Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

伊勢神宮 参拝ツーリング 1日目 

 

前回予告しました、伊勢神宮へお参りツーリングしたことを今日から書いていこうと思います。

その前に、なぜ伊勢神宮なのか?ということから。

今年は伊勢神宮20周年の節目を迎え、遷宮の年でもあります。
そもそも遷宮というのは、神様のお引越しということです。
古い本殿と新しい本殿が2つある珍しい状態なんです。

そんな大事な時期なので、伊勢神宮へ…ということで2年ぶりに伊勢神宮へ行ったお話しです。

ちなみに1回目に行ったときは、大学4年の卒業ツーリングのときでした。
このときは“伊勢神宮”なんてワードをどっかで聞いたことあるな~程度だったんですが、今年はちゃんとその意味を理解してから行きますw


・9月28日(土) 神奈川~伊良湖岬~鳥羽~熊野

集合は朝の4:00に西湘PAです。
事実上起床は3:00ですねw

まぁ当たり前ですが、私は少し寝坊して集合時間に遅れること10分。先に2人が来ていたので、そこまで遅刻ではなかったと勝手に思っていますw

会社のいつもの同期と有給を使い、2泊3日で行きます。アクセスは神奈川からだと

1,東名高速→伊勢湾岸線→伊勢道→伊勢神宮
2,東名高速→伊良湖岬→フェリー→伊勢神宮

という2つのプランがあります。私はどちらでもいいんですが、せっかく行くなら旅の感じも味わいたい…ということでフェリーに乗ります。
まぁこのツーリングの半分は2スト車なので、燃費のことを考慮した結果とも言えますが(^^ゞ笑


但し、フェリーの時間は限られたものなので少しでも早く到着したいところ。北海道のフェリーと違って予約とかがないので着いた順です。
なのでお目当てのフェリーに乗るために頑張って早起きして頑張ろうということでこの時間集合です。


-西湘BP-

ぼけてしまいましたが、まだ辺りは真っ暗。うっすらとオレンジ色がかってきていますが、完全に夜明け前です。
ちょっと前まではこの時間でも暖かっかたのですが、今は寒い…。

西湘BP


とりあえず早朝の箱根越えをしたんですが、これが真冬と思うくらい寒い((((;゚Д゚))))
9月下旬でも日が出ていなければ当然か…。寒さを堪えつつ越えて、いよいよ東名高速へ。


-東名高速道路-

今回使用したのは第1東名。つまり海沿いを走る古い方です。
こっちを走った訳は、単純に眺めがいいからです。走りやすさと時間短縮を選べば新東名なんでしょうけど、やっぱり由比の太平洋を間近に走ったり、国道1号線と併走したり…景色に富んでいる第1東名にしました。

・富士川SA

早速乗ってから富士川SAへ。
ここでは晴れて世界遺産に登録された富士山を眺めつつ給油です。この日は快晴で見事な秋晴れ。少しずつ気温も上がってきたのでレインコートのズボンを脱いで先を目指します。

富士川SA 1


天気も見事な快晴!
はるか先に見える富士山もご覧の通りくっきりと見えます。秋晴れの富士山は美しいです。

富士川SA 2


・小笠PA

そのまま走って小笠PAに到着。ある程度伊良湖岬までの時間の目安が立てたことで、ここで朝ごはんを食べます。
朝ごはんは先ほどの富士山にちなんで、富士山メロンパン。

小笠PA


中にクリームが入っていて美味しいです^^
300円の価値があります。



そして浜名湖の手前、浜松ICで降りて伊良湖岬を目指します。ここまで快適な高速道路だったので市街地にある信号がかなりペースダウンを感じさせてしまう…(´・ω・`)

とは言え、静岡には国道1号線という名のバイパスがあるので快適に走ることができます。浜名湖BPを走り、続いて国道42号線に入ります。
そしていよいよ伊勢湾フェリーのある伊良湖岬へ向かってひたすらに西を目指します。

-国道42号線-

フェリー登場時刻は10:50。9:00に国道42号線に入ることができたので、後は田園風景の広がる道をひたすら走ります。特にこれといった変化もなく、ひたすらに走るだけです。


変化と言えば、途中田んぼの自動スプリンクラーが道路に向かって水をかけていたので、それを浴びたくらいですorz


・道の駅 クリスタルポルト

ということで小1時間ほど走って到着。ここに来るのもおよそ2年半ぶりでしょうか。
あの頃と変わらないままです。

で、心配していたフェリーチケットも…

ありました!
ちゃんとバイクの人数分あったので乗船可能。かくして鳥羽行きのフェリーに乗って紀伊半島に上陸することができそうです。

ここまでゆっくりしていなかったので、伊良湖岬でゆっくりします。
この日は本当に快晴で、まさにツーリング日和。


当時は遠州地方の強い風+3月の寒風でかなり伊良湖岬で体力を奪われたのを覚えています。。横風がすごかったのですが、今日はそうでもない…。
というよりもゼロに近いです。

伊良湖岬 1


今回は2泊3日ということで、シートバッグ+サイドバッグの組み合わせです。
この組み合わせは意外にも初めての一人旅以来かもしれません。

2泊3日だとこの組み合わせが丁度いいです。いつものロングツーリング用のバッグだとどうしてもでかくなってしまうので…(^^;)


それで、今日の参加車両は…
CBR250R、TZR250R、R1-Z、そして私のSRX250です。

傍から見たら完全に旧車のツーリングですよね…(^^ゞ
一昔前のどこでもあったような風景のような…w

伊良湖岬 2


そして東海の湘南と言われるだけあってサーファーの方も多い!
結構賑わっていました。

伊良湖岬 3


出港時間の20分前に集合なのでフェリー乗り場へ戻ります。今年はこれでフェリー乗船3回目。やはり旅といえばこのフェリーが欠かせないと思います。

伊良湖岬 4


せっかくなんでフェリーに固定されているところを。
この写真は2年前も撮っているような…。当時と変わったところはスクリーンをお手製から汎用品へ、そしてアンダーカウルを装着したところですかね。
あとは特に変わりありません。

伊勢湾フェリー 1


ここからはしばらく船旅です。

この伊勢湾フェリーはおよそ55分で伊良湖岬と鳥羽を結んでくれます。ここまで早朝集合で眠気もあるので、少し海上を眺めた後はお休みしました。
この伊勢湾は結構小さい島が多くてなかなか見ていて面白いです^^

伊勢湾フェリー 2


で、海風に当たりながら気持ちよくクルージング…とはいかず10分くらい海を眺めて後は爆睡していました。。
55分は短いのでもう少し欲しいです…・゜・(ノД`)・゜・笑

伊勢湾フェリー 3


そして何より同じくフェリー乗船している人の数が多い。
やはり伊勢神宮人気のせいでしょうか…。かなりの数がフェリーに乗っていました。ですが、バイクは搭乗が一番最初なので好きな場所を陣取れます。まぁ特に携帯の充電が必要ということもないので、そこまでは問題ないのですが…。




およそ55分のクルージングを終え、場所は三重県の鳥羽市へ上陸。北海道のときみたく車両甲板室で車がエンジンをかけても熱くないです。もうすっかり秋になってきたんですね^^


-鳥羽港-

そして鳥羽港へおよそ2年ぶりの上陸!あの時も快晴でしたが、今回も快晴。


とりあえずあまりにも天気がよかったので港で移動ルートとお昼ご飯の検討。
ちょうど海上自衛隊の船が船舶していたいので一緒に撮りました。海を守る海上自衛隊、かっこいい!

鳥羽港 1


真珠の街として有名な鳥羽。街のいたるところに真珠のお店があります。養殖場の風景を見ると、鳥羽に来たなぁ。と感じます。
ちなみにこの日のためにワックスがけをしたのでピカピカに。

鳥羽港 2


およそ1ヶ月半ぶりのロングツーリングです。ライトステーは溶接済みで各場所も整備済み。タイヤも高速道路でおそらく皮むきが終わって万全の状態です。
ということで時間もちょうどよかったのでお昼ご飯を食べることにします。

港からすぐそばの定食屋さんへ。
海なんで海鮮もの。…なんでネギトロ丼を注文。とろけるくらいのトロがめちゃくちゃ美味しかったです^^

鳥羽港 3


そこから鳥羽市へ向けて走らせ、本日の宿の熊野まで。
途中2スト組の給油の間に鳥羽駅を見学。


・鳥羽駅

まぁー特にこれといってはないんですが、とりあえず近鉄線の駅です。
普通の駅舎です。

鳥羽駅


伊勢志摩ライナーを見たりしていたら給油完了。そこから伊勢道へ乗ります。紀伊半島を南下するために伊勢道→紀伊道とワープし国道42号線へ。


-国道42号線-

海を左手に眺めつつ、時折山間部を走ったりする国道です。基本的に快走路ですが、短調で眠い…(>_<)
休憩を挟むため、通りがかった川で一休み。

大又川というらしく、ふと立ち寄ったにしては何とも神秘的な場所に到着しました。
徐々に世界遺産である熊野三山に近づきつつあり、自然も色濃くなってきます。それにしてもなんてきれいな川なんでしょうか。

国道42号線 1


緑色の美しい自然と川の緑が何とも言えないバランスです。
橋の上から見るとさらにその緑さがわかるかと思います。

せっかくなんで影で遊んでみましたw
文字を作ろうかと思ったのですが、なかなかうまくいかずグダってしまった絵です(^^ゞ

国道42号線 2


鳥羽では快晴でしたが、こちらは雲が濃く青空をたまに覆います。もうすぐ入道雲ともお別れですね。
夏が終わる感じはいつもさみしいです・゜・(ノД`)・゜・

国道42号線 3


しかし何とも言えない神々しさ。
この大又川沿いにバイクを走らせていきます。どんどん上流に向かっていくイメージです。

国道42号線 4


バイクはこういうときに気軽に停められるのがいいです。
神秘的な川で最後の休憩を済ませ、宿まで一気に走ります。国道309号線→国道169号線へとスイッチして熊野を目指します。

国道42号線 5


途中ルートにあった七色ダムにて。


・七色ダム

この国道169号線はダムを突っ切る道となっています。迫力のある大きなダムです。

七色ダム 1


とりあえずダムなのででかいです。あとはー…特にありません。とりあえず見て、おぉーすげーくらいしか。
あまり表現力はないのでそこはご理解ください(^^;)笑

七色ダム 2


紀伊山地の山の中を走っているのでどこも同じような景色に見えてきますが、この七色ダムは先に七色峡が続いているのですが、紅葉の時期はかなり美しい色が色が広がっている場所らしいです。

今は緑が一面に広がっていてそれもきれいなんですが、紅葉の時期は一面赤く染まっているとのことで、それも見てみたいです。

七色ダム 3


但し、一つ言えることは結構落差あるんで高所恐怖症の人はあれですね。
でもこの後出てくる場所の方がもっとNGかもしれません。

七色ダム 4


ダムのあとは、ツーリングマップルに記載のあった気になる場所へ行ってみることに。
それは…


・上瀞(かみとろ)橋

“バイクで通行可能な橋”…との記載がありました。
そこまでは普通なんですが、そのあとに、“勇気のある人はどうぞ”の文字が!

これは気になる。

ということで走らせてみると…




上瀞橋 1


こんな吊り橋でした。

今吊り橋にいます。下は川です笑
総重量1t以下はNGですが、この小型バイク達なら問題ありません。せっかくなんで絶景ポイントで写真に収める。

大自然の残る熊野にある吊り橋、これは今年訪れた橋の中でもトップクラスかと。

上瀞橋 2


幅は普通自動車がいっぱいいっぱいで通れるくらいです。ぶっといワイヤーですが、橋自体が重そうなのでやはり1tなんでしょうね。

写真を撮る際はスタンドの位置にお気を付け下さい。と言うのも、排水口の蓋みたいに隙間が空いているので場所を選ばないとゴロンしてしまうおそれがあるからです。
ここでゴロンはしたくないですからね…(^^;

上瀞橋 3


さて、日も落ちて来たので先を急ぎます。本日の宿は熊野にある渡瀬(わたらせ)温泉です。
川の上流に近づくにつれ、先ほどみたような緑色が色濃くなってきます。


・渡瀬温泉

渡瀬温泉 1


無事に17:30くらいに到着。
とりあえず早朝発で鳥羽から熊野まで結構距離があったのでかなりグッタリですが、一日の旅の疲れは親子丼と、名物の田舎うどんを食べました。

渡瀬温泉 2


この田舎うどん、中にわらびみたいのが入っています。これが地元の味を生み出しているそうです。

渡瀬温泉 3


お腹ペコペコだったので10分で胃袋へ収納。
歴史の街、熊野。これに関しては2日目の記事に書きます。

渡瀬温泉 4



最後に温泉につかり終了。
疲れていたので温泉入って布団に入って爆睡したのは言うまでもありません笑

渡瀬温泉 5


この日は神奈川から熊野までと結構移動しました。移動だけではなく、ところどころ名所も行けたので内容も濃かったです^^
その分熊野方面まで足を伸ばすことができました。
(…かなりハードなスケジューリングでしたが…汗)

当時は国道1号線を下道で伊勢を目指していましたが、今回は高速道路だったので一気に移動できました。
2年半前と特に変わった場所もなく、懐かしい感じがしてよかったです。

2日目は、いよいよ今回のツーリングのメインである伊勢神宮へのお参りです。


走行距離:520km
平均燃費:29.0km/ℓ


つづく

1日目/2日目/3日目

  
関連記事
スポンサーサイト

category: 関西

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top

キャンプ道具について 

 

すっかり寒くなってきました。
朝晩のバイク…寒いです。そして何よりもう少し寒くなってきたらチョーク始動の季節ですね。こんな風景も冬のバイクらしくて好きなんですけどね^^

さて、寒くなってきたのでちょいと季節外れのキャンプネタでも書こうと思います。
今更感が否めませんが、何だか昔の写真を整理していたら書きたくなったので来年に向けてまとめ等を。。


今年のGWに行った中国地方ツーリング前に買った品物を改めて…

・LOGS カーボントップテーブル・ミニ

カーボントップテーブル・ミニ 1


カーボン調のミニテーブルです。A4サイズと同じでとてもコンパクトです。
組立も分離しているものがないので簡単に組み立てられます。

足も接地面積が多いので結構安定しています。
カーボン調が地味にかっこいい^^

カーボントップテーブル・ミニ 3


ツーリングに使うのであれば荷物の下側に設置して荷崩れ防止としても使っていました。暑いものをこぼしても割と安心だったような(^^ゞ
ちなみに収納ケースも付いていて安心です。これはお買い得だと思います。

カーボントップテーブル・ミニ 2


カーボントップテーブル・ミニ


続いて調理具。


・CAPTAIN STAG オーリック 小型ガスバーナーコンロ〈圧電点火装置付〉

まずは単純に調理するものです。
ケースに収納できるくらいコンパクトに作られている小型ガスバーナーコンロです。


・レギュラーガスカートリッジCS-250

こちらも購入しています。まぁこれがないと火がつきませんからね。。
結構色々な種類があるようなので迷いますが、とりあえず初心者の自分には同じブランドで揃えてみました。

ガスコンロセット 1


ケースに収納できるくらいコンパクトに作られている小型ガスバーナーコンロです。収納するとこんな感じにコンパクトに。

…ですが実際に収納してみるとちょろっとだけ“コツ”が必要です。適当にやるときれいに収まらないので注意が必要です(・・;)笑

ガスコンロセット 2


ガスカートリッジと組み合わせて完成。
これがあるだけで大分キャンプの雰囲気がでますよね( ´∀`)

ガスコンロセット 3


これを林道の中でグツグツとお昼ご飯を作るのが当分の夢です。きっといい雰囲気が出て美味しいんだろうなぁ。。


レギュラーガスカートリッジCS-250

オーリック 小型ガスバーナーコンロ〈圧電点火装置付〉



・ステンレス ラーメンクッカー570ml(リフィル用)

で、今度はコンロに乗せるものを買いました。ラーメンが入るくらいのサイズかと思って購入。
パッケージにも書いてありますしね!

ラーメンクッカー 1


…が、実際はツナ缶2個が入る大きさです。ラーメンは作りましたが、前半・後半で分けて作るような感じです。
ですが、私はこれで十分です。汁物を作るんだったらこれくらい底があった方がいいかと思います。

ラーメンクッカー 2


取っ手が動くので収納にもかさばらないし、コップにもなります。
これはいいです。


さらに新潟県の金物の町、燕三条で生産しています。鍋は美しく、丈夫で錆びにくいステンレス製!
それだけでなんだかいいですよね。

見た目も美しいのはご飯をより美味しく見せてくれますからね(^^♪


ステンレス ラーメンクッカー570ml(リフィル用)


ということで以上です。
今度は去年買った製品でも書こうかな…時間があればですが(^^ゞ笑


書いていたらキャンプに行きたくなってきました。
うーん、もう冷え込むし厳しいかなぁ。夏用の寝巻きしか持っていない自分にはキツそうです><


こうやってせっかく揃えたので、来年はこれらをフル活用できるようにしたいです^^


それではこの辺で。
次回は今年大きな話題になった伊勢神宮へツーリング行ったことを書こうと思います。


おわり

  
関連記事

category: キャンプ道具・用品

thread: ひとりごと - janre: 車・バイク

△top

霧の箱根と伊豆ツーリング 

 

少し前の話ですが、GPZ900Rで箱根と伊豆に行ったお話です。2週連続で出かけました。
SRXはというと、ライトステーの溶接中と軽整備のためお休みです。ということでGPZで出撃です。


■箱根ツーリング

まずは1つめ。静岡に住んでいる大学の同級生がこっちまで来るということで、箱根で迎え撃つことに。

早朝…じゃなかったんですが少し腹痛があったので遅れて待ち合わせの道の駅 箱根峠へ。
西湘BPを走っているときは快晴だったんですが、山を登ると霧が結構出ています。


・道の駅 箱根峠

霧が立ち込めている箱根。こんな濃霧の中の箱根は今年初です。いつも大体天候に恵まれていたんですけどね…。
まぁ雨が降っていないので良しとしましょう。

道の駅 箱根峠 1


GPZ、こーやって見るだけでもかなり傾いていますね…。
前々回に書いたステーの修理の際にサイドスタンドを溶接してもらったのはこの理由があるからです。近々付けます。

道の駅 箱根峠 2


そうそう、友達はCB400SUPER BOLD'ORです。CBXカラーのカッコいいやつです。やっぱりカウルはアッパーカウルに限りますよね^^

今回、実はこの後雨に降られて写真が非常に少ないので少し昔の写真を混ぜつつ書いていこうと思います。
まぁ同窓会ツーリングみたいなものなのでw


・大観山

ライダーのメッカ、椿ラインです。ここでも霧がすごい…。
それでもみなさん日ごろのストレスを解消させるかのごとく集まっていました。でもこの天気じゃ逆にストレスがたまってしまいそうですが…。。

大観山


とりあえず並べてみます。
よく大学時代に走りに行った大観山を目指します。懐かしい^^
ちょろっと往復して流します。今日はいつもと違って重い車体なのでヒラヒラとは乗れませんね^^;
GPZは前が16インチ、小さくてクイックらしいですがまだ私は実感できません笑


で、ついでにここに初めて来たときの写真を。

思い出 2


ここに初めて来たのは大学2年のときでした。親父のDT250を借りて行きました。友達はCBR250RRとCB400SBです。
このCB400こそ、今回一緒に走っている友達です。ただ、その後盗難に遭ってしまったため当時のバイクではないのですが、またこうやってライダーとして戻ってきてくれました^^

いや、しかし今思うと懐かしいなぁ。
この頃はどこ行っても新鮮でした^^


その後も何度か来ました。
周りのバイクは高性能でしたが付いていくのが大変でしたが^^;

思い出 4


まぁ当時は下手なりに頑張って走らせていました。
この辺から古いバイク好きが始まっていたのかもしれませんね。

ちなみにこの頃になるともうSRX250になっています。当時は納車されて割とすぐにツーリングに行きました。まだ完調じゃなかったんですが、とにかく嬉しくて行きましたね^^。
今思うとアイドリングも安定していなくて、よくあんな状態で行ったなとw

思い出 3


さて、霧がひどいので少し進路を変えて富士山方面へ走ります。


ちょうど時間もお昼どきに差し掛かったので昼食を食べます。
今回はリッチに豚しゃぶご膳。冷麺も付いておいしかったです。この日も残暑が厳しかったので冷麺が体を冷やしてくれます。

ご飯屋 銀の穂


締めはアイスです。定番の抹茶アイス。
出掛けた先で食べる抹茶アイスほどおいしいものはないと確信。

甘味処 よもぎ屋


国道138号線に入って乙女峠を通過、そして御殿場へ抜けるのですが…
やはり嫌な予感が的中で雨が降り出してしまいました。

山の天気は変わりやすいとはよく言いますが、結構なザーザー振りです。レインコートに着替えて道の駅 すばしりへ。


・道の駅 すばしり

ここで休憩すればそのうち止むかな~なんて思っていましたが、一向に止む気配なし。これ以上の北上はもう修行になってしまうので来た道を引き返します。
せっかくなのに残念…。


引き返すにあたって何か飲み物を…ということで見つけたの地元の栄養剤みたいのを発見。。
その名もローカルエナジーw


なんだかすごい。
でも飲んだら某栄養ドリンクと変わりませんでしたが、気持ち山梨です。えぇ。




戻って箱根へ。
またもや霧、霧、霧。そんなこともあるよねと言い聞かせつつ友達を見送って解散の時間に。今日は距離にすると全く走っていませんが、たまにはそんなツーリングもありますよね。
最後にCB400SBとGPZ900Rを並べて解散。

道の駅 箱根峠 3


もう本当に霧です、霧。
時間がわからなくなってきそうです(・・;)笑

箱根エコパーキング


ちなみに最後の写真は初めて原付で箱根越えをした写真です。

思い出 1


スクーピーにRZ50、そして私のカブで行きました。熱海峠を原付で越える大変さ、そしてこの後の転倒など色々なことを経験しました。
当時はよく来たものです。

当然箱根新道も乗れないのでひたすら下道でちんたらと。それはそれで楽しいんですけどね^^


といった具合の同窓会ツーリングでした。
次回はこちらが上陸すると伝えて解散。

箱根を下ったらものすごく天気がよくてアレでしたがw
山の天気は変わりやすい…ですが変わりすぎだなぁと感じたツーリングでした^^;

西湘PA



走行距離:276km
平均燃費:14.9km/ℓ



■伊豆ツーリング

2つめは会社の先輩と一緒です。
さっきとは逆で今度は初っ端から曇り空。で、先ほど同様に登りきると…真っ白で…。
写真は同じような感じなので割愛しますw


・伊豆スカイライン

そこから伊豆スカイラインまで様子を見るとのことでしたが、熱海料金所でもこの曇り具合。

伊豆スカイライン 1


まぁダメなら軽く流して解散しよう…ということでしたが、やっぱり進めど濃霧状態。たまーにスーパースポーツに乗っている人がいますが、よくこの中で飛ばせるなぁという感想です…。。

まぁ乗っているんじゃなくて、乗せてもらっている感が強いので仕方ないのですが、、笑

途中の亀石ICで団子を食べます。そしていつも通り二輪の安全を祈願した道路公団の方々からティッシュをもらいました。
もうかなり通行止め寸前まで来ている伊豆スカイライン。
次事故が起きたら…・゜・(ノД`)・゜・

伊豆スカイライン 2


さて、降りてからも濃霧が…と思いきや何だか晴れてきました^^
写真は修善寺より。今回は一眼ではなくコンデジだったのでタンクバックから取り出して信号待ちの合間にサッと撮れます。

修善寺


・達磨山レストハウス

さて、天気も回復してきたので西伊豆スカイラインに向かって進みます。
手前にある達磨山レストハウスから富士山を眺めます…が


やはり少しぼやけているようです。
まぁ晴れているだけマシなんでしょうかね。

達磨山レストハウス 1


西伊豆スカイラインを走る前にお腹が減ったので腹ごしらえです。達磨山(だるまやま)レストハウスで早めの昼食です。

頂いたのは、シカ肉丼。

達磨山レストハウス 2


西伊豆はシカ肉が有名らしいです。健康にも良いらしく、おいしかったです^^b
さて腹ごしらえをした後は西伊豆スカイラインへ。


・西伊豆スカイライン

今日は手前の箱根の天気が悪かったせいか、そこで引き返してしまうライダーも多いのでしょう。いつもに増して交通量は少なめです。
とりあえず一通り流して仁科峠へ。

西伊豆スカイライン 1


あれれ。
ここまで来て曇りです。残念。ここ最近西伊豆は晴れにあたったことがありません。次行く時こそは晴れて欲しいなぁ。
本当に連敗中です。。

西伊豆スカイライン 2


ちなみに今日の車両は、Speed triple R、ZRX1200です。
一番車両が古いGPZはこの中でもかなり重いです^^;
いかにも軽そうなSpeed tripleはやはり乗りやすいそうです。


さて、ここいらで適当に写真に収めて戻ります。帰りに戸田の展望台で休憩です。
日がところどころ出たりするんですが、イマイチパッとしない天気です。

西伊豆スカイライン 3


せっかくなのでGPZ単独の写真を。
取り回しが極限に重たいですが、(普段軽いのに乗っているからというのもありますが…)走り出してしまえば軽いです。
高速巡航も大きなカウルと安定感のある車重で楽チンです。
どこのギアからでも加速してくれるエンジンはまさにロングツーリング向けです。名車と言われる訳がだんだんわかってきました。

西伊豆スカイライン 4


まぁお決まりの下ったら大快晴だったというのはアレですが…orz

西伊豆スカイライン 5


・伊豆スカイライン

帰りも伊豆スカイラインを経由して岐路へ。ここまで来ると行きの曇は嘘のように晴れていました。
しかし最後の富士山を眺めながら走ることができなかったのが残念。。

今年中にリベンジしたいところです。

伊豆スカイライン 3


熱海を眺めて

伊豆スカイライン 4


最後に写真に収めて終了。
何気に大型バイクだけのツーリングは初めてだったのかもしれません。

伊豆スカイライン 5


最後はターンパイクを経由して終わりました。
というGPZで2週連続でツーリングに出かけたお話でした。

次回はSRXの出番です。



走行距離:332km
平均燃費:18.9km/ℓ


おわり


  
関連記事

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top