Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

台風の影響で… 

 

少し前の話ですが、各地に猛威を振るった台風21号。
アパートが海に近いこともあり、自宅も強風がすごかったです。育てている野菜などを玄関の中に入れるなどして避難させていたのですが、風は想像よりもかなり強くあるものが被害に遭ってしまいました。。


その被害に遭ったものとは…そう、カブです( ノД`)
普段はカバーをかけているのですが、これが逆に風を全て受け止めてしまい何と転倒してしまいました…orz

夜中に起こされて気付いた時には既に遅し…
カバーがかかったまま横だわっているカブの悲しい姿がそこにはありました。

とりあえずゴムでフェンスに括り付けて修復。ボックスの辺りが何だかグラグラする…これは揺るんだか?それとも割れた…?


朝起きてみると…
倒れた衝撃でミラーの位置が変形。但しミラーに割れもなくボルトを直せば問題無さそう。後は被害は…

1


やっぱりボックスがやられてましたorz
グラグラする原因は底面の割れにありました…

2


倒れた衝撃で底面がバキバキになっていました。ビスの回りからヒビが入ってそこから割れてしまった模様。しかし逆に言えば、このボックスがあったお陰でカブ本体に大きな被害が出なかったことも事実。
車体には傷もなく、ミラーに少し傷が付いた程度でした。

最後に犠牲になってくれたボックスに感謝しつつ、取り外していきます。ステーやボルト、皿ビスは再利用できるので一度保管しておきます。

3


約5年間お世話になったアイリスボックス。色褪せても割れることなく毎日活躍してくれました。鍵付きで容量も十分、まさに通勤には持って来いのボックスでした。

4


折れてしまった裏面。経年劣化も重なって一気に割れてしまったのが良く分かります。

5


久々に外したキャリアです。ボックスを取り付けた当時はガタガタ音がすごかったので、両面テープを一枚挟んでボックスを取り付けていました。
またボックスを取り付ける予定なので、これはとりあえずそのままで。

6


一気にシンプルになりました。今までは風防とボックスで良いバランスだったんですが、ちょっとアンバランス?
しばらくはボックス無しの生活を送ることになりそうです。

7


一度ボックスに慣れてしまうと結構不便に感じてしまいそうですが…果たして…?


おわり

  
関連記事
スポンサーサイト

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

カブ リアタイヤ交換 

 

通勤快速号として活躍中のカブ号ですが、リアタイヤが寿命を迎えてきました。
そこで、以前紹介したベトナムヨコハマ製のSPEEDLINEを投入する機会が巡ってきました。ここでいよいよ日本の公道デビューです。

その前に今回タイヤ交換を行うにあたってのビードクリームを新調しました。
ナップスで安く売ってたので買いました。

1


今まで使い古したリアタイヤ。ミシュランのM35です。センターラインも大分擦り減ってます。
お疲れさまでした。

2


そして、新たに投入するのはヨコハマタイヤ SPEEDLINE R200。
サイドシルエットがスポーティーでカッコいい。ただ、カブの場合はフェンダーで結構隠れちゃんですけどね。。

3


溝もカッコいいです。これで値段も2,000円を切っているのだから驚きです。触った感じの感触も柔らかいし、楽しみです。

4


はやる気持ちを抑えつつ、カブからホイールを外していきます。
今までお世話になったミシュランM35とダンパー、今日でお別れです。

5


続いて虫ピンを外して、タイヤを取り外していきます。

ここで気になるのがホイールサビですが…予想通りのサビ具合でした。まぁ屋外の駐車場でカバー保管では仕方ないですかね。どうしても水が溜まってしまうのでしょう。
年に何回も外す箇所ではないので、この際しっかりとサビを取っておきます。

6


ワイヤーブラシでごしごしと磨いて、大体のサビを落としました。後は5-56を吹きかけておきます。こびり付いたサビって中々落ちないですね…orz
ただ触って凹凸感が少なくなってきたので、多分大丈夫でしょう。

7


取り外したチューブ。痛みもなかったので、もう一度再利用します。サビが悪さをしなくて良かったです。

8


ドラムブレーキも外してエアーで吹きました。中々開ける場所じゃないので、ブレーキダストが貯まりに貯まっていました。

9


反対側にひっくり返してダンパーも新品に交換。交換前と比べると、色が褪せていないので全体的に引き締まって見えます。
それと、新品だから少しだけ入れにくかったです。

10


その後はチューブを噛まないように慎重に、うまくやりながら何とか完成。ここは作業に必死で写真を撮っている暇はありませんでした(^^;
全体を見回しても特に空気の漏れもなく、無事に交換が終わりました。

11


後は組み付けのみですが、その他周辺の部品も一緒に清掃してから組み付けていきます。
ドラムはブレーキダストで結構汚れてます。グリスを塗る必要もあるので、一度分解して掃除します。

12


ここからバラシていきます。

13


まずはブレーキのシャフト。サビと固まったグリスで化石状態でした。まずは固まったグリスを落として、それからサンドペーパーで磨いてサビを落としていきます。

14


番手の低い#180でゴシゴシと大きなサビを落とし、徐々に番手を上げていきます。
意外に手こずるかなーと思っていましたが、案外簡単に落ちていきました。5分くらいやったところで、見違えるほどな状態に仕上がりました。

15


お次はブレーキシュー。掃除はもちろんですが、シューの残量確認も。
まだまだ残りはあるので、今回はそのまま。最後に音鳴り防止のために角を削っておきます。

16


こちらもきれいになりました。

17


レバー類も同じくきれいに。

18


パーツクリーナーとピカールで仕上げました。光沢が戻ってきた!

19


ドラム本体もエアで吹いてブレーキダストを落としました。

20


先程掃除したシャフトにはグリスをたっぷりと塗り付け、動きを良くしておきます。多分ここにグリスアップをするのはまた先のことになるでしょうしね。

21


外装もきれいに仕上げて、組み付けました。
ピカールで輝きが戻ってます。

22


後はタイヤを組み付けておしまいです。取り外した時の順序と逆に戻していきます。

23


作業中の写真はないので、割愛します。リアタイヤを組み付け、無事に完成しました。

見た目に関しては、以前のミシュランM35よりも大分スマートになった印象です。実際タイヤ幅は交換前と後で2.50なので変わらないのですが、パターンで細く見えているのでしょう。

24


縦のラインがしっかりと強調されているタイヤです。柔らかいので減りが早そうに感じますが、それは実際に乗ってみて判断してみます。

25


何だかんだでお世話になったミシュランM35。
雨の日も風の日も、安全に職場まで運び続けてくれました。多くのユーザーが太鼓判を押すように、どっしりとした安定性がありました。雨の日でもしっかりと路面を噛んでくれました。
ライフも割と長めで、ツーリングから通勤までこなせるタフなタイヤだなぁと感じました。

26


実際のところは自宅から職場までほとんど直線道路ばかりだったこともあり、真ん中の減りがすごかったんですが。
おそらく交換したSPEEDLINEも同じ現象になるんだろうなぁ。

SPEEDLINEの気になるインプレはしばらく乗ってから書こうと思います。


・オマケ

実家から帰る途中に見つけた、牛さん護送中のトラック。実は行きにも見かけていたのですが、まさかまた帰りに会えるとは。。
きっとどこかのイベントに行っていたのでしょう。

27


後ろを付けてみました。
近くでみると結構リアルです。一体どんなイベントで活躍したのでしょうか…気になる。。

28



タイヤ交換走行距離:16,038km

おわり

  
関連記事

category: HONDA カブ88(2代目)

thread: 整備 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top