Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

サイドスタンドに下駄を履かせる 

 

ふとSRX250を停車して思ったこと。

あれ?サイドスタンドかなり傾いてない?


重い荷物を背負って走り続けたせいなのか、それともサイドスタンドが地面との摩擦で擦り減ってしまったからなのか…
思い当たる原因はたくさんありますが、ちょっと倒れすぎているなー…ってことで、サイドスタンドに“下駄”を履かせることにしました。

Beforeの写真を撮り忘れてしまいましたが、外した状態。

1


これが傾き過ぎてしまう、噂のサイドスタンド。こうやってみると接地面がかなり薄くなってます。。

2


回り込んで接地面側から見てみると…
おぉ…穴が開いている。それだけ擦り減ってしまったということか…。。

3


さてさて、この状態に下駄を履かせます。単純に何かを括り付ければ良いのですが、重い車体を支えるので中途半端な固定では直ぐに取れてしまうので家にあった鉄材を使って溶接します。

こんな具合に。針金は仮固定用です。

4


大体20mmくらいの鉄材です。多分これくらいあれば傾きも大分直るかなと。

5


近くの溶接屋さんに時間がある時でいいから、お願いしますと預けてやってもらうことにしました。溶接機があれば自分でやってみたいのですけどね(^^ゞ


いきなりAfterです。しかも組立て済み。親父が時間がある時にやってくれました。
黒スプレーで塗装して組み立ててあります。プロの仕事でバッチリ溶接されています。

6


気になる裏面。穴も埋まってます。

7


地面に置いた様子。接地面もバッチリ。

8


分かりにくいですが、これで傾き具合が大分改善されました。

9


使った分だけ擦り減ってしまうサイドスタンドですが、ここに来てリニューアルすることができました。これでまた30年くらいは大丈夫でしょう。笑


おわり

  
スポンサーサイト

category: YAMAHA SRX250

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

フロントフォークオイル漏れ修理 

 

かれこれSRXのフロントフォークのオイル漏れを直すのは何回目だろうか…(^^;
兼ねてから再発していたフロントフォークのオイル漏れですが、重い腰を上げて再び治療することにしました。今回は右側です。

順番的にはキャブレターを…と思っていたのですが、再発しないのでまずはフロントフォークのオイル漏れを直すことにしました。
いつもは安い川崎製のフォークオイルを使っていたのですが、あまり値段が変わらなかったのでヤマハ純正オイルを購入することにしました。

1


そして純正部品でインナー・アウターシールを注文。

2


やることとしては、このインナー・アウターシールを既存の部品と交換するだけです。但し、フロントフォークは以前付けていたものを使います。
なので、その前にフォークをキレイにしていきます。

これが今着いているフロントフォークです。

3


離れて見るとそうでもないですが、近付くと…

4



フォークの内側から漏れているのが分かります。
ジャバジャバ漏れているというよりは、ジワリ…といった感じです。まだフロントフォークをつたる程じゃないんですが、拭き取ってもすぐに濡れちゃうところを見ると早めに処置する必要があります。

今回は装着しているフロントフォークのオイルシールを交換する…だけではなく、フロントフォークのごと交換します。
…というのも、前回このフォークにはコンパウンドで磨いたり色々と処理をしたのですが、効果が出ず漏れだしてしまいました。なで、もう一度フォーク自体を交換してみようという作戦です。



交換するフロントフォークをガレージの奥から出します。2015年に交換って書いてあるので、2年振りの復帰です。2軍での調整もバッチリでしょう。笑

5


2軍行きになる前にしっかりと磨き、ビニールに入れてサビないように保管していたおかげで、状態は問題なさそうです。

6


それでも元々あった点サビもチョロチョロ見られます。
そんな点サビや縦に入った細かい傷もオイル漏れの原因となるので、ここで再び磨いていきます。この面は点サビがありませんが、回してみると…

7



あります(^^;
やっかいな点サビがポツポツと。うーん、触っても若干の違和感を感じるレベルだから、このまま使ってもいずれは漏れだしてしまうでしょう。。

8


点サビたちをこの時点で削っておかないと、インナーシールを傷付けてまたオイルが漏れてきてしまうので、番手が高い#1500とコンパウンドを使って徹底的に磨き作業へ。
磨いては手で触って、磨いては触って…を繰り返し、触っても段差が分からないくらいまで磨き込みました。ピカピカです。

9


磨き作業が終わったところで、後はラップを先端部につけて、傷が付かないようにしてオイルシールを入れていきます。

10


新品のインナー・アウターシールの内側にはグリスをうすーく塗っています。

11


後は上から入れていくのみ。人力で入れられるところまで入れて、

12


入れられるところまで入れて、その後は古いインナーシールをフォークに通して上から押し込んでいきます。さらに最後はプラスチックハンマーを使って、古いオイルシールの上からコツコツと叩いて入れていきました。
中々入ったかどうかが分かりにくいので、しっかりと溝に入ったことを確認しないと…また漏れます(^^;

13


完成したらフロントフォークを組み立てていきます。

14


この際なので、普段は外せない部品をキレイにしていきます。フロントフェンダーも中々掃除できない部品なので、入念にやっていきます。

15


泥汚れ、結構貯まってました。掃除し甲斐があります。笑

16


パーツクリーナーと歯ブラシを使って落としました。

17


続いてフロントタイヤのベアリング。こちらにはグリスを追加しておきました。常に回っている部分ですから、入念に。

18


段々とゴールが近付いてきました。後はタイヤを取り付けて、最後にフォークオイル注入すれば完成。

19


SRX250のフォークオイル量は243cc。何とも中途半端な数字ですが、しっかり計って入れていきます。ちなみに目盛りはそこまで細かくないので、後はフィーリングです。笑
小学校の頃小学校で使っていた教材が今ではこうやって第二の人生を歩んでいます。

20


最後に…スプリングを入れます。

これが結構…というより、かかなり苦戦しました。サービスマニュアルにはこの順番と書いてあったのですが、トップブリッジで締めてしまうせいで上のボルトが締めにくい…というか締められない(^^;
片方ではスプリングを抑えつつ、もう片方でボルトを回す…かなり大変で結局親父に手伝ってもらって完成という結果でした。次からは分解した状態でやるかなぁ…

21


最後の組み付けで苦戦したものの、オイルシールの交換は無事終了しました。
最後にタイヤからフェンダー、ブレーキと各部の締め付けを確認し、汚れた部分を吹き上げておしまい。

22


試走行をしてみましたが、とりあえず漏れは確認されませんでした。後は長距離乗ってみてで様子見です。


これで残すところは心臓部であるキャブレターのみ。これは本当に時間をかけないといけなさそうなので…まとまった時間が取れた時にトライします。
ということで、1個前に書いた記事の通り代車としてしばらくの間はDTに活躍してもらいます。それまではしばし実家でお休みとなります(^^ゞ


フォークオイル交換走行距離:69,452km


おわり

  

category: YAMAHA SRX250

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

SRX250 オイル交換もろもろと旅の準備 

 

能登半島に行く前に、過酷な夏を乗り越えるべく諸整備と旅の準備を行いました。

■オイル交換

まずは諸整備から。エンジンオイル交換はお決まりです。
案の上真っ黒でしたが、鉄粉や水は見当たらず。目立つようなオイル漏れの跡も無く、規定量である1.3ℓを投入しました。前回オイルフィルターは交換しているのでそのまま。

1


■バッテリー液補充&充電

続いてバッテリー。
激安バッテリー2代目となりましたが、特に目立った不具合無く活躍してくれています。液の量だけはチェックできていなかったので、バッテリーを取り出して確認。結構液は減ってました。

2


補充しました。

3


水の補充が終わった後は充電です。
しばらく放置。

4


■チェーン清掃&掃除

続いて駆動系。チェーンの清掃&注油。
ついでなので、ドライブスプロケットのカバーも清掃しました。ここって砂利とかチェーンのオイルやらでかなりひどい状態になるんですよね。。勇気を出して開けちゃいます。

5


おぉ、汚い。けど、そんなにすごい汚れじゃなかったかなという感想。

6


パーツクリーナーとマイナスドライバーを使ってこびりついた汚れを落としていきます。泥とオイルが混じるとやばいです。笑

7

8


Afterです。見違えるほどきれいになりました。

9


チェーンスライダーも真っ黒だったので、きれいにしました。これで少しは燃費も上がるかな?

10


これを本体にスポっと。うーん、やっぱりきれいだといいですね。次このカバーを開けるときは、おそらく年末かな?

11


■プラグ交換

消耗品の交換のラストは、プラグです。こちらも着けてからかなり走っていたので。。

12


外して焼色チェック。…ちょっと白みがかっていますが、問題なさそうです。このプラグは予備の装備として、積載工具と一緒に収納しておきます。

13


■サイドバッグステー取付け

能登半島に向かうにあたり、最後の仕上げはウインカー位置の変更です。これはサイドバッグを取り付けるにあたって干渉するので、位置をずらす必要があるから。

14


元の配線はステーを着けても大丈夫なように延長済み。ステーをボルトで固定して完成。これで旅の準備はOKです。

15


最後に充電が終わったバッテリーを積んでおしまいです。

16


オイル&プラグ交換走行距離:68,372km


おわり

  

category: YAMAHA SRX250

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

ペットボトルホルダー取り付け 

 

炎天下で走り続ける夏のツーリングでは飲み物は必須。特に日差しをずっと浴び続けているバイクだと尚更です。

いつもコンビニや自販機で購入するのですが、大抵全て飲みきれず蓋を閉めてバッグにしまっています。
これは夏に限った話ではないのですが、冷たい飲み物を購入すると外気との温度差によって結露が発生します。いつもはビニール袋に入れた状態でバッグに入れているのですが、温度差があればあるほど大量に発生する結露。

時たまビニール袋から水滴があふれることもあります。場合によってはツーリングマップルやカメラが被害に遭う事も…。

そんな被害を食い止めたいというのと、飲み物をもっと気軽に出し入れしたいという思いからボトルホルダーを購入しました。
ボトルホルダーがあれば飲み物は常にそこに収納されるので、バッグ内でも隙間が生まれます。

ボトルホルダーと一口に書いても、様々な種類があります。各メーカー、本当に色々なボトルホルダーがあって悩んじゃいます。クランプ式で挟み込むものだったり、ペットボトルから紙パックまで対応するもの。プラスチック製かアルミ製か…。
悩みに悩んだ上に、南海部品のボトルホルダーに決定しました。


■NANKAI アルミスライドドリンクホルダー DH406

5


選んだポイントとしては、

・ツヤ消しブラック塗装
・表面がざらつき加工
・底面のボルトで様々なサイズに対応可能

といった点が決め手となりました。

まず外観から。つや消しブラックは車両のイメージを崩さず、かといってボトルホルダーが強調しすぎることもないです。

6


2つ目のポイントとして、底面のサイズ調整が可能な点。これはペットボトル以外を収納する可能性を考えると、かなり大事です。
もしかして急にイチゴオレを飲みたくなった場合、紙パックに対応している必要がありますからね(^^;

7


そして、走行中にもペットボトルを収納することを考えると、万が一段差でペットボトルが飛び出すことも考えられます。
それに対応する為、いつの日かのモーターサイクルショーでもらったボトルホルダーを活用します。ペットボトルの蓋部分にはめて、カラビナで固定するものです。これで落下の危険性は下がります。

8


早速取り付けていきます。リアキャリアにボトルホルダーを装着します。
本当はハンドル周りが理想なんですが、ETCにシガーソケット、さらにスマホホルダーに時計とかなり混雑しています。なのでリアキャリアがボトルホルダーの位置となりました。

9


そのまま取り付けるにはキャリアの径が小さかったので、ビニールテープを巻きつけて調整しました。2~3周巻いて厚みを調整しました。

10


それからクランプで挟み込み、取り付け。付属の六角レンチで固定して完成です。

11


ペットボトルを入れるとこんな仕上がり。しかし、ペットボトルを入れるとホルダーがズルズルと回ってしまいました。
どうやら重さに耐えられなかった模様。

12


それを解決すべく、キャリアに巻いたビニールテープの下地を一旦剥がして、余っていたゴム版を挟むことにしました。
結果、ペットボトルを入れても回転せず、しっかりと固定できました。やっぱりビニールテープだと滑ってしまい、重さに負けて回転してしまうようです。

ゴム板に変更してからは、その心配もなくなり普通に走行できています。


無事にボトルホルダーが装着され、バッグ内のスペースも確保でき、結露の心配もなくなりました。
後は使い勝手、さらには設置場所等の問題もあるかと思うので、実際に走ってみて判断していこうと思います。



【NANKAI アルミスライドドリンクホルダー DH406】


おわり

  

category: YAMAHA SRX250

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

△top

ナンバープレートホルダー修正 

 

唐突ですが、SRX250の純正ナンバープレートホルダーが曲がりました。しかも勝手に。
誰かにやられた?


いや、どうやら走行中に曲がってしまうようです。。


どんな状況かというと…

1


反射板の部分が見事に曲がってます。
これ、追突等で曲がった訳ではないです。どうやらSRXの振動によって内側に曲がっていってしまったようです。

2


曲がってしまった度に手で戻していたのですが、多分何度もやっていると金属疲労で折れてしまいそうです。

3


そこで、てこの原理を用いて曲がっている箇所を本格的に修正してみることに。

ハンマーの取って部分に、マイナスドライバー当てて徐々に戻していきます。やりすぎると確実に折れそうなので、慎重に。こればっかりは折れたら元に戻すのは困難なので…。

4


ナンバープレートを外すことも滅多にないので、この際色々と手直しをしていきます。
振動でこすれて剥がれてしまった塗装部分。タッチアップペンの黒色で塗っていきます。

5


本当は下地から修正すると良いのですが…

6



普段はナンバープレートで見えなし、これで良いかな…と妥協。要はサビなきゃいいんです。

9


続いて裏側も同じように処理していきます。
石などを巻き上げて、それがプレートに当たって塗装が剥がれてしまっています。

7


こちらも覆い隠すようにしてタッチアップ修正。これでしばらくは大丈夫。

8


最後にナンバープレートを戻して、完成。
この先、また曲がらないことを願います。。

10


しかしナンバーが割れるのは聞いたことがあるけど、ナンバープレートホルダーが曲がるとは…。
単気筒の振動なのか、それともそれが引き起こす振動の周波数がナンバープレートを曲げてしまっているのか…。原因はなんとなーくしか分かりませんでしたが、とりあえずこれで大丈夫でしょう。

また曲がったらお知らせします。笑


おわり

  

category: YAMAHA SRX250

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top