Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

激安バッテリーに交換 

 

前回突然死の兆候を見せたSRX250に搭載している激安バッテリー。
その嫌な予感は的中し、どうやら本当に死んでしまったようです。。

充電して少し時間を置くと電圧が降下していってしまっているので、これで死亡確定。まぁ2年4ヶ月持てば御の字でしょう。
気を取り直して、懲りずに激安バッテリーを選んじゃいます。笑

1


■Velocity FB12A-A

今回も以前使っていたものと同じバッテリーを採用しました。送料込みで4,000円弱でした。純正だと1万円を超えてくることもあるので、そう考えたらお得です。
ちなみに一番最初は1万を越えたバッテリーを使っていました。やっぱり流石と言う長持ち具合で、4年半持ちました。

2


説明書は日本語併記されています。

希硫酸を自分で入れていきます。付属のチューブを差し込んで入れていくだけなので、簡単です。
自分は部屋の中でやって、希硫酸が垂れてベタベタしてちょっと大変でした( ノД`)笑

3


Highまで希硫酸を入れて完成。

5


最後にキャップを締めて

4


いつ交換したか分かるように日付を書きました。ちょっと気が早まって来年である2018と書いてしまいました。まだ2017年です。笑

6


説明書には充電は不要とのことでしたが、軽くしておきました。

7


後日、取付け。
電圧も13V以上であることを確認しました。

8


結果、元気よくセルも回りエンジン始動!
無事に復活を果たしました。


そのまま湘南海岸方面を流しにひとっ走り。真冬ですが風もなく、走るには持って来いの1日でした。


9


海岸には湘南ライフを満喫している人達でいっぱいでした。

10


激安バッテリーに交換して来季に備えたところで、これがSRX250の年内の走り収めとなりました。
今年は夏に調子を落としましたが、それ以降は特に問題なく走っています。この冬休み中に一度分解してみようかなと計画中。色々とやらなければならないことが貯まっているので、一度整理してちゃんとやらないとなぁ。


バッテリー交換走行距離:69,475km


おわり

  
スポンサーサイト

category: YAMAHA SRX250

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

カブ リアボックス復活 

 

台風による強風で倒された際にアイリスボックスが大破してしまったカブ号。
しばらくの間はボックス無しで通勤に使っていましたが、やはり雨の時だったりちょっと買い物して帰る時とか何かと不便。
やっぱりボックスがあった方がカブ号は便利だなーってことで、再びリアボックスを設置することにしました。しかし、今回は新しく購入するのではなく、以前付けていた古いボックスを再利用します。

それがコチラ
このカブの全塗装がおわった直後から付けていたホンダ純正のボックスです。今までキャブレター入れとして使っていたので、テープが貼られていますが(^^ゞ

1


多少の汚れはありますが、許容範囲でしょう。とりあえず全体的にパーツクリーナーを吹き掛けて簡単な掃除をしました。

2


リアボックスがないカブもこれで見収めです。後ろのボックスが無いだけで結構軽快でした。
でもやっぱりカブ号にはボックスが欲しいです。

3


元々ビビり音防止のために張り付けた両面テープでしたが、剥がさずそのままでした。そして再びこのテープを活用していきます。
剥がすのが面倒だったわけじゃないですよ(^^;

4


固定方法は至って簡単。ステーにボルトを通して固定するだけです。
元々アイリスボックスもこのステーを使って固定していましたが、専用品だともっと楽です。

5

6


合計4ヵ所を固定しておしまいです。締め付けが強すぎると割れてしまうので、そこだけ気を付けます。
しかしこうやって見ると汚いな…(^^;
もう一回念入りに掃除しなきゃ。

7


完成です。
以前より小さくなりましたが、かろうじてヘルメット(ジェットタイプ)が入るサイズです。これはこれでコンパクトで良い感じ。

8


結構傷が多くて目立つので、そのうち塗装しようかな?

9


しばらくはこのボックスを使っていこうと思います。

10


今までみたくボカスカ入れられるサイズではないので、買い物も考えてする必要がありそうです。


おわり

  

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

激安バッテリー死亡? 

 

しばらく実家で入院して、無事に戻ってきたSRX250。特にこれといって整備はしていないのですが、調子も悪くなさそうだったので乗って帰って来ました。
その1週間後、エンジンを掛けようと…セルを押すも無反応。

うーん、回る気配すらしない。
試しにホーンやらを鳴らしてみようにも、鳴らず。ウィンカーがかろうじて点滅するレベル。
これは…バッテリー上がりみたいです。。


バッテリーを充電してみますか と言うことでシートを外して、

1


激安バッテリーとご対面。
2015年8月から使い始めているので、この時点で2年4ヶ月使っています。元は十分に取れましたが、できるならこの冬は乗り越えたいのですが…

2


外して電圧チェックしてみたら、数値は10.5V。
これは死亡説かな…と頭に過ぎるも、復帰するかもと少しの期待を込めて充電します。

3


繋げて2時間程でメーターは満充電の位置まで来ました。とりあえず説明書には5時間と書いてあるので、様子を見ながらもう少し充電してみます。

4


激安バッテリーはその名の通り安くて、年数によっては元が取れるのですが…こうやって急に死んだりすることもあるのでそこが怖かったり(^^ゞ
まぁそのスリルを承知で買っているので良いんですけどね。笑
2015年の北東北ツーリングに行った時みたく、旅の帰路で上がるといったことが無ければ良いのですが…。


あの時は保険の救助隊の方にジャンプしてもらって、一度も電源を切らないで帰るという無茶なことをしていました。
オマケに天候は大雨。グショグショになりつつ回転数を落とさないように必死に帰ってきました。こうやって書いていると笑えますが、当時は必死でした。笑


おわり

  

category: YAMAHA SRX250

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

ハンドルカバー導入 

 

前回の台風の影響でリアボックスを失ったカブ号。
季節は12月間近と言うことで、段々と朝の通勤も寒くなってきました。
それに伴って今シーズンもコイツの出番がやってきました。

じゃじゃん!
ハンドルカバーです。

1


これで4シーズン連続になります。ヘタってるんですが、まだまだ使えます。

どれだけのヘタレ具合かと言うと…
スイッチ確認用の窓はとっくに破れてて、

2


裏面と表面の色褪せもすごいです。

3


…が、使用している分には問題ありません。割れた窓から雨水が浸入することもないし、カバー表面からの浸水もありません。
色褪せていても性能が落ちることなく活躍してくれています。
すごいぜ、ネオプレーン。

と言うことで、早速取り付け。


●Before

寒さ対策で取り付けた風防ですが、結局1年通して付けっぱなしでした。うーん、手放せないとはこのことか…。

4


また来年の春までこの景色とはお別れです。来年こそグリップ交換しよう。

5


●After

グリップに通してミラーの根元に紐でくくっておしまい。毎度のことですが、めちゃくちゃ簡単です。

6


長い間閉まっていたので、形が付いちゃっていますが…時期に直るでしょう。

7


しかし見事なまでの破れ具合。これでも雨が浸水していこないのだから不思議です。

8


風防にハンドルカバー、これで今年の冬対策はバッチリです。

9


毎回付ける度に思いますが、こんなに取り付けが簡単で暖かい、本当に素晴らしいアイテムです。


さて、次は台風で割れてしまったリアボックスを何とかしなければ…(^^;


おわり

  

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

台風の影響で… 

 

少し前の話ですが、各地に猛威を振るった台風21号。
アパートが海に近いこともあり、自宅も強風がすごかったです。育てている野菜などを玄関の中に入れるなどして避難させていたのですが、風は想像よりもかなり強くあるものが被害に遭ってしまいました。。


その被害に遭ったものとは…そう、カブです( ノД`)
普段はカバーをかけているのですが、これが逆に風を全て受け止めてしまい何と転倒してしまいました…orz

夜中に起こされて気付いた時には既に遅し…
カバーがかかったまま横だわっているカブの悲しい姿がそこにはありました。

とりあえずゴムでフェンスに括り付けて修復。ボックスの辺りが何だかグラグラする…これは揺るんだか?それとも割れた…?


朝起きてみると…
倒れた衝撃でミラーの位置が変形。但しミラーに割れもなくボルトを直せば問題無さそう。後は被害は…

1


やっぱりボックスがやられてましたorz
グラグラする原因は底面の割れにありました…

2


倒れた衝撃で底面がバキバキになっていました。ビスの回りからヒビが入ってそこから割れてしまった模様。しかし逆に言えば、このボックスがあったお陰でカブ本体に大きな被害が出なかったことも事実。
車体には傷もなく、ミラーに少し傷が付いた程度でした。

最後に犠牲になってくれたボックスに感謝しつつ、取り外していきます。ステーやボルト、皿ビスは再利用できるので一度保管しておきます。

3


約5年間お世話になったアイリスボックス。色褪せても割れることなく毎日活躍してくれました。鍵付きで容量も十分、まさに通勤には持って来いのボックスでした。

4


折れてしまった裏面。経年劣化も重なって一気に割れてしまったのが良く分かります。

5


久々に外したキャリアです。ボックスを取り付けた当時はガタガタ音がすごかったので、両面テープを一枚挟んでボックスを取り付けていました。
またボックスを取り付ける予定なので、これはとりあえずそのままで。

6


一気にシンプルになりました。今までは風防とボックスで良いバランスだったんですが、ちょっとアンバランス?
しばらくはボックス無しの生活を送ることになりそうです。

7


一度ボックスに慣れてしまうと結構不便に感じてしまいそうですが…果たして…?



追記
'17/11/25 以前使っていたボックスを再利用することにして復活しました。

おわり

  

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top