Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

冬季閉鎖前のビーナスラインツーリング 

 

この時期になるとツーリングスポットで有名な信州方面は冬季閉鎖が始まります。
ということで、冬季閉鎖前になる前にビーナスラインまで行ってきました。ビーナスラインは7月に走ったので、今年は夏と秋を走ったことになります。

ですが、SRX250のバッテリーは前回書いた通り怪しいので、代役として親父のT-MAXを借りてのツーリングとなりました。
前日にバイクを借りて、最寄りのICから高速で一気に諏訪湖まで走って諏訪湖を目指します。

圏央道から中央道へ渡り、談合坂SAへ。早朝にもかかわらず、八王子JCTでは断続的な渋滞でした。


・談合坂SA

気温はまだまだ低いですが、T-MAXの大型スクリーンのおかげで殆ど身体は冷えず。カブの風防を始め、改めてスクリーンの偉大さを感じるこの頃です。

1


天気は快晴。
実は少し前まで曇りの予報だったんですが、当日は良い意味で予想を裏切ってくれました。すっきりとした秋晴れです。

2


中央道を走って、諏訪湖までひとっ走り。
特に渋滞に捕まることもなく、スムーズに予定集合時間に無事到着。待ち合わせ場所のコンビニでもう一人が来るのを待ちます。

3


そのもう一人は浜松方面から来るのですが、そちらも渋滞があったようで30分程遅れてやってきました。どこもかしこも渋滞が多いようです(^^;
ちなみにその友だちは最近乗り替えて、ヤマハのフェザー8になりました。そのデビュー戦も踏まえてのツーリングです。


集合して早速ビーナスラインを登っていきます。ツーリングマップルにも載っている抜け道を使って、霧ヶ峰高原まで一気に標高を上げていきます。
紅葉もいい具合で進み、良いペースで楽しんでいた矢先の出来事。

コーナーを走っていたところ、友だちが落ち葉にやられてしまいました。
フロントタイヤが落ち葉にツルっと持っていかれて転倒してしまったようです。。

幸いコーナーと言うことで、速度も結構落としていたので身体は無傷でしたし、バイクもほぼ無傷でした。アスファルトより落ち葉の上に倒れたことが良かったようです。

この時期は景色がきれいなんですが、落ち葉トラップがあるので気を付けないといけないですね。カウルに動作確認をして問題なさそうだったので、気を取り直して出発。
ちなみにT-MAXで転倒したらカウルがバキバキになりそうですね。怖い…(ノД`)

4


霧ヶ峰高原からそのまま一気に裏ビーナスと呼ばれる区間を走って美ヶ原高原までひとっ走り。
山の尾根だから冷えるかなーと思っていたのですが、案外そうでもなかったです。雲一つない晴天だったというのと、大型スクリーンというのもあるのかな。
一度T-MAXのスクリーンの恩恵を知ってしまうと戻れなくなりそう。笑

お昼時だったので、美ヶ原高原に到着して直ぐに味噌ラーメンをいただきました。

5


駐車場からの眺めも抜群でした。良い眺め(^^♪

6

7


場所を移して道の駅 美ヶ原高原へ。ここから眺めはビーナスラインの中で一番だと思います。

9


遠くの山々にはもう雪が降っていました。

10


そうそう、ここの駐車場ですが以前は下の砂利駐車場まで行けましたが、最近は入り口にチェーンがされて徒歩でしか入れなくなってしまいました。
2015年までは入れたのですが…

11


引き返していきます。
辺り一面は黄色になっていて、ちょうど見頃でした。一番いいタイミングで訪れることが出来たようです。

12


友だちの新しい相棒、FAZER 8と。
先程の転倒でカウルはかすり傷程度でよかった。

13


T-MAXでは初の長いツーリングかもしれません。冒頭でも紹介した大きなスクリーンが身体へのダメージを最小限に抑えてくれることもあり、身体は殆ど冷えることを知りませんでした。
まさに旅向きのバイクだなぁとしみじみ。。

14


この景色とも今年はお別れで、雪解けの時期までの半年間になります。

15


白樺湖まで下って来ました。こうやってみると紅葉がすごい!

16


陽が落ちる前にある程度まで戻るために、早めに中央道に乗ることに。
諏訪湖から一之宮御坂ICまで走って、河口湖へ。日没間際の紅葉に滑り込みセーフ。笑

17


バイクと紅葉を並べて撮っていなかったので、最後に撮れました。笑

19


日没と同時に寒さも増してきたので、籠坂峠を使って南下し、冷えた身体を温めるために温泉に向かうことに。

20


・あしがら温泉

冷えた身体を温泉で暖め、1日の締めくくりは…

21


もちろんノンアルコールです(^^ゞ
そんでもって焼肉丼。

22


ペロッと平らげてお腹いっぱいに。
この後は御殿場ICから乗って横浜に戻りました。

冬季閉鎖前に紅葉を楽しむことができました。今年は他に行く予定も無さそうだったので、ガッツリ1日走れてよかったです。
次は冬季閉鎖が終わるGWくらいでしょうかね。


走行距離:523km
平気燃費:24.6km/ℓ


おわり

  
スポンサーサイト

category: 関東甲信越

thread: ツーリングレポート - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

椿ラインツーリング 

 

段々と蒸し暑さも増して、じっとしているだけで汗が吹き出てくる季節となりました。
バイクに乗るには最高の夏がやってきている訳ですが、やはり暑いんです。。笑

ということで、少し涼みに箱根までふらっと行ってきました。やっぱり山の上は涼しいですからね。西湘バイパスを経由して、いつもなら箱根新道へ流れるところを…今回は国道135号線にハンドルを切りました。

久々に海沿いも走ってみたいなーという発想です。相模湾を左手に眺めながらいいペースで湯河原まで到着。走るのは午前中だけと決めていたのもあり、湯河原からバイク乗りのメッカである椿ラインへ。
天気が良い事もあって、正装した方々も多くいました。軽く流す程度で考えていたので、後ろに付かれたらすぐに譲ろうと思っていましたが、幸いなことに一度もつかれることなくしとどの巌(いわや)まで到着。

1


ある程度登ってきたので、下界で感じる湿気感と暑さも大分和らいできます。
久々の椿ラインでしたが、気持ちよく走れました。そういえばタイヤを交換してからは初かも。

2


吹け上がりも上々で、キャブレターをO/Hしてから不調知らず。こうやって好調なことばかりだと、何か寂しく感じてしまいますが、トラブルを経験している最中はそんなこと微塵も思わないですからね。笑

3


小休憩を挟んだところで、出発。大観山目指して走らせます。
椿ラインは全体的にうっそうとした森の中を走る峠道ですが、後半は展望が良くなります。

4


久々に停まってみました。停車している間もたくさんのライダーが椿ラインを走っていました。

5


ゆっくりとガードレール越しに眼下に広がる景色を眺める。
もう緑が生い茂ってます。こんな景色を見ていると、いよいよ夏って感じです。

6


程なくして大観山に到着。残念ながらこの日も富士山は見えなかったです。雲が多いなぁ。

7


分厚い雲に覆われていた富士山でしたが、箱根周辺の天気は良好でした。日は出ても、標高が高いせいか涼しい。

写真を撮っている場所がターンパイクの入り口ですが、この道を流しているクルマ・バイクも結構な数がいました。ここにいると色々な乗り物がやって来るから、本当に面白いです。笑
旧車と高級スポーツカーはほぼ100%の確率で会えます。この日はフェラーリがいたな。

8


下る前にターンパイクを一望できる場所へ移動しました。ここもいつもは埋まっているのですが、時間帯がお昼ちょい前ということでガラガラでした。
ニンジャとラストランした時に撮影した場所も、ここでした。

9


十分に涼んだところで下山。たまにはターンパイクを…と思いましたが、個人的には登りが好きなので箱根新道を使いました。
西湘バイパスに入ってから熱風がすごい…下界暑いよ(-_-;)

今年は猛暑が長いらしい。。

10


ちょっと箱根まで涼みに行った話でした。久々に椿ラインを流しましたが、いつもより上手く流せたような気がします。多分タイヤのせいでしょうけど。笑

帰宅後に整備をしたので、それはまた次回に。


走行距離:107km
平均燃費:24.7km/ℓ


おわり

  

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

群馬・長野ツーリング 

 

GWは九州地方へ旅をしていたので、バイクには全く触れませんでした。
なので、GW明けに普段あまり足を伸ばさない方向へ…ということで、会社の同期と群馬・長野方面へ走らせることに。

圏央道の厚木PAに集合し、狭山日高ICまで。国道299号線を使って群馬を目指します。


-国道299号線-

交通量もそこそこで、道の駅あしがくぼに到着。天気予報では晴れだったはずなんですが、曇り空。行き先をどうしようかと考えるのも兼ねて、一休み。


・道の駅 果樹公園あしがくぼ

行き先をどうすかなーとスマホの天気予報とにらめっこ。
明らかに群馬方面に分厚い雲がかかっていますが、予報では晴れの模様。…なので、そのまま予定通り妙義方面へ北上することに。

1


この日はシートバッグを取り付けていたのですが、昨年取り付けたキャリアにあるGIVI BOXのベースと鑑賞してちょっと窮屈。この休憩の間にベースの位置を後ろにそらしました。
積載工具で作業を十分できるのですが、H.Tくんに借りたラチェットがとても重宝しました。これから搭載しておこうかな。

2


ベースの位置を変更したので、ポジションも快適。
そのまま北上して群馬を目指します。


・道の駅 万葉の里

途中の道の駅で一休み。天気は…まだイマイチ。しかもちょっと寒い(^^;

3


その後は再び峠を越えて行くのですが、真っ白でした。。
どんな感じかというと…

3-1


途中視界10mくらいの場所もありました。しかも寒い(^^;
下るにつれて視界も良くなり、今度は晴れてきた(^^;


・道の駅 甘楽

峠を降りた先にある道の駅でお昼休みを兼ねて休憩しました。


4


併設されている食堂では、からあげ定食(650円)をいただきました。安くてボリュームも満点で結構お腹いっぱいになりました。

5


‐県道93号線(下仁田臼田線)‐

そのまま北上して妙義山方面を目指そうと思っていたのですが、見るからに分厚そうな雲が。
対して長野方面は青空が広がっている…ということで、予定を変更して長野方面に進路を取ることに。

かなりくねった、それでいて1.5車線の道をうねった道をひたすらと走り続けていきます。
県境付近の田口峠にて。

6

7


ちょっと見晴らしの良い場所に登って上から。

8


トンネルの向こうが群馬側で、景色を楽しむならあっちです。

9


・雨川ダム

今日は景色はイマイチかなーと思って峠を下っていたのですが、段々と雲もどいて晴れ間が見えてきました。

10


一気に夏って感じになりました。

11


‐国道141号線‐

その後は清里方面に通じる国道141号線へ。長野に来たらこの天気。笑
午前中の曇りは何だったんだろうと思ってしまう(^^;

13


-県道106号線(原浅尾韮崎線)-

このまま帰っても良かったのですが、いつも通る道に並走して走る県道106号線を通ってみることに。
走りやすい畑の中を突っ走る道なんですが、一点気になることが。

下の写真(クリックすると拡大します)にある道路標識。県道68号線を示す数字の部分に“068”と書かれていました。なぜ68の前に0が書かれているんだろう。
途中で数字が変わったから?

こういった道路標識にまつわる小ネタは大好きです。ついつい足を停めてみちゃいます(^^ゞ

14


‐茅ヶ岳広域農道‐

最後は八ヶ岳を正面に見ながら走る広域農道へ。絶景が広がっていることが多い広域農道。近くにあると足を伸ばして走っちゃうほど、広域農道が好きです。笑

15


正面には富士山もくっきり。

16


毎年大量のヒマワリが咲き誇る、明野ヒマワリ畑にて。まだまだ畑は寂しいですが、これがもうすぐ満開のヒマワリで覆いつくされます。

17

18


今年の満開は7月下旬からだそうです。約2年振りに訪れたいところ。

19


その後は韮崎ICから中央道に乗り、帰宅。
ですが真っ直ぐ帰宅するのではなく、相模湖・藤野ICを降りて“藤野やまなみ温泉”に立ち寄りました。

久々の長距離だったので、この温泉で疲れを取って帰宅しました。
午前中は曇り空に振り回されましたが、午後はバッチリ晴れてくれました。むしろ暑いくらいに。。


前半にキャリアのベース位置を変えて調整したので、来たる夏に備えてもろもろの整備をしていきたいと思います。
やることとしては、ハンドル周りとキャリア周りかな?


走行距離:463km
平均燃費:28.8km/ℓ


・今日の戦利品

群馬で立ち寄った2ヵ所の道の駅 記念切符です。

20


おわり

  

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

伊豆・箱根ツーリング 

 

GWの一週間前、今年のちゃんとした?開幕としてSRXで伊豆と箱根までひとっ走りしてきました。
毎年寒さが厳しい1月に走りに行くのですが、今年はもう4月。
随分と開幕が遅くなったものです(・・;)笑

今回は中学の友達であり、バドミントンのダブルスで最初にパートナーとなったAくんと始めて走ります。

Aくんは社会人になってから2輪の免許を取得したそうで、久々に再開したらライダーになっていました。

直前まで天気は雨模様でしたが、天気が何とか回復して開催することができました。

定番の西湘BPを経由して箱根新道→ターンパイクの終点である大観山まで。


‐県道75号線(湯河原箱根仙石原線)‐

天気はイマイチ。
さらに寒い。標高1,000m近いここで13度くらいでした。

1


富士山をバックに…と思ったのですが、あいにくの曇り空。
写真に納めて足早に撤退です。

2


国道1号を三島方面に走って箱根を下り、今度は西伊豆を目指します。
天気予報だと西伊豆方面は晴れのようです。


‐県道127号線(船原西浦高原線)ー

久々にやってきました、西伊豆スカイライン。ここのところずっとイマイチな天気が続いていましたが、、

3


モヤってはいますが、晴れてます。久々に気持ちの良い空の元で西伊豆を走れそうです。

4


ちなみにAくんの相棒はCBR400R。
結構手を入れているそうでした。

5


そして私のSRX。
前回書いた通り、リアボックスは外しました。やっぱりこのバイクには軽装が似合うのかなぁ。
久々に外したせいもありますが、このバイクらしい軽快なハンドリングを楽しめました。

6


そのままひた走り、西伊豆スカイラインの終点である仁科峠までやってきました。


・仁科峠

ここに来ると天気はイマイチ。来る直前まで良い天気だったんだけどなー、曇り空で覆われてしまいました。

7


山には所々桜が見えました。標高が高いので、ちょうどこの頃が見頃でした。

8


天気がよければ、左の山を登っても良かったのですが、寒かったのでパス。
今度晴れたときに挑戦してみよう。

9


直前までの予報が悪かったせいか、あまりバイクやクルマを見かけませんでした。

10


仁科峠は遮るものがなく、空っ風が吹き荒れていたので早々に退散。
風がなければもう少しいたんですけどね。

その後は県道56号線を使って修善寺方面へ。
時間もお昼時だったので、ツーリングマップルにコメント付きで掲載されていた伊豆の佐太郎へ行ってみることに。


・伊豆の佐太郎

店内は賑わっていましたが、そんなに待つことなくスムーズに入れました。
そして、いただいたのは猪カレー。

どんな味かなーと若干ドキドキしていましたが、柔らかくて食べやすいお肉でした。
後味もさっぱりしていてペロリと完食。ルーもドロッとしていて美味しかったです(^^)

11


-県道59号線(伊東西伊豆線)-

その後は再び59号線を走って行きます。が、走り出して眠くなったので途中で休憩。やはり食べた後は眠い。

なのでその辺の田んぼ道で休憩。

12


チョロチョロと流れる田んぼの水。午前中は箱根で寒いと言っていたのに、お昼を過ぎて日が出てきたらすっかり暑いくらいになりました。
そんでもって水もきれいです。足だけ浸かろうかと思いましたが、浅すぎて断念。

13

14


ゲコゲコと声が聞こえたので、よーく見てみると草の中に紛れていた青ガエルを発見。水がきれいという証拠ですね。

15


-伊豆スカイライン-

そのまま県道59号線を走って、冷川ICから伊豆スカイラインへ。
朝の箱根の天気が嘘のように快晴で、前にも後ろにも走行車両がいない貸切状態で一気にいつもの玄岳のスポットまで。前後に交通車両がいないのは珍しい。。

と思っていたら、対向車でフロントからグニャっと曲がったバイクを発見。あの様子だとガードレールに突っ込んでしまったようです。。
幸い怪我人はいなかったようですが、バイクは結構厳しそうでした。。


そんなこんなで玄岳に到着。

16


富士山は…残念。でも風も強くなくていい気持ち。

17


やはりSRXにはボックスがないのが一番だな~と思いつつも、もっと小ぶりだったら良かったかな?とか色々考える。
今シーズンも始動一発、特に不具合無く走ってくれています。ただ気になるのは、若干のフロントフォークからのオイル漏れらしき痕跡が。
うーん、しばらく様子見ですかね。。

前の週に洗車もしたので、珍しくきれいに映っている1枚で締めくくります。笑

19


そして熱海峠まで走り、箱根新道→西湘BPと走り夕方前に帰宅。
事前の予報は雨でしたが、見事に耐え、さらには晴れてくれた1日でした。開幕戦としては文句無し。次回は梅雨入り前にどこかに行きたいところです。


しかし、気になるフォークオイルについてはメンテナンスが必要かもしれませんが。。


走行距離:255km
平均燃費:31.0km/ℓ


おわり

  

category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

紅葉の奥多摩ツーリング 

 

今年の紅葉は奥多摩方面へ行ってきました。
毎年割と遠くに行くのですが、近いからこそあまり行かない方を…ということで、奥多摩方面に決定。そして、奥多摩経由で山梨県の昇仙峡に行くというツーリングです。




今年は出番が割と少なめ?なSRX250。キャブレターをO/Hしてから調子は絶好調。寒くてもチョークで一発で始動してくれます。
スプロケットにタイヤも新調したのでもうちょっと乗りたいんですけどね(^^;

今日は会社のカメラ部の同僚と行きます。
私は朝少々寝坊したのでアップ程度に圏央道でワープ。タイヤを交換してから路面を噛んで、力強く進むようになったように感じます。

フライドポテトを食べながら朝日を浴びて待ちます( ̄▽ ̄)

1


程なくして出発。


相模湖経由で県道33→18号線と繋いで奥多摩へ。


‐国道411号線‐

国道に入ってすぐの道の駅で休憩です。
残念ながらまだ開店前だったので、記念切符は買えず…orz


・道の駅 たばやま

9時前でしたが、多くのライダーで賑わっていました。この道の駅には温泉も併設されているので、今度入ってみようと思いつつ、毎回入らず仕舞い(^^;
来年こそ入ってみるぞ…多分。笑

2


‐一ノ瀬林道‐

そのまま国道を走り抜けて甲州方面へ行く予定だったのですが…
私の悪い癖というか、脇にそっとある林道入り口に反応してしまいまた。同僚であるTZRと一緒に紅葉を求めて林道へ入ることとなりました(^^;

3


411号線も走りやすくて良い道なんですが、どうも紅葉成分が少ない。それじゃ手付かずの自然が多く残る林道は?ってな感じですね。
ツーリングマップルを確認しても、どうやら舗装林道のようなのでちょっとばかしルートを外れて冒険です。

4


写真を撮っている間に路線バスも入っていきました。この辺りではバードウオッチングや釣りも出来る場所らしいです。奥に進むとキャンプ場もあるようです。
しばらくうっそうと生い茂る林間コースを進むと、視界が開けてきました。

5


交通量もほぼ皆無で、ゆっくりと紅葉を楽しめます。少しばかり早いかなーと思っていたのですが、山奥に入ると紅葉がいい具合でした。
自分の林道センサーもまだまだ鈍っていないようです( ̄▽ ̄)笑

6


一つだけやけに紅葉が進む樹木も。

7

8


黄色い景色もきれいですが、やはり紅葉と言えば、自分はこの赤色の景色が真っ先に浮かびます。
しかしゆっくり紅葉を楽しむなら林道に限ります。次回機会があれば、林道の紅葉なんてのも楽しみたいところです。

9


その後国道に合流し、山梨県へ。
いつもならどこかお食事処に入るのですが、今回は珍しくコンビニ弁当で済ませました。たまには自分のバイクを見ながら食べるご飯もいいもんです。

昇仙峡を目指す予定だったのですが、このまま目指すと帰りが夜遅くなってしまう恐れがあったので急遽ルート変更。
あまり走らない富士山の西側を経由する富士山一周コースに変更することに。


-県道21号線(河口湖精進線)-

県道36→719と繋いで川口湖まで出てきました。この辺りから上空には厚い雲で覆われてきてしまいました。
さらに高地なので肌寒い( ノД`)

10


・道の駅 かつやま

曇ってます。河口湖がきれいに見えるはずなんですけどね。

11


そうそう、この道の駅で初めて公道で走るテスラを見ました。オーナーの方はテスラを全国に広める活動をしているそうで、気になる人は隣に乗せて走ったりしているそうです。

初めて生を見ましたが、スポーティーでかっこいい というのが第一の感想。とても電気自動車には見えませんでした。


最新鋭のクルマを見た後に跨るのは、1984年生まれのオールドバイク。
電気自動車か水素自動車か…どちからが普及するか分かりませんが、私はきっとそんな中でもこのバイクを乗り続けているんだろうなぁ。


‐県道152号線(富士公園太郎坊線)-

最後のひと踏ん張り、富士山の間近を走る県道152号線へ。通称富士山スカイラインと呼ばれ、富士山の5号目まで繋がっています。
ギリギリまでどの道を走るか2人で迷っていたんですが、せっかく来たんで…さらに高地を走るこの道へ。



結果、途中で雨に降られました/(^o^)\

12


レインコートを引っ張り出すため、一時避難。途中まで良いペースだったんですけどね(^^;


幸い雨は下山したところで止んだのでよかったです。
その後は箱根経由で帰宅しました。


メインのルートから一本外れた林道でゆっくりと紅葉を楽しめた1日でした。
まさか最後に雨に降られるとは思いませんでしたが、、まぁ富士山5合目に近ければそうなるかなということで。



走行距離:330km
平均燃費:21.9km/ℓ


おわり

  

category: 関東甲信越

thread: 修理 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top