Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

2016 個人的お気に入り駅 ベスト3 

 

年末となり、昨年も行った2016年に訪問した駅舎のベスト10の発表!…と思ったのですが、10駅も訪れていないのでベスト3です。笑


2013年はベスト10、2014年もベスト10、2015年はベスト5、そして2016年はベスト3…。年々訪問する駅の数が減少しているなぁ…(^^;



一応補足しておくと、このコーナーは管理人である私が個人的にいいなーと思った駅舎をランキング形式で紹介する自己満足な記事です。笑


ベスト3しかないので、早速3位の発表です!笑





第3位 外川駅

銚子電気鉄道線
開業年月日:1923年(大正12年)7月5日
単式ホーム1面1線
機回し線(留置線)1線
ネーミングライツ:ありがとう駅

今年のGWに訪問した銚子電鉄の終着駅が3位です。
木造の駅舎が昭和の雰囲気をそのまま残していて、もう最高の一言。駅名の表示からして雰囲気出まくりです。

1


中には旧車両であるデハ801が留置線に保存されていて、さらに車内は昭和の博物館にもなっています。このデハ801は2010年の9月に現役を引退しています。

2


出来上がった当時の駅舎から修復を繰り返しながら保たれています。調べてみると夜には白熱電球が点灯されるようなので、夜の景色もぜひとも見てみたいです。

3


自販機は時代を反映して新しくなっていきますが、木造平屋の駅舎はずっと姿形を変わらず。このギャップもまた良いです。

4


この日はちょうど列車も来ていました。

5


そして中の待合室のヒゲタ醤油のベンチ。これがまた良し。

6


小さな列車の小さな終着駅でした。夕暮れ時にまた訪れてみたい駅です。


訪問日:2016年5月2日


第2位 油須原駅

平成筑豊鉄道 田川線
開業年月日:1895年(明治28年)8月15日
相対式ホーム2面2線
ネーミングライツ:森商事 油須原駅(もりしょうじ ゆすばるえき)

平成筑豊鉄道田川線の駅で、こちらも木造駅舎です。
田園風景の中にあるちょっとした小さい町にある駅です。

7


当時から変わらない状態を保っているようで、今は預り所は営業していないでしょうけど、看板もそのまま残されています。

8


9


待合所も外観と同じで雰囲気を保っています。

10


駅舎は改修中でした。もしかしたら熊本地震の被害で瓦が落ちてしまったのかもしれません…

14


訪問日:2016年7月14日


第1位 長陽駅

南阿蘇鉄道 高森線
開業年月日:1928年(昭和3年)2月12日
単式ホーム1面1線

そして、堂々の1位は南阿蘇鉄道高森線の長陽駅です。
南阿蘇は外輪山の影響で日照時間が短いですが、外輪山が立野で切れているためにこの地には西日が長く当たります。そのため長陽の名が付いたとされるこの駅。

訪れた時間が夕刻でしたが、まだ日が当たっていました。

15


地元の人に愛されているような雰囲気が伝わってくる、可愛らしい駅舎です。

16


地元の人から集められた本もたくさんありました。
列車が来るまで待っている時間も楽しく過ごせそうです。

17


線路に生えている雑草を見ればわかる通り、今は地震の影響で不通となっています。

18


一部は開通しているのですが、この区間はまだ不通となっています。1日も早い復旧を望みますが…やはり復活させるには莫大な資金が必要になってしまうため、簡単にはいかなそうです。。

19


駅の柱にはトウモロコシが干されていました。きっと誰かが毎日来て飾っているんだと思います。

21


訪問日:2016年7月15日


少ないながらの駅舎ベスト3でした。
今年は私の好きな海の見える駅に行けなかったのが心残りです。来年は紀伊半島の駅とか制覇してみたいなぁとか思います。


それではこの辺で。


おわり

  
スポンサーサイト

category: 駅舎ベスト10

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

2015 個人的お気に入り駅 ベスト5 

 

今年も残り1日。
毎年恒例のお気に入り駅のベスト10を…と思ったのですが、フォルダを漁ると気付く…今年は訪れた駅が少ない…(^^;)

訪れている駅は10を越えていますが、それを載せてしまうとほぼ全部になってしまうので、ベスト5として発表することにします…笑






第5位 肥後長浜駅

目の前の横断歩道を渡れば、島原湾を一望できる海水浴場の入り口駅

JR九州 三角線
開業年月日:1931年(昭和6年)7月17日
単式ホーム1面1線

GWの北九州ツーリングで訪れた肥後長浜駅。ちょうどチェーンが外れる事件の後で、伯母の家に連絡するついでに立ち寄った駅でした。
左手に島原湾を眺めながら走っていたので、もしかして?と思って立ち寄ってみました。

駅舎はトタンで作られた簡素なもの。

1


海の近くですが、すぐ裏手には民家があります。

2


反対側、熊本方面。

3


この駅、振り返って国道へ目を向けると…一面に広がる島原湾が出迎えてくれます。
横断歩道を渡ればすぐに海です。

4


海水浴場の入り口として、きっと夏は賑わうんだろうなぁ。

訪れたときは夕時で、島原湾から眺める夕日と雲仙岳がうっすらと見えました。

5


静かな波音がBGM…かと思いますが、近くを通るのは国道で主要道。結構通りがありました(;´Д`)笑

6


そしてやってきた列車に乗って熊本方面に帰りました…

じゃないんですけどね(^^ゞ
ちょうどやってきました。

7

訪問日:2015年4月27日


第4位 市ノ川駅

北外輪山を眺めながら待つ、高菜めしの駅

JR九州 豊肥本線
開業年月日:1960年(昭和35年)3月10日
単式ホーム1面1線

こちらは阿蘇に位置する市ノ川駅。高菜めしとはここのご当地品で、当時の鉄道大臣が駅近くの高菜めしを食べたことから、その名が付けられたそうです。

その駅ですが、入り口から分かる通り、北外輪山が目の前に広がるロケーションなんです。

5


入って駅のホームからは北外輪山を一望できます。海の見える駅も良いですが、山の見える駅も捨てがたい…笑
雄大な阿蘇の外輪山に囲まれている市ノ川駅。待っている間はゆっくりとした時間が流れていました。

1


ちょうどタイミングよく列車が到着。この辺りから北外輪山を横目に並走していきます。

2


熊本方面。

3


反対の大分方面。

4



訪問日:2015年5月1日


第3位 千綿駅

木造の暖かさと優しさが溢れる小さな駅

JR九州 大村線
開業年月日:1928年(昭和3年)4月20日
単式ホーム1面1線

こちらは大村湾に位置する海の見える駅。まず一番最初に目に入ってくる木造の駅舎からこの良い雰囲気。

しかもそれだけじゃないんです。

1


駅の奥にあるのは大村湾。入り込んでいる場所にあるので、波もなく静かでした。

5


静かな大村湾を眺める。カーブを描くような位置にある駅です。

2


この駅のポイントは地域の方で作られたと思われる雰囲気。椅子の色、テーブル、どれも優しさを感じられました。JR九州のHPを見ればもっとこの駅の魅力が分かるかなと思います。

3


ところどころ優しい雰囲気であふれています。

4


訪問日:2015年4月29日


第2位 小屋の畑駅

八幡平の麓にある、みんなに愛されている駅

JR東日本 花輪線
開業年月日:1960年(昭和35年)12月1日
単式ホーム1面1線

今度は夏の北東北ツーリングで訪れた小屋の畑駅。名前から可愛らしさがにじみ出てきています。
民家の庭にあるような、そんな秘密基地感のある駅です。

1


田畑の中を突っ走る花輪線。すぐ裏にはトウモロコシが育てられていました。

2


八幡平方面。

3


国道がすぐ近くを並走していますが、山々に囲まれているためとても静かです。美味しい空気を吸いながら、ゆっくりと列車を待てそう。

4


この駅はとても管理が行き届いていましたが、待合室に入ってさらに納得。ずっと地域の方によって管理されている駅でした。

5

訪問日:2015年8月12日


さて、1位の発表の前に番外編を。今回はちょっと色濃い駅が登場します。笑


-番外編-

・鵜飼駅

廃止後も活躍し続ける待合室と、当時のまま残り続ける見附島の入り口駅

のと鉄道能登線
開業年月日:1964年(昭和39年)9月21日
廃止年月日:2005年(昭和17年)4月1日
相対式ホーム2面2線

能登半島に訪れた際に立ち寄った鵜飼駅。こちらは2005年に廃止されてしまいましたが、今でも待合室はバス停として活躍中。じゃー駅舎は?
ってことで、裏側に回ってみることに。

1


あった!
しかもそのまんま残っています。。雑草こそ生えていますが、完全に撤去されずにそのままの状態で残っていました。

2


“列車がきます”の表示板も、そのまま。何故撤去しなかったのかは分かりませんが、私的には嬉しい。笑

3


流石に駅票は消されていますが、看板は残っていました。

4


入れ違いができるように、相対式のホームでした。しかし雑草を刈れば今でもすぐ使えそうな状態。まだ復帰する可能性が残っている…?

5


6


母がかつて2人旅した際に使用した駅で、当時の写真を重ね合わせながら懐かしんでいました。

7

訪問日:2015年6月14日


・驫木駅

青春18きっぷでお馴染みの、ポツンと佇む木造駅舎

JR東日本 五能線
開業年月日:1934年(昭和9年)12月13日
単式ホーム1面1線

青春18きっぷに登場したことで、一躍有名となった驫木駅には夏に訪問しました。この木造駅舎がしぶい…!

1


2


この駅の魅力は木造駅舎以外にもあり、さらに進めば…日本海が見えてきます。

3


海との距離が本当に近く、待合室では東北の湿度の無い気持ち良い風がそよそよと。海際を走る五能線がから見ればもっと良いと思います。

4


波が強い日にはかかってしまこともあるそうです。

5


広がるは広大な日本海。良い景色です(^^)

6


有名になったことで、次から次へと人がやって来ていました。観光名所になっているので、秘境駅という感じはあまりなかったかなーと思います。

7

訪問日:2015年8月11日


番外編から戻って1位の発表へ。
今年の1位は…





第1位 横磯駅

高台から日本海を眺める、庭の駅

JR東日本 五能線
開業年月日:1954年(昭和29年)12月25日
単式ホーム1面1線

夏の北東北ツーリングで訪れた横磯駅です。この小さな、何もない感じが素晴らしい!
それと海からは離れていますが、高台にあるため日本海をボーッと眺めていられるようなシチュエーションがまた良い!

1


駅舎は簡素なものですが、海側を向いているのでちゃんと眺めることができます。

2


田んぼも近く、民家の一部になっちゃっています。感覚で言うと、自宅の庭に駅があるような感じですかね。多分ここに住んでいる人は、最寄り駅まで⒑秒っていうレベルなのかと。

3


4


この景色をずーっと眺めていられる点が1位になった大きな理由です。高台にあるというのも、また一望できて良いです。

5

訪問日:2015年8月11日


以上、勝手にベスト5でした。
今年は訪問数が少なかったのが心残り…。来年はもう少し駅舎訪問を頑張ろう。笑

昨年に続き、海の見える駅が1位となりました。来年はどんな駅がランクインするのか、地図を眺めつつ探していけたらと思います。
それではこの辺りで…!


おわり

  

category: 駅舎ベスト10

thread: 旅先での風景 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

△top

2014 個人的お気に入り駅 ベスト10 

 

今日はクリスマスでした。

と、同時に一足早い仕事収めとなりました。前日のクリスマスイブは調子に乗って都内にバイクでイルミネーションを見に行ったので寝坊してしまいましたが、、何とか終えてきました。笑


いやはや、表参道のライトアップ、都会の夜景を久々に眺めてきました。
きらびやかでしたね~いろんな意味で。笑



さて、前回書いた通り12月も終わりに近付いていると言うことで、今年の訪問した駅舎ベスト10をまとめてみようと思います。
2013年編は北海道・中国地方へ遠征しましたが、今年は九州北陸への遠征がありました。また、夏前は南東北へ行くなど、色々と訪問できました。

旅先で訪れた個人的に雰囲気のよかった駅を勝手に順位付けしているだけなのですが、写真を整理していると行った先々の駅と思い出が蘇ってきます。


…去年に比べてさらにコアな感じになっていますので読む際はご注意を…(・・;)笑





第10位 えびの駅

大きな韓国岳に見守られている市の代表駅

JR九州 吉都線
開業年月日:1912年(大正1年)10月1日
島式ホーム1面2線

市の代表的な駅でありつつも、無人駅。
JR九州に多い、木造の駅舎が何とも味わい深いです。

えびの駅 1


後ろには巨大な韓国岳が見えるのですが、この日はあいにくの曇りでした。
ホームには待合室があるだけの簡素的な駅。ただ待合室は地元の人がきれいに管理しているようで、とても居心地のいい空間でした。

えびの駅 2


だだっ広い田んぼにちょこんと存在するえびの駅。天気が良かったらもっといいだろうなと。

えびの駅 3


訪問した時は運良く列車も登場。ワンマンカー!

えびの駅 4


手書きの行先表示にはびっくりしましたw
プレート作成までの応急処置?

えびの駅 5


大きな韓国岳をバックに見守られるように建つえびの駅は、地元の人にとって大切な駅でした。ちょうど来ていた電車に乗り込んでいた人たちを見てそう思いました^^

えびの駅 6


訪問日:2014年4月27日



第9位 道後温泉(どうごおんせん)駅

路面電車の終点にある道後温泉の玄関口

伊予鉄道城南線
開業年月日:1895年(明治28年)8月22日
相対式ホーム2面2線

その名の通り、温泉街の玄関駅として活躍する道後温泉駅。

道後温泉駅 1


雰囲気もどこか昭和の匂いを残したままの駅舎です。写真は少ないのですが、温泉街の雰囲気の良さに押されてランクイン。

道後温泉駅 2


路面電車とか渋すぎて困りますね~(謎)
利用客も多かったです。

道後温泉駅 3


有名人も愛していた道後温泉。その雰囲気を壊さない、小さな玄関口は良い昭和の雰囲気を残しています。

道後温泉駅 4


道後温泉駅 5


駅を出ればすぐに商店街。この日は次の日のお祭りに備えて忙しく準備していました。
この商店街を抜ければ有名な道後温泉です。

道後温泉駅 6


大きな温泉街にある小さな玄関口、道後温泉駅でした。

訪問日:2014年3月22日


第8位 会津越川(あいづこすがわ)駅

スノーシェッドを抜けた先の田んぼにひっそり存在する休止駅

JR東日本 只見線
開業年月日:1965年(昭和40年)2月1日
単式ホーム1面1線

未だに復興が進まない只見線の運休駅です。この雰囲気は同じ運休駅の中で一番グッときた駅です。

会津越川駅 1


別に何ら変わりない、普通の田んぼの中にある駅です。

会津越川駅 2


ちょうど梅雨の晴れ間、新緑がきれいな時期に訪れました。
駅前にあるのは小さな駐輪場のみ。

会津越川駅 3


待てども来ない列車。ただ不思議なことにホーム前は除草されていたのでした。

会津越川駅 4


会津越川駅 5


雪の重みで傾いてしまった踏切。何も手つかずのこの雰囲気。
今や休止駅ですがまた列車が来る日があれば、訪れたい駅です。きっとこの景色と似合うに違いないです^^

会津越川駅 6


小さな田んぼにある会津越川駅でした。


訪問日:2014年6月21日


第7位 西大山(にしおおやま)駅

開聞岳を見晴らすに絶好のJR最南端駅

JR九州 指宿枕崎線
開業年月日:1960年(昭和35年)3月22日
単式ホーム1面1線

GWの九州ツーリングで訪れたのはJR日本最南端の駅、西大山駅。

西大山駅 1


この西大山駅の一番のポイントはやっぱりこのホームから眺めることができる開聞岳です。この日は分厚い雲が上空に漂っていますが、それでもくっきりと見えます。
この開聞岳を眺めながらの待ち時間も楽しそうです^^


西大山駅 2


JR日本最南端…。

遠く横浜から来たもんだとしみじみしました。
東根室駅と同じく、大きな案内がある程度で何もありません。

同じく神奈川から来た人と、地元の人で話しているとちょうど運良く列車が!
日没前のいいタイミングでした。

西大山駅 3


割と停車時間が長かったので色々と撮影できました。駅前にある有名な黄色のポストと。

西大山駅 4


乗せる人もいなければ、降ろす人もいませんでした。数分だけ停車して開聞岳を目指して走っていきました。
ホームには手前に映っている屋根があるくらい。日本の端にある駅で一番景観がいい駅だと思います。(他は行ったことないですが…orz)

西大山駅 5


西大山駅 6

訪問日:2014年4月27日


第6位 市振(いちぶり)駅

北陸難所の手前に位置する木造の関所駅

JR西日本 北陸本線
開業年月日:1912年(大正1年)10月15日
島式ホーム1面2線

断崖絶壁の親不知の手前に市振駅はあります。これまた木造駅舎。

市振駅 1


入る前から分かる、何となく良い雰囲気。駅構内にある踏切もまた良し!

市振駅 2


見てきたのは、日本海。

市振駅 3


この日は天気も良く、遠くまで見渡せました。海の見える駅は飽きませんね。

市振駅 4


新潟方面は難所である親不知へ続きます。断崖絶壁のため、トンネルを経由していきます。
駅は厳しい冬に備えてちょうど工事中でした。

市振駅 5


市振駅 6


防波堤には釣りを楽しんでいる人々がいました。海まではちょっと遠いですが、それでも十分なこのロケーション。

市振駅 7


ちなみに北陸新幹線が開通にあたり、第3セクターになります。つまり今回の青春18きっぷが使えるが最期ということです。まだの方はお早めに…。

市振駅 8


訪問日:2014年9月29日


第5位 雨晴(あまはらし)駅

源義経がにわか雨が晴れることに由来する縁起のいい駅

JR西日本 氷見線
開業年月日:1912年(明治45年)4月5日
相対式ホーム2面2線

能登半島ツーリングで訪れた雨晴駅。

雨晴駅 1


ふとしたことがきっかけでこの駅を目指すために能登半島ツーリングが企画されたといっても過言ではありません。

読みは大当たり、静かな駅に波打ち際の音が心地良い駅でした。
駅舎から見るだけで向こうに海が広がっていると伝わってきました。

雨晴駅 2


奥に見えるのは奥のほそ道でも登場した女岩。この雨晴駅から見えます。

雨晴駅 3


ずっと居たくなるような場所でした。
かつては縁起がいい名前だったので、入場記念切符などがあったらしいですが今はもう取り扱っていませんでした。

雨晴駅 4


海が目の前に広がる!
という駅ではありませんが、ここはその波音を楽しめる駅のようです。

雨晴駅 5

雨晴駅 6


ここから眺める立山連邦の眺めは抜群に素晴らしいため、待合室には数多くの写真が飾られていました。

訪問日:2014年9月29日


第4位 湯平(ゆのひら)駅

温泉街から少し距離のある山間の小さな駅

JR九州 久大本線
開業年月日:1923年(大正12年)9月29日
相対式ホーム2面2線

山の中にひっそりと佇む湯平駅。近くには湯平温泉もあります。

湯平駅 1


山間にある駅らしく、回りは多くの緑に囲まれていました。大通りからも離れていて、とても静かな雰囲気。

湯平駅 2


寅さんの撮影舞台とし使われたらしく、駅舎には記念の写真などが飾られていました。

湯平駅 3

湯平駅 4


温泉街に一番近い駅なので、タクシーの案内などが充実していました。温泉街から離れているせいもありますが、本当に静かな、ゆっくりとできる駅でした。

湯平駅 5


ちょうど列車も。
緑に赤が映えますね^^

湯平駅 6



山間にある、小さな駅ですが魅力たくさんの湯平駅でした。

訪問日:2014年4月26日



-番外編-

ベスト3発表の前に番外編を。
今回は正直どれも強者で選ぶのにかなり苦労しました。惜しくもベスト10入りとはなりませんでしたが、いくつか紹介を。


・本名(ほんな)駅

民家に溶け込む運休駅

JR東日本 只見線
開業年月日:1965年(昭和40年)2月1日
単式ホーム1面1線

今休止中の只見線 本名駅。
駅らしくない?雰囲気で、民家の中にひっそりと存在しています。地元の人が気軽に使っていそうな駅です。

本名駅 1


ただこの駅は今は来ない列車をずっと待っています。
自然災害で流失してしまった鉄橋の影響で今だ復旧が進まず。このまま廃線されてしまうかもしれません。

本名駅 2


ただ誰かが手入れをしているような跡がありました。雑草が駅のホームには全く生えていなかったからです。

本名駅 3

本名駅 4


線路はうっそうと雑草が。。

本名駅 5


小さな、地元の人のための駅っていう感じがまたこの駅の良さだと。

本名駅 6


運休駅の中でひときわ民家に近い本名駅でした。


訪問日:2014年6月21日


・富戸(ふと)駅

降り立った先はどこか懐かしい景色の広がる駅

伊豆急行伊豆急行線
開業年月日:1961年(昭和36年)12月10日
単式ホーム1面1線

伊豆高原にある小さな富戸駅。

富戸駅 1


有名なゲームソフト、僕のなつやすみの舞台となった場所らしくどことなく懐かしい雰囲気でした。

富戸駅 2


無人ではなく、有人駅ですがこのちょこんと存在している感じが良いですね(^^)
この駅は高台にあるので、駅から少し下ると海が見えてきます。

富戸駅 3


待っていたらやって来たおどり子号。

富戸駅 4


駅前にある大きな木、おそらく春には桜が満開になるのでは?
その季節にもまた訪れたいと思わせてくれる駅でした。

富戸駅 5


訪問日:2014年11月15日


・上総中野(かずさなかの)駅

静かな景色に2路線が交わる交差駅

小湊鉄道 いすみ鉄道いすみ線
開業年月日:1928年(昭和3年)5月16日
単式ホーム1面1線

両鉄道が乗り入れる上総中野駅。

上総中野駅 1


こちらは渋い木造ではなく、ログハウス風な可愛い駅でした。

上総中野駅 2


2月に訪れたので、もう景色はすっからかん笑
ただこの素朴な感じが良さを引き立てます。

上総中野駅 3


駅の屋根や駅標もサビサビ。

上総中野駅 4


上総中野駅 5


駅舎の隣に竹?型のトイレが。何とも不釣合いな組み合わせでしたw

上総中野駅 6


訪問日:2014年2月1日


・ 宮ノ越(みやのこし)駅

山間の宿場にある木造駅舎が渋い駅

JR東海 中央本線
開業年月日:1910年(明治43年)11月25日
島式ホーム1面2線


焦げたような渋い木造駅舎、それが魅力的な宮ノ越駅。

宮ノ越駅 1


駅に入る前から木の匂いが招き入れてくれます。癒される(^^♪

宮ノ越駅 2


山の中にある駅なのですが、どこか惹かれます。駅ノートの設置人もずっといたくなる駅と書いていました。
その気持ちがよくわかります(^^)

宮ノ越駅 3


その駅ノートには旅人以外に地元の方々が多く書きこんでいました。この駅、地元の人に愛されているなぁとつくづく感じました。

宮ノ越駅 4

宮ノ越駅 5

訪問日:2014年9月27日



本題に戻って、いよいよベスト3に発表!


第3位 下灘(しもなだ)駅

一面に広がる海が待合室

JR四国 予讃線
開業年月日:1935年(昭和10年)6月9日
単式ホーム1面1線

電車好きなら説明不要な駅。

下灘駅 1

下灘駅 2


何度も青春18きっぷのポスターとして登場されている下灘駅は、本当に海が目の前に広がっていました。

下灘駅 3


あるのはこの簡素な屋根と海だけ。座ってみると本当に目の前に海が広がっていました。遠くに浮かぶ島々を眺めながら列車を待ちます。

下灘駅 4


この日はちょうど天気も良く、さらに瀬戸内海ブルー?の列車まで登場。看板と同化しちゃってますね笑

下灘駅 5


地元の人を乗せて愛媛方面へ走りさ去っていきました。

下灘駅 6


本当は真下に国道が走っているのですが、ホームの少し後ろから見るとそれが分からないです。
地元のおじさん曰く、この国道が開通する前はよくこの駅で釣りをしていたそうな。笑

下灘駅 7



この駅だったら列車を待っているのも楽しくなりそうです^^

訪問日:2014年3月22日


第2位 南由布(みなみゆふ)駅

由布岳のふもとにある温かみのある駅

JR九州 久大本線
開業年月日:1925年(大正14年)7月29日
相対式ホーム2面2線

広大な由布岳のふもとに存在する、南由布駅。

南由布駅 1


待合室が暖かい、そんな駅です。
きっと地元の人で持ち合ったであろう漫画などがたくさんありました。ちょっとした図書館のよう。

南由布駅 2


さらにホームに出てみるといい眺めでした。

南由布駅 3


由布岳が目の前に広がっているなら待合室で待っているのももったいない気がします。

南由布駅 4

南由布駅 5


そして運よく、こちらも列車登場。由布岳に負けない黄色い車両。

南由布駅 6


逆方面もちょうど来ていたので1度で2回分味わっちゃいました。笑

南由布駅 7


おそらくその先の湯布院に目が行くかと思いますが、その手前の南由布駅も素晴らしい駅でした。

訪問日:2014年5月1日



いよいよ1位です。
ここまで読んでいたら大体分かる方もいらっしゃるかと思います。




第1位 越中国分(えっちゅうこくぶ)駅

ホームの先に広がるは日本海

JR西日本 氷見線
開業年月日:1953年(昭和28年)7月1日
単式ホーム1面1線

そして、2014年の年間王者はJR西日本 氷見線の越中国分駅です。

越中国分駅 1


5位にも登場した雨晴駅の隣駅、こちらはかなりマイナーなようですが海が間近に迫るロケーション。雨晴方面から来ると左手に女岩と日本海を眺めつつ来れます。

越中国分駅 2


下灘駅も素敵な駅ですが、それ以上にパンチを食らいました。説明は個人的には不要な駅です笑

越中国分駅 3


やはりこのマイナーさが個人的にはグッときました(^^)

すぐ後ろは割と交通量のある道路なのですが、ホームにいるとそんなに気になりません。それほど素晴らしい駅だったのかもしれませんね^^

越中国分駅 4

越中国分駅 5


一直線に伸びるホーム。きれいな日本海を眺めながらゆっくりと列車を待つ。

越中国分駅 6


越中国分駅 7


雨晴の先に猛者がいるとは思いませんでした。
この素晴らしさはまたきっと訪れるのかなと。。


訪問日:2014年9月29日



勝手に駅舎ベスト10でした。

今年は海が見える駅が個人的なテーマとなっていたかもしれません。ランキングに結構入ってきています。

山間の静かな雰囲気も良いのですが、波音が聞こえる駅も魅力に溢れていました。


私は実際に列車ではなく、バイクやクルマで訪問しているので邪道なんですが、それでもふと旅先で出会う駅は足を止めていきたくなってしまいます。
何というか、その土地の雰囲気が凝縮された空間が駅なんだなーと勝手に思っています。それなので旅先ではよく駅に行きます。


皆さんのお気に入りの駅はありましたか?きっとこれは結構マニアックなので無いとは思いますが…w



今度は本当の列車旅をしたいなと考えつつも、来年もバイクやクルマで訪問するんだろうなぁ。。



次回がおそらく年内最後の更新になるかと思います。
最後の更新は毎年恒例の訪問先を振り返りの予定です。

2013年と比べてより一層旅ができたのかなと。


今年も色々な場所へ行けたので写真の選定が間に合わなかったらドンマイですが…(^^ゞ笑


おわり

  

category: 駅舎ベスト10

thread: 旅先での風景 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 4

△top

個人的お気に入り駅 ベスト10 

 

年末になったので駅舎好きな私が選ぶ、訪問駅舎ベスト10を勝手にまとめてみようと思います。
今思うとツーリングの重要要素であった駅シリーズ、今年はたくさん訪問できました。

それではベスト10から!


■第10位 ニセコ駅

JR北海道 函館本線
開業年月日:1904年(明治37年)10月15日
相対式ホーム2面3線

国鉄・JRでカタカナ表記で初めて記された駅だそうです。
ニセコの中にある、きれいな高原の駅です。訪問した時は天気もよかったので最高でした。

ニセコ駅 1


観光の拠点になる駅だと思いますが、この日は人もまばら。

来る途中の景色は最高だと思います^^
相対式ホーム2面3線をもつ地上駅のため、跨線橋を超えて向こう側に行きます。観光駅ですが、いい感じの雰囲気が漂っています。

ニセコ駅 2


適度にくたびれた感がありますが、北海道じゃこれはまだまだ序の口です。
ちなみに過去に真狩(まっかり)駅→狩太(かりぶと)駅と名前を変えています。昭和30年くらいまで馬車軌道が使われていたそうです。

ニセコ駅 3


訪問日:2013年8月12日


■第9位 別所温泉駅

上田電鉄 別所線
開業年月日:1921年(大正10年)6月17日
単式ホーム1面1線

第9位には長野県の別所温泉の窓口駅、別所温泉(べっぷおんせん)駅。

別所温泉駅 1


古くからあるような雰囲気がまだまだ残っています。
看板や雰囲気、どれも素晴らしく、観光協会が委託している駅なので、駅員さんが袴を着ています。
風情があります。

別所温泉駅 2


終点の終点。車庫もないので本当に終点になります。

別所温泉駅 3


列車もやって来ました。
こじんまりとした温泉街、別所温泉はまた訪れたいです。次回は電車…?
いやバイクなんだろうなぁ…(´∀`*)

別所温泉駅 4


訪問日:2013年5月19日


■第8位 東根室駅

JR北海道 根室本線(花咲線)
開業年月日:1961年(昭和36年)9月1日
単式ホーム1面1線

そして最東端駅である東根室駅も制覇しました。2012年に続いて最北端 宗谷駅に続いて連続制覇です。
次回は最南端?最西端?

東根室駅 1


駅が好きなら一度は訪れたい駅…だと勝手に思っていますw
住宅街にちょこんと存在する駅です。探すのが結構苦労しましたよ(^^ゞ
こうやってカーブを描いているので、最東端駅になっています。その先は終点の根室駅です。

東根室駅 2


しかし感慨深いです。北海道の終盤で来れたので、なんだか寂しい思いもじわじわと( ノД`)…

東根室駅 3


最東端の納沙布岬へは行けませんでしたが、ここへ行けたので大満足です笑
ここで日没を迎えてしまったので、その後は霧もやの激しい中、落石まで向かいました…。怖かったなぁ。

東根室駅 4


根室はロシア語の看板があったりと他とは違った雰囲気でした。
ひがしねむろの文字、なんだかいいくたびれ感。
普通の無人駅に看板だけで最東端と記されてるのも良いです。たどり着くのには結構苦労しましたが(((・・;)

東根室駅 5

訪問日:2013年8月15日


■第7位 秋鹿町(あいかまち)駅

一畑電車 北松江線
開業年月日:1928年(昭和3年)4月5日
島式ホーム1面2線

この駅のいいところは宍道湖を目の前にするロケーションです。

秋鹿町駅 1


目の前に広がる宍道湖を見ながら電車を待ちます。
この路線は出雲大社まで繋いでくれています。

秋鹿町駅 2


県道沿いにあって民家の間にふと現れます。おばあちゃんにそこで話しかけられました( ´∀`)

秋鹿町駅 3


木造の駅票、時間だけでしか表現できないこの風合い。
いつまでも残してほしいです。

毎朝こんな駅から通勤・通学だったら楽しそうです^^

特にこの“ニッポンレンタカー”の看板はレベルが高すぎて脱帽ものw
元は赤色だったんでしょうかね。

秋鹿町駅 4


目の前に広がる宍道湖です。
基本的に無人駅ですが、祝日を除く毎週月曜日の6:49~8:52に限り係員が配置されるそうです。

秋鹿町駅 5


訪問日:2013年4月30日


■第6位 初田牛(はったうし)駅

JR北海道 根室本線(花咲線)
開業年月日:1920年(大正9年)11月10日
単式ホーム1面1線

ここで秘境駅のスパイスを挟みましょうかね。
根室方面で有名な秘境駅、初田牛駅の登場です。

少ない時刻の中で、奇跡的に到着した1枚。これはかなりラッキーでした^^
まずは秘境駅には豪華なプレハブの駅舎。ん、これならひと晩は過ごせそう?

初田牛駅 1


駅全景…いや~素晴らしく秘境駅です。
道道を走っていたらちょっと脇に見えてきます。見落とさないように。。

初田牛駅 2


根室方面の濃い霧が発生していたので余計に秘境駅感が増しています。ほんとに周りには何もありません。
線路の先も霧で見えない…。何だか怖い…(^^ゞ

初田牛駅 3


根室方面。
どっちを向いても景色は同じようなので分からないですよね(^^;
でもこの天候ならではの雰囲気を楽しめたのでよかったです。

初田牛駅 4


霧の立ち込める中、何ともいいタイミングで登場してくれました。もちろん降りる人も、乗る人もいませんでした。
いたのは私と家族連れの方だけ。

初田牛駅 5


北海道ツーリング最終日に立ち寄った、最後の駅でした。最高の思い出です。


訪問日:2013年8月16日


■第5位 鱒浦(ますうら)駅

JR北海道 釧網本線
開業年月日:1924年(大正13年)11月15日
単式ホーム1面1線

続いて北海道、釧網本線の鱒浦駅が第5位です。
この選定理由は適度な寂れ具合です。

目の前に国道244号線が走っていますが、特に駅前にはありません。
ドライブインやかつて海水浴場だった場所がある程度。ちなみにホームからはオホーツク海が見えます。

鱒浦駅 1


駅前の雰囲気は泊駅には負けますが、この何とも言えない全体的なやれ具合がたまりませんw

鱒浦駅 2


オホーツク海を片手に走ります。
他にもこういった駅はあったのですが、この駅が一番ビビッときました。ところがこの前雑誌でも取り上げられていました。

少し有名になってしまうかもしれませんね…(^^;笑

鱒浦駅 3


駅舎も適度なやれ具合。木造なので年月を重ねれば重ねるだけ味が出てきます。

鱒浦駅 4


潮風にさらされて錆が浮いてきた駅名。素晴らしいっす^^

鱒浦駅 5


訪問日:2013年8月14日


■第4位 特牛(こっとい)駅

JR西日本 山陰本線
開業年月日:1928年(昭和3年)9月9日
単式ホーム1面1線

難読漢字の駅、特牛駅です。山陰本線の駅、しかも何だか撮影の場所にもなっているそうです。
“重荷を負う強健な牛”という意味からもこの名前が来ているそうです。

特牛駅 1


山の中にありますが、そこまで秘境感はありません。
むしろ田舎のおばあちゃん家 山verって感じで、駅舎の中を見れば分かる通り、どこか帰ってきた!
といったような雰囲気。きっと地域の人がコマメに管理しているからだと思います。ベンチの上の座布団が温かみを感じます。

特牛駅 2


きっと待合所の中でいろいろと会話したりするんだろうな~といった雰囲気です。

ホームは山の中なので静かでした。
草刈のおじさんがいたので、物珍しそうに見られただけですw

特牛駅 3


外回りもいい感じです。
列車は行ったばっかりだったので、ほんとに静かです。ここはまた来たいと思わせてくれる、そんな駅です。

特牛駅 4


映画『四日間の奇蹟』では、伊上畑(いがみはた)駅としても使用されたそうです。この雰囲気なら使用されるのもわかる気がします。

特牛駅 5


訪問日:2013年5月1日


ベスト3の前に番外編をチラホラと。。

-番外編-

■大社駅

JR西日本 大社線
開業年月日:1912年(明治45年)6月1日
廃止年月日:1990年(平成2年)4月1日
島式・相対式ホーム2面3線

出雲大社に繋がる大社駅。
かつては多くの参拝者を運んでいた路線も、平成2年に廃止されてしまいました。木造の雰囲気がたまらなかったです。

大社駅 1


多くの人を捌けるように工夫されていた窓口。
保存状態が本当によくて驚きました。

大社駅 2


もちろん観光案内所もありました。昭和の時間がここには確かに流れていました。
タイムスリップしたような気分になります。

大社駅 3


かつては東京と出雲大社を繋ぐ急行もあったそうです。
参詣者の団体臨時列車などが乗り入れてきていたため、ホームがとても長く設計されていたそうです。一度使ってみたかったですが、残念。

でもここに来るだけで当時の賑わいが少しだけ伝わった気がします。

大社駅 4


D-51も保存されていました。
出雲大社のお膝元としてずっと活躍していた駅も、今はじっくりと時が経つのを待っていました。

大社駅 5


訪問日:2013年4月30日


■川原湯温泉駅

JR東日本 吾妻線
開業年月日:1946年(昭和21年)4月20日
相対式ホーム2面2線

駅舎は吾妻線内で唯一残る木造駅舎らしいですが、駅員さんがいたのでホームには入りませんでした。
ただこの駅、八ッ場ダムの計画で地下に沈没してしまう駅なのです。

川原湯温泉駅 1


ちゃくちゃくと進む工事…。
川原湯温泉も沈んでしまいます。ダムの完成前に一度は行きたいなぁ。。

川原湯温泉駅 2


駅前の看板もひっそりと。
住宅や商店も移転を始めていて、今は静まり返っていました。

川原湯温泉駅 3


訪問日:2013年5月19日


■幌加(ほろか)駅

国鉄 士幌線
開業年月日:1939年(昭和14年)11月18日
廃止年月日:1987年(昭和62年)3月23日
単式ホーム1面1線

こちらは廃線ホーム。
かつては林業で賑わいを見せた幌加駅ですが、過疎化が進んでしまい廃線に。

幌加駅 1


一面緑色に覆われた駅です。ツルがホームを覆っています。
国道沿いにありますが、今はひっそりと時が流れるのを待っているようでした。

幌加駅 2


終点の十勝三股駅に向かいますが、もう緑に覆われていて見えません。
近くにはタウシュベツ橋梁があり、遺産としてずっと残して欲しい北海道の景色だと思います。

幌加駅 3


訪問日:2013年8月14日


さて本題に戻ってベスト3の発表です。


■第3位 蕨岱(わらびたい)駅

JR北海道 函館本線
開業年月日:1904年(明治37年)10月15日
単式ホーム1面1線

秘境駅シリーズとしてベスト3位に入り込んだのは、蕨岱駅。周りには国道が走る意外何もありません。
これも難読漢字になるんですかね?

とりあえずJR駅を五十音順に並べると最後に来る駅です。

蕨岱駅 1


国道を走っていると、ココに?!
って場所にいきなり駅舎が見えます。これが北海道の駅らしくて好きです。

かつては有人駅で、線路も2つ敷かれて交換できる駅だったそうです。
とりあえず国鉄時代の車両が渋くて、カラーリングも雰囲気にあっていますw

蕨岱駅 2


この駅舎が意外に充実していて、中で宿泊する人が結構いるそうです。
もちろん駅ノートには前日の宿泊者が日記を書いていました。

蕨岱駅 3


真夏に訪れた、無人駅。
次に来るのはいつでしょうか…。。

蕨岱駅 4


訪問日:2013年8月11日


■第2位 泊駅

JR西日本 山陰本線
開業年月日:1905年(明治38年)5月15日
単式・島式2面3線

山陰本線 泊(とまり)駅が堂々の2位です。

理由としては駅前の何だか落ち着く雰囲気です。前にも書きましたが、田舎のおばあちゃん家に着いたような安心感がある駅です。

泊駅 1


ちょっと歩けば目の前に広がる日本海!
…ですが日本海の写真はありません。。

泊駅 2


跨線橋を越えて向こう側のホームに行きます。正面から見ると小さい駅に見えますが、実は中に入ると意外にでかいことに気付きます。

泊駅 3


この雰囲気は堂々の3位です。
ちょうどタイミングよく電車も通過。

泊駅 4


訪問日:2013年4月29日


■第1位 南河内駅

錦川鉄道 錦川清流線(にしきがわせいりゅうせん)
開業年月日:1960年(昭和35年)11月1日
単線1面1式

そして堂々の1位は南河内駅です!

南河内駅 1


個人的には海の近くの駅が好きなんですが、ここの選定理由は田んぼのど真ん中にあるのどかな駅だからという理由です。

南河内駅 2


田んぼの真ん中にある小さな駅です。
きっと夏は駅舎から入道雲が眺められて最高なんだろうなぁ。

南河内駅 3


開放的な駅です。駅前は何もないわけではなくて、学校があったり民家があったりと町の一部として機能している駅です。
このちょこんと存在しているのがたまりません。
達筆な駅標もありました。地元の人が作り上げている感じが最高です。

南河内駅 4


本当に田んぼの真ん中にありますよね。
それとどことなく優しい雰囲気も兼ね備えている点も評価が高いです。

南河内駅 5


訪問日:2013年5月1日


ということで勝手にベスト10でした。
みなさんのお気に入りの駅はありましたでしょうか?


…ってないとは思いますがw

普段何気なく使う駅、それも場所や地域によって全く雰囲気が違うのが面白いところです。
普通は電車で使うものなので、あまり見ないとは思いますが少し目をやってみるとまた色々な発見があります。


旅先でふと出会える駅舎。
旅の始まりでもあり、終わりでもある駅…奥がとても深いです。


これを読んで旅に出たくなったら、今すぐ列車に乗ってどこかへでかけませんか?



おわり

  

category: 駅舎ベスト10

thread: ひとりごと - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top