Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

カブ ちょい改造2 

 

カブのちょっとした改造シリーズその2です。

前回はステッカー貼ったり、タイヤ交換したりしました。
今回はもう少し実用性を考えた改造になります。


やっぱり通勤で使うとなると色々と便利グッズが欲しくなります。荷物の出し入れをする際に重宝する前かごであったりと色々ね。
ということで、家にあったカゴを再利用します。


・前カゴ取り付け

まずは何もない状態から。
フロントのキャリアだけでは荷物を置いたりすることができないので、ここにカゴを取り付けます。

カゴ取り付け 1


自転車用?か分からないですが、何かの汎用のカゴが車庫にあったので流用します。取り付けはいたって簡単。
なんせタイラップによる簡単固定ですからw
位置を決めて、タイラップ入れて、軽く調整して締めておしまい。

カゴ取り付け 2


余った部分はカットして終了です。

こんな感じになりました。カゴがあるとこれだけで少しだけおしゃれ?になったような?(^^;)
これで駐輪場でやりとりするときにちょっとグローブを入れたりすることができるので、便利になりました。タイラップがいつまで持つのかは、分かりませんが…。

カゴ取り付け 3


・ライトバイザー取り付け

続いて、風防を取り付けてみました。
カブといえば、あのでっかい風防。しかしそれは持っていません。(なんせ買うとなると結構いいお値段がします。)

なので、これも家にあるものでリサイクルします。使ったのは、コレ。

覚えている人がいたらすごいですw
かつてSRX250が丸目時代だった頃に付けていたライトバイザーです。実はアッパーカウルを装着してからすぐ取り外してしまったので、そのまま放置していました。

ライトバイザー取り付け 2


ライトステーに取り付ける穴も空いてる。これはうまくすれば使えるぞ!
っていう考えから今に至ります。

ライトバイザー取り付け 3


で、それを今回赤カブに取り付けます。
ハンドルを固定しているボルトを少し利用して取り付けをします。

ライトバイザー取り付け 1


合わせて購入したのは、コチラ。

ライトバイザー取り付け 4


合計で1,600円くらい。ステンレスだと少し高いですが、錆びるよりはいいでしょう。
奮発してステンレスのボルトに高ナット。そしてねじりステー。

これらをうまく組付けてみます。


ハンドル下のボルトに高ナットを取り付けてまず延長。これ、両方の穴がメスになっていてボルト同士を繋ぐことができる便利ものです。

ライトバイザー取り付け 5


そして、ねじりステーを固定します。


角度を調整して、はい完成!
即席のライトバイザーの出来上がり。もちろん専用品じゃないので、少し調整する必要がありますがそれでも十分。

ライトバイザー取り付け 6


果たして風防効果があるかどうかと聞かれたら微妙なところですが、まぁ見た目の変化にもなったしいいのかなと。何より余っている部品が再利用できたのが嬉しい(^^♪


全体から見るとこんな感じになりました。

ライトバイザー取り付け 7


カゴと風防。ますますビジネスチックになりましたが、これでいいでしょう。多少の雨が降った時も“無いよりはマシ”状態になりましたからね。リトルカブの専用ライトバイザーみたいな感じに仕上がったので大満足です。

ライトバイザー取り付け 8


シートから見るとこんな感じ。ちょっとしたアクセント。
で、実際に使用した感想はあまり変わらないとw

まぁ若干気持ち程度の風が和らいだかな~ってくらい。まぁ元がタダだし、ステー代だけって考えれば安い改造です。

ライトバイザー取り付け 9


・ステッカー貼り付け

そして最後にまたステッカー貼り。

今回は、今年開催されたモーターサイクルショーでもらったステッカーです。ホンダのブースでもらいました。

ステッカー貼り付け 1


“バイクが好きだ”

うーん、いい響きです。単純な言葉ほどグっときますよね^^
同じホンダ乗りとしては、これを貼らない手はありませんね。とりあえず何も貼ってないレッグシールド右側に貼ります。


ちょこっと小さいステッカーを貼り付けました。これで良し。

ステッカー貼り付け 2


引き続き、先ほど付けたライトバイザーにも。
基本的に行った土地のステッカーを貼っていこうと思っていたのですが、昨年のHokkaiderステッカーが余っていたのでこれを貼ります。

ステッカー貼り付け 3


今年も行けるかな~とか考えつつペタペタ( ´∀`)
まぁ赤カブで北海道は行っていないのですが、その辺は気にしないでくださいw



ということでお金をかけずにいじる赤カブでした。


それではこの辺で。



おわり

  
関連記事
スポンサーサイト

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: バイクの修理・整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 6

△top

カブちょい改造 

 

カブ88について初めての記事です。
中国地方ツーリングも段落したので、カブ88の現状についてまとめてみます。

赤カブの再生記はここにまとめました。こーやって見ると結構時間かかったんですね~。

その1 【フレーム補修編】
その2 【フレーム修正編】
その3 【パテ埋め編】
その4 【パテ研磨編】
その5 【パテ研磨編2】
その6 【車体分解編】
その7 【下地作製編】
その8 【下地作製編2】
その9 【カラー塗装編】
その10 【クリアー塗装編】
その11 【コンパウンド研磨編】
その12 【車体組立て編】



とりあえず年末からコツコツと仕上げてきた自家塗装の赤カブ。またの名をシャア専用カブ。
今では私の足となり通勤に毎日活動中。4kmちょっとの道を何も問題なく走ってくれています。

完成した後、少し手を加えているのでその辺りを書いていこうかと思います^^




まずはこれがないと始まらないシリーズから。
赤カブは安心と信頼の台湾製88ccキットを組んでいます。そこで登録も原付二種登録になるので、お決まりの三角ステッカーを貼ります。前のフェンダーにも必要なのですが、これはモンキー用なので少し加工して貼ります。

・三角ステッカー

ラフ&ロードさんで購入。取り付けはリヤフェンダーとフロントフェンダーに貼るだけ。

三角ステッカー


貼る前に脱脂を行うのを忘れずに。後は位置を定めて貼るのみ。


完成!
リヤフェンダーは何も問題なく貼れています。これでOK。

三角ステッカー 1


フロントフェンダーはモンキー用であるため、カットして貼ります。少しずつカットしてうまく貼れるように…
まぁ結果から言うと近くで見なければOKな具合になりましたとさ。

三角ステッカー 2


で、前に横浜をブラブラしたときに購入したステッカーを貼っていきます。赤カブのコンセプトはおしゃれなUSチックな感じで仕上げていく予定なので、とりあえずMOONEYESステッカーを揃える。


・MOONEYESステッカー

ステッカー


ずらっと適当に良さげなのを揃えてみました。
まずはサイドカバーに貼ってみます。これは背景がそのまま見えるタイプなので白が映えていい感じ。

ステッカー 1


こちらは単純なステッカー。1個だけだと少々寂しいので、もう1つ小さいやつを。

ステッカー 2


で、この汎用レッグシールドにはホンダのエンブレムを付ける穴が2箇所空いています。純正じゃないのでエンブレムはもちろん付きません。その穴埋めにペタペタと。

ステッカー 4


気に入らなかったら剥がせばいいしね。裏側もシールの余った部分を適当にカットして埋めます。これで完成。

ステッカー 3


続いて威嚇用のアラームが付いてるよ~ステッカー。
これは特に威嚇ではなく、ただ単にここに貼りたかっただけです。英語表記なのがGOOD!

ステッカー 5


・MOONEYESエアバルブ

エアバルブ


タイヤにはちょいとしたアクセントでエアバルブを付けてみました。黄色いのが可愛い(*´`)
さりげないドレスアップです。

エアバルブ



続いて実用編。


・ペットボトルホルダー

これは自転車用のが家に余っていたので、付けてみることに。場所はハンドルのところが理想ですが、バーハンドルじゃないのでそれはちょっと厳しい。
基本的にお金をかけずにやりたいので、レッグシールドの留め具のところに付けます。

ペットボトルホルダー 1


ドリルで取り付け用の穴を一箇所開けます。M10くらいが入るような穴です。
若干狙いを外して跡が残っていますが、これでよし。狙いが外れてもボルトで隠れるので全て良し(^^ゞ

ペットボトルホルダー 2


レッグシールドと共締めして終了。
若干レッグシールドと干渉していますが、問題なし。ペットボトルも入るのでこれでOK。まぁこれを使うか?って言われたらあまり使いませんけどね(笑)

ペットボトルホルダー 3


とりあえずあったからやってみたシリーズです。


で、結構重要度が高いのがこれ。


・フロントタイヤ交換

実は部品取りカブのタイヤは結構磨り減っていて、さらにひび割れも。おそらく新車時から交換されていないのでしょう。

フロントタイヤ 1


とりあえずこのままじゃ雨の日も危険ですし、交換します。

フロントタイヤ 2


買ったのは純正より1サイズ大きい2.50-17です。
IRC製 NF6 2.50-17 4PR

純正より1サイズ太いので燃費に多少影響?するのでしょうか?
まぁボアアップもしているし、それなりにスピードも出るようになったのでカブ90でも採用している2.50で。


交換後はヒゲがたくさんあって、きれいになりました。
チューブは何だかパンク修理剤が入っているみたいで、かなりブヨブヨ。この際だったので一緒に交換しました。ビジネスタイヤなのでしばらくは交換もいらないでしょう。

フロントタイヤ 3


タイヤも安いので助かります^^


と、そんな具合。
ボアアップ済みですが、吸・排気はそのままなのでバランスが悪い。心臓がでかいのに息を吸い込む量と吐き出す量が小さいので頭打ちしている感じ。

キャブレターを変えればもっと力を引き出せるのでしょうけど、とりあえずはこのままで。500kmを過ぎたので、1,000kmまではこのままでいようかな~と思っています。


ちなみに現時点での燃費は、44.1km/ℓ。1代目カブと比べると5.0kmくらい下がっています。まぁ排気量も上がっていますし、それは仕方ないんですけどね。それでも40km/ℓ以上は走るんですけどね。

まだそんなに距離も走っていないので、しばらくは様子見。あんまりにも悪いようだったら考えようw


こーやって色々交換をしても部品代が安い!
まぁSRX250もさほどかからないっちゃーかからないのですが。タイヤなんて色々とネット通販を物色していたら1,500円で入手できるものもあります。そしてホームセンターに行けば必ずと言っていいほど、カブのタイヤは買えます^^

オイル交換も0.6ℓで経済的。100均で売っているペットボトルホルダーも付けられたりと、まさに実寸大のプラモデルのようです。これが大型となるとそーもいかないのですが…(^^;)


燃費も良くて、財布に優しいカブ。
もっと快適な通勤になるようにボチボチ手を入れていこうかと思います。


それではこの辺で。


フロントタイヤ交換:179km


おわり

  
関連記事

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: バイクの修理・整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

中国地方ツーリング 7日目 

 

いよいよ最終日になりました。
GWを利用した長距離ツーリングも残すは1日となりました。最後の1日はほぼ高速道路で過ごします。

1日目 (神奈川~鳥取)
2日目 (鳥取~大山~玉造温泉~境港)
3日目 (堺港~出雲~石見銀山~萩)
4日目 (萩~角島~秋吉台~山口)
5日目 (山口~岩国~宮島~広島)
6日目 (広島~安芸灘とびしま海道~倉敷)




・5月4日(土) 倉敷~神奈川


初日は神奈川~鳥取まで移動で、最終日は岡山~神奈川になります。移動距離はほぼ同じくらい。行きは旅の始まりというテンションでいくらでも走れそうですが、帰りはやっぱり少なからず疲労しています。
朝早く出ようかと思いましたが、ゆっくりと帰るだけなのでホテルでバイキングを食べて、倉敷でお土産を購入して出発。


倉敷ICから乗って山陽道に入ります。


-山陽道-

さー始まりました、初夏の大移動その2。いつから始まっているか知りませんがw
特に家に帰ることしかない最終日なので、自分のペースで距離を刻んでいきます。250cc単気筒で行く長旅です。もちろん高速巡航はそこまで得意じゃないのでゆっくりと行きますよ^^;

そしてやっぱりGW、多くのライダーを見かけました。

しかし見かけるライダーはどれも大阪や京都など。まだまだ地元までは遠い。
焦らずゆっくりと走ります。



順調に走って、中国道に接続。まずはお昼ご飯を食べてこれからに備えます。

・西宮名塩SA

初日も寄ったSAで休憩します。まだ現時点では兵庫県。先はかなり長い。
といことで午後の活力にカツカレーを食べる。

とろみのあるルーが美味しい^^濃厚な味がたまりませんね。

西宮名塩SA



食べて一休みして出発。
ここから大阪に入ります。

で、この後まさかの雨が…orz
このGWで本格的な通り雨にやられてしまいました…。

天気では晴れとなっていましたが、どうやら一部では雷雨を伴う激しい雨が降るとのこと。まさかそこでやられるとは…・゜・(ノД`)・゜・
土砂降りの中すぐ近くのPAに避難。

上着は防水ですが、ズボンは防水でなかったためびしょ濡れに…。上着はRSタイチ製のジャケットを使っています。当時学生時代のバイト代を貯め込んで買ったジャケットも3年目。
ですが防水性能はまだまだ健在です(^^♪

ズボンはかなりウエットになってしまったので、これでは身体を冷やしてしまうのでもう一本に履き替えました。同じく3年目のブーツカバー装着で万全の状態で先を目指します。
しかしブーツカバーはもう結構限界かな…。やっぱり歩いたりもするので擦れ、破れもあります。そろそろ買い替え時かもしれません。

3年も使えば元は余裕で取れていますしね。


で、よくあるバイクライダーあるあるの一つの“レインコートを着ると雨が止む”といった通りで、小雨になってきました。
さっきまでの雨は一体…。


-新名神道路-

ということで土砂降りの大阪を抜け、続いて京都に入ります。特に目立った渋滞なく、流れています。


ここんところ長距離ツーリングの帰りはいつも雨です。昨年の北海道からの帰り、新潟~神奈川間は50km制限のかかる土砂降りの中帰って来ましたからね(・・;)笑
それに比べると楽勝!ってな具合。本当に一瞬だけ降られただけですしね。

早くレインコート脱ぎたいな~なんて思うのですが、路面が濡れているためクルマの水しぶきなどがまだ結構飛び跳ねる。まぁちょうど標高の高い信楽方面も通過するのでそのままで行くとしましょう。

この先、GWの帰省ラッシュで四日市ICで渋滞があった程度であとは流れていました。

そして伊勢湾岸道に入って夜ご飯を食べます。


-伊勢湾岸道路-

夕日を眺めながら走る伊勢湾岸道路。ちょうど港の上を走るので遮るものがなくて、きれいな夕焼けを眺めながら走れます。
…が、遮るものがない=風が強い…ってことでかなり風が強かったです(・・;)
そんなこんなで時間も18:00。近くにあった刈谷SAで給油と休憩を兼ねて寄ります。

・刈谷SA

刈谷SA 1


でっかい観覧車が目印の刈谷SA。
周りは軽装なバイクの中、一台過積載。雨も止み、走行風ですっかり乾きました。

刈谷SA 2


小腹がすいたので軽く入れます。
何だったか忘れましたが、クリームが美味しい^^

刈谷SA 3


一休みしたのちに出発。

その後は新東名に入り、いよいよラストスパート。


-新東名-

陽もすっかり落ちてきました。ここからは静岡をひたすら横断していきます。で、走りやすさを考慮して新東名をチョイス。実はこの選択、後で少しだけ後悔することに…。

そう、新東名は割かし高い場所を走る。夕暮れの高速道路はただひたすらに風を浴びるので、これが結構寒い。
さらに高いので横風も割とあって身体が冷えてきます。
これが東名だったらもう少しマシだった?
と思いつつも走らせます。途中やっぱりいつもの大和トンネル付近と秦野中井IC付近で渋滞が発生中との掲示板表示あり。とりあえず走りながら様子を見るとして、私は少し遅めの夜ご飯を頂きます。

・新清水SA

行きもよった新清水SAで夜ご飯を食べます。あんなに見かけたバイクも駐輪場には私ともう一台だけ。そりゃみなさん明るい時間に帰りますよね(・・;)
冷え切った身体を暖めるために、ラーメンの“一風堂”さんで静岡限定メニューを頂く。

ワサビ豚骨ラーメン!

新静岡SA


ちょいとピリ辛なワサビと豚骨の合わさったラーメンです。ちょっと奮発して中盛を注文。ラストスパートに備えます。


給油して後は新東名を走ります。やはり渋滞が25kmと出ているので諦めて沼津ICで下ります。
そして国道1号線の箱根を走っていつも通り帰宅。何より驚いたのが箱根の気温が10度以下で、この道中で一番寒かったということ。いや~本当に冬用のグローブでよかった(゚∀゚;)


定番の西湘PAで一休み。帰省ラッシュはまだまだ続くそうで今夜いっぱいがピークのよう。あとひと踏ん張りお願いします、と跨り自宅を目指します。

西湘PA


ということで24:00過ぎに無事帰宅。最終行程を無事に終えてGWのツーリングも終了です。今回は珍しいことに大きなトラブルもなく(奇跡!!)楽しく過ごせました。
前回のツーリングの反省点を踏まえることができたのが一番の要因だと思います。しっかり走りきってくれたSRX250にも感謝です。


長々とツーリング記に付き合って下さり、ありがとうございました^^
これにて中国地方を1周したツーリングも終わりです。道中かなりグダりましたが、なんだかんだで無事に楽しむことができました。

世界遺産や雄大な自然…日本の原風景が数多く残る山陰・山陽地方を満喫した1週間でした。

これを読んで少しでもいいな~
って思って頂けたら、ぜひ一度訪れて見て下さい。歴史がたくさん残る中国地方は、きれいな日本海と瀬戸内海に囲まれた素晴らしい場所です。

あ…GWに行くという方は防寒装備を忘れずに…笑
私は山陰地方があんなにも寒いとは知りませんでしたから(^^;)



さて、次はどこへ行こうかな…??
もう目の前までやってきている夏。今年の夏に行く場所を考えなければ…!


走行距離:697km
平均燃費:28.1km/ℓ

総走行距離:2,662km
総平均燃費:28.8km/ℓ


おわり


1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目

  
関連記事

category: 中国・四国

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

△top