FC2ブログ

Single ticket ~単車ときどき車の旅~

単車ときどき車で旅した記録。 -SRX250,SUPER-CUB88,FIAT500C-

道志みちツーリング 

 

道志みちと言えば、関東のライダーの間では定番中の定番コースです。
南房総に行ってからSRXに乗っていないなぁということで、久々に火を入れてみました。大学時代からの友人と2台でいきます。

今回は大学時代によく通っていた、ヤビツ峠経由で宮ヶ瀬湖へ行き、道志へ流れるルートにしました。思えばヤビツ峠は原付で走ったり、深夜に夜景見に行ったり…最近は走っていませんでしたが、よく来た場所です。
授業終わったら走り行ったり、大学からすぐの位置にあったので、当時は結構通ってました。結構な回数行きましたが、大半はカブでした。学生のうちはお金もないので、500円で大体満タンになるカブで走ったものです。

このヤビツ峠の麓にはセルフのガソリンスタンドがあり、まさにヤビツ峠を走るためにあるようなスタンドでした(今も営業してます)。
ここはチャリダーが多いことで有名でもあり、1.5~2車線(後半の宮ヶ瀬側は1~1.5車線)なので、走る際は注意する必要があります。

登りきった定番の菜の花台の展望台で一休みし、程よくテクニカルなヤビツ峠を抜けて宮ヶ瀬湖に到着。

1


再び走り、国道413号線こと道志みちを走り抜けていきます。この日は途中で県道24号線にスイッチし、朝風呂を堪能することにしました。


・天空の湯

2

駐車場からは甲府盆地を一望できます。この景色をそのままに、温泉で楽しめます。

天空の湯にて朝風呂に入ります。写真はありませんが、天空と名の通り露天風呂では甲府盆地を一望できました(詳しくはHPを参照ください)。
ちょっと肌寒かったですが、温泉に入って温まりました。

お風呂上がりと言えば…

3


やっぱりアイスでしょう!ブドウ味とバニラ味のミックスをいただきました。
お昼もここで早めに食べてしまおうか迷いましたが、ここでは我慢して山梨の名物でもある、ほうとうを食べることにしました。ほうとうは甲府だったら大体食べれると思いますが、今回は御坂峠にある峠茶屋のほうとうにしました。

去る前に甲府盆地をバックに1枚。

4

5


峠茶屋に行くまでの峠道である旧国道138号線は、交通量もなく適度なカーブが楽しめる道です。道路に排水用の縦溝が切られているので、SRXのように細いタイヤのバイクだとちょっと怖いですが…。

6


せっかくなので2往復して、峠を登り切った峠茶屋でお昼ご飯を兼ねて休憩することにしました。

7

8


・峠茶屋

9


お待ちかねのほうとうの登場です。暖かくておいしい!コシのあるうどんがまた良いです。

峠茶屋からは富士山と河口湖が一望できますが、この日は朝からどんより雲が覆っていて残念ながら拝めることは叶わず。
最近はやたらとクルマを多く見かけます。人気が出ているんでしょうかね?

10


休憩もそこそこに、御坂峠から川口湖を経由し、山中湖方面に抜けて足柄峠経由で帰宅することにしました。16時には小田原に到着し、17時くらいに帰宅しました。本当は朝風呂で有名な「ほったらかし温泉」に行ってみたかったので、次回は目指してみようと思います。


走行距離:365km
平均燃費:31.1km

おわり
関連記事
スポンサーサイト



category: 関東甲信越

thread: ツーリング - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

△top

上海出張記 5日目 

 

上海出張も残すところ1日となりました。
この日はバスでホテルから直接空港に向かうだけなので、出発するまでは時間があります。

ということで、ホテルの近場をブラブラしてみることにしました。
ちょうど平日だったので、通勤ラッシュとも被っていました。やはりどの世界を見ても、朝は通勤ラッシュのようです。大量の人にクルマ、多くの人が行き交っていました。

1


路上に放置されてい竹。多分何かお祭りとかに使う?旗が付いていました。

2


閉店した中国銀行跡地。手前にはシーサー?狛犬?

3


多分車椅子の人でも乗れるようなバイクだと思います(マークから推測して)。たまに(というかよく)謎のバイクを見かけます。ちなみにエンジンも現地のメーカーのもののようです。

4


路上には電話ボックスが目立ちました。日本よりまだ残っている感じです。使っている人は一度も見かけませんでしたが。

5


以前紹介したシェアサイクルですが、やっぱり結構汚さが目立ってました。ハンドルには鳥の糞があったり。。管理はそんなにされていなさそうな感じを受けました。

6



上海に来てから日系のコンビニ2件目、ローソンを発見しました。ファミマは結構な確率で見かけたのですが、ローソンはここに来て初めてでした。

7


通りに停車している車両は、おそらくほとんどが電動バイクでした。これだけ復旧しているのだから、本当感心しちゃいます。

8


久々にエンジン付きのバイクを発見しました。パッと見の外観はリードですが、よく見ると違います。おそらく中国verなんでしょう。

10

11


まずは地下鉄駅の近くまで歩いてみます。
朝の上海との景色は日本とそれ程変わらない印象を受けました。

12


これが地下鉄の路線図ですが、日本の都心とほぼ同じような感じがします。中心から放射状に延びて、市内を碁盤目状に結んでいました。

13


始発と終電の時間も書かれていました。大体日本と同じくらいか、それより少し早い終わり時間でした。始まりも遅いような気がします。

14


市内をじっくり観察すると、やっぱり監視カメラの数に驚きます。多分死角はないんじゃないかってくらい設置されていました。

15


何となく分かるよう、でも分からない。何かの広告なんでしょうけど、、

16


白バイも発見しました。こちらはやはりガソリン車でした。HONDAに見えましたが、違いました。笑

サイズとしては250ccクラスですかね。GSX250に雰囲気が似ている、アジアンテイストな白バイでした。交差点で警官が2人、何かを取り締まっていたんだと思います。

17


一歩路地に入れば静かな通りが広がっています。天気も良いし、散歩日和。

18

19


不動産屋さんも覗いてみました。おそらくマンションでしょうけど、358万元…53,946,397円…約5,400万円と。ここ10年で上海の地価は倍以上に跳ね上がっているようです。日本でいう都内に住むのと同じくらいですね。。

20


店舗の上は住居という形を多く見ました。

21


果物屋さんも開店。ドラゴンフルーツとかドリアみたいのをたくさん見ました。

22


ぼちぼちホテルを出発する時間が近付いてきたので、戻ります。出発が遅いおかげで、じっくりと市内の様子を見学できたのは良かったです。
観光地を訪れるのも楽しいですが、何といっても現地の様子を見るのが一番楽しかったりします。ホテルではここでお別れ(中部国際空港組はもう少し出発が遅いので)する人と挨拶を交わし、ホテルを出発。朝のラッシュを過ぎれば高速道路もスムーズに走行できます。

23


日本語で案内が書いてあるので、妙に安心。

24


空港はすごいきれいです。

25


シンプルで授乳室もあり、

26


プレイスペースもありました。

27


今日乗り込む飛行機もスタンバイしています。

28

後は約4時間のフライトで帰国となります。
機内では「未来のミライ」ともう一度「ボヘミアンラプソディー」を早送りで見ました。この映画を見て以来、再びQUEEN熱が再燃してます。夜ご飯食べた後はずっと流れてます。笑

そんなこんで無事に帰国し、4泊5日の上海出張は幕を下ろしました。個人的にはものすごい楽しい出張でしたので、来年の北京モーターショー調査も回って来ないかなーと思っています。
ネットの情報だけで知っていた中国でしたが、いざ訪れて見ると自分たちが知らないことだらけで、予想が良い意味で裏切られました。日本より遥かに進むキャッシュレス化や電動バイク、国が中心となって進めるクルマの規制など、強引なところがありますが街行く人々には活気が溢れていました。
これは昨年訪れたベトナムにも似ている部分があるかもしれませんね。上海市内もそうですがまだまだ建設が進む市内だったり、世界の中心は中国になるという情報も間違っていないなと、実際に訪れて感じました。

パクリやニセモノのイメージが強かったですが(失礼)、モーターショーを訪れてそうでもないことを実感し、自動車業界もうかうかしていられないなーとも感じました。一応出張なので、それらしくまとめて終わりとします。笑


今度中国を訪れる機会があれば、自然を楽しめる場所も訪問できたらいいなぁと思いますが、次行くのはいつになるかなぁ、、まとまりのない文でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。これにて中国出張編、完!


おわり

1日目/2日目/3・4日目/5日目
関連記事

category: 海外

thread: 海外旅行記 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top