Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,Peugeot 205-

2012年 北海道ツーリング 4日目 

 

間隔が空いての更新ですが、何とか4日目です。
本当はすらすら書きたいのですが、なかなかうまくいきませんね^^;


夜の暑さは大分落ち着いてきたんですけどね。


さて、ついに北海道ツーリングも折り返し地点の4日目です。
この日は稚内から富良野を目指して南下して行きます。


1日目 (神奈川~青森~苫小牧)
2日目 (苫小牧~室蘭~札幌)
3日目 (札幌~北竜~稚内)





・8月14日(火) 稚内~旭川~富良野

ライダーハウスで一緒になったニンジャ乗りと日の出を見るために4:00起きw
近くのノシャップ岬で日の出を待ちます。

初っ端から路肩にシカさん発見!
今日はいいことありそうだ。

ノシャップ岬 1


・ノシャップ岬

最北端の宗谷岬と同じく道北にある岬です。
着いた頃にはちょっぴり明るい。

ノシャップ岬 2


イルカの銅像が可愛いです^^

ノシャップ岬 3


昨日は夕焼けの日本海でしたが、今日は違います。
そういやオホーツク海ですかね?

ノシャップ岬 4


雲が多いですが、その合間から…


見えた!
北海道で日の出を見れるとは思ってもいなかったので嬉しいです。

ノシャップ岬 5



withニンジャ。
純正仕様の赤ニンジャ。

ノシャップ岬 6


しっかり上ってきました。
気温も上がってきます。

ノシャップ岬 7


うっすらと見えますでしょうか?
昨日は夕陽でしたが、今日は日の出と利尻富士。

ノシャップ岬 8


この日は北海道全域で晴れなので期待できそうです。


宿に帰って、出発の支度をしていると…。
外が動物園にw

ノシャップ岬 9


シカさんの大群w
どうやら人前に出るのは全てメスか子どもだそうです。

オスは警戒心が高く、人前にはめったに現れないそうです。


しかし普通にいますね^^;


宿のおじいちゃんと写真を撮り、まずは最北端の宗谷岬を目指します。


-国道238号線-

オホーツク海側を通る国道です。
今日はひたすらにこの道を通ります。


・稚内港北防波堤ドーム

全長427mの半アーチ式ドームの防波堤です。
1936年に作られたものらしいですが…

でかい!

稚内港北防波堤ドーム 1


そしてきれい。
というか美しいです。
古代ローマの遺跡みたいな感じです。

稚内港北防波堤ドーム 2


中ではテント泊していた方々がいます。


バイクと比較すると少しはでかさが分かるでしょうか?

稚内港北防波堤ドーム 3


・稚内駅

続いて稚内駅。
日本最北端の駅です。

稚内駅 1



駅前には最北端の鉄道を使ったオブジェがあります。

車輪止めですね。

稚内駅 2


反対側には線路の後が続いています。
昔は輸送とかで使っていたのでしょうか?

稚内駅 3


探ってみましたが、どうやらここでおしまい。
何だか残念w

稚内駅 4


宗谷岬を目指します。


そうそう、北海道ではもう秋だそうです。
ところどころ紅葉が始まっています。

国道238号線 1


途中のオホーツク海とSRX250。
海が濃くて、青い!

国道238号線 2


目の前に風車郡が見えてきたら、宗谷岬はあと少しです。

国道238号線 3


ニンジャ乗りが教えてくれた宗谷岬をぐるっと回れるルート。
宗谷丘陵→白い道→宗谷岬→最北端のガソリンスタンド

せっかくなので最北端のガソリンスタンドで給油したかったのですが、開店時間が8:00からだったので、それまで時間を潰します。

まずは宗谷丘陵に行ってみることに。


…のはずが、手前に白い道があったのでそちらを先に入りますw

・白い道

白い貝殻を敷き詰めた道らしいです。
ダートのことですが、フラットなのでオンロードでも走れるので覗いてみることに。




おぉ!
眺めがいい。

宗谷丘陵 1



フラットダートなのでSRXでも楽勝です。
オフ車並の軽さを持つこれでよかった^^

しかしどこまで続いているのでしょうか…。

宗谷丘陵 2



しばらく走っていると…

宗谷丘陵 3





宗谷丘陵 4




なんだこれ!
道が白い。

宗谷丘陵 5


天まで続いてそうw


本当に道が白い…^^;

そして風車も。

宗谷丘陵 6


どこまでも続く白い道。

宗谷丘陵 7


これなんだろう。
毎回思いますが、とりあえず撮りますw

宗谷丘陵 8


しかし何もないです。
気持ちいいくらいにです。

宗谷丘陵 9


天気がよくて最高。
昨日の頑張りが報われたようですw

宗谷丘陵 10


宗谷の町並み?が一望できます。
最北端はすぐそこです。

宗谷丘陵 11


これは帰宅したときに書いた記事でも載せた写真です。
風が気持ちいい^^

宗谷丘陵 12


地面を良く見るとこんな風に貝殻があります。

宗谷丘陵 13


戻って今度は宗谷丘陵を楽しみます♪


・宗谷丘陵

こんなもふぁっとした風景が広がります。

宗谷丘陵 14


個人的にはさっき大分お腹いっぱいになった感がありますがw

宗谷丘陵 15


・宗谷岬

日本最北端の岬、宗谷岬に到着です。
観光客は大勢ですが、まぁ分かっていたので。

宗谷岬 1


それよかノシャップ岬で朝日を見れたのでOKです。
朝8:00でこの賑わいよう。


何だか賑やかだったので最北端に来た感じがあまりしませんw
ノシャップ岬にいたときの方が最北感がありました。

宗谷岬 2



樺太半島は…見えないです。
天気はいいですが、奥はかすんでいました。

オホーツク海、今度は流氷も見たいですね。

宗谷岬 3



・最北端のトイレ


宗谷岬 4


スポットでも何でもないですw
タダのトイレw

最北端だからトイレも最北端ですよね?w


その後はお決まりの最北端証明書を購入し、給油します。


・日本最北端の給油所

宗谷岬 5


宗谷岬のすぐ隣にあります。
給油すると貝殻の記念ストラップをもらえます。

さて、ここから南下します。
今日はある人との約束があります。

国道238号線 5


風車群、また来年…。

国道238号線 6



雲が多いですが、快晴!
シーサイドラインを走ります。

国道238号線 8


途中で発見した白い道製作所w
ここで作られているようです。

国道238号線 7



・道の駅 さるふつ公園


道の駅 さるふつ公園 1


広い牧場にある道の駅です。
ここで朝ごはんとしてパンを食べます。

絞りたての牛乳パンは美味しい^^

道の駅 さるふつ公園 2


そういえば宗谷岬では雲がなかったのですが、ここいら辺で雲が出始めてきました。
やはり風が強いから宗谷岬では雲がなかったのでしょうか?

道の駅 さるふつ公園 3



・猿払パーキングシェルター

昨日もありました、パーキングシェルター。
まぁこれだけです。

猿払パーキングシェルター


・村道浜猿払エサヌカ線


昨日に続いて何も無い道シリーズ。
今日は近年オロロンラインに迫る人気を持つ、エサヌカ線。







村道浜猿払エサヌカ線 1


本当に何もない。

村道浜猿払エサヌカ線 2


ローアングルで撮っても交通量が皆無なので安心ですw

村道浜猿払エサヌカ線 3


しかし、どこまでも続く道路。
地平線に手が届きそう。

村道浜猿払エサヌカ線 4


一本外れても何もありません。

村道浜猿払エサヌカ線 5


ロールもたくさん。
でも牛さんはいませんでした。

村道浜猿払エサヌカ線 7


地平線を満喫した後は国道275号線に入ります。
この時点で結構お腹いっぱいになったので、ある人との約束のため一気に南下します。

村道浜猿払エサヌカ線 6




スマホのナビでもお昼には着く予定だったので。


-国道275号線-

北海道の道央を縦断する道路です。
山の中を通って、市街地をいくつか通る道です。

それにしても今日は暑い…。
昨日の寒さが嘘みたいです^^;

国道275号線 1


道先で見つけた風景を載せます。

汽車。

国道275号線 2



・道の駅 ピンネシリ

道の駅 ピンネシリ

道の駅にて。
同じく稚内を出発したアメリカン乗りのライダーと少しお話して、出発。


国道275号線 3


羊蹄山と!

…じゃないです。
こんな感じで羊蹄山と撮りたかったんですが、今回はダメでしたorz


-国道40号線-

ここから国道40号線を通ります。
宗谷岬まで繋がっている国道です。


・道の駅 おといねっぷ

休憩は道の駅です。
ちょうどいい具合の場所にあるので助かります^^

道の駅 おといねっぷ


・音威子府駅

そして、日本最北端の立ち食い蕎麦があるとマップルに書いてあったので、食べてみることに。
場所は音威子府駅です。

音威子府駅 1


麺が黒い!
コシがあって美味しい^^

音威子府駅 2



老夫婦が経営している、駅の中にある小さな立ち食い蕎麦屋さんです。

価格も400円。
安月給の自分にはかなり見方です♪

駅構内。
電車は来なかったです。

音威子府駅 3



ひたすら南下。
途中名寄バイパスに乗ります。

北海道では久々の自動車道。
いつも低いところを走っていたので、上から見る北海道も新鮮です。

…ってか自動車道も普通も道も速度変わらないっていうw



めちゃくちゃ順調だったのですが、ここであるトラブルが…。


名寄市外から旭川まで断続的な渋滞。
有名なひまわり畑もある名寄からは観光渋滞でしょうか?
それにさらに高速道路の出口のクルマの合流で混み混み…orz


北海道に入って始めて渋滞に遭遇しました。

荷物も多く、横幅もあるのですり抜けはせずに…
そんなことしたら大分時間がかかってしまいました…^^;

予定ではとっくに着いている時間だったのに、おかげであの人との約束時間に間に合わず…。


渋滞は予想外でしたorz


-国道237号線-

旭川を過ぎてからは国道237号線に入ります。
別名花人街道。

その名の通り、道の途中の景色が色とりどりできれい^^
信号はないので、スムーズです。

ところどころファームに入るための渋滞がありますが、景色がいいので渋滞も苦になりません。

気持ちいい^^
天気がいいので最高です!

国道237号線 1



結構高地らしく、雲の流れも早かったです。

国道237号線 2


一日中ゆっくりしていたいですねー

国道237号線 3


・かんのファーム


かんのファーム 1


国道を走っていたら、突然広がるファーム!

うわーきれいだ^^

かんのファーム 2


バイクは駐車場だったので一緒に撮れませんでしたが満足満足♪

かんのファーム 3

かんのファーム 4


ラベンダーの見ごろは終わっていましたが、それでもまだまだ他の花が賑わっています^^♪

かんのファーム 5



キャンプしようかなーなんて思っていましたが、意外に寒くてチキりました^^;w
0円マップにも載っていた、ライダーハウス ヒグマさんにお世話になることに。

その前に大分迷いまいたw
ツーリングマップルが結構大雑把に書いてあったので焦りました^^;


宿に荷物を置いて、ガソリンを入れるついでに夕陽を見に行きました。
本当に高地にいる印象はないのですが、夜は結構冷えます><


撮るころにはすっかり陽が暮れていました。

富良野



明日も朝日を見に行こうかな?


そこから奈良から来たCBR250R乗りと近くの温泉に行き、ヒグマさんで夕ご飯を頂きました^^

私はジンギスカン。
CBR乗りはシカ肉のフライ?を食べました^^


かなり多い量を頂いてお腹一杯です。
最後にビールで乾杯。


後から来た北海道のバリオスⅡ乗りのライダーとも乾杯して終了。


天気もよく、北海道をかなり満喫した一日でした。
渋滞さえなければ…。


明日はまた朝日を見に行きますw
そして夜から雨とのことなのでちょろっとルートを変更して走ります。


走行距離:405km
平均燃費:30.7km/ℓ

つづく


  
関連記事
スポンサーサイト

category: 北海道

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

△top

2012年 北海道ツーリング 3日目 

 

3日目です。
SRX250も無事復活し、いよいよ北海道ツーリングのメインへ移っていきます。

今回は札幌から最北端の地、稚内を目指して移動です。


1日目 (神奈川~青森~苫小牧)
2日目 (苫小牧~室蘭~札幌)




・8月13日(日) 札幌~北竜~稚内

札幌国際ユースホテルではふかふかのベッドで体力を回復し、朝食も食べて準備万端!
最後に京都のチャリダーと記念撮影をして、出発!

この時点で雨がパラパラ…。
レインコートを装着して出発。


その前にせっかく札幌に来たのですから時計台を見に行きます。

-札幌駅-

まずは札幌駅。
きれーな駅らしいですが、ちょろっと撮って退散。

札幌 1


・札幌タワー

これは札幌タワー。
登ってみると札幌公園が一望できるらしいです。
今回は登りませんでした。

札幌 2


・札幌 時計台

確か日本三大がっかりスポットか何かに選ばれた時計台。
理由は大都会の中にポツンとあって目立たないから…だったような。

時計台


個人的にはそう感じませんが、確かにちょっと建っている場所が悪い気がします^^;

雨がポツポツ降っていましたが、結構観光客で賑わっていました。
今日は移動が多いので、ちょっと見て出発。

時計台を出てすぐに大雨になったのでコンビニで完全雨仕様になり、再度出発。


国道5号線、国道275号線というルートの予定が、間違って国道274へw
何かずっと都心を走っているなぁと思ったら読み間違いしていました…orz


気を取り直して戻ります^^;


そしてまた道を間違って国道337号線に入ってしまいますorz
何回道間違えりゃ気が済むのでしょうw


札幌をちょっと出ただけでこんな田園風景が広がるのですが、本降りの雨じゃダメですねぇw

国道275号線


-国道275号線-

京都のチャリダーおススメの国道275号線です。
天気が良ければ海沿いを走ってもいいのですが、雨なので目的地に早く着くことを優先します。

比較的流れが早い国道で、留萌方面まで繋がっています。
基本的に一車線ですが、信号が少ない分流れがいいです。

風景も、これぞ北海道!
っていう景色が続きます。

でも雨の降る強さは相変わらず本降り。
とりあえず道の駅で休憩です。


・道の駅 つるぬま

道の駅 つるぬま


本当にトイレ休憩したくらいw
地図の確認をして出発。

天気が良ければ近くにあった温泉にでも入りたかったのですけどね^^;


今回はちゃんとしたお昼ご飯を食べようと、しっかりとお店探しを開始します。


・ログレストラン フォルテ

新十津川駅の近くにあります。
大きなログハウスが目印で、国道沿いにあるためすぐ分かります。

中もかなりおしゃれなログハウスです。

ログレストラン フォルテ 1


お店のマスターに注文したのはコチラ。

ログレストラン フォルテ 2


そう、地元野菜を使ったカレー。
ルーがトロトロで、じゃがいもがホクホクして美味しい^^

野菜サラダもシャキシャキで、甘みがあります。

時間的にもちょっと早かったので待つことなく、ゆっくり食事できました。
その後続々とお客さんも現れてきました。

後半戦に向けて、準備万端です!


少し走り出すと…雨が小雨になってきました。
なので少し休憩。

緑がきれいです。

国道275号線 2


もう少し進んで雨竜方面へ。
ふと咲いていたひまわりです。

国道275号線 3


進んでいるといきなり現れます。

雨でひまわりも下向き。
進もうとしたら、お客さん。

国道275号線 4


小さいから子どもでしょうか?
いやそもそもおたまじゃくし時代が子どもだから大人なのかな?^^;

ちょろっと進んではこのようにひまわり畑がたくさんあります。


・道の駅 サンフラワーパーク北竜

日本一のひまわり畑があるらしいので寄ってみます。
その数100万本!

道の駅 サンフラワー北竜 1


ちょうど時期的にも開花時期らしく、満開でした。
…天気がイマイチでしたが。

道の駅 サンフラワー北竜 2


見渡す限りにひまわり。
ずーっとひまわり。

展望台から。
…天気よければなぁ。

道の駅 サンフラワー北竜 3

道の駅 サンフラワー北竜 4


昨日もありました、ひまわりの迷路。
雨じゃなかったら入ったでしょう。

道の駅 サンフラワー北竜 5


周りのカップルが気にならない雨の日に入るという作戦もありましたが…

30品種が咲く、ひまわり畑もあります。

道の駅 サンフラワー北竜 6


きれいです♪
天気は残念ですが、それ以上にひまわりを見れたので大満足で先に進みます。


お昼を食べてからちょっと休憩を挟み過ぎたので、分岐点で留萌に通じる国道233号線はノンストップで走り抜きました。
ちょっとしたワインディング、森林の中を走る道です。
交通量も皆無で、走りやすいです。

絶景を見れる場所はなさそうですが。


-国道232号線-

留萌に到着したら、何と雨が止んだ!
脱雨男かもしれないw

ついにライダー憧れの地でもある日本海オロロンラインです。

北海道の日本海沿いを結ぶ国道231、232、道道106号線の愛称です。
天気がよければ国道231号線から走ろうと思っていましたが、雨のため国道232号線から海沿いを経由して稚内を目指します。

特に人気なのは道道106号線なので、そこまでもう少し晴れてくれたらなぁなんて思って走ります。

国道232号線 1


で、初めてみる日本海に感動。
羽幌に住む夫婦に稚内まであと3時間もかからないよ。

なんて言われ、
今日は雨はもう降らないだろう、きっときれいな夕日が見えるよ。

なんてことを言われたので、下がっていたテンションが急上昇!
稚内を目指します。


・ホクレン

記事にすることでもないのですが、初めてだったのでw

ホクレン 1


ここで初のホクレンで給油w
特に記事に書くようなことでもないのですが。


恒例のホクレンフラッグ、買いました。

オジロワシ。
道北のフラッグはこれのようです。

ホクレン 2


フラッグをなびかせ、北へ。


どうやら道北方面は風の流れが早いらしく、天気があたらないことがよくあるそうです。
確かにこうやって写真を撮っているときも雲の流れが早かったです。

国道232号線 2

国道232号線 3


間宮海峡の名前の元になった、間宮林蔵さん。
銅像がありました。

国道232号線 4


走っていたら遠くから徐々に近付いてきました。
風力発電のプロペラ群。

国道232号線 5


でけー
風車を一望できる丘陵があるらしく、マップルによるとすぐ近くにあるとのこと。

探してみました。

・道道1062号線(力昼九重線)

道道1062号線 1

道道もこのスケール!
先が見えない。

…が、いくら進んでも展望がいいところはなく、結局戻ってきました。
近くに林道もあるらしいのですが、雨上がりで泥まみれになりそうなので今回は行きません。


とりあえず見晴らしのよかったところから風力発電所を撮って、先に進みます。

道道1062号線 2



再び国道232号線に戻ります。
雨は上がったものの、晴れ間は見えません。

この辺りから風景も最北端を現すかのように寂しくなってきます。
途中の牧場。

国道232号線 6


またひまわりを発見!
今度は海とひまわり。

国道232号線 7


電線が邪魔ですねぇw

国道でも交通量は少ないです。
ひたすらまっすぐの道。

国道232号線 8


この路側帯?を示す矢印、夜間は点滅するみたいです。
夜は街灯もなく、真っ暗です。

国道232号線 10


-開拓農道町道浜更岸線-

国道から一本外れた農道です。
0円マップルに載っていた電柱もなにもない道らしいですが…。






IMG_0779_20120825164227.jpg


何もない!
これが北海道、本当に何もないです。

ずっと先を見てもひたすら続く直線。
こんな道で堂々と撮影していてもクルマの通る気配はゼロ。

町道浜更岸線 2


町道、恐るべし。


おそらく飛行機の滑走路としても使えそうw
このまま飛べないかなー
電柱もない景色ってのは初めてでしたので、驚きでした。

町道浜更岸線 3



風力発電も見えます。
近くで見るとでかい!

IMG_0785_20120825164227.jpg



このまま曇りなのかなーと思っていたら、手塩らへんで何と夕陽がお出まし。
今までの疲れが一気に吹っ飛びます。

道道106号線 1


-道道106号線(稚内天塩線)-

日本海オロロンラインもついに終着点までやってきました。
最後は道道106号線を走ります。

夕陽を見ながら走ります。

道道106号線 2


ここは北海道ツーリングのメインになるくらい有名。
本当は4日目の朝から走ろうとしたのですが、夕陽がきれいとのことなので走りました。

道道106号線 3


・オトンルイ風力発電所

ここも北海道お馴染みのスポットです。

一列に28基の風力発電が並んでいます。
近くで見ると圧巻されます。

道道106号線 4


空の色が刻々と変化していきます。
さっきまであんなに曇っていたのに。

道道106号線 5


・北緯45°のモニュメント

北緯45°のモニュメント。
誰もいないのでバイクを並べて撮影しても問題なしw

北緯45°


まぁこんな天気に走る人もいないですよね…。


夕陽からチラッと見えるのは利尻富士。
今日は見えないだろーなんて思っていましたが、まさか見れるとは…!

利尻富士



・浜更パーキングシェルター

吹雪を避けるパーキングシェルターです。
モニュメントのすぐそばにあります。

道道106号線 6


冬季は地吹雪がすごいらしいです。
なので防風フェンスのないところでも積雪があまりないらしいです。

道道106号線 7

ちなみにこのシェルター、クルマが通過する度にすごい音がします。
ゴァーって感じのw

結構でかいクルマが来てるんじゃないかと錯覚します(・・;)

先程書いた通り、確かに風は強いです。
そのお陰で利尻富士が見えているわけです。


日没が迫ってきました。
北海道は日の出も早くて、日没は遅い。

道道106号線 8


何だか幻想的な世界にいるみたいです。
日没の間際、最後に利尻富士を。

道道106号線 9


最後の最後できれいに、全部見えました^^

こうやってみるとSRXが照らしているみたい。


ちなみに今まで進んできた道はもう真っ暗。
北上しているので明るいんですね。

道道106号線 10


天気がいい利尻富士も見たかったですが、私的には大満足。
この景色は一生忘れないでしょう。

道道106号線 11


その後は真っ暗な道を走り、稚内へ。
ノシャップ岬の近くにあるライダーハウス フレンドさんに泊まりました。


最北端の温泉に入って、証明書をもらいましたw
一日中雨に降られていたので意外に疲れていたようです。


その日泊まっていたのは同じく神奈川から来たニンジャ250乗りの学生さん。
話すと同じ大学らしく、地元も近いw

大学あるあるトークをして、近くのコンビニでカップ麺を買って、地元の人とお話しして寝ました。
夜は疲れていたはずなんですが、地元の人やニンジャ250乗りと楽しく過ごせたのであっという間に時間が過ぎていきました。

こうして大移動の3日目終了。
ここでせっかく最北端の地に着いたのだから、ということで朝日を見に早朝出発をしますw


それではこの辺で。


走行距離:419km
平均燃費:30.6km/ℓ


つづく

  
関連記事

category: 北海道

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

△top

2012年 北海道ツーリング 2日目 

 

夢のような連休も終わり、会社が始まりました。
そろそろ研修も終わりで本格的に部署に配属になります。

付いていけるか不安です^^;



北海道ツーリング2日目。
珍事を見事くぐり抜け、無事八戸港から北海道行きのフェリーに乗りました。

いよいよ北海道、初上陸です^^

1日目 (神奈川~青森~苫小牧)






8月12日(日) 苫小牧~室蘭~札幌


・苫小牧港

到着は予定通り1:30。
正直この時間に着いても…って感じですが、まぁ無事北の大地に来れたので良しとしましょうw


フェリーを撮っていなかったので、ここで撮ります。
去年四国に上陸したときも真夜中だったなぁ…^^;

苫小牧港 1


川崎汽船のKの文字がカッコいい!
流石にオイル漏れはしないようです。


しかしあんまり実感がありません。
肌寒いのはどこでも同じような気もしますし…

でも看板を見ると…

苫小牧港 2


どうやら北海道に上陸したみたい。。

八戸で給油してもらったときは、センタースタンドを立てていなかったのでちゃんと給油し直しました。
今回はセンタースタンドを立てても、荷物の重みでリヤタイヤが地面に着く仕様。

ガソリンスタンド


ちなみに…切れたワイヤー。
戻し側がありません。

アクセルワイヤー


手前に写っているのが切れた引き側のワイヤーです。
調べてみたら、ワイヤー類はメンテナンスをしっかりしていても切れることがあるそうです。
予備のワイヤーをしっかり今度から持ちます^^;

しかしどうしよう…
って考えていましたが、お昼もコロッケ、夜もインスタント炒飯だったのでお腹が悲鳴をあげています。
なので近くにあった北海道の札幌が本店の全国チェーン店の山岡家へ。


・ラーメン山岡家

味噌ラーメンを頂きました♪
まともな食事ですw

山岡家


ラーメン山岡家


その後は苫小牧にあった漫画喫茶に入って情報収集。
SRX250で流用できるアクセルワイヤーについてとバイク屋について。

あとは天気をチェックして一時間仮眠して、再度出発したのが6:00。


札幌方面に向かえばバイク屋があるとのことですが、時間も早すぎます。
せっかく苫小牧にいるのだから、行ってみたかった地球岬がある室蘭まで向かうことに。

ちょうど登別と室蘭の2つの市街地を経由するのでどこかにバイク屋さんがあるだろうと…。


そんな思いを胸に北海道、初走行開始です!

-国道36号線-

早速…と思いきや太平洋がきれいだったので寄り道ですw
どこでも見れるような景色ですが、北海道にいるということで全く違うように見えます^^

国道36号線 1


波が結構強いです。

国道36号線 2

国道36号線 3


国道36号線と並走している波打ち際のダートみたいです。
走りたいですが…やめておきます。

国道36号線 4


・JR室蘭本線

同じく並走しているJR北海道、室蘭本線。
運よく電車が通過したので撮影。

JR室蘭本線 1

JR室蘭本線 2


線路もひたすらに続いております。
道路はどうなっているのでしょうか?

JR室蘭本線 3


何だか昔の建物?みたいのを発見。

JR室蘭本線 4

サイロでしょうか?
とりあえず分かるのはレンガ造りだってこと。

北海道には日本最古の木製サイロがあるそうです。
場所は苫小牧方面。

JR室蘭本線 5


そして、お待ちかねの道路!
幹線道路ですが、北海道はスケールは違うなぁ。

地平線が遥か向こうに…

国道36号線 5


北海道の道と言ったら、この路肩を示す矢印。
これを見ると北海道の道レベルが急上昇しますw

国道36号線 6


登別市街に近付くにつれ、牧場が広がります。

国道36号線 7


北海道名物のヒグマ?とカニ。
ともに今回のツーリングで登場します。

国道36号線 8


思いのほかスムーズだったため、もちろんバイク屋さんは営業時間ではありませんでした。
せっかくなのでもう少し足を伸ばして室蘭方面へ。

地球岬も行ってみたかったので目指します。


・地球岬


地球岬 1

…が、ご覧の通り霧がorz

この道南方面は霧が発生しやすい地域らしく、天気予報が晴れでも普通に霧が発生するらしいです。
ちなみに濃霧注意報まで出てました…orz

それでも一瞬晴れて…

地球岬 2





なわけないです。
ごめんなさい、看板ですw


本当はこっち。
展望台は真っ白です。

地球岬 3



見事なまでに何も見えない。
視界50mくらい。
天気がよければイルカが見えるくらいの展望らしいのですが、残念。

地球岬 4


でもところどころ咲いているアジサイがきれいでした。

地球岬 5


・トッカリショ

地球岬のすぐそばにある展望台。
室蘭八景の一つらしいですが、まぁここも霧ですw

トッカリショ



諦めて下ります。
思えば深夜にラーメンを食べてから何も食べていないのでちょいと遅めの朝ごはんを食べることに。


・母恋駅

室蘭郷土料理コンクール最優秀賞を取った母恋めしを頂きます^^
駅の雰囲気も好きです。

母恋駅 1


古い木造の駅舎です。
階段で向こう側のホームに行きます。

母恋駅 2


駅名の看板、下のサッポロビールの広告との組み合わせが最高です^^

母恋駅 3


ちなみに日本国内には恋が付く駅が4つあるそうです。
やっぱり恋人の聖地とかになっているんでしょうか?


お待ちかねの母恋めし。
全体的にボリューム満点!

母恋駅 4


貝殻に挟まっておにぎり。
出来立てで美味しかった^^♪

母恋駅 5


待っていたらちょうど電車が。
先ほど国道36号線で撮った室蘭本線です。

2両編成のワンマンカーです。

母恋駅 6



そういえばワイヤーを直すんだった^^;
本来の目的を忘れていました。

室蘭にはバイク屋さんもなかったので、大都会札幌を目指します。
国道36号線をまた戻るっていうねw


-国道36号線-

・イタンキ浜

アイヌ語で、おちゃわんの意味だそうです。
なんだか卑猥に聞こえるのは私だけ?w

ここには太平洋戦争で強制労働させられた中国人の方の慰霊碑がありました。
ちょうど後ろに見えるのが、そうです。

マタンギ 1

マタンギ 2


霧が出ていますが、雨は降りません。
波も高く、サーファーがチラホラと…。

実はこのイタンキ浜、北海道のサーフィンのメッカとしても有名らしいです。
どおりで波が強いわけだ。

マタンギ 3


ちなみにこの写真には写っていませんが、この沖合いにクジラ岩というものがあります。
アイヌ人はあれが座礁したクジラだと思って流れるのを待っていたそうです。

しかし、いつまで経っても流れ着かずに、数日後には薪も底をついたために大切な椀(イタンキ)までも燃やしてしまう。

しまいには全員がお腹を減らして死んでしまった。
そんな昔話があるそうです。

それで地名のイタンキはお茶碗。
つまりクジラを食べるために残しておいたお茶碗から地名が付いたらしいです。

ちょうどいた地元の方に教えて頂きました。
しかも実話らしいです。


たしかにクジラっぽく見えます。
マイナースポットなので人は全くいませんよw


眠くなったので一枚。
道中にこんな人形があったのでびっくりましたw

人形


パッと見がねずみ捕りをしているみたいです。



そうそう、北海道ではすれ違うバイク乗りの方がみんなピースサインです^^
話しでは聞いていましたが、されるとテンションが上がります♪


・EAGLE MOTER CYCLE

札幌方面に向かう途中、やっと見つけたバイク屋さん。
アクセルワイヤーを修理してもらいます。

修理と言いましても、タイコの部分が切れてしまったので新品に交換です。
最初は倉庫にあったSRX600のワイヤーを代用しようとしたのですが、なんと短い!

そこでドラッグスター用の汎用品で代用することに。
戻し側はまだ状態がよかったのでそのまま戻し側へ。

引き側のみ新品になりました。


思わぬ出費になりましたが、急なお願いにも関わらず作業してくれました^^
本当にありがとうございます。


これで安心して旅が再開できそうです!


お世話になったのは国道36号線の途中にあるEAGLE MOTOR CYCLEさんです。

イーグルモーター


札幌を目指します。


EAGLE MOTER CYCLE


・道の駅 花ロードえにわ

朝ご飯がずれ込んだため、昼ご飯もずれ込みます。
休憩ついでに寄りました。

道の駅 花ロードえにわ 1


天気もここらへんでは日が射して、暑くなってきました。
ちょうど平野の真ん中にあるような道の駅で、花がたくさん咲いているきれいな道の駅です♪

お昼ご飯は、かぼちゃメロンパンと

道の駅 花ロードえにわ 2


かぼちゃクリームパン。

道の駅 花ロードえにわ 3


どちらも美味しいですよ^^


道の駅の裏側には庭園が広がっています。

道の駅 花ロードえにわ 4


ふくろうさん。
天気が微妙すぎる…

道の駅 花ロードえにわ 5


かぼちゃの馬車。

道の駅 花ロードえにわ 6


色とりどりの花で賑わっています。

道の駅 花ロードえにわ 7


まだ満開には遠い、ひまわり畑の迷路もありました。
緑色の部分はほぼひまわりです。

道の駅 花ロードえにわ 8


でも時折ひまわりが覗かせています。

道の駅 花ロードえにわ 9

道の駅 花ロードえにわ 10

道の駅 花ロードえにわ 11



・札幌国際ユースホテル

そのまま札幌を目指し、今回の宿へ。
宿は札幌国際ユースホテル。

札幌国際ユースホテル


昨日はフェリーで3時間弱、漫画喫茶で1時間のちょっとしか睡眠できていないのでちゃんとしたホテルで休養を取ろうという作戦です。
中はきれいで、4人一部屋の相部屋です。

韓国から来た父&息子さんと京都から来たチャリダーの方と一緒になりました。
バイクも車庫に保管できるので、都会でも心配になりません。

むしろ次の日が雨と言うことなので、車庫あった方が準備もしやすくて都合がいいです。
早めにチェックインし、夕食を食べるため市街へ。

…が、結構お腹も減っていましたし、札幌中心街まで結構遠いので引き返すことにw
札幌を通る豊平川だけ撮影。

豊平川 1


山が見える方面は、港町小樽。
新日本海フェリーで来ると小樽もしくは苫小牧に到着します。

豊平川 2



帰ってホテルの人に美味しいところを聞いて再度出発w

食べたのはねぎおろしかつ定食。
ポン酢と大根おろしが絶妙にあって美味しい!

ねぎおろしかつ定食


ここは北海道にあるチェーン店のかつ屋さんみたいです。
結構ボリュームもありましたが、10分で胃袋に消えていきました。

何と言ってもご飯と野菜、お味噌汁がおかわり自由なのが嬉しい。


こだわり とんかつ かつ徳


韓国の親子の方々は先に寝てしまったので、京都のチャリダーの方と軽くお酒を飲みます。
サッポロクラシックはどうしてこんなに美味しいのだろうかw

明日は宗谷岬まで行く、と伝えたらお勧めのルートを教えてくれました。
比較的流れの早い、国道です。

彼は何度か北海道にチャリで来ていて、道北から道央まではほぼ走っているそうです。
来年は道南を走りたい、と言っていました。


そんな北海道マスターの彼から色々情報を収集して、明日の計画を立てます。
次の日は朝から雨らしいのでなるべく早めのルートに設定し、就寝。


彼と話していると無性に学生時代に戻りたくなってきますw



ということで初上陸1日目が終了。
したことと言えば、特にありませんが北海道を味わえたので良しです^^

バイクも直りましたし、旅も再開できるのが一番。
明日は最北端の地、稚内を目指して北上します。


走行距離:240km
平均燃費:31.4km/ℓ

つづく




  
関連記事

category: 北海道

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

△top