FC2ブログ

Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

汎用レリーズ 

 

私の愛機、PENTAX K-30には数多くの汎用品というものが存在していて、レンズフードは汎用品を使っています。
汎用品でも何の問題なく使えていますし、こういった中華製って好きなんでいつも好んで買ってしまう曲がった性格です。笑

今回も例に漏れず、汎用品に手を出してしまいました。
タイトルにあるレリーズです。夜景撮影や花火など、手の振動を伝えたくない、シャッターを長く開けたい…といった場面で活躍します。有線の遠隔式のスイッチと言えば分かりやすいですかね。


汎用式の良いところは、純正品の何と1/4の値段で購入できるところです。インプレを読むとスイッチの節度感がイマイチという声が多かったですが、押せればいいので特に気にしません。
よって、購入。笑


外観はオシャレな箱です。

1


開けました。特に説明書はありません。レリーズだけが入っていました。

2


この端子を差し込めば使えます。不安なのは、ちゃんと動くかどうかです。節度感よりもそこが大事なんです、汎用品は。

3


K-30に装着してみました。
問題なく入り、作動もしました。インプレで上がっていた節度感ですが、ほとんど気になりませんでした。

4


純正品と同じ性能で1/4の金額で購入できるのであれば、大満足です。多分純正品は“PENTAX”というロゴが入るから高いのかなーって思います。
手に握るモノなんで、そのうちロゴも剥がれ落ちてしまうかもしれません。そうであれば、最初から無い方がスッキリしていて良いかも、と思ったり。





最後にこのレリーズを使って撮影した写真を何枚か。
出来はレリーズとは直接関係ないので、悪しからず…(^^;

5

6

7

8

9



もうすぐ夏なので、花火の写真をチョイスしました。早く梅雨明けないかなー


おわり
スポンサーサイト

category: PENTAX K-30

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

△top

TG-850 カメラケースと保護フィルム 

 

久々にカメラネタです。
新しいコンデジとして購入したOLYMPUSのTG-850ですが、それを入れるケースの紹介です。実はこのカメラを購入してから結構カメラケースをどうするか迷ってました。
ちなみにTG-850を購入してから2年以上経過していますが、その辺は気にしないでください。笑


やはりコンデジなので、取り出しやすさ、コンパクトさが大事かなーと売り場で色々吟味しました。TG-850はコンデジの中でも割と大きいサイズなので、探す際はちょっと苦労しました。

悩んだ挙句に、こちらをチョイスしました。


■HAKUBA デジタルカメラケース ラック カメラポーチS ブラック SDP-LC-CPSBK

HAKUBA製のカメラケースです。シンプルな構造なものにしました。

1


マジックテープで開け閉めできるタイプです。自分的にここが今回購入に踏み切った大きなポイントだったりします。
ファスナー式だといちいち出し入れが面倒だなぁと思っていたのでマジックテープ式を探していました。ですが、探してみると結構無くて苦労しました。
今はファスナー式が主流なんでしょうかね。

2


カラビナも着いているので、合わせて使えます。
中はクッション素材で出来ているのでケースとしての機能も充分。

3


ベルト通し穴も着いてます。カラビナと使い分けできるのがまた嬉しいです。ポケットに入れたりすると、それまた出し入れが面倒なので。笑

4


■反射防止フィルム(マット)

コンデジなので、液晶画面の傷付き防止用としてフィルムも装着しています。
水の中でも使えるタフネスコンデジなので、汎用品だと剥がれてしまうようです。ネットでしか販売していませんでした。

5


マット調が好みなので、そちらを選択。ツルツルしているのもありました。

6


■オマケ

梅雨時期ということもあり、カメラボックスの防湿剤を新調しました。

7


湿度はカメラの敵なので、小まめに替えないといけないんですが…すっかり忘れてました。(^^;
振ってカサカサ音がしなくなったら替え時です。

8


上段の小物入れにも入れときました。

9


コンデジネタでした。
購入してから2年経ちますが、今のところケースもフィルムも問題なく使えています。マジックテープが少し弱くなった感がありますが、それでもしっかり固定してくれているので問題ありません。

また次回買う機会があれば同じものを検討しようと思います。


おわり

category: OLYMPUS STYLUS TG-850

thread: ★カメラ&レンズ・機材 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

△top

純正風レンズフード取り付け 

 

旅の相棒として旅で大活躍中のデジイチことK-30。
以前から汎用品のレンズフードを取り付けていましたが、どうしてもレンズをズームしないとケラレが発生してしまいます。距離を取れば特に気になることでもなかったのですが、やはり距離を取れない場面がどうしても生じてしまいます。


このレンズフードは汎用品ですが、レンズキャップも装着しやすくて気に入っていたのですが…せっかくなので純正のレンズフードを取り付けてみることに。


ただ、その純正のレンズフードが高いのなんのって。。
だからタイトル通り“純正風”を購入しました。笑
期待を裏切らないのが私です(謎)

カブもそうですが中華製やら純正風の製品にハマっているような…(^^;


購入したのがコチラのレンズフード。


■PENTA用 PH-RBA 互換品 52mm

互換品と言うことで、純正と形状はほぼ一緒です。ただ値段が1/2以下なので、私はこちらにしました。
きっとこだわる方は純正にするのかと思いますが、レビューをみた感じだと特に不満もなさそうだったので購入してみました。

1


性能はともかく、これで近距離でのケラレがなくなりますね(^^;
しかし作りはしっかりしているので、何も問題なさそうです。

2


■PENTAX用 PH-RBG 58mm互換品

そして私が購入したのはWズームセットだったので、望遠のレンズフードも一緒に購入しました。
実は今まで着けていなかったんですよね…。。

3


こちらは筒形です。
特に作りに問題ありません。

4



とりあえず取り付けてみます。まずは現状から。
レンズフードは汎用品をしばらく着けていました。合わせてレンズキャップも購入しています。このレンズキャップがストラップとくっつくので、無くさなくて結構便利なんですよね^^

5


そしてこれがこうなります。
何だかカッコよさが上がった気がしますね。

6


純正風 だから似合うのかな?
違和感なく、取り付けもガタつきや緩さもありませんでした。

7


続いて収納時。
今までは単純に先端にキャップをするだけでしたが、今度はレンズフードを逆さまに取り付けてコンパクトに収納できます。これはコンパクトになって便利!

8


今度は望遠レンズ。
こちらは今までレンズフードをしていなかったので、替えたのはレンズキャップくらい。純正は去年下栗の里に行った際に無くしてしまいました…(ノД`)・゜・。

9


取り付けました。
こちらは長い望遠レンズがさらに長くなって、ゴツくなった印象。

10


11


収納時は同じく逆さまに。
これなら邪魔になりませんね。キャップがヒモ付きなので、若干気になりますが…(^^;笑

12


特にメインで使用している18-55mmは、冒頭で記載した通り近距離でケラレが発生していたのでそれが解消されました。後はもう少し使いこんで…からですね。
純正風となっているので、汎用品には違いありませんので…笑

ただ2つセットで値段がかなりお得だったので、失敗してしまってもまだ許せる範囲かなーと。
購入したのが、GWの北九州ツーリングの前。書くのが大分遅くなってしまいましたが、時系列的には合っているから良し…と。笑


使ってみての感想としては、特に不満なく使えました^^
ロングツーリングの1週間、特に不具合なく機能してもらえたのでもう大満足です。逆に純正はどこがどう違うのか分からないので、正直細かく書けませんが…(^^;

多分きっと違いがあるかと思いますが…とりあえず私はこれで当分の間使いそうです。
感じ方は人それぞれですので、その点を踏まえて購入して頂ければと思います。



最近激安バッテリーやら純正風にハマっているなぁと、つくづく思います。。



おわり

category: PENTAX K-30

tb: 0   cm: 2

△top

SONY HDR-AS200V 

 

ふとツーリングで出会った景色に感動することってありますよね。
私は見知らぬ土地へ行くときはそういったことが多くて、一人の時はよく停車しています。

停まれる場所は良いんですが、どこも停まれる場所でなかったり、走っている最中でしか味わえない景色もあったりもします。

無理に停車して事故が起きても嫌なので、極力邪魔にならない箇所で写真を撮ったりするのですが、展望台や休憩所での景色がイマイチな時はあれって思うこともしばしば…(-_-;)

走りながら今の景色を残せたらな~と思っていたところ、最近は高性能なビデオカメラで静止画を残せるのがたくさん出ていると。
そういえば近頃はすれ違うライダーのヘルメットやハンドルによく小型のビデオカメラが搭載されていることが多い。この前キャブレターの慣らし運転で道志みちへ行った際も、割と多くのライダーが撮影していました。


で、何を書きたいかと言うと、、



・SONY HDR-AS200V

買ってしまいました(;´∀`)笑


まだ発売されてから日が浅いので値段もそんなに下がらないのですが…GWに遠出するなら買っとくべきじゃない?という勢いで購入。

P4241340.jpg


これで走行中に偶然出会えた美しい景色も残せるはず…!
そしてツーリングが終わった後もまた見直せる…と思うと何だか嬉しい(^^♪


今は色々な種類が出ているので本当に迷いました…。
そんな中、一番の決め手となったのは画像の良さ。多分写真として使いたいとき、画像の良さは高い分には困らないだろうと。


早速中身をチェック!

購入時からウォータープルーフケースが付いています。付けていると重いという訳でもないので、そのまま使う予定です。

P4241343.jpg


とりあえずはヘルメットのサイドに取り付ける予定なので、このサイズは助かります。やっぱりカメラが重いと疲れてしまいますからね…(^^;
もちろんケースを取り付けたままでも操作できるようにボタンもあります。

P4241345.jpg



ケースを取り外すともっと小さいです。
この状態だとレンズが保護されていないので、使う場合はレンズカバーが欲しいですね。

P4241348.jpg


モニターは簡単なものが一つ側面にあります。
設定は全てこの画面とボタンを通して行います。

P4241346.jpg


録画開始、終了はこの後ろ側で操作できます。グローブをはめたままでも問題なく押せそうな形です。

P4241349.jpg


で、今回は奮発してライブビューモニター付のモデルを購入しました。
これがそのモニター。

P4241352.jpg


腕時計タイプなので、手元で簡単に動画の確認ができる優れもの。撮影前の画角や位置の確認もできます。これは本当に便利。


出発直前ですが、何とかセットアップも出来たので持っていこうと思います(^^;
本当にバタバタでした…




そして肝心の行先ですが…




今年も九州を目指します!
昨年は南九州だったので、今年は北九州を中心に回ろうと思います。

いつも通りノープランの旅ですが、とりあえずは最西端は制覇します。
後は長崎の島々をのんびり走れたらと思います。


後気になることと言えば、大分行きのフェリーの予約をまだしていないということですw
昨日来たさんふらわあのメールマガジンではまだ“空席有り”となっていたので、おそらく平気かと思っているのですが…はたして。。


もしフェリーが取れなかったら四国経由or自走で行きます。多分大丈夫。。



それではこの辺で。
おそらく明日の更新後に出発なので、しばらくブログをお休みします。

無事に帰ってきたらまた更新します。


おわり

category: カメラ

tb: 0   cm: 0

△top

新しいコンデジ 

 

新年が明けて早くも9日が過ぎ、今年2発目は久々にカメラネタからスタートです。


タイトルにも書きました通り、新しいコンデジを年末に買いました。
1年間頑張った?自分へちょっとしたご褒美と言うことで (^^)


私が所有しているカメラはPENTAX K-30しかないのですが、やはりどうしても気軽に撮りたいときはデジイチだと取り回しが…
ってなことがありました。
デジイチは多少なりともスペースを取るので、バス旅だったり手荷物が限られると尚更そう感じていました。

あとは林道アタックのときは家のデジカメを借りたりしていました。流石にデジイチは林道に持っていくには勇気が必要だったので(^^;


…という背景もあり、兼ねてから気になっていた自分用のコンデジを購入することにしました。

最新コンデジは技術の進歩が素晴らしく、新しい機能を持った高性能コンデジが世の中に次々と投入されている今日。
その性能はどのメーカーも横一線でなかなか選ぶのが難しかったりします。



数多くラインナップされているコンデジですが、私の場合はサブとして使えるコンデジを考えていました。となると“気軽”でかつ“タフ”なのが良いのかなーと。

私が使用しているK-30も本体は防塵・防水の機能が備わっているのですが、やっぱりコンデジにもその機能が備わっていて欲しいということで、あらゆる種類の中からタフなシリーズに的を絞りました。


カメラ売り場で店員さんに情報を教えてもらい、家に帰ってカタログを比較して…
と繰り返して年末、クリスマスイブに購入しました笑


OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

TG-850 Tough 1


購入したのはOLYMPUS製のタフネスコンデジです。
防水10m、耐衝撃2m、耐荷重100kgf、耐低温-10℃、防塵…と、宣伝からタフな機能満載と分かります。

ですが、今のタフネスコンデジは上に書いたスペックを普通に兼ね備えています。オプションパーツを取り付けるとさらに防水性を上げることができたりと、同じタフネスコンデジでも用途によって色々と違いがありました。


防水等のタフ性能がほぼ横並びとなると、残るは中身の機能。
GPSやマクロ…各社色々と取り揃えていて、ある程度絞った後でも選ぶのが難しかったです。。

ただ、今回選んだTG-850 Toughに関しては一点だけ他のコンデジと異なる箇所があり、そこが決め手となりました。

TG-850 Tough 2



それがこの裏側の液晶を回転できる点です。

180度回せば自分撮りが楽しめたり、90度にすれば顔をつけずに水中写真を楽しめたりできます。

自分撮りをそんなにするわけでもないのですが、液晶を自由に変えて撮影できる という点が1番のポイントでした。
もちろん他にも色々な機能を兼ね備えたコンデジがはたくさんあったのですが、広角21mmだったり他と比較したときに個性が出ていました。

180度液晶を回転させるとこんな感じに。

TG-850 Tough 3


購入したカメラの色は白色です。
グリップ部分は黒色なので、汚れもそんなに目立たなそうです。バイクの整備写真も問題なさそう(^^ゞ笑

タフネスコンデジは外観からしてかなりゴツいデザインもありますが、その中でもこれはそんなにゴツくない感じです。

TG-850 Tough 4



と言うことでコンデジでした。
使ってみてのインプレは…たぶん後で書くと思います。笑


このコンデジ購入をバイクに例えると、デジイチをロードバイク、タフネスコンデジをオフロードバイクといった感じでしょうかねw
これで林道アタックでも気兼ねなく使っていけそうです(^^♪


ちょっと撮影したいときや、軽い散歩のときの相棒として大切に使っていこうと思います。


これを期に水中撮影なんかも挑戦してみたいなーと思ってみたり。。


おわり

category: OLYMPUS STYLUS TG-850

tb: 0   cm: 2

△top