Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

カブ オイル交換 

 

本格的な夏がやって来る!
と言うことで、冬の間酷使したオイルを交換しました。

元は最近ギアの入りが少し硬いなーって思っていたので、整備記録を見直すと…
前回から数えて1,790km。いつもは1,500kmサイクルなので、ちょっと走り過ぎちゃいました。

最近メカニカルノイズが大きかったのは多分オイルのせいでしょう。ちゃちゃっと交換しちゃいます。

1


今回もお馴染みの10W-30です。0.6リットル入れます。

2


ドレンボルトを緩めてみると、黒いオイルが出るわ出るわ…。
こりゃギアも固くなるか…

3


少量のオイルを流して、古いオイルを抜き取り、左右に揺らしたりキックを下ろして古いオイルを抜き取っていきます。


そして新しいオイルを入れておしまい。再びエンジンをかけると、メカニカルノイズも静になり、ギアも入りやすくなりました。

5


備忘録として交換時の距離を。

4


最後は車体を拭いたり、ホイールを磨いたり。
そして、チェーンにオイルを指して整備終了。

6


前回ハンドルカバーを外したので、これで夏の準備はOKでしょう。
このままいけば、次は夏が終わった頃にまたオイル交換を迎えそうです。



オイル交換時走行距離:14,558km


おわり

  
スポンサーサイト

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

ハンドルカバー外し 

 

GWも終わって気候も大分暖かくなってきました。
通勤快速カブ号に11月から装着しているハンドルカバーもそろそろ外し時かなーと言うことで、冬装備を解除しました。

1


かれこれ使い始めて3回の冬を越したハンドルカバー。色も褪せて大分へたってきてます。

2


上の写真もそうですが、よーく見ると覗き穴は破れてます。でも不思議と水は入ってこない。大雨で使っても一度も浸水はしていません。ウインドシールドを付ける前から穴は開いていましたが、何故だか浸水はしません。不思議。

3


昨年11月から使い始めて5月のGW明けに外すのがいつものパターン。
結んでいた紐を解くだけなので、簡単に解除できます。取ってスッキリ。

4


数えてみると約半年付けているんですねぇ。自分的には冬の間だけ…と思っていましたが、結構付けていることに気付きました。
毎日乗っていると、そうなるんでしょうね。特に引っ越してからは会社までの距離が伸びたので、身体が冷えるので余計に長くなったのかなと。

でもこれから夏、秋にかけてはこのスタイルでいきます。今度時間があったらピカールで金属部品を磨こう。

5


そして風防ことウインドシールド。これは…もうしばらく付けときます。だってかなり快適なので。笑
そのうちインプレします。

当分はこのスタイルで毎日活躍してもらいますかね(^^ゞ


おわり

  

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

洗車 -カブ- 

 

前回の記事でSRXを春に向けてメンテナンスしました。
一緒のタイミングで、毎日活躍中の通勤快速カブ号もメンテナンスと洗車をしちゃいました。こっちは毎日乗っているだけあって汚れが結構ひどい。
今シーズンの後半になって取り付けた風防も増えたので、洗う場所が増えたなぁ。

1


この時期になると、雨の後に花粉が飛びついた跡がギッシリ。SRXもそうでしたが、カブも負けじとギッシリ。
特にスクリーンとなるとよくわかってしまいます。これが毎日乗っていると結構気になって仕方ない。。

2


他にも日常で汚れてしまった箇所等をきれいにします。このフロントレッグシールドのネジ、気付いたらすごく錆びている。今度バイク屋さんに行ったら新品を買おうかな?

3


通勤路はトラックが多く通る道でもあるので、アスファルトが凹んでいて水たまりがかなり多いです。そのせいで水たまりを通ることになり、結構泥はね汚れがついてしまいます。

4


洗車は水洗い→シャンプー→水洗い→ワックス…という具合で済ませます。

5


気になっていたホイール。これはBefore状態。

6


そしてAfter。毎回写真に撮っているような気がしますが、ここをキレイにすると車両全体が引き締まります。お気に入りのムーンアイズのバルブも際立ちます。

7


チェーンはたるみが許容範囲内だったので、オイルを注油して完了。そろそろリアタイヤの交換時期が近付いてきているので、そのタイミングでまた調整します。

8


シフトペダルも金属ピカールを使って入念に磨きました。

9


特に主だったトラブル等もなく、最後に車体に残った水痕を吹き上げて終了。日頃の汚れを一気に落とすことができました。

10



そして最後に。
車載工具の入れ物がボロボロになっていて、以前からどうしようかとずっと悩んでました。袋が貫通して工具を収納できない状態です、こりゃひどい(;´Д`)笑

11


そこで使わなくなったペンケースを発見。コイツに工具入れとして第二の人生を歩んでもらいます。
大きさ的にも問題なさそう。

12


移した結果…ピッタリでした!
ペンチもちゃんと入ってまだ余裕がある状態です。これからはコイツに積載工具入れとして頑張ってもらいます。

13


SRXに続いて、カブの洗車でした。
これで2台揃って春の準備は万端です。まずはカブ号でご近所の桜探しに繰り出る予定…!


おわり

  

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

春に向けての準備 -SRX250- 

 

最近はクルマネタ鉄道ネタと、バイクネタからは大分遠ざかったいました。今回は久々にカブ号でもなく、SRX250に関する記事です。
…つまりそれだけ絶好調だからネタがないということなんですけどね(^^ゞ


昨年末の追突事故でプジョー205を失ってから基本的に移動はチャリかバイク。
その中でも結構活躍してくれたのが、このSRX250でした。通院している整体で相方に合流し二人乗りで帰ったり、夜遅くなった際のお迎えなど…細かいところで活躍してくれました。

そして季節も3月に入ったので、来るツーリングシーズンに向けてちょろっとメンテナンスを行いました。





カバーを開けてみれば、何となく白い。いつも使っている時気付いていたんですが、中々メンテナンスをしてあげれなかったのです。。
天気も良かった週末に一気にやっちゃいます。

1


白い原因はコレ。メーター周りにビッシリ着いているのは、多分花粉。カバーをしていても風に乗って潜り込んでしまうから厄介。しかし真っ白です…花粉症の人からしたら見るだけで鼻水が出てきそう(^^;

2


タンクもビッシリ。

3


エンジン周りもビッシリ。せっかく走るならきれいな状態が良いですしね。ここで冬の汚れを落としてしまいます。

4


水洗い→シャンプー→水洗い→乾吹き→ワックス の順番で仕上げていきます。水洗いで花粉を落としていきます。

5


シャンプーを終え、水洗いが終わったところで乾拭き。
そしてクルマ用のワックスを塗って、汚れ付着対策です。今回は傷消しのワックスを塗りました。

6


特にバッテリーケース近辺やフェンダー裏は土埃を巻き上げて汚くなる箇所なので、念入りにやりました。本当はバッテリーの充電もしてあげたかったのですが、充電器はアパートには持ってきてないので次回です。

7


チェーンは張りを確認して掃除。たるみはなさそうです。USA発注のスプロケットも絶好調です。

9


注油して、余分なオイルを拭き取っておしまい。

8


エンジンオイルは昨年末に交換したばかりなので問題無し。
最後に昨年導入したリアボックスを外しました。やっぱりちょっと後ろが重く感じて、そもそもの軽さが失われてしまったように感じたので…(^^;
出掛ける時は装着することもありますが、基本的にはしばらくは無しで行く予定。もしくは小さめのボックスがあれば交換…とか視野にいれて。

10


来る春に向けてのメンテナンスでした。
しかしここ最近のSRXは本当にトラブルもなくしっかり走ってくれています。

トラブルない…逆にそれがちょっとつまらなかったりするのですが…まぁノントラブルに越したことはないですね。トラブルが起きたときはかなりテンパってますから。笑


たまっていた整備が終わり、春の準備はバッチリの状態となりました。
去年は伊豆半島へ行きました。さて、今年はどこの桜を見に行こうかな…?


おわり

  

category: YAMAHA SRX250

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

カブ ウインドシールド取付け 

 

段々と暖かくなってきましたが、まだまだ朝と夜は寒い。特にバイクではまだまだ寒いです。日中は大分暖かくなってきたんですけどね。


…ということで、通勤快速カブ号にちょっとした改造を加えました。それもウインドスクリーン。
年末の追突事故でまだムチ打ちが残っているので、なるべく身体を冷やさないようにと…いう名目で購入。本当は11月頃に購入すれば寒さをしのげて良かったんですが、何だかんだで今になってしまいました。

まだまだ寒い日も続くし、まぁいいでしょう。


ポチッと注文して、到着。箱から分かるその大きさ。

1


専用の金具を使って取り付けます。

2


気になる中身は…ジャジャン!

3


…でかっ(^^;
思っていたよりでかいです。これだけでかけりゃ風もかなり防げるでしょうし、雨からもかなり守ってくれそうです。見た目はもう完全ビジネス仕様になってしまいますが、身体が冷えるよりは良いです。

縁にはゴムモールで保護されています。

4


実は私のカブには、かつてライトバイザーを取り付けていました。これは丸目時代のSRX250に装着していたもので、ホームセンターで金具を買ってきて流用していました。

ただし効果としては微々たるものでした。正直風防効果を狙って、というよりは見た目重視なところが大きかったので。特に不自由なかったのですが、夏が来て外してそのままでした。

新たに購入したのは、風防でお馴染みの旭風防製です。

■ 旭風防 ウインドシールド No.66





取り付け前。出社前に作業に取り掛かります。ハンドルカバーが装着された状態に、ウインドシールドが装着されます。完全にビジネス仕様。

5


固定は写真に写っている留め具を交換して行います。

6


専用の留め具で再度ボルトで固定。

7


留め具にこのステーを通します。ボルトを先に通して高さ、位置を決めれるようになっています。まずは適当な位置にして仮固定していきます。

8


留め具にステーを取り付けました。この2本のステーに、ウインドシールドを通して固定すれば完成です。

9


ウインドシールドを通しました。でかい…!

10


固定部分にはゴムワッシャーを挟んで、袋ナットで固定します。

11


ということで完成。完全にビジネス仕様となったカブ号。ボックス、ハンドルカバー、そして今回取り付けたウインドシールド…いや、風防。三種の神器が揃ってしまいました…!

12


運転席から見るとこんか感じ。風防がでかいのでかなり邪魔になりそうな感じですが、目線のちょっと下に来る程度なのでそんなに気にならなそう。後は乗ってみてといった感じです。

13


冬が終わりかけの時期に風防を取り付けたお話でした。この後出社しましたが、身体の正面に当たる風がピタっと無くなりました。その分、身体に巻き込んでくる風が増えましたが、冷えずに出社することができました。
早く買って取り付ければ良かったな~と。

細かい感想はまた後日書いていこうと思います。



おわり

  

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top