でもキャンプしたかったのですが、ヘタレな自分は雨ではしない派なので…(;´∀`)

浜松SA 5


毎度のことですが恋人の聖地を訪れる。
かつては修復中でしたが、今は稼働中のようです。他にカップルも結構いたので写真を撮って退散。

浜松SA 6


このまま新東名でも…と思ったのですが、何となく第一東名へ。まぁ当時と同じように帰ります。
風景もやっぱり太平洋を眺めるこちらのが好きなので、距離があってもこちらを走ることが多いです。

ひた走り、愛鷹PAへ。

・愛鷹PA

やっぱりGW。
神奈川に向かうにつれて交通量も増えて、大井松田ICから先は渋滞気味のようです。すり抜けて走っても疲れるだけなので、ルートを検討するために一休み。


このPA。真後ろに富士山が見えるのですが、この日は快晴にも関わらず見えませんでした。
残念orz

愛鷹PA 1


しばし休憩して帰りのルートは定番の箱根越えをすることに決定。

このPAも当時休憩しました。で、何が一番印象に残っているかと言うと、アンケートを書いたら返信を頂いたことです。
今でもその手紙は大切に残してあります。

手書きで書かれた手紙って何だかものすごく温かみがありますよね(^^♪

愛鷹PA 2


いたって普通のPAですが、小さい中にどこか温かみのあるPAです。お時間がある方は是非訪れてみてください。何となく、その意味が分かるかと思います。


-国道1号線-

沼津ICで降りて、国道1号線で箱根へ。
そのまま帰るのもつまらないので、夕暮れの箱根を少し堪能することに。


・大観山

熊本は大観峰。こっちは大観山。一文字違い。
いつもなら素通りですが、今日は帰りに余裕があるので芦ノ湖を眺めつつ一休み。

大観山 1


関東のライダーのメッカとして有名な大観山。この日も多くのライダーがいました。
SRXもここまでトラブルなしの絶好調。あと少しで自宅です。
帰ったらもろもろの整備をしないと…!

外観はよく きれいですね~
と言われますが、実は結構汚い…いや古い、ボロいのが正しいかな笑

大観山 2


何といっても放置車両との融合によって復活したので、あちらこちらにボロが…(;´∀`)
純正パーツもボチボチ出なくなっているようなので、大切に乗らないと…
とか言いつつ、林道とか行っちゃう性格なので壊れるのも時間の問題ですかね…(^^;

大観山 3


-TOYO TIRES ターンパイク-

いつもの箱根新道を下るだけじゃ面白みがないので、ちょっとリッチに有料道路へ。
交通量も皆無だったのでゆっくりとマイペースに下ってこれました。

TOYO TIRES ターンパイク 1


久々に見る湘南の景色。帰ってきた(´∀`*)

TOYO TIRES ターンパイク 2


ふと足元を見ると何やら見覚えのあるレールが。
これ、瀬戸内海の島々でたくさん見たみかんとか収穫して下に送る滑車用のやつじゃないですかね?

箱根にもあるんだぁと。

TOYO TIRES ターンパイク 3


もうツルに覆われて長い間使われていないようでした。

TOYO TIRES ターンパイク 4


そして西湘BPを通り帰宅。
これにてGWのロングツーリングが終了です。長い間お読み頂いた皆様、ありがとうござました。


無事に1週間ちょっとの長旅が終わりました。
いつものロングツーリングとなんら変わりないないのですが、自分にとっては初めての一人旅の舞台を再び訪れる、ということだったので少し特別な気持ちで走っていました。

当時見ていた景色も、また今見てみると全く違ったように見えたり…少しは成長したのかなと一人で思ったり。笑

やっぱり初心に戻るって一番大切なんだなと変に思ったりと、そんな風に書きながら思いました^^
人それぞれ一人旅の初舞台はあるかと思いますが、ふと立ち寄ってみると面白いかもしれません。…あ、何偉そうに書いてるんだろうw

この記事を見て少しでも旅に出たい!
そんな風に思ってくれたら幸いです。



とりあえず阿蘇へのリベンジは一応勝ち越しってことで、次回は北九州編を書けたらなぁと。
…というより、行けたらなぁが正しいですね(^^ゞ

いつもは駆け足のツーリングですが、今回は南九州をゆっくりと回れたのが何より。きたる夏に向けて、また計画を練っていかねば…!



走行距離:532km
平均燃費:32.5km/ℓ

総合走行距離:2,606km
総合平均燃費:32.3km/ℓ


おわり

1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目/8日目

  
関連記事

category: 九州・沖縄

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

南九州ツーリング 7日目 

 

ついに南九州ツーリングも大詰め。九州で過ごす最終日です。
この日は曇り→晴れ。ここまで見事に裏切られてばっかりですが、果たして天気は当たるのか…。

1日目 (神奈川~大阪南港)
2日目 (別府~阿蘇~熊本)
3日目 (熊本~えびの高原~鹿児島~指宿温泉)
4日目 (指宿温泉~佐田岬~桜島~宮崎)
5日目 (宮崎~青島~椎葉~高千穂)
6日目 (高千穂~阿蘇~熊本)




・5月1日(木) (熊本~阿蘇~別府港)

叔父さんの家で夜を明かして、すっかりと起床。ヒートテックはイマイチ乾いていないので、ツーリングネットの内側に引っ掛けて干しながら走ります。夏なら走って一時間もすれば完全に乾きます。旅では結構重要なテクニックの一つです。笑

朝ごはんを食べて出発準備。ネットに服を乾かそうと思った瞬間にポツリポツリと…(^^ゞ笑

しゃーないと雨装備に着替えて出発。
そんなにひどくはなかったのですが、一応念のため。天気予報だと確かに少しだけ傘マークがあったような。


昔よく通っていた抜け道を使って阿蘇まで。この道ともしばしお別れです・゜・(ノД`)・゜・


叔母さんの家に挨拶をしていきます。
このときに一緒にお土産も調達。これで帰りのお土産も揃い、いよいよお別れの時。
また来ますと声をかけて出発。何だかんだで天気も回復してきたようです^^

-県道339号線(北外輪山大津線)-

阿蘇を登る通称ミルクロードを走ります。徐々に高度を上げていきます。
登りきった先の天気がこれです!

県道339号線 1



うーん。イマイチw
とりあえず筑後街道の石畳から今日の天気を確認しましたがイマイチ。阿蘇に向かえば向かうほど曇っていきました。

ですが、まだ雨は降っていない。とりあえず今のところドローといった感じでしょうかね…。

県道339号線 2


展望も今ひとつ。でもあいかわずきれいに並べられた田んぼは美しいです。これぞ阿蘇の風景だと私は思います。

県道339号線 3


こんなイマイチな天気ですが、やっぱりライダーは多いです。結構な数のライダーとすれ違いました。
そして2日目にも寄ったラピュタの道へ立ち寄ります。

こんな名所を当時は普通に見逃していたなんて…(^_^;)

でも見逃してしまったから今があるんですよね。
そうじゃなかったらまた来る意味がなくなってしまいます。楽しみは一度に味わってしまうより、ジワジワと楽しむのもまたいいです。


・ラピュタの道

熊本から直で別府港に向かうと時間が余ってしまうので、今日はこのやまなみハイウェイをゆっくりと堪能します。
だからお願い、晴れて欲しい…。。

のんびりと牧場で横たわっている牛さんを横目にラピュタの道へ。

ラピュタの道 1


2日目は快晴でしたが、この日は灰色の雲が邪魔を…。
でもこれはこれで映画っぽい雰囲気。やっぱりあの呪文が必要なんでしょうか…(゚∀゚ )

ラピュタの道 2


前に来れなかった場所までバイクを停めて行ってみます。その先にはどんな景色が広がっているんでしょうか。楽しみです(^^♪

ラピュタの道 3


手前にはこんなおしゃれな看板が。おそらく誰かが書いてくれたんでしょう。
こんな落書きなら大歓迎です^^
まさに名物!

ラピュタの道 4


素晴らしい景色が広がっていました!
快晴だったら…と思いますが、雨が降っていないだけマシですし、何よりこんなどんよりした天気の方が雰囲気が出ていいです。まさにバ○スと叫びたくなる天気ですw

ラピュタの道 5


こんな景色がゴロゴロしているんですよね。羨ましい…ですが、地元の人が地元のことにあまり詳しくないってことがあるように、あまり近いと行かないんだろうなぁと。
そのバランスが難しいところですね(^_^;)

後ろに広がるは阿蘇の田んぼの風景。普通は山~が広がる風景が多いかと思いますが、背景に田んぼが広がるのがいいです。
阿蘇ならではの景色なんですかね。

ラピュタの道 6


実はこのラピュタの道、結構道が崩れたりしているそうでちょっと前までは通行止めだったらしいです。
私は走るよりも、この風景を目に焼き付けておきました。

走るのは次回のお楽しみにとっておきます。

ラピュタの道 7


-県道12号線(天瀬阿蘇線)-

ラピュタの道を堪能した後は、ライダーのメッカとも呼ばれる大観峰を目指します。徐々にライダーの数も増えてきました。
そして今のところ雨には降られていません。

どうやら雨はもう降らないのでしょうかね?
心なしか雲も少しずつ薄くなってきたような気がします。本当に気持ちだけですが…(^^ゞ

県道12号線 1


どこまでも続く牧場ロードを走ります。遮るものはない、広大な阿蘇の大地。やっぱり2回通るルートにして本当によかった!
珍しくプランニングした結果が大当たりでした。

県道12号線 2


・大観峰

そして到着は大観峰。かなりの数のライダーがいました。
さすがといった感じ。

所狭しとバイクがたくさん。もしかしたらクルマより多いかもしれません。
ここでは熊本のゆるキャラ、くまモンを購入。カバンにあまりスペースがなかったのでギュウギュウ詰めにして収納。ごめんよ、くまモン・゜・(ノД`)・゜・笑

大観峰 1


後ろに広がるは大分県 九重連山。向こうも曇りなんですかねー…(;´∀`)
まぁ見た感じは雲が生い茂っていますが。。

大観峰 2


ですがうっすらと山の輪郭が見えます。

これはこれでいい景色に出会えました。いつも遠目から撮ってばかりだったのでたまには寄せてました。
あまり寄せ過ぎは汚さが目立ってしまうのでNGで…。

大観峰 3


-県道11号線(別府一の宮線)-

そして県道11号線に入っていよいよ県境へ。大分県に入った辺りから徐々に雲の隙間から青空が…!
もしかして晴れる?
といった期待をしていたら…

県道11号線 1

晴れた!
しかも日差しも出てきた。これはまさか最後の最後でびっくりサプライズの予感。少しテンションを上げつつも、別府港に向かって走ります。

ですが、日差しが出ても寒いものは寒い…。
気温計は11度でした。寒い思いをして牧の戸峠へ。熊本阿蘇方面を眺めてもやはりまだ曇っています。。

県道11号線 2


ちょっと我慢していましたが、やはり寒いので首元にバンダナを巻いて再スタート。本当は首巻きを持ってきていたのですが、取り出すのが面倒だったので我慢していましたが、これ以上は風邪をひくと思ったのでバンダナを巻きました。

県道11号線 3


長者原のストレートでも青空がまた顔を出してくれました。これは本当に晴れそうです。

県道11号線 4


雲も徐々に薄くなってきて、九重連山が顔を出してきました。あと少し!
日差しも出てきたようで暖かくなってきました。

県道11号線 5


そしてこの快晴!
2日目に寄ったお気に入りの場所へ再び立ち寄って撮りました。結構なお気に入りです(^^♪

県道11号線 6


最後の最後で晴れてくれるというのは、かなり嬉しいです。阿蘇は曇りでしたが、別府方面が晴れてくれればそれまでのは全てチャラです。
むしろ余りが出るくらい嬉しいです。

道の駅 ゆふいん


実はここまで牧の戸峠で食べた“いきなり団子”だけでしたので、お腹も極限に減ってきました…。
道の駅 ゆふいんにて遅めの昼食タイムをとります。


・道の駅 ゆふいん

頂いたのはゆばそうめん。峠越えで冷えた身体が暖まります。実はここまでずっとレインコート着ていますが、一度慣れてしまうとなかなか脱げません笑
ここでは家族用にお茶の葉を買って出発。別府港はもう目の前です。


もうフェリーに乗ったら九州を出てしまいます。やり残したことはないか…そう、鉄分補給。笑

ってなことでちょうどいい感じの無人駅が私を手招きしたので、お誘いに乗ってやってきました。


・南湯布駅

湯布院駅の隣にある無人駅。この駅はかなりいい雰囲気がにじみ出ていました。
民家の中にある駅でどこか暖かいです^^

南湯布駅 1


待合室は本がたくさん。きっと読まなくなった漫画や本を持ちあった結果でしょう。
ちょっとした図書館のようです。

南湯布駅 2


最大のポイントは、雄大な由布岳を眺められる点でしょうか。
ボーッと眺めていたら、またもやサプライズで列車の登場。晴れのタイミングといい、列車のタイミングといい、最後の最後でいい事が続きます。

もしかして帰りは大雨になるんじゃないかってくらいです(;´∀`)
黄色い車体が由布岳とマッチします。

南湯布駅 3


実はこの駅、上りと下りが入れ違う駅なので2つの車両が来ていました。なので帰りは赤い車体を収める。
一度に二度美味しいこの駅、今年の駅舎ランキングにくい込むことは間違いないでしょう。

へたすると新人王もかっさらってしまうかも…(^^ゞ

南湯布駅 4


鉄分は充分に補給完了。いよいよ最後の由布岳を登って別府港へ。
九州の大自然の中を走る道とも、お別れです。

県道11号線 7


湯布院の町並みも収めておきます。初めての一人旅のときはここでようやく晴れたんだっけな。
何だか色々と思い出してきます。

県道11号線 8

由布岳もくっきりと。行きと変わらぬ顔でお出迎えです。いや、お見送りですかね。

県道11号線 9


ここまでノートラブルのSRX。最後は大阪~神奈川の耐久レースが残っていますが、無事に九州は走り終えることができそうです。
帰ったらまたちゃんとメンテナンスをしないとなぁ(^^ゞ

県道11号線 10


由布岳を下って別府港へ。


しかし山越えで冷えてしまった身体を温めておきたい…。
ということでツーリングマップルにもおすすめとなっていた“竹瓦温泉”へ。実はこの日に知り合った豊橋のハーレー乗りの方から教わったので自分も行ってみることに。


・竹瓦温泉

利用料金は100円でリーズナブル。
そしてこの雰囲気!

竹瓦温泉 1


指宿温泉であった砂むし風呂のように、砂湯というものあります。
私は時間の関係上、今回は普通の温泉だけを堪能しました。冷えた身体が暖まります(´∀`*)


この竹瓦温泉、結構入り組んだ場所にあってわかりにくかったです。
他にも迷ってそうなライダーを結構見かけました。

竹瓦温泉 2


教えてあげたいけど、すっと行ってしまいました。。

竹瓦温泉


そして近くのコンビニで明日の朝ごはんを購入し、別府港へ。
いよいよ九州とお別れ。


・別府港

初めて大きなフェリーに乗った思い出の別府港。
当時は雨上がりだったのでとにかく一安心でしたが、この日も一安心。夕暮れがまぶしい…。

別府港 1


竹瓦温泉で使ったタオルはもちろん乾かないです。もう生活感溢れまくりの一枚。笑
フェリーの中で乾かさないと…。

九州を走りきったSRXもどこかホッとしたように見えます。

おつかれ!
と言ってあげたいけれど、まだ明日もあるのでまだ終わる訳にはいかないのです。残り約600kmです。

別府港 2


さんふらわあ号も夕焼けに照らされています。
どうして夕焼けはこうも切ない気持ちにさせるんでしょうかね?(^^;

この旅を色々と振り返ってしまいます。
九州を離れると思うと一気にさみしさが溢れてきます・゜・(ノД`)・゜・

別府港 3


日没間際です。
次来るのは今年の夏?それとも…?

別府港 4


そして定刻通り、18:45に出港。
何事もなく別府港をゆっくりと離れて行きます。“ようこそ別府へ”の看板が段々と離れていきます。
2日目の朝見たときは近づく看板にテンションが上がっていましたが、離れていく看板は切なくなってきます。

湯けむりの街、またいつの日か!

別府港 5

見送ってご飯へ。

別府港 6


この日もご当地のメニューをたらふく食べて疲れをゆっくりととりました。

ふぇりーさんふらわあ


実は寒さの中頑張ったせいか少し身体が重い…(^^;

なのでこの日はお風呂に入って速攻で寝ました。
まぁ寝れば治る程度だったのでよかったです。21時前には爆睡して7日目の終了です。


明日はいよいよ8日目。
大阪南港から神奈川まで一気に高速で駆け抜ける大移動日です。


走行距離:172km
平均燃費:-km/ℓ


つづく

1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目/8日目

  
関連記事

category: 九州・沖縄

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top