Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

さよなら ニンジャ 

 

Apeと交換で今度GPZ900Rがやって来るよ

親父からそんなことを聞いて、ひょんなことからやってきたGPZ900Rことニンジャ。
当時我が家にはApeがいて、ちょっとしたおもちゃとして存在していました。車庫の片隅に、週末エンジンをかけたり、ちょろっとメンテナンスしたり、自作のフェンダーレス化したりして楽しんでいました。


そんな中、親父の仕事先の人とバイクの話で盛り上がり、“大型バイクが欲しいんですよね~”なんて話したら“うちも小さいバイクが欲しいんですよね。もし良かったら交換しませんか?”ってな感じで話がまとまり、やって来ることに。


やってきた当時の写真はありませんが、バックステップ、あんこ抜きシート、直管爆音マフラー(デビル管)などなど、バリバリのサーキット仕様でやって来たのでした。
私はそのころ卒業ツーリング卒業旅行、さらにはタイに行ったりと…人生の夏休みを謳歌すべく(笑)、色々と出ていることが多かったのであまり見れていませんが、仏壇カラーのアイツはいつの間にかやって来ていました。


名義変更のため、3月の終わりにニンジャの後ろを付いていくように陸運局へ。
SRX250を自分で登録した時以来だから懐かしかった。

IMG_9868.jpg


これがその当時。
直管マフラーじゃ車検は通らないので、オークションで購入した国内用のマフラーを取り付けました。バックステップ、あんこ抜きシート…前のオーナーがサーキットで使用していた名残が残っています。

こうやってみるとSRX250がおもちゃのように見える…これが大型の迫力かーって思っていました。まさかこの数ヵ月後から自分が乗り回すようになるとは思ってもいませんでしたが…。

IMG_9870_20151227124042435.jpg


当時の私は中型免許しか持っていないので、当然乗れず。

さらに元々中型しか乗る予定しかなかったので、取る気もなかったのですが…せっかく乗れるバイクがあるのだから取るか と社会人になりたての少ない給料をかき集めて教習所に通うのでした。

当時は工場実習の真っただ中で、休みが全く取れない状態でした…(;´Д`)
毎日立ち仕事でのライン業務はかなり過酷でした。これが社会人というやつなのか…!と休日も死んだように寝ていた日々が続きました。


そんな過酷な日々も、工場実習が終わると段々と落ち着き始めます。夏休みで学生が増える前にと、7月に一気に通い8月に免許書き換えが終わりついに乗れるように!

改めて跨りあれこれ確認。教習車のCB750と比べると、重くて取り回しにかなり苦戦したのを覚えています。これを倒したら起こすのはめっちゃ大変だなーとか。。

とにかくパワフルでどこからでも力強い、荒々しいそのエンジンにおっかなびっくり乗っていました。

IMG_1462_20151227124044a22.jpg


当時はエンジンの熱が暑い~とか感じている暇もなく、ただただしがみつきながら乗っていたような…。
それが初めてニンジャに乗った感想でした。

IMG_1466_201512271240466f8.jpg


そんなこんなで始まったニンジャとの付き合いですが、SRX250と同じくらい色々な場所に連れて行ってもらいました。
お別れなので、訪れた場所を振り返ってみます。






箱根 長尾峠

初めて自分の運転で訪れた先は定番の箱根。同じくオフ車から4気筒ネイキッドに乗り替えた高校の友だちを誘って、お互いおっかなびっくりな状態で慣れない車体を右へ左へ走りました。

IMG_1506_20151227162257d70.jpg


静岡 伊豆スカイライン

ブロ友である北塚ユウさんとご一緒に伊豆スカイラインへも行きました。雲の切れ目から見えた光のカーテンがきれいでした。

P1050959.jpg


伊豆 河津

まだまだ寒い2月には伊豆半島、早咲きで有名な河津桜を見に。

6


三浦半島

一眼レフを購入して、会社の同期であるTZR乗りと三浦半島へカメラの練習へも。

7


■ヤビツ峠

直線番長なんですが、ちょっとこういった小回りな峠は難しかったです…(;´∀`)
さらに初めて迎える夏は冷却水がガンガン上がり、エンジンを切る度に冷却ファンが回る始末。。

9


■箱根 乙女峠

会社の先輩とツーリング。周りが大型の最新鋭の中、かつての世界最速機は余裕の走りを見せてくれました。

8


箱根峠

うっすらと白い霧が立ち込める中、箱根へ。段々と取扱いにも慣れてきました。

10


西伊豆 仁科峠

またもや霧が立ち込める西伊豆 仁科峠へ。スピードトリプルが軽くて、同じ大型なのに?とカルチャーショックを受けたことも…(;´∀`)笑

IMG_3536_20151227162302485.jpg


千葉 房総半島

アクアラインを使って房総半島へ。北海道を思い出させてくれるような直線にも出会いました。

IMGP3840.jpg


千葉 外房

年が変わって新年の初走りは房総半島へ。この頃結構房総半島を走るのがブームだったかも。

IMGP4822_20151227124231fde.jpg


当初はアップハンドル仕様でしたが、この時少しの間だけ純正に戻していました。
しかし型式A6の欧州仕様だったので、純正セパレートハンドルは欧州人の体格に合わせているためか少々遠い。なぜ他のニンジャ乗りがアップハンドルにするのかも分かりました。。

多分A6以降の国内モデルだとそんなことないと思うのですが…。

IMGP4859.jpg


福島 磐梯山

宇都宮に3ヶ月程出張に行った際に、バイク成分が足りな過ぎてニンジャを持ってきちゃいました。笑
その時足を伸ばして磐梯山まで連れて行ってもらいました。あの荒々しい景色は今でも忘れられない…!

IMGP7746.jpg


磐梯山を下った時には虹がお出迎えしてくれました。

IMGP7793.jpg


群馬 志賀草津道路

毎年訪れている信州へは志賀草津経由で。ニンジャでも国道最高地点に到達しました。

IMGP7972_20151227124406793.jpg


長野 美ヶ原高原

最終日は快晴の美ヶ原高原へ。アルプスの山々が美しかったです。

IMGP8167_20151227124408a4e.jpg


埼玉 有間ダム

巷で噂の“バイク弁当”を食べるべく、埼玉 秩父方面へ。
この日はクラッチレリーズが壊れて大変でした…(^^;

IMGP8868.jpg


■神奈川 湘南

どんよりとした湘南より。

P3210834.jpg


伊豆 修善寺

梅雨の合間の晴れ間を狙って。天候に振り回された1日でした。

P6061678.jpg


福島 只見

只見へ初上陸。真夏の緑と只見線の車両と。只見で33度だったかな…暑かった…(;´∀`)

IMGP1440_20151227124431f1a.jpg


新潟 六十里越

六十里越を経由して新潟へ。スノーシェッドや洗い越しなど、豪雪地帯特有の山岳道路は面白かったです。

IMGP1482.jpg


長野 毛無峠

日本とは思えないような景色が広がる、毛無峠へ。かつての賑わいを見せた鉱山跡地が見せる景色は独特なものでした。。

IMGP1619.jpg


滋賀 信楽

紅葉を探しに滋賀 信楽方面へ。

IMGP2902_20151227124435ed8.jpg


静岡 新東名

帰りの新東名にて。この辺りから手放す話が出ていたので、ニンジャの走りをかみしめる旅となりました。

IMGP3025_20151227124437495.jpg


箱根 大観山

そして…最後となった箱根。ラストランにふさわしい快晴でした。

IMGP3720_20151227124443fe9.jpg

IMGP3788.jpg



エンジンには転倒傷?のような削れた跡がありますが、乗っていた間は全くのノートラブル。
どこからでもトルクがあって、長い距離を走るのにはちょうど乗りやすかったです。

IMGP3772.jpg


やる気にさせてくれるコックピットは、メーターが260km/hまで。実際何キロ出るのか…知りたいけど、多分あっちの世界にいっちゃいそうなのでできませんでした( ノД`)笑

IMGP3762_20151227124444c04.jpg


DOHC 16-VALVEと刻まれたエンジン。世界最速という頂点を獲るために作られたこのバイクは、時に速く、時にゆっくりと景色を楽しむ走りにも対応してくれました。私はどちらかと言うと景色を楽しみつつ、ゆっくりと走る派なのですが、そういった運転でも楽しむことができました。

IMGP3764.jpg


夏場は特にこのエンジンか発せられる熱に散々苦しめられましたが…(;´∀`)

IMGP3807.jpg


車検対策で戻した国内用純正マフラー。2本出しのスタイルのリアビューはかっこいい。今では随分と細く見られるリア18インチのタイヤと良いバランス。

IMGP3808_201512271244565d9.jpg


やってきた当時からフェンダーレス。そのおかげでリアビューがすっきりしていたので、結構お気に入りでした。旅バイクとしても優秀なニンジャは、ツーリングフック、ヘルメットロックが2個着いているので旅をする際にはとても重宝しました。

IMGP3817.jpg


カウルは風を切り裂くようなエッジの効いたデザイン。私はこのデザインが好きで、どこから見てもカッコ良いと思います。
今でも多くのニンジャが走っていますが、何年経っても色褪せないデザインにはついつい目で追ってしまいます。

IMGP3777.jpg





お別れの理由は乗る機会が少なくなって来たことと、取り回しに苦労することが多くなってきたことだと言っていました。

乗りだしてしまえば軽い車体も、降りると鉄の塊…重い…!ちょっと乗る時や停車位置も少し気を使う必要があります。多分倒してしまったら起こすのはかなり大変…。。
自分で取り回せないとなると何かあった時に苦労しますし…。


私は実家に戻った時や長距離走る時に借りていましたが、毎月活躍するわけでもありません。もちろん毎週エンジンはかけていますが、親父もあまり乗らなくなったこともあり手放すことを決意。

やっぱり取り回しが重いと一度感じてしまうと、乗るのすら億劫になってしまいますしね。。私が所有することも一案あったのですが、アパートの駐輪場に雨ざらしで置いておけばいつの日か不調になってしまいます。
実家に置いておくより状態が悪くなるのは目に見えていますし、SRX250があるとなるとたまーにしか乗ってあげれない…そう考えると、やっぱりバイクにも良くないですし…。


ただバイクに乗れなくなったわけではなく、むしろまだまだ乗るようなので、最期にもう少し気軽に乗れるバイクを探し、次の相棒を見つけたため手放すことになりました。
やっぱりバイクは走るモノであって、走らせてくれるオーナーの元にいた方が幸せかなーって。いつまでも所有していても、動かさないと不調になってしまうでしょうし。。


そんなことがあり、我が家の長距離スプリンター ニンジャは手元を離れることとなりました。

今でもニンジャと言えばこのバイクが真っ先に浮かびます。最近のカワサキ車はニンジャブランドがよく使われていますが、やっぱり自分の中ではこのバイクこそがニンジャだなーって思います。


そんな名車と呼ばれるニンジャに、偶然ですが乗ることが出来てとても幸せでした。
我が家にやってきた4年間、大型の楽しさを教えてくれた初めてのバイクでした。もちろん取り回しの難しさや冷却水漏れ、オイル漏れなど…マイナーなトラブルこそありましたが、それも含めてお気に入りの1台です。

大型免許に出会わせてくれたのもコイツで、色々と影響を受けてきたなーって今でもよく思います。
大きな車体、エッジの効いたカウル、すぐにオーバーヒート気味になるエンジン、今でも街中で見かけるとずっと目で追ってしまうほど、洗礼されたデザイン…全て含めて最高の1台でした。


こうやって振り返ってみると、たくさんの場所に連れていってくれたニンジャには感謝の言葉しか出てきません。


さよなら というよりは、感謝の言葉を伝えて締めくくろうと思います。

たくさんの想い出をありがとう!




おわり

  
スポンサーサイト

category: 番外編

thread: バイクとの思い出 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

ウルトラマンスタンプラリー その2 

 

最近は暖かくなって、オーバーパンツを履かなくても通勤ができるようになってきました。
今週にはいよいよ関東にも桜前線がやってきるようで、本格的な春まであと少しとなってきました。

今年の冬 山手線を中心に開催されたウルトラマンスタンプラリーも、2回目にして最終回ですw
前回行けなかった常磐線エリアを中心に制覇してきました。


まずはいつも通り東京まで出て、そこから上野で常磐線に乗り替えます。常磐線ですよ、常磐線。
目指すはスタンプラリーの最東端に位置する、取手駅。茨城県まで小旅行です。


・松戸駅

常磐線の快速待ちの間にスタンプを…ってことで途中駅である松戸駅で降りました。
駅ビルにもでかでかとスタンプラリーの文字があります。今日は残念ながらシトシトと小雨な天気です。ほとんど外には出ないのですが、やっぱり晴れてほしかったなぁ。

松戸駅 1


松戸駅…おそらくスタンプラリーがなかったら来てもないでしょう…笑
ここでヒドラを制覇。

松戸駅 2


意外にもスタンプを押す人が多くて快速に乗れずっていうオチでした…。さらに間違えて東京方面に乗ってしまい、戻るはめに…。初っ端から何をやっているんだか(ノД`)・゜・。


気を取り直して、一気に取手駅を目指します。ここもスタンプラリーをやっていなかったらおそらく降りもしなかったでしょう…。


・取手駅

取手駅 1


常磐線と関東鉄道が乗り入れる駅です。ここでゴルドンを制覇。最東端だから何かあるかなーと思っていましたが、普通の駅でした。(^^;
まぁそりゃそうか。

取手駅 2


知らない地名が連なると何だかうれしい。遠くまで来たなぁと、一人しみじみ。

取手駅 3


都心と違い、次の列車まで時間がかかるのでゆっくりと駅構内を探索。
関東鉄道が乗り入れるこの駅、ちょうど運よくキハ2300がやってきました。かっこいいなぁ。

取手駅 4



一度は訪れてみたいと思っていたので、この機会があってよかったです^^
この関東鉄道は味のある木造駅舎が多い路線としても有名らしく、今年はどこかの駅に訪れてみたいです。


次の駅には各駅停車でないといけないので、おそらく20分程度駅にいたのでしょうか?
そんなに苦痛にもならず、次の列車に乗り込みます。さぁここから都心に戻りますよ。


・我孫子駅

ウルトラQでも有名、ガラモンの登場。
我孫子(あびこ)って最初は読めませんでした…。

我孫子駅


・北柏駅

セブンのカプセル怪獣、ウインダム登場。この辺りの区間は次の列車の到着まで約10分間隔。ゆっくりと駅構内をブラブラついたりして時間を潰します。

北柏駅


ただ一つ、この取手区間、金町までは都区内パスの区間外…。つまりいちいち払わないといけないんですね。一駅に大体160円くらいを払いつつ、スタンプを集めます。
都区内パスの範囲にしてくれなかったのは…なぜ?(^^;


・柏駅

ギャンゴ登場。
確か水に弱かったなぁ。今日は雨なんで、きっと苦しむだろう(謎)

柏駅


・南柏駅

自在に羽を操る、ジェロニモン登場。ここまで来ると戻ってきた感じがあります。

南柏駅 1


南柏の駅前は開けていました。この辺もきっとスタンプラリーをしていなかったら訪れることのない、そんな駅でしょう。新しい発見がある列車旅もいいですね(^^ゞ

南柏駅 2


・新松戸駅

新松戸まで帰ってきました。タッコングを制覇。ここで武蔵野線に乗り替えて南流山へ向かいます。

新松戸駅


・南流山駅

やってきました、ウルトラヒーローの最後はウルトラマン!
やっぱり初代が何だかんだで一番好きです。

南流山駅 1


南流山にはところどころにウルトラマンが。全面的にアピールしていました。宝物にしていたウルトラマン人形、確か宝箱に入れてあったような。
今度実家に帰ったら探してみよう。

南流山駅 2


・馬橋駅

新松戸まで戻って、馬橋駅へ。悲劇の怪獣、ジャミラを制覇。
このストーリーは泣けるお話です…(ノД`)・゜・。

馬橋駅 1


この馬橋駅は流鉄が乗り入れる駅でもあり、総延長5.7kmととても短い路線だそうです。黄色ベースの車体ベースに黄緑のカラーリングが鮮やかです。
今日のシトシトした天気に映えます^^

馬橋駅 2


・金町駅

金…カネ…

と言うことで、カネゴン登場。ダジャレですが、こういった遊び心があると回っているこっちも楽しくなってきます。
今でも人気のあるカネゴン、色々なカネゴングッズのあるスタンプ台がお出迎えしてくれました。

金町駅


・亀有駅

亀…カメ…

今度は亀つながりで、亀有駅のガメロン。ダジャレで続くとは…(^^ゞ

亀有駅 1



ちょっと改札を出た先には、国民的漫画のこち亀の両さんが!
両さんも応援してる、もう少しでゴールなので頑張ろう。

亀有駅 2


・北千住駅

北千住駅ではバット星人。残るは1駅!

北千住駅


・三河島駅

最後の駅は…メフィラス星人!
ウルトラマンと引き分けしたあの怪獣がラストです。

三河島駅


どうにか2回で全ての駅を回れました(;´∀`)

…原宿や新宿のようなメジャーな駅に回っていませんが、これには訳が。。

…実は今回は一人で全て回っていません。
と言うのも、親父が東京に勤めていたり、妹が原宿に用事がある際に…ってな具合に家族にちょっと協力要請をしていたので全て回っていないのです(^_^;)笑

いかにも一人で回った…みたいな感じですが、すみません違います(ノД`)・゜・。笑
今は都心から離れた場所に住んでいますし、スタンプラリー期間中にちょうど実家に帰ったついでにお願いしといたって感じです(^^;


ズルしてすみません(^^;


…と言うことで、全てスタンプが集まったので東京駅へ戻ります。
雨も止んだので、改装された東京駅を収めてみます。レトロな外観の後ろにちょこっと見えるのは最新のビル。旧と新が混ざりあったなんとも不思議な感じ。

東京駅



最後に全駅制覇したスタンプをもらっておしまい!
戦い終わったスタンプ帳はボロボロになってしまいましたが、中には集めたスタンプがぎっしり。

スタンプ帳 1

スタンプ帳 2

スタンプ帳 3

スタンプ帳 4


最後はウルトラ警備隊の隊長である、ゾフィー。
こう思うと何だか久々の列車での小旅行、かなり楽しかったです(^^ゞ

スタンプ帳 5


久々の列車旅行、いや旅行と言うにはちょっと違うかもしれません。
車窓を眺めながら、変わる景色を楽しむ そんなゆっくりとした時間を久々に過ごしたように感じます。何も考えずにボーっと乗っている時間はかなり贅沢でした。

JR東日本さんも面白い企画をしてくれたので、スタンプラリーを楽しんでいる間も、昔の自分の中でのウルトラマンブームが思い出されて懐かしかったです。
親子連れ意外にもカップルや同い年くらいの人、それから当時リアルタイムで見ていた世代の人など様々な人が楽しんでいました。世代を超えて愛されてヒーローだなぁとより実感した2日間でもありました。

また次回企画されたらきっとやるんだろうなぁ。。


小さいときの気持ちを思い出した、そんな小旅行でした。



オマケ

駅によってはかなり力を入れている場所もあり、スタンプラリー以外でも楽しませてもらいました。
これは大崎駅にあったポスターです。

大崎駅


これは…!笑

と見た瞬間に思いました。しかも駅校内のアナウンスがバルタン星人だったり。。


他にも浜松町駅のしょんべん小僧がウルトラマンのコスプレをしているなど、色々と楽しませてもらいました。

これを書きながらウルトラマンのブルーレイを買おうか迷い中な私。


次回は本来のブログネタに戻って、バイクネタです。
久々に登場、SRXに関する小ネタ…いや大ネタかもしれません。


おわり

  

category: 番外編

thread: 鉄道の旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

ウルトラマンスタンプラリー その1 

 

以前書いたウルトラマンスタンプラリー。
期間が2/28までなので、既に終わってしまいましたが、2月の休日を使ってちょこっと挑戦してきました。テレビや新聞でも取り扱われている大人気なこの企画。私も例によってブームに乗っかった形です(^^;笑


スタンプラリーって言ったら幼稚園から小学校にかけて、東急線のスタンプラリーをやった以来です。あれは毎年夏に開催されていたので、よく夏休みに連れて行ってもらいました。
今でもそのスタンプ帳は大事にとってあります。

これが私の電車好きの原点…といっても過言ではないかもしれませんね。

1日じゃ回り切るのにかなり苦労するとの情報があったので、今日はとりあえず回れるところを回るという作戦で。
かなりマニアックな内容ですので、あしからず…(^^;笑





早速スタート。
今回の旅の始まりは蒲田から。この日はまだ2月と言うことで、吐く息も白ければ風も冷たい。
でも寒さに負けてはいられません(謎)


・蒲田駅

蒲田駅 1


今日は朝から寒いものの、天気は快晴。スタンプラリーにはもってこいの気候です。羽田空港が国際化してからますます需要のある蒲田駅。


そこで待ち受けていたのは…そう、ウルトラマンの最初の敵であるベムラー!
こういう具合に改札の外にスタンプ台が設置されています。

蒲田駅 2


なので一度電車を降りて改札を出る…ので、都内フリーパスという無敵のチケットを750円で入手。これで一部区間を除く大体のエリアは回れます。


まずは記念すべき最初のスタンプを押し、北上開始。


・大森駅

続いてサドラ。帰ってきたウルトラマンのキャラクターですね。
こうやってスタンプ台には解説が書いてあり、さらに駅からのメッセージまで添えられています。

大森駅


・大井町駅

続いて大井町。
セブンのカプセル怪獣であるミクラスの登場。まさにポケモンの元祖ですね。怪獣がウルトラマンの味方という斬新な設定で、人気もあります。

大井町駅


・品川駅

いよいよ山手線へ。
ウルトラQに登場したリトラがお出まし。

品川駅


・田町駅

続いてウルトラQの異次元列車。この辺は見ていないので分かりませんが、とりあえず今見ている最中です。笑

田町駅


・浜松町駅

ついにヒーローも登場!
帰ってきたウルトラマンです。ここには帰ってきたウルトラマンが飾られていました。

浜松町駅


乗っては降り、乗っては降り、、普段はしないような久々の感覚?に昔の血が騒ぎますね…(^^ゞ
それとゆっくりと列車に揺られるのも久々だったりします。割とバイクやクルマの出番が多い私にとっては列車は好きでもあまり利用しなかったりします。

列車旅と言えば自然の風景がお似合いかもしれませんが、今日はコンクリートジャングルを走る山手線です。都心の目まぐるしく変わる景色も結構好きです^^

山手線 1


・新橋駅

続いてもヒーローです。40年経った今でも大人気、ウルトラセブン!
新橋駅でスタンプラリー挑戦者を見守っていました。

新橋駅


このウルトラセブンのスタンプは計7駅で競い合ったそうです。抽選の結果、新橋駅が勝ち取ったと新聞に書かれていました。駅からのメッセージもウルトラセブン駅長と凝っていたのが印象的でした。


・有楽町駅

続いてはギガス。
選んだ理由は、駅員にギガスに似ている人がいるからだとか。そういった理由もまた面白いですね(^^♪

有楽町駅


緑色の山手線を使ってゆっくりと駅旅行。日曜ということで人もまばらでした。スタンプを押して、帰って来るころにちょうど列車が来る…という山手線の早い運行時間により案外サクサク進むもんです。

山手線 2


・東京駅

日本の大動脈、東京駅。改装されてから何度か訪れましたが、美しいですね。
この天井を見ていると…何だか怪獣に見えてきます…

東京駅 1





ベムスター!
そういや体の中心が何となく似ているような…(^^;笑

東京駅 2


・神田駅

神田駅はガンダー。
…えーっと、完全にダジャレですね。同じような感じで怪獣を選定した駅が他にもありましたよ。

神田駅 1


ちょうどお昼時だったので少し外を出てみましたが、これといったものがなかったので再びスタンプラリーに戻りました。神田駅ってこんなところにあるんだなぁ。

神田駅 2


・秋葉原駅

聖地 秋葉原にはザラブ星人。

秋葉原駅 1


ちょっと休憩がてらブラブラしようかな~と思っていたら外国人のキャッチに捕まりそうになったので、足早に撤退しました(;´∀`)
秋葉原は中央線も乗り入れているので、ここから気分を変えて横切っていきます。

秋葉原駅 2


・御茶ノ水駅

エリ巻怪獣 ジラース。このエリ巻をウルトラマンに剥ぎ取られたシーンを今でも強烈に残っています。。

御茶ノ水駅 1


中央線は大学のオープンキャンパスで訪れた以来かもしれません。
山手線と比べると列車の運行間隔は少し眺め。せっかくなのでちょいと駅を出てブラブラと。中央線と言えばこの川沿いの景色がたまらなく良い(=゚ω゚)ノ

御茶ノ水駅 2


・水道橋駅

水道橋でマグネドンを制覇。駅によってはコーンで誘導されている場所もありました。

水道橋駅


・飯田橋駅

セブンの敵として人気のあるエレキングがいました。

飯田橋駅 1


この飯田橋は一つのチェックポイントでもあり、その時点で10個スタンプを集めていると記念品を頂けます。ちょうど10駅を達成していたので、記念品を交換するためにベッカーズ飯田橋東口店へ。

記念品は特製のメンコ。ここも年代を狙った商品ですね~。
せっかくなのでそのついでにお昼ご飯を食べて、エネルギーを補給します。スタンプ帳を眺めながら、次はどこに行くか考えつつ。。

同じようなことをしていた家族連れもいました。結構本気になっていたのはやはり親父さんの方ですよね(^^ゞ

飯田橋駅 2


・市ヶ谷駅

まだまだ続きます、市ヶ谷駅。この辺は未開のウルトラQシリーズ。

市ヶ谷駅


・四ツ谷駅

あのバルタン星人の衣装の元は、このセミ人間だったそうです。
ちなみにこれが選ばれた理由は、四谷ゼミから来たのでしょうか…?(^^;

四ツ谷駅


・信濃町駅

信濃町ではレッドキング!
有名どころな怪獣が結構出てきますね~

信濃町駅


黄色い中央線に乗って、さらに進みます。

中央線 1


・千駄ヶ谷駅

千駄ヶ谷に到着。待ち構えるのはツインテールでした。

千駄ヶ谷駅


・代々木駅

代々木駅はペギラ。ペンギンから作られたユニークなキャラクターですね。まぁペンギンが突然変異をしたからそうですよねw
ウルトラQは“もしも自然界のバランスが崩れたら”がテーマなので、こういった突然変異の怪獣が出てきます。

代々木駅


・新大久保駅

こちらも人気のあるピグモン。
レッドキングにやられてしまったりと、ただ怪獣を倒すだけでなく様々なストーリーがあるウルトラマン、何度見直しても面白いなぁとスタンプラリーをしてつくづく思いました。

通りがかりの人も あ、ピグモン!と言ったように年代を問わずに知られているんだなぁとも思いました^^

新大久保駅 1


韓国の街 と言うことで、駅前にはハングル文字がでかでかと!

新大久保駅 2


ここで中央線を使って西の駅を制覇する作戦を実行するため、一気に中央線へ西の果てである西荻窪を目指します。


・荻窪駅

ちなみに西荻窪へは普通でないと行けないので、荻窪駅で乗り替えます。まぁついでにスタンプもってことで。

荻窪駅


・西荻窪駅

ついに到着、西の果て西荻窪駅。隣は住みたい町No.1である吉祥寺です。
行ったことがなかったので、吉祥寺へ…と思ったのですが都内パスは西荻窪まで…orz
うまいことできてるなー…(^^;

気を取り直して西の最果てのスタンプへ。

西荻窪駅 1


そして待ち受けていたのは、、

西荻窪駅 2


ウルトラセブンの宿敵 キングジョー!
セブンが自力で倒せなかった宇宙ロボットです。最果てにふさわしい?怪獣ですね…(^^ゞ


・阿佐ヶ谷駅

そこから普通で新宿目指して一駅ずつ制覇していきます。阿佐ヶ谷駅でガッツ星人。

阿佐ヶ谷駅


・高円寺駅

高円寺駅ではニセウルトラマン。セブンシリーズが続きますね。

高円寺駅


・中野駅

ウルトラマン 亡霊怪獣 シーボーズ。
単純に悪役を倒すだけじゃなくて、時には救ったり。

中野駅


・東中野駅

東中野まで戻ってきました。山手線と比べるとスタンプに並ぶ人が少なくてスムーズに押せました。

東中野駅


そしてここから山手線を使い、今度は北上します。


・板橋駅

前編・後編で放送されたゴモラがお出まし。後ろにいたカップルがかなり楽しそうでした。そういえば結構カップルで回っている人がいましたね。
もの好きな彼女さんでないときっと一緒に回ってくれないだろうなぁと。。笑

板橋駅


・十条駅

十条駅ではゴドラ星人。

十条駅


・赤羽駅

やってきました、赤羽駅。西の果てから北まで。結構移動したもんです。
そろそろ日没も近付いてきていたので、後は戻りがてらに寄るのみにしましょう。

赤羽駅


・東十条駅

カプセル怪獣 アギラ。カプセル怪獣でも知的で可愛い存在でした。
眠そうな顔もそんなチャーミングポイントの一つかなと(^^♪

東十条駅


・王子駅

王子駅ではメトロン星人。
ちょうど夕焼けだったので、あの有名なちゃぶ台のシーンが頭に浮かびます…。

王子駅


・田端駅

ウルトラQ 悪魔ッ子 リリー
んー見てないので何とも言えない…(^^;

田端駅


・西日暮里駅

ここまで来ると帰ってきた感があります。西日暮里駅。待ち受けていたのはダダでした。何故だか知りませんが、この駅のスタンプは大分並んだような?

西日暮里駅


・日暮里駅

ゲスラ。今でいうゆるキャラの分類に入るであろう、可愛い目です。確か駅からのメッセージにもそんな事が書いてあったような…。

日暮里駅


・上野駅

上野駅はシーゴラスでした。上野駅は社会人の初めてのお休みにを見に行きました。
かなりの人ごみだったので、何故か東急多摩線に乗って桜坂を見に沼部駅に行きましたが(;´∀`)笑

上野駅


・御徒町駅

本日の最後の駅、御徒町駅に到着!
そして、最後にふさわしいあの怪獣が待ち受けていました。




御徒町駅 1


ゼットン!
宇宙恐竜としてその名を馳せた、最強の怪獣。ペポポポポポ…という音も何だか不気味でしたね。

そして駅にあったポスター。

御徒町駅 2


おぉ、その通り…。何だかこんな感じにたくさん貼ってあって面白かったですw
ベムラーで始まり、ゼットンで終わる…狙ったわけではないのですが、いい具合に終了。

日曜ですが外は多くの人でにぎわっていました。

御徒町駅 3


山手線を中心としてゆっくりと駅巡りを堪能した1日でした。
普段は見ないような景色を楽しめたり、ゆっくりと車窓を眺めたり、スタンプラリー以外もかなり楽しめた1日でした。ただスタンプを集めておしまいかな~と思っていたのですが、列車で出掛けることの楽しさを再発見できた1日でもありました。


普段は携帯をいじったり、本を読んだり、寝たり、、
ゆっくりと列車に乗るということに離れていたので、とても新鮮だったということもあるかもしれませんが、程よい疲れと充実感でした。


番外編 ウルトラマンスタンプラリーに最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m
実はもう一回行っているので、その続きをそのうち書こうと思います。。。


つづく

  

category: 番外編

thread: ぶらり旅 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

カートに乗ってきた 

 

たまの休日くらいゆっくりとしたいところですが、せっかくなら思い切り遊ぼうとのことでカートに乗ってきました!
初挑戦ですが、結構気軽に走れるとのことだったので参加しました。


場所は平塚。
日産車体さんやらの工場地帯にあるカート場です。

前日の土曜から梅雨入りとのことでしたが、ご覧の通り快晴!
コースはタイヤとコーンで作られた簡単なものです。

この時間(14:00くらい)はそうでもなかったですが、暗くなるにつれて峠を走っているようなクルマが集まりました。

カート 1



グループパックという団体用のパックで申し込み。
走行は18:00からだったのでそれまで近くの馬入公園で遊びました。

キャッチボールやサッカーなんてしました。
なんて充実した休日w

しかしいいところです。

馬入公園


バスケなどして体をアップして…の予定が想像以上に体力を消費した状態でカートへw
なんだか天気が怪しくなってきましたが、雨は降りませんでした^^;

カート 2


ちなみに今回は会社の同期と行きました。
シビック、RZ50、JOGそしてSRX250という組み合わせw

カート 3


RZはいい音してました。
大学の友達が昔乗っていました。

2ストイイね!



順番になるまで走行を眺めます。
4スト200ccエンジンを搭載したギア無しのカートです。

カート 4


ヘルメットとグローブ(いぼ付き軍手でも可)があれば誰でも参加できます。
結構小さい子どもも走ってました。

カート 5


こんな具合に始まります。
自分達も予選10週、決勝10週でやりました。

カート 6


説明を受けて、いざ走ります。
右足がアクセル、左足がブレーキの簡単な操作だけです。


…が、意外と難しい。
ブレーキは強く踏むとすぐロックします。

カーブの途中でやったら即スピンですね。
加速はそこまで機敏ではないですが、体感速度が速いのでむちゃくちゃトロイわけではないです。

またハンドルもパワーステアリングなんていうナウいものはもちろんないので、重いです。
そして何より振動がw


SRX、DTの単気筒による振動で慣れたはずですが、これはまた違った振動w
揺れがすごかったです。

ガソリンタンクがちょうどバイクみたいな位置にあるのでニーグリップを駆使して、身体が振られることはなかったですが横Gがすごい^^;

カーブを全開で走っているとすごいです。
+振動で吹っ飛ばされるんじゃないかって思うくらいですw

それからタイヤが滑る滑る。
しっかり減速して入る、といった基本をしっかりやらないとスピンします。



私は決勝でやらかしましたorz

それでも結果は5人中2位で終わることができました。
タイムは34秒台。


BEST LAPは34.803秒
ちなみに結果表だと34秒台はコーナーリングをしっかり行い、コーナーリングスピードを意識して走ろう!
とのこと。

次回の参考にしましょう^^;


今回一緒に走った一位は、なんと32秒台。
差は2秒か…大きい。



といった具合です。
正直色々と書きたかったのですが、とりあえずこの辺で。

次回行ったときにまた詳しく書こうかと思います。
(いつになるか分かりませんがw)



最後は表彰台で表彰式。
トロフィーは貸してくれます。

カート 7


そしてシャンパンファイトもできます。

カート 8


速度を気にしないで思いっきり走れるカートは最高に楽しいですよ。
これを機にバイクでサーキットも走ってみたいですね。

F-1 DREAM平塚



ただ振動によって次の日握力がなくなり、身体が筋肉痛になったのは言うまでもありませんw



おわり

  

category: 番外編

thread:  - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 6

△top

車検 

 

朝から雨が降っております。
昨日は暖かかったのに、今日はかなり冷え込んでいます…

なので家で仕事の疲れを取っています。

以前にも書いていた貯まっていた記事を少しずつ消費しようかと…
まずは車検についてです。


SRX250はもちろん250ccなので車検はありません。
あるのは、それ以上の排気量になります。

…で、どのバイクの車検かと言うと、
ひょんな事からやってきた親父のバイクです。

元々APEがうちにはあったのですが、それと交換でやってきました。


なので整備して車検場へ行きました。
車検に対応させるため、純正マフラーに戻し、光軸調整を予備検査場でやってもらいました。

あとはもろもろ整備して向かいました。


車検場に来るのはSRX250が手元に来たとき以来です。
この日は天気もよくちょっとしたツーリングでした。

車検場


後は所有者の変更、ナンバーの返却、ナンバーの受け取り…
書類関係を片付けていざ車検ゾーンへ。


ユーザー車検なので自分らで全てやります。
…まぁ検査場の人が付いてくれますけど(笑)



一番不安なところでしたが、あっけなく終了。

音量検査はなく、制動灯、光軸と速度計の確認…
覚えている範囲ではこんな感じでした。


とりあえず10分以内に終了。
特に問題なく車検終了。


新たなナンバーを取り付けて、終了!




さて、そのバイクなんですが…

KAWASAKI GPZ900Rです。

写真は車検後です。

GPZ900R


A6という型らしく、前16インチ、後18インチの最終仕様のやつらしいです。
ちなみに元のオーナーさんがレース用に所有していたものらしく、エンジンもいじってあるそうです。

海外仕様らしく、サイドカバーの内側には英語の注意書きステッカーが貼ってありました。


GPZ900は元々セパハンですが、バーハンドルに変更されていたり、
バックステップが装着されています。

たしかスクリーンも社外のレース用が着いていたような…


SRX250と比較しても分かる通り、当たり前ですがでかいです…。
自分は免許を持っていないので乗れませんが、またいだ感じもなにもかもがでかいです…。

そりゃ免許取得から単気筒ばっかり乗っていればそう感じるかと思いますが…^^;



でも、単純にカッコいいです^^
名車と言われるだけあります。

自分にとっては初のカワサキ車ですが、やっぱり男のバイクって感じがしますね。
荒々しさが全面に出ていてます。

多くの人が乗っている意味が分かるような気がします。
…まだ乗っていませんがw


ということで我が家に大型バイクがやってきたお話でした。
免許がないのでまだ乗れませんが、これで大型免許を取らなければならない状況に…


いずれ取ろうと思っていたので、これを機会に取ろうと思います。


…なのでそのときにこのバイクのインプレでも書こうと思います。
目標は8月かなぁ。

高速移動が楽しくなりそうですw



おわり

  

category: 番外編

thread: バイク - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 6

△top