Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

四国 愛媛旅行記 1日目 

 

え、また行ったんですかという声が聞こえてきそうですが、実は行ってきました。
ひと月に1回のペースで四国に行っていますね(^_^;)

まぁ好きな場所なんで仕方ないです(^^ゞ笑

今回は愛媛県を巡る2泊3日の旅です。
過ぎた春分の日の3連休に行ってきました。会社はそんなの関係ないのですが、ここは思い切って有給という必殺技を繰り出して無事に連休取得成功!


ということで小田原から今回は新幹線でまずは四国の玄関口、香川を目指します。
次の日休むということで細々した仕事を片付けて帰ってきて、そして寝て起きて3時間睡眠w

このままじゃダメだ…ですが世の中は3連休。始発の新幹線だろうが混み混み…(^_^;)
そこは一人という機動力を活かして席を確保。気付いたら夢の中で、目覚めたらオレンジ色の東海道線や名鉄のアナウンスが聞こえる名古屋駅に到着してましたw


そこから新大阪まで行き、乗り換え。
やっぱりどこに行っても多くの人でごった返しています。乗り換えの人も多く岡山までは立ち席です。

通路やトイレ周りにも人が溢れ返っています。


そして無事に乗り換えをして四国に上陸。始発に出て10時に到着です。


・丸亀駅

丸亀駅 1


駅降りてから四国に来たんだなぁと感じつつ、まずはツレにピックアップしてもらい愛媛県を目指します。

丸亀駅 2



愛媛と言えばみかん…。ということでみかんジュースを飲みました。
酸っぱすぎず、ちょうどいい美味しさで^^

石槌山SA



そこからまずは本日の宿がある今治を目指して西へ走らせます。2年前通った松山道を少しずつ思い出しつつ、走っていきます。大雨の中の走行でしたが、大変な時の思い出こそよく覚えているもんです。
今でも鮮明に思い出せますw


さて、今治に到着してここが目的地じゃなくてその先のしまなみ海道へ!


-しまなみ海道-

チャリダー&原付の聖地とも言われるしまなみ海道!
今年、ブログやテレビでしまなみ海道を原付で走ったりするのを見て一番行きたかったスポットです。ですが、今回はバイクではなく、クルマ。
…そのうち本当に原付で渡りますよ(´∀`*)w


-伯方島-

さて、長旅をしてきた私はお腹も減ってきたのでまずは昼飯。
CMの“は・か・た・の塩!”で有名な伯方の塩ラーメンを食します。

伯方の塩ラーメン 1


で、食べたラーメンの写真は携帯がまさかの電池切れで死んでいたのでなしです。

なのでここは割愛。
一つ言えるのは塩味がシンプルでとても美味しいということです^^


さて、島を一周しましょう。
小さな島でクルマなら1時間くらいで一周できるのかな?そんな大きさ。

途中あった造船所があまりにダイナミックだったので停まってしばし見学。
すげー。

造船所 1


生で造船所って初めてかもしれません。何もかもがスケールがでかい!

造船所 2


ゴウンゴウン…とでかいクレーンに運ばれる大きな物体…。
凄すぎます。

造船所 3


こんなダイナミックな動き、圧倒されっぱなし!
間近で見る造船所にただ立ち尽くしているばかりです。


小さな島にあった大きなものづくりの現場でした。
さて、続いては島の北側、開山へ。


・開山(ひらきやま)

桜の名所としても有名ですが、まだ開花には早く。ちょうど前日に高知が開花宣言をしましたが、こちらにはまだ早かったようです。
それでも眺めは抜群でしまなみ海道の島々を眺めることができます^^

開山 1


でも何というか、重たい雲がたくさんいます。
おまけに風もかなり強いときた。これはちゃちゃっと眺めて撤退です笑

開山 2

開山 3

開山 4


続いて船折瀬戸へ。


・船折瀬戸(ふなおりせと)

名前の通り、船が折れたと言われるほどの潮流があったことから名付けられたそうです。
船折瀬戸。。うーん、怖い。

船折瀬戸 1


で、調べてみると鵜島(うしま)との間にある幅300mほどの狭い水道。ですがただの水道ではなく、瀬戸内海の干潮の影響でかなり塩の流れが強いそうで。

強い時は9ノットもあるというのだから驚きです(^^ゞ
当時木造の船では進むことができず、塩の流れが変わるまで待っていたこともあったそうです。

船折瀬戸 2


今や先ほどみた鉄の船になったので、波を超えて通行できるそうです。
それがダイナミックに見えるとのことでしたが、あいにく船が通行してもそれほど潮の流れが激しくなかったので普通に通過していきました(^^ゞ

船折瀬戸 3

船折瀬戸 4


・伯方S.Cパーク

ビーチで一休み。
天気もイマイチかな~と思っていたら、晴れた!(゚∀゚)

伯方S.Cパーク 1


向こうにまたもや造船所。やっぱり瀬戸内海と言ったら造船なんですね。

伯方S.Cパーク 2


さっきまでのどんよりとした雲はどこへ行ったのか聞きたくなるような快晴に。

そしてこの海の青さ。気温は上がってないものの、陽が出ると暖かい^^
遮るものがないので、雲の下側では雨を降らしていることがよく分かります。写真じゃかなり分かりにくいですが、今日は本当に風が強く流れが早いです。

伯方S.Cパーク 3


そしてこの海の透明さ!
沖縄を思い出しますな(´∀`*)

伯方S.Cパーク 4


しまなみ海道はまだまだ続きます。この日も強風にも関わらず多くのチャリダーさん、ライダーさんで賑わっていました。
そして聖地と言われるだけあって、原付が多いですね^^

小銭で島巡り…いやはや、魅了されっぱなしです。

伯方S.Cパーク 5


で、気になったのがみかん。
何故か砂浜に打ち上げられていたのでした。しかもしっかり中身は食べられていましたw

すごくシュールでした(^^ゞ

伯方S.Cパーク 6


・タオル美術館

今治…と言ったら有名なものがまだあります。そう、“今治タオル”です。
品質がよくてふわふわしている…らしいですw

とりあえず現物を知らないのでそのお勉強も兼ねて美術館へ。


ムーミンフェア?みたいのをやっていたのでお出迎えしてくれました。
アニメでは見ていましたが、結構物語が奥深いことは初めて知りました。


あ、ちなみにこれ全部タオルです。


タオル美術館 1


そして今治のゆるキャラこと“バリィさん”。ふわふわして可愛い(^^♪

タオル美術館 2


そして珍しく計画的に宿に到着です。
素泊まりだったので夜は外へ。

名物の焼き鳥を頂きました。バリィさんも鳥だよな…(^^ゞ

鶏皮、そしてカンパチなどなど。
お酒と一緒に胃袋に消えていきました。まぁ今日はよく歩いた(…と言っても開山展望台まで歩いた程度)のでOKでしょう(゚∀゚ )笑

夜ご飯


たらふく食べて、アルコールも入ったので後は寝るだけということで床について3分くらいで記憶がなくなりました。


これにて1日目終了です。
2日目は歴史ある町並みが残る、内子(うちこ)方面を目指します。


つづく

1日目/2日目/3日目

  
関連記事
スポンサーサイト

category: 中国・四国

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

△top

ハンドルカバー・ミラー取り付け 

 

続いて床材…に行く前に細々したものを処理します(^^ゞ

まずはこのハンドルから。
純正の“GTI”とかっこよく書かれているこのハンドルですが、実は近くで見ると劣化の跡が…。

ハンドル 1


ハンドルのステッチは破けて解け、そして革はボロボロに。。
こればかりは修復できませんね…。

ハンドル 2


なので定番のハンドルカバーにて隠します。本当はハンドル変えたりが一番なんでしょうけど、別に使えない訳でもないので。
何よりここよりもお金をかけるべき場所がこの後たくさん出てくると思われるので、おそらく着手は一番後です(^_^;)笑

ハンドルカバー 1


シンプルな黒色。グリップ力も良さそうなカバーです。
純正の雰囲気を壊すことなく使えそうです。

ハンドルカバー 2


で、付けてみました。
1分かからずに終了。微調整してハンドルにフィットさせておしまいです。


思った通りそこまで目立たず、しっくりきます。

ハンドル 3


グリップも結構良くて、ただでさえ重いハンドルが少しだけ回しやすくなったような?
あ、本当に少しだけですが(^^ゞ

ハンドル 4


そしてお次はバックミラー。
実は特に不満はないはず…だったんですが、何だか黒いモヤみたいのが写ってしまっています。これはカビ?

バックミラー 2


もうガラスの下側に入り込んでいるので諦めて上からミラーを取り付けてしまいます。

今の時代ってミラーがたくさんあるんですね。行ってみてびっくりしました。
値段も結構安いのも揃っていました。


とりあえず後続車のライトがあまり眩しくならないタイプを買ってみました。
失敗しても500円していないのでいいでしょう( ´∀`)

ちなみに純正に近いタイプで湾曲していないミラーです。あれは見にくそうだったんで…。

バックミラー 1


純正ミラーの上から取り付けるだけです。



完成!
これも1分経たずに終了。

バックミラー 3


少しだけワイドになって後方確認性も良くなりました。後続車のライトの光は、気持ち少なくなったような気がします^^


といった、ちょっとしたレストアでした。
…いやこれをレストアと言うかは別ですが…(^_^;)笑


意外にもグリップの上がるハンドルカバーはオススメです。
まぁそのうちハンドル替えるから…と思いつつも、かなり使い勝手がいいのでおそらくこのままなんだろうなぁ(´∀`*)w



おわり

  
関連記事

category: Peugeot 205GTI

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top

ダッシュボード修理 

 

昨日東京も開花宣言を迎え、いよいよ春本番…!
となってきましたが、こちらは近づく春もつゆ知らず、まだまだレストア中のPeugeot205。

来るドライブの季節に備えて今のうちにせっせと直していきましょう。
ってことでまずは運転する上で大事なダッシュボード周りを直していきます。


その前にこのクルマの現状を。

内装は赤色です。この辺が欧州車だなぁと感じます。
まぁこのアングルからならかなりきれいに写っているかと思います。

運転席



ダッシュボードと呼ばれるクルマを運転する上で重要な場所から着手です。
まずは…もう見て分かる通りバラバラ。。

ダッシュボード 1


おそらく日にあたってプラスチックが劣化して割れてしまったんでしょう。
触るだけパリパリしてしまう箇所もありましたから。。


とりあえず取り外して脱脂。パーツクリーナーを吹きかけてウエスで拭き取ります。
そして汚れも一緒に取り除きます。

ダッシュボード 2


あとは裏面から接着剤を垂れ流して完了。
一部なかったりとパズル状態で苦戦しましたが、とりあえず形にはなりました。

ダッシュボード 3


バキバキに割れたコインホルダーは一応修復したのですが、見栄えがひどいので家にあった合皮の会計トレーを置いて隠します。
駐車券とか置くのに便利そうでしょ?笑


意外にも車体にマッチしていると自己満足に浸っていました。以前SRXのシートの上に付けていた滑り止めシートを下に敷いています。
何度か乗って試しましたが、結構ずれない!

ダッシュボード 3


せっかく直したコインホルダーも上の会計トレーに接着剤の残りがくっついてしまったのでこのままです笑
まぁ、使い勝手良さそうだしいっか(^^ゞ



続いてシガーソケット。
これも引っ掛ける爪が折れてしまっているのでプランプランに…(;_;)

シガーソケット 1


このままじゃ使い物にならないので思い切って取り外して使い勝手を改善します。
まずはシガーソケットを取り外します。

シガーソケット 2


そして土台をドリルでたくさん穴を開けてシガーソケット用の穴を作ります。
これが結構大変でした(^_^;)

シガーソケット 3


こんな具合に開けて完成。

シガーソケット 4



…と思いきや、裏側に干渉してうまく入らない…
やってしまった・゜・(ノД`)・゜・

シガーソケット 5


先走ったか…これでもう無残な穴を開いたまま…と思いましたが、まだ諦めるには早い。
とりあえず反対側にしっかりと穴を開けます。何故2箇所も開いてるんでしょうねw

シガーソケット 6


で、このままじゃまずいので開けた穴を埋めます。アクリル板を穴の大きさに合わせてカットします。

シガーソケット 7



埋めました。
このままじゃひどすぎます…。

シガーソケット 8


なのでここに1年前福袋で当てたi-Podホルダーを設置します。

シガーソケット 9


あ、これは意外にイケる。笑
残りはビス止めして完成。シガーソケットは純正の位置っぽく仕上がりました。隣のホルダーも音楽を聞きながら走るにはちょうど良い位置。

災い転じて福となす…
にはならないですが、意外と収まりのいい形になりました(^^ゞ


あとはシガーソケットの2口タイプを差し込んで完成です。安かったので一緒に空気清浄器もつけてみました。効果あるのかは分かりませんが、気持ちマイナスイオンのような…?(メ・・)笑

シガーソケット 10


これで走行中にシガーソケットがプラプラしないですし、満足満足^^
次回は床内装を中心に補修していきます。




一緒にこの前香川県に行ったときに金比羅山で買った開運のお守りをミラーに付けました。
なかなかいい感じ^^

お守り




しかし直しても直してもまだまだ出てきます。。
やりがいあります…w



おわり

  
関連記事

category: Peugeot 205GTI

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top